>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 0522 :

 19
99
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 0522 : 1999

  アルミニウム鋳物の放射線透過

試験方法及び透過写真の等級分
類方法

ISO 9915 : 1992

  アルミニウム合金鋳物−放射線透過試験

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由と今後の対

(1)

適用範囲

○  アルミニウム鋳物の放射線

透過試験方法及び透過写真
の等級分類。

ISO 9915 

○ アルミニウム合金鋳物の放射線

透過試験方法及び透過写真によ
る欠陥の許容基準

(2)

引用規格

○  JIS Z 2306 及び ASTM E 155

を引用。ISO 5579 は関連規格

として記述。

ISO 9915 

○ 参考規格として規定。ISO  5579

の基本規定,JIS Z 2306 に相当す

る ISO 1027 及びこの規格で引用
している ASTM E 155, ASTM  

505

を記述。

(3)

一般事項

○  放射線試験方法を実施する

際の一般的事項を規定

(4)

放 射 線 透 過
写 真 の 撮 影
方法

○  透過写真撮影に必要な基本

事項を規定。

ISO 9915 

ISO 5579 

○ 透過写真撮影に必要な基本事項

を規定。

= JIS は,ISO 9915 のほか関連

規格である ISO 5579(放射線
透過試験の基本規定)のうち

の,必要項目についても引用
して規定。

(5)

フ ィ ル ム 観
察装置

○  フィルム観察装置として具

備すべき一般的事項につい
て記述。

ISO 9915 

○ 透過写真の観察条件の一般的事

項について記述。

= 表現が異なるが,内容は同等

である。

(6)

透過度計

○  透過度計の構造と使用方法

について規定。

ISO 9915 

○ 同左

= 透過度計の構造については

JIS

は別に Z 2306(放射線透

過試験用透過度計)が規定さ

れているため,これを引用
ISO との整合化が図られ
ている)。使用方法について

は ISO の規定を採用。


 

2

H

 0522 :

 19
99
 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由と今後の対

(7)

等級分類

○  撮影した透過写真の解析は

ASTM E 155

の参照透過写真

に基づいて行い,欠陥の等

級,種々の欠陥の組合せに対
する品質等級の決め方など
適用手順について規定。

ISO 9915 

○ JIS の規定と同じで ASTM E 155

の参照透過写真に基づいて行い,
欠陥の等級や合否判定の適用手

順について規定。

= ISO は,欠陥のタイプ,欠陥

の等級,欠陥の組合せに対す
る合否判定の適用手順を付

録として規定しているが,

JIS

は,本体中に規定。規格

の体裁が異なるだけである。

実質的には,規格の重要な部
分である透過写真の解析を

ASTM E 155

の参照写真に基

づいて行い,また,欠陥の程
度による品質等級の決め方
についても ISO も ASTM 

引用した規格であり,JIS 
これに全面的に整合させた。

(8)

試験報告

○  検査結果として記録の必要

な事項について規定。

ISO 9915 

○ 試験報告

= 文言が異なる程度の相違で

同等である。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

:該当項目がない場合。