>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

G 4318

:2016

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  種類の記号  

2

4

  材料及び製造方法  

2

4.1

  材料  

2

4.2

  製造方法  

2

5

  機械的性質  

3

6

  寸法及び寸法許容差  

3

6.1

  標準寸法  

3

6.2

  寸法許容差  

3

6.3

  棒の許容差の等級  

4

7

  外観 

5

8

  試験 

5

8.1

  引張試験  

5

8.2

  硬さ試験  

5

9

  検査 

5

10

  表示  

5

11

  報告  

5

附属書 JA(参考)化学成分  

7

附属書 JB(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

9


G 4318

:2016

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,ステンレス協会

(JSSA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべき

との申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS G 4318:2007 は改正され,この規格に置き換えられた。

なお,平成 29 年 3 月 21 日までの間は,工業標準化法第 19 条第 1 項等の関係条項の規定に基づく JIS マ

ーク表示認証において,JIS G 4318:2007 によることができる。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 G

4318

:2016

冷間仕上ステンレス鋼棒

Cold finished stainless steel bars

序文 

この規格は,2014 年に第 3 版として発行された ISO 683-18 を基とし,技術的内容を変更して作成した

日本工業規格である。

なお,この規格で側線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一覧表に

その説明を付けて,

附属書 JB に示す。

適用範囲 

この規格は,冷間仕上ステンレス鋼棒(丸鋼,角鋼,六角鋼及び平鋼を総称して,以下,棒という。

)に

ついて規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を示す記号を,次に示す。

ISO 683-18:2014

,Heat-treatable steels,alloy steels and free-cutting steels−Part 18: Bright steel

products

(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0401-2

  製品の幾何特性仕様(GPS)−長さに関わるサイズ公差の ISO コード方式−第 2 部:穴

及び軸の許容差並びに基本サイズ公差クラスの表

JIS G 0404

  鋼材の一般受渡し条件

JIS G 0415

  鋼及び鋼製品−検査文書

JIS G 4303

  ステンレス鋼棒

JIS G 4304

  熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯

JIS G 4305

  冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯

JIS G 4308

  ステンレス鋼線材

JIS Z 2241

  金属材料引張試験方法

JIS Z 2243

  ブリネル硬さ試験−試験方法

JIS Z 2244

  ビッカース硬さ試験−試験方法

JIS Z 2245

  ロックウェル硬さ試験−試験方法


2

G 4318

:2016

種類の記号 

棒の種類は,32 種類とし,その記号及び分類は,

表 による。

表 1−種類の記号及び分類 

種類の記号

分類

種類の記号

分類

SUS302

SUS303

SUS303Se

SUS303Cu

SUS304

SUS304L

SUS304N2

SUS304J3

SUS305

SUS305J1

SUS309S

SUS310S

SUS316

SUS316L

SUS316F

SUS321

SUS347

SUSXM7

オーステナイト系

SUS329J1

SUS329J4L

オーステナイト・

フェライト系

SUS430

SUS430F

フェライト系

SUS403

SUS410

SUS410F2

SUS416

SUS420J1

SUS420J2

SUS420F

SUS420F2

SUS440C

マルテンサイト系

SUS631J1

析出硬化系

棒であることを記号で表す必要がある場合は,種類の記号の末尾に-CB を付記

する。

例 SUS304-CB

材料及び製造方法 

4.1 

材料 

棒の製造に用いる材料は,JIS G 4303JIS G 4304JIS G 4305 又は JIS G 4308 の寸法許容差以外の規定

を満足する材料とする。

注記  材料の化学成分を,参考として附属書 JA に示す。

4.2 

製造方法 

棒は,4.1 の材料を冷間圧延,冷間引抜き,研削,切削又はこれらの組合せによって製造し,必要に応じ

て熱処理,酸洗及び/又はショット加工を行う。

また,最終加工方法,熱処理などの製造方法を表す記号は,

表 による。

表 2−製造方法を表す記号 

製造方法

記号

製造方法

記号

冷間圧延 R

焼なまし A

冷間引抜き D

固溶化熱処理 S

研削 G

酸洗 P

切削 T

ショット加工 B

製造方法を表す記号は,受渡当事者間の合意によって,別途,定めることができる。


3

G 4318

:2016

機械的性質 

棒の機械的性質は,特に注文者の指定がある場合は,箇条 によって試験を行い,その規定値の有無及

び規定値は受渡当事者間の協定による。

注記  規定値なしとは,規定値を協定せず,実績値だけを報告することをいう。

寸法及び寸法許容差 

6.1 

標準寸法 

棒の標準寸法は,

表 及び表 による。

表 3−標準寸法(丸鋼,角鋼及び六角鋼) 

単位  mm

形状

径,辺又は対辺距離

丸鋼

5

6  7  8

9 10 11 12

13

14

15

16

17

18

19

20 22 23 24 25

26

28  30 32 35

36 38 40 42

45

48

50

55

60

65

70

75 80 85 90 95 100

角鋼

5

6  7  8

9 10 12 13

14

15

16

17

19

20

22

25 28 30 32 35

36

38

40

45

50

55

60

 

六角鋼 5.5  6  7  8

9 10 11 12

13

14

17

19

21

22

23

24 26 27 29 30

32

35  36 38 41

46 50 55 60

65

70

75

80

表 4−標準寸法(平鋼) 

単位  mm

厚さ

3

9  10 12 16

19 20 25 30

32

38

40

50

4

12

16

19

20

25

30

32

38

40

50

5

12

16

19

20

25

30

32

38

40

50

65

6

  12 16

19 20 25 30

32

38

40

50

65

75

100

125

150

200

250

300

9

  16

19 20 25 30

32

38

40

50

65

75

100

125

150

200

250

300

10

  16

19 20 25 30

32

38

40

50

65

75

100

125

150

200

250

300

12

19

20

25

30

32

38

40

50

65

75

100

125

150

200

250

300

16

25

30

32

38

40

50

65

75

100

125

150

200

250

300

19

25

30

32

38

40

50

65

75

100

125

150

200

250

300

22

25

30

32

38

40

50

65

75

100

125

150

200

250

300

25

32

38

40

50

65

75

100

125

150

200

250

300

30

50

65

75

100

35

50

65

75

100

6.2 

寸法許容差 

棒の寸法許容差は,

表 による。


4

G 4318

:2016

表 5−寸法許容差 

単位  mm

寸法区分

(径,辺,対辺距離,

又は厚さ及び幅)

許容差の等級

(等級の記号)

a)

8

9

級 10 級 11 級

12

13

14

15

16

級 17 級 18 級

(h8) (h9)  (h10) (h11) (h12) (h13) (h14) (h15)  (h16)  (h17) (h18)

3

以下

b)

      0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

−0.014 −0.025  −0.040 −0.060 −0.10

−0.14

−0.25

−0.40

−0.60

  3 を超え  6 以下      0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

−0.018 −0.030  −0.048 −0.075 −0.12

−0.18

−0.30

−0.48

−0.75  −1.20  −1.80

  6 を超え 10 以下      0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

−0.022 −0.036  −0.058 −0.090 −0.15

−0.22

−0.36

−0.58

−0.90  −1.50  −2.20

 10

を超え 18 以下      0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

−0.027 −0.043  −0.070 −0.11

−0.18

−0.27

−0.43

−0.70

−1.10  −1.80  −2.70

 18

を超え 30 以下      0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

−0.033 −0.052  −0.084 −0.13

−0.21

−0.33

−0.52

−0.84

−1.30  −2.10  −3.30

 30

を超え 50 以下      0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

−0.039 −0.062  −0.100 −0.16

−0.25

−0.39

−0.62

−1.00

−1.60  −2.50  −3.90

 50

を超え 80 以下      0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

−0.046 −0.074  −0.12  −0.19

−0.30

−0.46

−0.74

−1.20

−1.90  −3.00  −4.60

 80

を超え 120 以下      0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

−0.054 −0.087  −0.14  −0.22

−0.35

−0.54

−0.87

−1.40

−2.20  −3.50  −5.40

120

を超え 180 以下

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

−0.40

−0.63

−1.00

−1.60

−2.50  −4.00  −6.30

180

を超え 250 以下

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

−0.46

−0.72

−1.15

−1.85

−2.90  −4.60  −7.20

250

を超え 315 以下

    0

    0

    0

    0

    0

    0

    0

−0.52

−0.81

−1.30

−2.10

−3.20  −5.20  −8.10

丸鋼,角鋼及び六角鋼の偏径差又は偏差

c)

は,許容差の 30 %以下とする。ただし,平鋼には,適用しない。

a)

括弧内“等級の記号”は,JIS B 0401-2 による。

b)

寸法区分 3 mm 以下の“許容差の等級 14∼16 級”は,1 mm 以下の寸法には適用しない。

c)

偏径差及び偏差は,同一断面における径又は対辺距離の最大値と最小値との差で表す。

6.3 

棒の許容差の等級 

棒の許容差の等級の適用は,

表 によって,注文者が等級を指定する。

なお,受渡当事者間の協定によって,

表 の範囲外の等級を用いることができる。

表 6−許容差の等級の適用 

形状及び加工方法

等級

丸鋼

研削

8

級,9 級,10 級

引抜き

9

級,10 級,11 級

切削 11 級,12 級,13 級

角鋼 12 級,13 級

六角鋼 11 級,12 級,13 級

平鋼 12 級,13 級,14 級,15 級,16 級,17 級,18 級


5

G 4318

:2016

外観 

外観は,次による。

a)

棒は真っすぐで,各部の断面形状が正しく,表面は滑らかで,使用上有害なきず,割れなどの欠点が

あってはならない。

b)

角鋼,六角鋼及び平鋼は,使用上有害なねじれがあってはならない。

試験 

8.1 

引張試験 

引張試験は,次による。

a)

引張試験片は,JIS Z 2241 の 2 号試験片,4 号試験片,9A 号試験片,9B 号試験片,10 号試験片,13B

号試験片,14A 号試験片又は 14B 号試験片のいずれかを用いる。

b)

試験方法は,JIS Z 2241 による。ただし,試験温度は 23±5  ℃とする。

8.2 

硬さ試験 

硬さ試験は,次による。

a)

硬さ試験片は,棒の任意の位置から採取するか,又は引張試験片の一部を用いることができる。

b)

試験方法は,JIS Z 2243JIS Z 2244 又は JIS Z 2245 による。ただし,硬さ試験温度は 23±5  ℃とす

る。

なお,硬さ測定位置は,注文者から特に指定のない限り製造業者の判断による。

検査 

棒の検査は,次による。

a)

検査の一般事項は,JIS G 0404 による。

b)

機械的性質は,注文者の指定がある場合に適用し,箇条 に適合しなければならない。

c)

寸法は,箇条 に適合しなければならない。

d)

外観は,箇条 に適合しなければならない。

10 

表示 

検査に合格した棒は,一結束ごと又は一包装ごとに,次の事項を表示する。ただし,受渡当事者間の協

定によって,項目の一部を省略することができる。

a)

種類の記号

b)

寸法

c)

許容差の等級の記号(寸法に続けて表示する。

d)

本数又は質量

e)

製造方法を表す記号

f)

製造業者名又は略号

g)

溶鋼番号又は検査番号

11 

報告 

製造業者は,注文者の要求がある場合には,検査文書を注文者に提出しなければならない。検査文書に

は電送などの電子媒体も含める。ただし,検査文書の種類は JIS G 0415 の 5.1(検査証明書 3.1)と同一内


6

G 4318

:2016

容とする。


7

G 4318

:2016

附属書 JA

(参考) 
化学成分

JA.1 

化学成分 

表 JA.1∼表 JA.5 に化学成分を示す。

注記  この附属書の化学成分は,参考として示すものであり,引用材料規格の最新版の規定を適用す

る。

表 JA.1−オーステナイト系の化学成分 

単位  %

種類の記号 C

Si  Mn

P

S

Ni

Cr  Mo  N

その他

SUS302 0.15

以下

1.00

以下

2.00

以下

0.045

以下

0.030

以下

 8.00

10.00

17.00

19.00

SUS303 0.15

以下

1.00

以下

2.00

以下

 0.20

以下

 0.15

以上

 8.00

10.00

17.00

19.00

a)

SUS303Se 0.15

以下

1.00

以下

2.00

以下

 0.20

以下

0.060

以下

 8.00

10.00

17.00

19.00

Se 0.15

以上

SUS303Cu 0.15

以下

1.00

以下

3.00

以下

 0.20

以下

 0.15

以上

 8.00

10.00

17.00

19.00

a)

Cu 1.50

∼3.50

SUS304 0.08

以下

1.00

以下

2.00

以下

0.045

以下

0.030

以下

 8.00

10.50

18.00

20.00

SUS304L 0.030

以下

1.00

以下

2.00

以下

0.045

以下

0.030

以下

 9.00

13.00

18.00

20.00

SUS304N2 0.08

以下

1.00

以下

2.50

以下

0.045

以下

0.030

以下

 7.50

10.50

18.00

20.00

0.15

0.30

Nb 0.15

以下

SUS304J3 0.08

以下

1.00

以下

2.00

以下

0.045

以下

0.030

以下

 8.00

10.50

17.00

19.00

Cu 1.00

∼3.00

SUS305 0.12

以下

1.00

以下

2.00

以下

0.045

以下

0.030

以下

10.50

13.00

17.00

19.00

SUS305J1 0.08

以下

1.00

以下

2.00

以下

0.045

以下

0.030

以下

11.00

13.50

16.50

19.00

SUS309S 0.08

以下

1.00

以下

2.00

以下

0.045

以下

0.030

以下

12.00

15.00

22.00

24.00

SUS310S 0.08

以下

1.50

以下

2.00

以下

0.045

以下

0.030

以下

19.00

22.00

24.00

26.00

SUS316 0.08

以下

1.00

以下

2.00

以下

0.045

以下

0.030

以下

10.00

14.00

16.00

18.00

2.00

3.00

SUS316L 0.030

以下

1.00

以下

2.00

以下

0.045

以下

0.030

以下

12.00

15.00

16.00

18.00

2.00

3.00

SUS316F 0.08

以下

1.00

以下

2.00

以下

0.045

以下

 0.10

以上

10.00

14.00

16.00

18.00

2.00

3.00

SUS321 0.08

以下

1.00

以下

2.00

以下

0.045

以下

0.030

以下

 9.00

13.00

17.00

19.00

Ti 5

×C %

以上

SUS347 0.08

以下

1.00

以下

2.00

以下

0.045

以下

0.030

以下

 9.00

13.00

17.00

19.00

Nb 10

×C %

以上

SUSXM7 0.08

以下

1.00

以下

2.00

以下

0.045

以下

0.030

以下

 8.50

10.50

17.00

19.00

Cu 3.00

∼4.00

a)

 Mo

は,0.60 %を超えてはならない。


8

G 4318

:2016

表 JA.2−オーステナイト・フェライト系の化学成分 

単位  %

種類の記号 C

Si  Mn

P

S

Ni

Cr  Mo

N

SUS329J1

 a)

 0.08

以下

1.00

以下

1.50

以下

0.040

以下

0.030

以下

3.00

6.00

23.00

28.00

1.00

3.00

SUS329J4L

 b)

 0.030

以下

1.00

以下

1.50

以下

0.040

以下

0.030

以下

5.50

7.50

24.00

26.00

2.50

3.50

0.08

0.30

a)

 SUS329J1

は,この表に規定されていない Cu,W 及び N のうち一つ又は複数の元素を必要によって添加した

場合,その含有率を報告しなければならない。

b)

 SUS329J4L

は,この表に規定されていない Cu 及び W のうち一つ又は両方の元素を必要によって添加した場

合,その含有率を報告しなければならない。

表 JA.3−フェライト系の化学成分 

単位  %

種類の記号 C

Si

Mn

P

S

Cr

SUS430 0.12

以下 0.75 以下

1.00

以下

0.040

以下

0.030

以下

16.00

∼18.00

SUS430F

a)

 0.12

以下 1.00 以下

1.25

以下

0.060

以下

0.15

以上 16.00∼18.00

Ni

は,0.60 %を超えてはならない。

a)

 Mo

は,0.60 %を超えてはならない。

表 JA.4−マルテンサイト系の化学成分 

単位  %

種類の記号 C

Si

Mn

P

S

Cr  Mo Pb

SUS403

0.15

以下 0.50 以下 1.00 以下

0.040

以下

0.030

以下

11.50

∼13.00

SUS410

0.15

以下 1.00 以下 1.00 以下

0.040

以下

0.030

以下

11.50

∼13.50

SUS410F2

0.15

以下 1.00 以下 1.00 以下

0.040

以下

0.030

以下

11.50

∼13.50

− 0.05∼0.30

SUS416

0.15

以下 1.00 以下 1.25 以下

0.060

以下

 0.15

以上 12.00∼14.00  −

a)

SUS420J1 0.16

∼0.25 1.00 以下 1.00 以下

0.040

以下

0.030

以下

12.00

∼14.00

SUS420J2 0.26

∼0.40 1.00 以下 1.00 以下

0.040

以下

0.030

以下

12.00

∼14.00

SUS420F 0.26

∼0.40 1.00 以下 1.25 以下

0.060

以下

 0.15

以上 12.00∼14.00  −

a)

SUS420F2 0.26

∼0.40 1.00 以下 1.00 以下

0.040

以下

0.030

以下

12.00

∼14.00

− 0.05∼0.30

SUS440C 0.95

∼1.20 1.00 以下 1.00 以下

0.040

以下

0.030

以下

16.00

∼18.00  −

b)

Ni

は,0.60 %を超えてはならない。

a)

 Mo

は,0.60 %を超えてはならない。

b)

 Mo

は,0.75 %を超えてはならない。

表 JA.5−析出硬化系の化学成分 

単位  %

種類の記号 C

Si

Mn

P

S

Ni

Cr

Al

SUS631J1 0.09

以下 1.00 以下 1.00 以下

0.040

以下

0.030

以下

7.00

∼8.50

16.00

∼18.00 0.75∼1.50


9

G 4318

:2016

附属書 JB

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS G 4318:2016

  冷間仕上ステンレス鋼棒

ISO 683-18:2014

,Heat-treatable steels, alloy steels and free-cutting steels−Part 18:

Bright steel products

(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

この対比表では,対応国際規格の中で,ステンレス鋼に関する内容だけを記載する。

1

適用範囲

冷 間 仕 上 ス テ ン レ
ス鋼棒(丸鋼,角鋼,

六角鋼及び平鋼)に

ついて規定

 1

一般鋼及びステンレス
鋼の引抜き又は研削/

旋削状態のみがき棒鋼

の技術的受渡要件を規
定している。

変更

JIS

では,ステンレス鋼だけを対象

としている。

JIS

は,ステンレス鋼以外の鋼に

ついては他の関連 JIS で規定して

おり,実質的な差異はない。

3

種類の記

JIS

の記号体系によ

る。

5

種類の鋼種分類と

32

種類の記号を規

 4

7.1

5

種類の鋼種分類と 23

種類の記号を規定

変更

JIS

と ISO 規格とでは,種類の記号

の体系が異なる。

ISO 683-18

引 用 規 格 の ISO/TS 

4949:2003

は,各国それぞれの種類

の記号体系に従うことを認めてい
る。また,JIS は,市場ニーズの

ある種類の記号を規定しており,

技術的な差異はない。

5

機械的性

機 械 的 性 質 の 適 用
可 否 及 び そ の 許 容

値は,受渡当事者間

の協定による。

 7.1

製造プロセス別に,機械
的性質が要求されてお

り,その規格値も規定さ

れている。

変更

JIS

では,注文者の要求がある場合

に機械的性質を適用する。

次回 ISO 規格見直し時に改正提案
の要否を検討する。

9

G 4

318


20
16


10

G 4318

:2016

(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

7

外観

表 面 品 質 と 直 線 性

を 定 性 的 に 規 定 し
ている。

 7.8

欠陥の許容深さに応じ

た等級が規定され,その
等級については,受渡当

事者間の協定による。

なお,割れがない製品
は,技術的に切削,旋削

又は研磨によってだけ

可能であると記載され
ている。

変更

JIS

では,外観について,欠陥の許

容深さは規定していない。

JIS

では,製品用途に応じて欠陥

の許容深さが変わるため,規定し
ていない。次回改正時に ISO 規格

との整合化を検討する。

8

試験

機 械 試 験 の 引 張 試

験 及 び 硬 さ 試 験 を

規定

 9

引張試験,硬さ試験及び

衝撃試験を規定

削除

JIS

では,衝撃試験を規定していな

い。

JIS

では,衝撃試験について,使

用者側からの要求がないため,規

定していない。 
次回改正時に要求の有無を再調査

し,適用の要否を検討する。

11

報告

製造業者は,注文者

の 要 求 が あ る 場 合
には,JIS G 0415 

5.1

(検査証明書 3.1)

と 同 一 内 容 の 検 査
文 書 を 提 出 し な け

ればならない。

 8.1

ISO 10474

による試験報

告書 2.2 を発行しなけれ
ばならない。また,注文

者の要求があれば,検査

証明書 3.1 又は 3.2 を提
出しなければならない。

変更

注文者に提出する検査文書の種類

が異なる。

JIS

では,実態を反映し規定して

いる。次回 ISO 規格見直し時,改
正提案の要否を検討する。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 683-18:2014,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

−  削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

−  変更  国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

− MOD

国際規格を修正している。

10

G 4

318


20
16