>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1057 :

 19
99
 解

解説表 5  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1057 : 1999

  銅及び銅合金中のアルミニウム

定量方法

ISO 3110 : 1975

  銅合金中のアルミニウムの定量−エチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウム・銅逆滴定法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  銅及び銅合金(伸銅品及び鋳

物)

ISO 3110 

○ 銅合金

= ISO は鋳物まで規定してい

ない。

(2)

定 量 方 法 の

区 分 及 び 定
量範囲

①  安 息 香 酸 沈 殿 分 離 エ チ

レ ン ジ ア ミ ン 四 酢 酸 二
水素二ナトリウム・亜鉛
逆滴定法

0.20

∼12.0% (m/m)

− ISO には規定されていない。

②  エ チ レ ン ジ ア ミ ン 四 酢

酸 二 水 素 二 ナ ト リ ウ
ム・銅逆滴定法

0.50

∼12.0% (m/m)

ISO 3110 

○ エチレンジアミン四酢酸二水素

二ナトリウム・銅逆滴定法

0.50

∼12.0% (m/m)

③  原子吸光法

0.10

∼3.0% (m/m)

− ISO には規定されていない。

④ ICP 発光分光法

0.002

∼12.0% (m/m)

− ISO には規定されていない。

(3)

定 量 方 法 の
要旨

①  安 息 香 酸 沈 殿 分 離 エ チ

レ ン ジ ア ミ ン 四 酢 酸 二

水素二ナトリウム・亜鉛
逆滴定法

試料を硝酸で分解し,pH を

調節した後,安息香酸アンモ
ニウムを加えてアルミニウ
ムを沈殿させる。沈殿をこし

分け,塩酸に溶解する。一定
量のエチレンジアミン四酢
酸二水素二ナトリウム(以下

EDTA2Na

という。

)を加えた

後,pH を調節し,

− ISO には規定されていない。


 

2

H

 1057 :

 19
99
 解


解説表 5  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

JIS H 1057 : 1999

  銅及び銅合金中のアルミニウム

定量方法

ISO 3110 : 1975

  銅合金中のアルミニウムの定量−エチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウム・銅逆滴定法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

煮 沸 し て ア ル ミ ニ ウ ム の

EDTA

錯体を生成させる。ヘ

キサメチレンテトラミンを
加えて pH を調節した後,指

示薬としてキシレノールオ
レンジ(以下,XO という。

を加え,過剰の EDTA2Na を

亜鉛標準溶液で滴定する。

②  エ チ レ ン ジ ア ミ ン 四 酢

酸 二 水 素 二 ナ ト リ ウ
ム・銅逆滴定法

ふっ化ナトリウムによるデ

マスキング及び電位差検出
による pH 約 6 におけるアル
ミニウムのキレート滴定法

ISO 3110 

○ エチレンジアミン四酢酸二水素

二ナトリウム・銅逆滴定法 
ふっ化ナトリウムによるデマス
キング及び電位差検出による pH

約 6 におけるアルミニウムのキ
レート滴定法。

③  原子吸光法 
試料を塩酸と硝酸との混酸
で分解した後,溶液を原子吸

光光度計の一酸化二窒素・ア
セチレンフレーム中に噴霧
し,その吸光度を測定する。

− ISO には規定されていない。

④ ICP 発光分光法 
試料を塩酸と硝酸との混酸
で分解し,溶液を

− ISO には測定されていない。


 

3

H

 1057 :

 19
99
 解

解説表 5  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

JIS H 1057 : 1999

  銅及び銅合金中のアルミニウム

定量方法

ISO 3110 : 1975

  銅合金中のアルミニウムの定量−エチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウム・銅逆滴定法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

ICP

発光分光装置のアルゴン

プラズマ中に噴霧し,その発
光強度を測定する。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次のとおり。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

:該当項目がない場合。