>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

G 3544:2008

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS G 3544:1993 は改正され,一部が置き換えられた。


 

   

日本工業規格

JIS

 G

3544

:2008

溶融アルミニウムめっき鉄線及び鋼線

(追補1)

Hot-dip aluminium-coated steel wires

(Amendment 1)

JIS G 3544:1993 を,次のように改正する。

10.2(引張試験)の(1)の“JIS Z 2201 の 4.(試験片の形状及び寸法)の”を,“JIS Z 2201 の 5.(試験片の

形状及び寸法)の”に置き換える。

10.2(引張試験)の(3)の“JIS Z 2241 の 6.[試験片平行部の原断面積・標点距離・降伏点・耐力・引張強

さ・降伏伸び・破断伸び(伸び)

・絞りの求め方]の”を,

JIS Z 2241 の 8.(試験片平行部の原断面積・

標点距離・降伏点・耐力・引張強さ・降伏伸び・破断伸び及び絞りの求め方)の”に置き換える。