>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 0001 :

 19
98
 解

解説表 4  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 0001 : 1998

  アルミニウム,マグネシウム及

びそれらの合金−質別記号

ISO 2107 : 1983

  アルミニウム,マグネシウム及びそれらの合金−質別記号

ISO 6361-2 : 1990

  展伸用アルミニウム及びアルミニウム合金の板及び条  パート 2−機械的性質

ISO 6362-2 : 1990

  展伸用アルミニウム及びアルミニウム合金の押出棒・管・形材  パート 2−機械的性質

ISO 6363-2 : 1993

  展伸用アルミニウム及びアルミニウム合金の冷間引抜棒・管  パート 2−機械的性質

各規格の附属書 B−T 質別記号の拡張

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格の一致が

困難な理由と今後の対策

1.

適用範囲

○  アルミニウム,マグネシウム

及びそれらの合金の質別記
号(展伸材と鋳物)

2107

○ アルミニウム,マグネシウム及び

それらの合金の質別記号(展伸材
と鋳物)

2.

記号の形式

○  ラテン文字のアルファベッ

ト大文字 1 字の基本記号の後
にアラビア数字一つ又はそ

れ以上の組合せの細分記号
を付ける。細分記号には文字
も使える。

2107

○ 基本記号は文字,細分記号はアラ

ビア数字か文字,又はこれらを組
み合わせた基本記号の後につけ

る。

3.

基本記号

○  (H112=M)  :加工硬化を加

えずに機械的性質の保証さ

れたもの。

F

:加工硬化,熱処理につい

て調整されていないもの。

O

:焼なまししたもの。

H

:加工硬化したもの。

T

:熱処理によって F, O, H 以

外の質別にしたもの。

W

:溶体化処理したもの。

2107

○ M:熱間加工のままで機械的性質

の保証されたもの。

F

:加工硬化,熱処理について調

整されていないもの。

O

:焼なまししたもの。

H

:加工硬化したもの。

T

:熱処理によって M,  F,  O,  H 以

外の質別にしたもの。

= JIS には M に相当する基本記

号がないが,H112 を M と表

示してもよいとした。

ISO

には W の規定がない。

4.

細分記号

○  H, T, O, W の細分記号 2107

○ H, T の細分記号。

= ISO には O, W の細分記号の

規定がない。

4.1 H

の 細 分 記

○  H の後に二つ以上の数字を

付ける。又は,文字を使って
もよい。

2107

○ 加工硬化:H の後に数字,次に文

字を付ける。


 

2

H

 0001 :

 19
98
 解


解説表 4  JIS と対応する国際規格との対比表  続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格の一致が

困難な理由と今後の対策

4.1.1 HXY

○  X は,基本的な処理 (H1, H2,

H3, H4)

Y

は , 引 張 強 さ の 程 度 で

O-HX8

間を細分する。ISO 

号も使える。

HX1 (O-HX2

の中間)

HX2 (O-HX4

の中間) ,

HX3 (HX2-HX4

の中間) ,

HX4 (O-HX8

の中間) ,

HX5 (HX4-HX6

の中間) ,

HX6 (HX4-HX8

の中間) ,

HX7 (HX6-HX8

の中間) ,

HX9 (>HX8

+10N/mm

2

)

Y

=8 : O の程度に応じて増

加させた引張強さのもの。

2107

○ X は,基本的処理  (H1, H2, H3)

Y

は,

加工硬化の程度で O と HXH

間を細分する。

HXB (O-HXD

の中間)

HXD (O-HXH

の中間)

HXF (HXD-HXH

の中間)

HXJ (HXH

を超える)

Y

=H : O の程度に応じて増加さ

せた引張強さ。

= ISO には H4 の規定がない。

4.1.2 HXYZ

○ HXYZ の数字 Z は HXY に若

干の変更を示す。文字を使用

してもよい。

HX11, H112, HXX4, HXX5,

H116

2107

○ Z は,再細分化の文字,数字。

4.2 T

の 細 分 記

○  T の後に一つ又はそれ以上の

数字を付ける。文字も使用で
きる。

2107

○ 熱処理:T の後に処理を表す文字

を付ける。

4.2.1 TX

○  X は基本的処理の組合せに

よって数字を用いる。ISO 

号も使用できる。

T1=TA, T2=TC, T3=TD,

T4=TB, T5=TE, T6=TF,

T7=TM, T8=TH, T9=TL,

T10=TG

2107

○ X は,処理を表す文字。

TA, TC, TD, TB, TE, TF, TM, TH,

TL, TG


 

3

H

 0001 :

 19
98
 解

解説表 4  JIS と対応する国際規格との対比表  続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格の一致が

困難な理由と今後の対策

4.2.2 TXY

○  Y は特定の処理方法又は特

定の機械的性質による数字。

ISO

記号も使用できる。

具体例を 65 例示した。

6361-2 

6362-2 

6363-2 

それぞれの附属

書 B

○ Y は,再細分化の文字,数字を必

要に応じて追加できる。

JIS

の具体例のうち 12 例が示さ

れている。

4.3 O

の 細 分 記

○ 01, 02, 03

− 規定がない。

4.4 W

の細分記

○  W51, W52, W53

− 規定がない。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。