>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

G 3536

:2014

(1)

目  次

ページ

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

1

4

  種類,記号及び呼び名  

2

4.1

  種類及び記号  

2

4.2

  呼び名  

2

5

  材料 

2

6

  製造方法  

3

7

  機械的性質  

3

8

  形状,寸法及び許容差  

4

8.1

  形状  

4

8.2

  寸法及び許容差  

4

8.3

  公称断面積及び単位質量  

5

9

  外観 

6

10

  試験  

6

10.1

  試験片の採り方及び試験片の数  

6

10.2

  引張試験  

7

10.3

  リラクセーション試験  

7

10.4

  寸法の測定  

7

11

  検査  

8

11.1

  検査  

8

11.2

  再検査  

8

12

  表示  

8

13

  報告  

8


G 3536

:2014

(2)

まえがき

この規格は,

工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,

線材製品協会

(JWPA)

から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経

て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS G 3536:2008 は改正され,この規格に置き換えられた。

なお,平成 27 年 2 月 19 日までの間は,工業標準化法第 19 条第 1 項等の関係条項の規定に基づく JIS マ

ーク表示認証において,JIS G 3536:2008 によることができる。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 G

3536

:2014

PC

鋼線及び PC 鋼より線

Steel wires and strands for prestressed concrete

適用範囲 

この規格は,プレストレストコンクリートに用いる PC 鋼線(以下,線という。

)及び PC 鋼より線(以

下,より線という。

)について規定する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS G 0201

  鉄鋼用語(熱処理)

JIS G 0404

  鋼材の一般受渡し条件

JIS G 0415

  鋼及び鋼製品−検査文書

JIS G 3502

  ピアノ線材

JIS G 3525

  ワイヤロープ

JIS Z 2241

  金属材料引張試験方法

JIS Z 2276

  金属材料の引張リラクセーション試験方法

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS G 0201 によるほか,次による。

3.1

インラインパテンチング

線材熱間圧延後の冷却工程で行うパテンチング処理。

3.2

オフラインパテンチング

線材熱間圧延後の冷却完了後に行うパテンチング処理。

3.3

素線

線又はより線を構成する鋼線。

3.4

異形線

ほぼ丸い断面をもち,一様な突起又はくぼみを,連続又は一定間隔で付けた線。


2

G 3536

:2014

種類,記号及び呼び名 

4.1 

種類及び記号 

線の種類は 6 種類,より線の種類は 10 種類とし,その記号は,

表 による。

表 1−種類及び記号

種類

記号

a)

断面

丸線

A

種 SWPR1AN,SWPR1AL

B

b)

 SWPR1BN

,SWPR1BL

異形線 SWPD1N,SWPD1L

より線

2

本より線 SWPR2N,SWPR2L

異形 3 本より線 SWPD3N,SWPD3L

7

本より線

c)

A

種 SWPR7AN,SWPR7AL

B

種 SWPR7BN,SWPR7BL

19

本より線

d)

 SWPR19N

,SWPR19L

a)

リラクセーション規格値によって,更に通常品と低リラクセーション品とに区分

し,通常品は N,低リラクセーション品は L を記号の末尾に付ける。

b)

丸線の B 種は,A 種より引張強さが 100 N/mm

2

高強度の種類を示す。

c)

  7

本より線の A 種は引張強さ 1 720 N/mm

2

級を,B 種は 1 860 N/mm

2

級を示す。

d)

 19

本より線のうち,

28.6 mm

の断面の種類はシール形及びウォーリントン形とし,

それ以外の 19 本より線の断面はシール形だけを適用する。

4.2 

呼び名 

線及びより線の呼び名は,

表 による。

表 2−呼び名

記号

呼び名

SWPR1AN

SWPR1AL

SWPD1N

SWPD1L

2.9 mm

,4 mm,5 mm,6 mm,7 mm,8 mm,9 mm

SWPR1BN

SWPR1BL

5 mm

,7 mm,8 mm

SWPR2N

SWPR2L

2.9 mm 2

本より

SWPD3N

SWPD3L

2.9 mm 3

本より

SWPR7AN

SWPR7AL

7

本より 9.3 mm,7 本より 10.8 mm,7 本より 12.4 mm,

7

本より 15.2 mm

SWPR7BN

SWPR7BL

7

本より 9.5 mm,7 本より 11.1 mm,7 本より 12.7 mm,

7

本より 15.2 mm

SWPR19N

SWPR19L

19

本より 17.8 mm,19 本より 19.3 mm,19 本より 20.3 mm,

19

本より 21.8 mm,19 本より 28.6 mm

注記  呼び名のミリメートル表示は,単線,2 本より線及び 3 本より線では,

素線の径を表し,7 本より線及び 19 本より線では,より線の径を表し
ている。

材料 

線及びより線に用いる材料は,JIS G 3502 に適合した線材とする。


3

G 3536

:2014

製造方法 

線及びより線の製造方法は,次による。

a)

線材から素線を製造する工程は,次のいずれかとする。

1)

インラインパテンチングを行っている線材に,冷間加工を行う工程。

2)  1)

の工程後,更にオフラインパテンチングを行った後,冷間加工を行う工程。

3)

線材に,オフラインパテンチングを行った後,冷間加工を行う工程。

b)

素線から線又はより線を製造する工程は,次による。

1)

素線又は異形加工

1)

を行った素線に,残留ひずみ除去のため,ブルーイングを行って線とする工程。

2)

素線又は異形加工

1)

を行った素線をより合わせた後,残留ひずみ除去のため,ブルーイングを行っ

てより線とする工程。

1)

異形加工とは,素線に,一様な突起又はくぼみを,連続又は一定間隔で付ける加工をいう。

c)

線及びより線に用いる素線は,溶接による継ぎ目があってはならない。ただし,7 本より線及び 19 本

より線に用いる素線は,次の製造工程では溶接を行ってもよい。

1)

冷間加工前の工程。

2)

オフラインパテンチング前後の工程。ただし,オフラインパテンチング後の冷間加工においては,1

回でもダイスを通した素線は,溶接を行ってはならない。

3)

より合わせ工程。

ただし,

その溶接箇所は,

より線の長さ 45 m の範囲で 1 か所を超えてはならない。

d)

より合わせ工程後,より線同士は,溶接による接続を行ってはならない。

機械的性質 

線及びより線は,10.2 及び 10.3 の試験を行い,その値は,

表 による。

表 3−機械的性質

記号

呼び名 0.2

%

永久伸び

に対する試験力

kN

最大試験力

kN

伸び

%

リラクセーション値

%

N L

SWPR1AN

SWPR1AL

SWPD1N

SWPD1L

2.9 mm

11.3

以上 12.7

以上

3.5

以上

8.0

以下 2.5 以下

4 mm

18.6

以上 21.1

以上

5 mm

27.9

以上 31.9

以上

4.0

以上

6 mm

38.7

以上 44.1

以上

7 mm

51.0

以上 58.3

以上

4.5

以上

8 mm

64.2

以上 74.0

以上

9 mm

78.0

以上 90.2

以上

SWPR1BN

SWPR1BL

5 mm

29.9

以上 33.8

以上

4.0

以上

7 mm

54.9

以上 62.3

以上

4.5

以上

8 mm

69.1

以上 78.9

以上

SWPR2N

SWPR2L

2.9 mm 2

本より 22.6

以上 25.5

以上

3.5

以上

SWPD3N

SWPD3L

2.9 mm 3

本より 33.8

以上 38.2

以上

3.5

以上

8.0

以下 2.5 以下

SWPR7AN

SWPR7AL

7

本より 9.3 mm

75.5

以上 88.8

以上

7

本より 10.8 mm

102

以上 120

以上

7

本より 12.4 mm

136

以上 160

以上

7

本より 15.2 mm

204

以上 240

以上


4

G 3536

:2014

表 3−機械的性質(続き)

記号

呼び名 0.2

%

永久伸び

に対する試験力

kN

最大試験力

kN

伸び

%

リラクセーション値

%

N L

SWPR7BN

SWPR7BL

7

本より 9.5 mm

86.8

以上 102

以上 3.5 以上

8.0

以下 2.5 以下

7

本より 11.1 mm

118

以上 138

以上

7

本より 12.7 mm

156

以上 183

以上

7

本より 15.2 mm

222

以上 261

以上

SWPR19N

SWPR19L

19

本より 17.8 mm

330

以上 387

以上

19

本より 19.3 mm

387

以上 451

以上

19

本より 20.3 mm

422

以上 495

以上

19

本より 21.8 mm

495

以上 573

以上

19

本より 28.6 mm

807

以上 949

以上

形状,寸法及び許容差 

8.1 

形状 

線及びより線の形状は,次による。

a)

より線は,バインドなしで切断したとき,ばらけてはならない。

b) 19

本より線を構成するシール形及びウォーリントン形は,JIS G 3525 

表 1(構成)による。

c)

より線のよりの長さは,より線の各部で一様でなければならない。よりの長さは,2 本より線及び異

形 3 本より線では,

表 の 2 本より線の径の 24∼32 倍とし,7 本より線及び 19 本より線では,表 4

のそれぞれの径の 12∼18 倍とする。

なお,よりの長さとは,任意の素線 1 本が作るらせんのピッチをいう(

図 参照)。

括弧内の数字:素線の番号

図 1−よりの長さ(参考例:本より線の場合)

8.2 

寸法及び許容差 

線及びより線の径,許容差及び径差は,10.4 によって測定し,

表 による。


5

G 3536

:2014

表 4−線及びより線の寸法及び許容差

単位  mm

記号

呼び名

a)

許容差

b)

径差(心線−側線)

c)

SWPR1AN

SWPR1AL

SWPD1N

SWPD1L

2.9 mm

2.90

±0.03

4 mm

4.00

±0.04

5 mm

5.00

±0.05

6 mm

6.00

7 mm

7.00

8 mm

8.00

±0.06

9 mm

9.00

SWPR1BN

SWPR1BL

5 mm

5.00

±0.05

7 mm

7.00

8 mm

8.00

±0.06

SWPR2N

SWPR2L

2.9 mm 2

本より 2.90

±0.03

SWPD3N

SWPD3L

2.9 mm 3

本より

SWPR7AN

SWPR7AL

7

本より 9.3 mm

9.3

+0.4

−0.2

0.05

以上

7

本より 10.8 mm

10.8

0.07

以上

7

本より 12.4 mm

12.4

0.08

以上

7

本より 15.2 mm

15.2

SWPR7BN

SWPR7BL

7

本より 9.5 mm

9.5

0.05

以上

7

本より 11.1 mm

11.1

0.07

以上

7

本より 12.7 mm

12.7

0.08

以上

7

本より 15.2 mm

15.2

SWPR19N

SWPR19L

19

本より 17.8 mm

17.8

+0.6

−0.25

19

本より 19.3 mm

19.3

19

本より 20.3 mm

20.3

19

本より 21.8 mm

21.8

19

本より 28.6 mm

28.6

a)

  2

本より線及び 3 本より線の径は素線の径とし,7 本より線及び 19 本より線の

径は,より線の外接円の直径とする。

b)

 SWPD1N

及び SWPD1L の許容差は規定しない。

c)

  7

本より線において,中心にある素線を心線,外側の素線を側線という。

また,心線の径から側線の径を引いた値を径差という。

8.3 

公称断面積及び単位質量 

線及びより線の公称断面積及び単位質量は,

表 による。


6

G 3536

:2014

表 5−線及びより線の公称断面積及び単位質量

記号

呼び名

公称断面積

mm

2

単位質量(参考)

kg/km

SWPR1AN

SWPR1AL

SWPD1N

SWPD1L

2.9 mm

6.605

51.8

4 mm

12.57

98.7

5 mm

19.64

154

6 mm

28.27

222

7 mm

38.48

302

8 mm

50.27

395

9 mm

63.62

499

SWPR1BN

SWPR1BL

5 mm

19.64

154

7 mm

38.48

302

8 mm

50.27

395

SWPR2N

SWPR2L

2.9 mm 2

本より 13.21

104

SWPD3N

SWPD3L

2.9 mm 3

本より 19.82

156

SWPR7AN

SWPR7AL

7

本より 9.3 mm

51.61

405

7

本より 10.8 mm

69.68

546

7

本より 12.4 mm

92.90

729

7

本より 15.2 mm

138.7

1 101

SWPR7BN

SWPR7BL

7

本より 9.5 mm

54.84

432

7

本より 11.1 mm

74.19

580

7

本より 12.7 mm

98.71

774

7

本より 15.2 mm

138.7

1 101

SWPR19N

SWPR19L

19

本より 17.8 mm

208.4

1 652

19

本より 19.3 mm

243.7

1 931

19

本より 20.3 mm

270.9

2 149

19

本より 21.8 mm

312.9

2 482

19

本より 28.6 mm

532.4

4 229

外観 

線及びより線には,有害なきず・さびなどの欠点があってはならない。

10 

試験 

10.1 

試験片の採り方及び試験片の数 

試験片の採り方及び試験片の数は,次による。

a)

最大試験力及び伸びの試験片は,5 条ごと及びその端数を一組とし,それぞれの組から任意の 1 条を

選び,その一端から 1 個採る。

b) 0.2

%

永久伸びに対する試験力の試験片は,30 条ごと及びその端数を一組とし,それぞれの組から任

意の 1 条を選び,その一端から 1 個採る。

c)

リラクセーション試験の試験片は,材料又は製造工程を変更した場合に,任意の 1 条を選び,その一

端から 1 個採る。

d)

同一の素線を用い,同一機械によって連続製造した線及びより線を短く切断した製品に対しては,a)

及び b)の規定は,切断前の 1 条を 1 条とみなす。


7

G 3536

:2014

e)

a)

及び b)の試験片のつかみの間隔は,次による。

1)

線は,100 mm 以上とする。

2)  2

本より線及び異形 3 本より線は,200 mm 以上とする。

3)  7

本より線及び 19 本より線は,600 mm 以上とする。

f)

形状,寸法及び外観の試験片は,1 条ごとに 1 個採る。

10.2 

引張試験 

引張試験は,次の a)d)によるほか,JIS Z 2241 による。

a)

試験片がつかみの部分から破断して規定に適合しなかった場合は,その試験を無効とし,更に同一の

組から試験片を 1 個採り,試験を行う。

b)

力を加える速度は,

表 による。

表 6−線及びより線の引張試験における力を加える速度

測定項目

力を加える速度の種類

力を加える速度

0.2 %

永久伸びに対する試験力

平均応力増加率

3

∼100 N/(mm

2

・s)

a)

最大試験力

ひずみ増加率 0.5∼50 %/min

b)

伸び

a)

力を加える速度は,試験力の増加速度を公称断面積で除した値とする。

b)

 0.2

%

永久伸びに対する試験力の測定後に,続けて最大試験力及び伸びを測定する場合に

ついても,この速度によるものとする。

c)

線の伸びは,100 mm の標点距離に対する破断伸びとする。

d)

より線の伸びは,つかみの間隔を 10.1 e)に規定する値にとり,

表 の最大試験力の下限値の 10 %の初

期試験力をかけ,そのときの全伸びを 0.1 %とし,以後の試験機のヘッドの動きを測定し,破断時伸

びを算出する。破断時伸びの測定において,破断する前に規定の伸び値に適合する場合は,破断時伸

びは測定しなくてもよい。

10.3 

リラクセーション試験 

リラクセーション試験は,JIS Z 2276 による。ただし,試験は常温(20±5  ℃)で行い,力を加える速

度,初期試験力,初期試験力保持時間及びリラクセーション時間は,

表 による。

表 7−リラクセーション試験条件

項目

試験条件

力を加える速度

a)

 200

±50 N/(mm

2

・min)

[3.33±0.83 N/(mm

2

・s)]

初期試験力

表 の最大試験力の下限値の 70 %に相当する値

初期試験力保持時間

初期試験力を 120±2 s 維持

リラクセーション時間

つかみ間隔を一定にした状態で,1 000 時間保持後,試験力を測定
し,リラクセーション値(初期試験力に対する低下率)を求める。

保持時間を 120 時間で行う場合は,JIS Z 2276 の 7.3.5(室温試験の

場合の試験期間)の外挿法によってリラクセーション値を求める。

a)

力を加える速度は,試験力の増加速度を公称断面積で除した値とする。

10.4 

寸法の測定 

線の径は,任意の同一断面の最大径と最小径とを測定し,その平均値を求め,より線の径は,任意の外

接円の同一断面の最大径と最小径とを測定し,その平均値を求める。ただし,異形線及び異形 3 本より線


8

G 3536

:2014

の径は,測定しなくてもよい。

11 

検査 

11.1 

検査 

検査は,次による。

a)

機械的性質は,箇条 の規定に適合しなければならない。

b)

形状及び寸法は,箇条 の規定に適合しなければならない。

c)

外観は,箇条 の規定に適合しなければならない。

11.2 

再検査 

試験片について行った最初の試験の結果が,箇条 の規定に適合しなかった場合には,最初の試験の試

験片を採った条から更に 1 個の試験片を採り,かつ,同じ組の他の 2 条の一端からそれぞれ試験片を 1 個

採り,この 3 個の試験片で再試験を行ってもよい。再試験の結果,3 個の試験片の値が全て箇条 の規定

に適合すれば,その組の線又はより線は,合格とし,1 個でも適合しないときは,その組の線又はより線

は,不合格とする。

12 

表示 

線及びより線には,結束ごとに,次の項目を適切な方法で表示する。

a)

種類の記号

b)

呼び名

c)

質量

d)

製品の識別番号

e)

製造業者名又はその略号

13 

報告 

製造業者は,検査文書を注文者に提出しなければならない。報告は,JIS G 0404 の箇条 13(報告)によ

る。ただし,報告する検査文書の種類は,注文時に特に指定がない場合は,JIS G 0415 

表 1(検査文書

の総括表)の記号 2.3(受渡試験報告書)又は 3.1.B(検査証明書 3.1.B)とする。