>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

G 3475

:2016

(1)

追補 1 のまえがき

この JIS G 3475 の追補 1 は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

が JIS G 3475:2014 を改正した内容だけを示すものである。

JIS G 3475:2014

は,この追補 1 の内容の改正がされ,JIS G 3475:2016 となる。

なお,平成 29 年 4 月 19 日までの間は,工業標準化法第 19 条第 1 項等の関係条項の規定に基づく JIS マ

ーク表示認証において,JIS G 3475:2014 によることができる。


   

日本工業規格

JIS

 G

3475

:2016

建築構造用炭素鋼鋼管

(追補 1)

Carbon steel tubes for building structure

(Amendment 1)

JIS G 3475:2014

を,次のように改正する。

箇条 2(引用規格)に,JIS G 3193  熱間圧延鋼板及び鋼帯の形状,寸法,質量及びその許容差を,追加す

る。

箇条 9(外観)を,次の文に置き換える。

外観 

管の外観は,次による。

a)

管は,実用的に真っすぐ,かつ,その両端が管軸に対し実用的に直角でなければならない。

b)

管の内外面は,仕上げ良好で,使用上有害な欠点があってはならない。

c)

表面手入れを実施する場合は,JIS G 3193 の箇条 7(外観)によって,グラインダ手入れ又は溶接補

修を行ってもよい。

注記  JIS G 3193 の箇条 では,グラインダ手入れ後の厚さは,厚さの許容差範囲内でなければな

らないとしている。

d)

溶接部の有害な欠点は,溶接補修を行ってもよい。溶接補修を行う場合,溶接部の有害な欠点は,溶

接前にチッピング又はグラインダなどの適切な方法によって完全に除去する。溶接補修は,鋼材の種

類及び溶接部の特性に応じた適切な方法で行わなければならない。

溶接補修個所は,隣接する周囲及び元の溶接ビードと滑らかに接し,きれいに仕上げなければなら

ない。

e)

手入れ跡は,管の形状に滑らかに沿わなければならない。

f)

管の表面仕上げ及びめっきについて,特に要求のある場合には,受渡当事者間の協定による。

箇条 13(報告)の“検査文書の種類は JIS G 0415 

表 1(検査文書の総括表)の記号 2.3(受渡試験報告

書)又は 3.1.B(検査証明書 3.1.B)とする。

”を,

“検査文書の種類は,JIS G 0415 の 5.1(検査証明書 3.1)

による。

”に置き換える。