>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

G 3471

:2012

(1)

目  次

ページ

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

1

4

  種類及び記号  

3

5

  材料及び部品  

4

5.1

  セクション  

4

5.2

  継手用ボルト,ナット及び座金  

4

6

  パイプの標準寸法及び基本構成  

4

6.1

  一般  

4

6.2

  円形 形の標準寸法及び基本構成  

5

6.3

  円形 形の標準寸法及び基本構成  

5

6.4

  エロンゲーション形の標準寸法及び基本構成  

7

6.5

  パイプアーチ形の標準寸法及び基本構成  

8

6.6

  アーチ形の標準寸法及び基本構成  

9

6.7

  ES カルバートの標準寸法及び基本構成  

10

附属書 A(規定)コルゲートパイプの組立てに用いる継手用ボルト,ナット及び座金  

12


G 3471

:2012

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,コルゲート・ライ

ナー技術協会(CLTA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格

を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格

である。

これによって,JIS G 3471:1977 は改正され,その一部を分割して制定した JIS G 3470:2012 及びこの規

格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


   

日本工業規格

JIS

 G

3471

:2012

コルゲートパイプ

Corrugated steel pipe

適用範囲 

この規格は,JIS G 3470 に規定するコルゲートセクション(以下,セクションという。

)を現場施工によ

って組み立て,水路,通路,その他各種土木・建築構造物に用いる鋼製のコルゲートパイプ(以下,パイ

プという。

)の断面形状,寸法及び構成について規定する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 1051

  炭素鋼及び合金鋼製締結用部品の機械的性質−第 1 部:ボルト,ねじ及び植込みボルト

JIS B 1052-2

  締結用部品の機械的性質−第 2 部:保証荷重値規定ナット−並目ねじ

JIS B 1180

  六角ボルト

JIS B 1256

  平座金

JIS G 3470

  コルゲートセクション

JIS H 8610

  電気亜鉛めっき

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS G 3470 によるほか,次による。

3.1 

コルゲートパイプ 

水路,通路,その他各種土木・建築構造物の敷設現場においてセクションを円形,エロンゲーション形,

パイプアーチ形,アーチ形及び大断面カルバート(以下,ES カルバートという。

)に組み立てたもの。

3.2 

円形 

断面形状が円形のパイプ。最も一般的に用いられ,1 形及び 2 形があり,1 形はセクション 2 枚,2 形は

セクション 4 枚以上で構成される。

3.3 

エロンゲーション形 

円形 2 形パイプの直径を上下方向に約 5 %伸ばしたもの。

3.4 

パイプアーチ形 

4 枚以上の 2 形のセクションで構成され,偏平化したパイプ。


2

G 3471

:2012

3.5 

アーチ形 

コンクリート基礎等の上に,2 形のセクション 2 枚以上で構成した円弧形アーチを載せたもの。

3.6 

ES

カルバート 

2 形のセクションで構成し,偏平化したパイプに,スラストビーム及びリングビームを取り付けたもの。

3.7 

スラストビーム 

ES カルバートの縦断方向に取り付けたコンクリート製の部材。

3.8 

リングビーム 

ES カルバートの頂部に横断方向に一定間隔で取り付けた補強用の H 形鋼。


3

G 3471

:2012

種類及び記号 

パイプの種類は,断面形状と JIS G 3470 のセクションの波形状との組合せによって 6 種に区分する。断

面形状,波形状及び種類の記号は,

表 による。

表 1−断面形状,波形状及び種類の記号 

種類

概略図

種類の記号

断面形状

波形状

円形

1 形

SCP1R

a)

2 形

SCP2R

a)

エロンゲーション形

2 形

SCP2E

パイプアーチ形

2 形

SCP2P

アーチ形

2 形

SCP2A

ES カルバート

2 形

SCP2ES

a)

用途に応じて,

“R”の代わりに次の記号を用いてもよい。

“C”又は“セル”/“B”

“K”又は“コツ”/“W”又は“スイ”


4

G 3471

:2012

材料及び部品 

5.1 

セクション 

パイプに用いるセクションは,JIS G 3470 による。

5.2 

継手用ボルト,ナット及び座金 

5.2.1 

一般 

セクションは,ボルト,ナット及び座金を用いて組み立てる。

5.2.2 

機械的性質 

ボルト及びナットの強度区分並びに座金の硬さ区分は,

表 による。

表 2−ボルト及びナットの強度区分並びに座金の硬さ区分 

セクションの板厚

強度区分

硬さ区分

ボルト

ナット

座金

4.5 mm 未満 4.6 以上

4 以上 100

HV 以上

4.5 mm 以上 8.8 以上

ボルト及びナットの機械的性質は,JIS B 1051 

表 1JIS B 1052-2 又はこれらと同等以上のものとする。

座金の硬さ区分は,JIS B 1256 

表 17 又はこれと同等以上のものとする。

5.2.3 

形状,呼び径及び仕上げ程度 

ボルト及び座金の形状は,

セクションの波形状に沿った円弧又はそれに似たものとし,

附属書 による。

1 形セクションの組立てに用いるボルトは,呼び径 10,2 形セクションの組立てに用いるボルトは,呼

び径 20 のメートル並目ねじとする。仕上げ程度は,電気亜鉛めっき前のものとし,

表 による。

表 3−ボルト及びナットの仕上げ程度 

セクションの板厚

仕上げ程度

ボルト

ナット

4.5 mm 未満

4.5 mm 以上

仕上げ程度は,JIS B 1180 

付表 4.3 又はこれと同等以上のものとす

る。

5.2.4 

電気亜鉛めっきの等級及び最小厚さ 

ボルト,ナット及び座金に用いるめっきの等級及びめっきの最小厚さは,JIS H 8610 の 3 級又はこれと

同等以上のものとし,

表 による。

表 4−めっきの等級及びめっきの最小厚さ 

等級

最小厚さ

3 級 8

μm

パイプの標準寸法及び基本構成 

6.1 

一般 

パイプの標準寸法及び基本構成は,

表 5∼表 13 による。ただし,これ以外の寸法及び構成については,

受渡当事者間の協議による。


5

G 3471

:2012

6.2 

円形 形の標準寸法及び基本構成 

円形 1 形のパイプの標準寸法及び基本構成は,

表 による。

表 5−円形 形の標準寸法及び基本構成 

単位  mm

種類の記号

呼び径

板厚

パイプを構成する

セクションの枚数

1.6 2.0 2.7 3.2 4.0

SCP1R

300

− 2

400

○ 2

600

○ 2

800

○ 2

1 000

○ 2

1 200

○ 2

1 350

○ 2

1 500

○ 2

1 650

○ 2

1 800

○ 2

板厚は,成形前の原板の厚さを表す。

6.3 

円形 形の標準寸法及び基本構成 

円形 2 形のパイプの標準寸法及び基本構成は,

表 による。


6

G 3471

:2012

表 6−円形 形の標準寸法及び基本構成 

単位  mm

種類の記号

呼び径

板厚

パイプを構成する 
セクションの枚数

2.7 3.2 4.0 4.5 5.3 6.0 7.0

3 ピッチ  6 ピッチ  9 ピッチ

SCP2R

1 250

○ 3  1  −

1 500

○ 2  2  −

1 750

○ 1  3  −

2 000

− 4 −

2 500

− 2

2

3 000

4

3 500

− 4

2

4 000

− 2

4

4 500

6

5 000

− 4

4

6 000

8

7 000

− 2

8

8 000

− 4

8

9 000

− 12

10 000

− 2 12

11 000

− 4 12

12 000

− 16

13 000

− 2 16

14 000

− 4 16

15 000

− 20

16 000

− 2 20

17 000

− 4 20

18 000

− 24

19 000

− 2 24

20 000

− 4 24

板厚は,成形前の原板の厚さを表す。


7

G 3471

:2012

6.4 

エロンゲーション形の標準寸法及び基本構成 

エロンゲーション形のパイプの標準寸法及び基本構成は,

表 及び表 による。

表 7−エロンゲーション形の標準寸法 

単位  mm

種類の記号

呼び径

スパン

ライズ

半径

板厚

r

1

r

2

r

3

2.7

3.2

4.0

4.5 5.3 6.0

7.0

SCP2E

1 330

1 267

1 400

595

759

595

1 500

1 405

1 575

680

947

680

1 750

1 668

1 839

705

979

804

2 000

1 898

2 100

892

1 140

892

2 500

2 317

2 625

1 092

1 385

1 092

3 000

2 846

3 150

1 338

1 710

1 338

3 500

3 333

3 675

1 540

1 953

1 540

4 000

3 844

4 200

1 645

2 157

1 645

4 500

4 305

4 725

1 925

2 460

1 925

板厚は,成形前の原板の厚さを表す。

表 8−エロンゲーション形の基本構成 

種類の記号

呼び径

(mm)

パイプを構成するセクションの枚数

3 ピッチ

4 ピッチ

6 ピッチ

9 ピッチ

r

1

r

2

r

3

r

1

r

2

r

3

r

1

r

2

r

3

r

1

r

2

r

3

SCP2E

1 330

− 1  2  1 −

1 500

− 2 −

− 1 − 1 −

1 750

1

− 2  1 −

2 000

− 1 2 1 −

2 500

− 1 − 1 − 2 −

3 000

− 1 2 1

3 500

− 4 − 1 − 1

4 000

− 1 − 1 − 4 −

4 500

− 1 4 1


8

G 3471

:2012

6.5 

パイプアーチ形の標準寸法及び基本構成 

パイプアーチ形のパイプの標準寸法及び基本構成は,

表 及び表 10 による。

表 9−パイプアーチ形の標準寸法 

単位  mm

種類の

記号

呼び径

スパン

ライズ

底部

深さ

半径

板厚

r

1

r

2

r

3

2.7

3.2

4.0 4.5 5.3 6.0

7.0

SCP2P

2 000

2 007

1 487

662

947

1 057

530

1 446

2 300

2 291

1 650

624

1 231

1 160

530

2 588

2 700

2 701

1 796

777

1 641

1 463

530

2 018

3 000

2 977

1 959

711

1 917

1 529

530

3 157

3 700

3 671

2 267

813

2 611

1 914

530

3 684

4 400

4 369

2 574

925

3 309

2 312

530

4 191

5 100

5 069

2 882

1 045

4 009

2 720

530

4 688

5 800

5 770

3 189

1 171

4 710

3 138

530

5 176

板厚は,成形前の原板の厚さを表す。

表 10−パイプアーチ形の基本構成 

種類の記号

呼び径

(mm)

パイプを構成するセクションの枚数

3 ピッチ

6 ピッチ

9 ピッチ

r

1

r

2

r

3

r

1

r

2

r

3

r

1

r

2

r

3

SCP2P

2 000

− 2 −

− 1  1 −

2 300

− 2 − 2 − 1 −

2 700

− 2 − 2 −

− 1

3 000

− 2 − 1 −

− 1 − 1

3 700

− 2 −

− 2  2 −

4 400

− 2 − 2 − 1  1 − 1

5 100

− 2 − 1 −

− 2 − 2

5 800

− 2 −

− 2  3 − 1


9

G 3471

:2012

6.6 

アーチ形の標準寸法及び基本構成 

アーチ形のパイプの標準寸法及び基本構成は,

表 11 による。

表 11−アーチ形の標準寸法及び基本構成 

単位  mm

種類の記号

呼び径

スパン

ライズ

板厚

パイプを構成する

セクションの枚数

2.7

3.2

4.0

4.5

5.3

6.0

7.0 3 ピッチ  6 ピッチ  9 ピッチ

SCP2A

1 500

1 500

810

1 1 −

2 000

2 000

1 060

− 2 −

2 500

2 500

1 310

− 1  1

3 000

3 000

1 560

− 3 −

3 500

3 500

1 810

− 2  1

4 000

4 000

2 060

− 1  2

4 500

4 500

2 310

− 3

5 000

5 000

2 560

− 2  2

5 500

5 500

2 810

− 1  3

6 000

6 000

3 060

− 3  2

6 500

6 500

3 310

− 2  3

7 000

7 000

3 560

− 1  4

板厚は,成形前の原板の厚さを表す。


10

G 3471

:2012

6.7 ES

カルバートの標準寸法及び基本構成 

ES カルバートのパイプの標準寸法及び基本構成は,表 12 及び表 13 による。 

表 12ES カルバートの標準寸法 

単位  mm

種類の

記号

呼び径

スパン

ライズ

半径

板厚

r

1

r

2

r

3

4.5

5.3 6.0 7.0

SCP2ES

6 000

6 004

4 286

3 753

1 651

3 753

7 000

7 291

5 327

4 503

2 102

4 503

8 000

8 122

5 820

5 066

2 252

5 066

9 000

9 060

6 544

5 629

2 552

5 629

10 000

10 239

7 355

6 380

2 852

6 380

11 000

11 178

8 078

6 943

3 152

6 943

12 000

12 116

8 802

7 506

3 453

7 506

13 000

13 054

9 525

8 069

3 753

8 069

14 000

14 126

10 106

8 819

3 903

8 819

板厚は,成形前の原板の厚さを表す。


11

G 3471

:2012

表 13ES カルバートの基本構成 

種類の

記号

呼び径

(mm)

パイプを構成するセクションの枚数

5 ピッチ

6 ピッチ

7 ピッチ

8 ピッチ

9 ピッチ

r

1

r

2

r

3

r

1

r

2

r

3

r

1

r

2

r

3

r

1

r

2

r

3

r

1

r

2

r

3

SCP2ES

6 000

− 2 −

2

2

2

1

1

7 000

1

1

4

− 2 −

2

8 000

2

− 3  2  3

9 000

2

2

2

− 2  2  2

10 000

− 2 −

4

2

2 2 −

2

11 000

2

− 2 −

4

− 3  2  3

12 000

4

5

5

− 2 −

13 000

1

2

1

− 4  4  4

14 000

1

1

5

2

5

− 4 −


12

G 3471

:2012

附属書 A

(規定)

コルゲートパイプの組立てに用いる継手用ボルト,ナット及び座金

A.1 

継手用ボルト,ナット及び座金の形状 

継手用ボルト,ナット及び座金の形状は,次による。

a)

波形状が 1 形のボルト,ナット及び座金の形状を

図 A.1 に示す。

ボルト

ナット

座金

図 A.1形のボルト,ナット及び座金 

b)

波形状が 2 形のボルト,ナット及び座金の形状を

図 A.2 に示す。

谷用座金(頭側)

谷用座金(ナット側)

図 A.2形のボルト,ナット及び座金 

山用ボルト

ナット

山用座金(頭側)

山用座金(ナット側)

谷用ボルト

ナット


13

G 3471

:2012

A.2 

継手用ボルト,ナット及び座金の使用方法 

継手用ボルト,ナット及び座金の使用方法は,次による。

a)  1

形のボルト,ナット及び座金の使用方法を

図 A.3 に示す。

水密性が必要とされない呼び径 600 以下のパイプは,ボルトを一つ置きにしてもよい。

図 A.3形のボルト,ナット及び座金の使用方法 

b)  2

形のボルト,ナット及び座金の使用方法を

図 A.4 に示す。

注記  一般的にボルトは,パイプの外側から挿入し,内側で締めつける。

図 A.4形のボルト,ナット及び座金の使用方法