>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

G 3454:2017  

(1) 

目 次 

ページ 

序文  1 

1 適用範囲 1 

2 引用規格 1 

3 種類及び記号  2 

4 製造方法 2 

5 化学成分 3 

6 機械的性質  3 

6.1 引張強さ,降伏点又は耐力,及び伸び 3 

6.2 へん平性  4 

6.3 曲げ性  4 

7 亜鉛めっきの試験特性  4 

8 水圧試験特性及び非破壊試験特性  4 

9 寸法,質量及び寸法許容差  5 

9.1 寸法及び単位質量  5 

9.2 寸法許容差  5 

10 外観  7 

11 特別品質規定  7 

12 試験  7 

12.1 分析試験  7 

12.2 機械試験  7 

12.3 亜鉛めっき試験  9 

12.4 水圧試験及び非破壊試験  9 

13 検査及び再検査  10 

13.1 検査  10 

13.2 再検査  10 

14 表示  10 

15 報告  11 

附属書JA(規定)特別品質規定  12 

附属書JB(参考)JISと対応国際規格との対比表  13 

 

 


 

G 3454:2017  

(2) 

まえがき 

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人日本

鉄鋼連盟(JISF)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準

調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。これによって,JIS G 3454:2012は改

正され,この規格に置き換えられた。 

なお,平成30年8月20日までの間は,工業標準化法第19条第1項等の関係条項の規定に基づくJISマ

ーク表示認証において,JIS G 3454:2012によることができる。 

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。 

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。 

 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

G 3454:2017 

 

圧力配管用炭素鋼鋼管 

Carbon steel pipes for pressure service 

 

序文 

この規格は,1989年に第1版として発行されたISO 9329-1及び1990年に第1版として発行されたISO 

9330-1を基とし,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。 

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,附属書JBに示す。 

 

適用範囲 

この規格は,350 ℃程度以下で使用する圧力配管に用いる炭素鋼鋼管(以下,管という。)について規定

する。ただし,高圧配管用炭素鋼鋼管には,適用しない1)。この規格は,外径10.5 mm(呼び径6A又は

1/8B)〜660.4 mm(呼び径650A又は26B)の管に適用できる。 

なお,注文者があらかじめ製造業者との協定によって指定する特別品質規定の項目を,附属書JAに規

定している。 

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。 

ISO 9329-1:1989,Seamless steel tubes for pressure purposes−Technical delivery conditions−Part 1: 

Unalloyed steels with specified room temperature properties 

ISO 9330-1:1990,Welded steel tubes for pressure purposes−Technical delivery conditions−Part 1: 

Unalloyed steel tubes with specified room temperature properties(全体評価:MOD) 

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”

ことを示す。 

注1) 高圧配管用炭素鋼鋼管は,JIS G 3455(高圧配管用炭素鋼鋼管)に規定している。 

 

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。 

JIS G 0320 鋼材の溶鋼分析方法 

JIS G 0404 鋼材の一般受渡し条件 

JIS G 0415 鋼及び鋼製品−検査文書 

JIS G 0582 鋼管の自動超音波探傷検査方法 

JIS G 0583 鋼管の自動渦電流探傷検査方法 

JIS H 0401 溶融亜鉛めっき試験方法 

JIS H 2107 亜鉛地金 


G 3454:2017  

 

JIS H 8641 溶融亜鉛めっき 

JIS Z 2241 金属材料引張試験方法 

 

種類及び記号 

管の種類は2種類とし,種類の記号,製造方法を表す記号及び亜鉛めっきの区分は,表1による。 

 

表1−種類の記号,製造方法を表す記号及び亜鉛めっきの区分 

種類の記号 

製造方法を表す記号 

亜鉛めっきの区分 

製管方法 

仕上方法 

表示 

STPG370 

継目無し:S 
電気抵抗溶接:E 

熱間仕上げ:H 
冷間仕上げ:C 
電気抵抗溶接まま:G 

製造方法を表す記号
の表示は,箇条14 b)
による。 

黒管:亜鉛めっきを行わない

管 

白管a):亜鉛めっきを行った管 

STPG410 

注a) 図面,帳票などで,記号によって白管を黒管と区分する必要がある場合は,種類の記号の後に-ZNを付記す

る。ただし,製品の表示には適用しない。 

 

製造方法 

管の製造方法は,次による。 

a) 管は,表1に示す製管方法及び仕上方法の組合せによって製造する。 

b) 管は,通常,製造のままとする。ただし,冷間仕上げした管には,製造後,焼なましを施す。 

なお,注文者は,必要に応じてSTPG410の電気抵抗溶接鋼管の溶接部に熱処理を指定してもよい。 

c) 管端形状は,特に指定のない場合はプレンエンドとする。注文者がベベルエンドを指定する場合には,

その形状は受渡当事者間の協定による形状とし,厚さ22 mm以下の管で特に形状の指定のないときに

は,図1による。 

 

 

  

t:厚さ22 mm以下 

 

図1−ベベルエンドの形状 

 

d) 管を電気抵抗溶接によって製造する場合,特に指定のない限り外面及び内面の溶接ビードは,管の形

状に滑らかに沿うように除去する。ただし,内面の溶接ビードは,除去が困難な場合は溶接のままと

してもよい。 

e) 白管の場合は,検査に合格した黒管の表面を,サンドブラスト,酸洗いなどの処理によって清掃した

後,溶融亜鉛めっきを行う。溶融亜鉛めっきに使用する亜鉛は,JIS H 2107の蒸留亜鉛地金1種又は

これと同等以上の品質をもつ亜鉛とする。 


G 3454:2017  

 

f) 

その他亜鉛めっきの一般事項は,JIS H 8641による。 

 

化学成分 

管は,12.1によって試験を行い,その溶鋼分析値は,表2による。 

 

表2−化学成分 

単位 % 

種類の記号 

Si 

Mn 

STPG370 

0.25以下 

0.35以下 

0.30〜0.90 

0.040以下 

0.040以下 

STPG410 

0.30以下 

0.35以下 

0.30〜1.00 

0.040以下 

0.040以下 

必要に応じてこの表にない合金元素を添加してもよい。 

 

機械的性質 

6.1 

引張強さ,降伏点又は耐力,及び伸び 

管は,12.2.3によって試験を行い,その引張強さ,降伏点又は耐力,及び伸びは,表3による。ただし,

厚さ8 mm未満の管で,12号試験片又は5号試験片を用いて引張試験を行う場合の伸びは,表4による。 

 

表3−引張強さ,降伏点又は耐力,及び伸び 

種類の記号 

引張強さ 

 
 
 

N/mm2 

降伏点 

又は耐力 

 
 

N/mm2 

伸びa) 

11号試験片 
12号試験片 

5号試験片 

4号試験片b) 

管軸方向 

管軸直角方向 

管軸方向 

管軸直角方向 

STPG370 

370以上 

215以上 

30以上 

25以上 

28以上 

23以上 

STPG410 

410以上 

245以上 

25以上 

20以上 

24以上 

19以上 

注記 1 N/mm2=1 MPa 
注a) 呼び径25A以下の管については,この表の伸びの規定は適用しないが,試験の結果は,記録する。ただ

し,受渡当事者間の協定によって,伸びの値を規定してもよい。 

b) 引張方向は,管軸方向とする。ただし,管軸直角方向から試験片を採取できる場合は,管軸方向に代え

て管軸直角方向としてもよい。 

 

表4−厚さ8 mm未満の管の12号試験片(管軸方向)及び5号試験片(管軸直角方向)の場合の伸び 

単位 % 

種類の記号 

試験片 

厚さ 

1 mmを超え 
2 mm以下 

2 mmを超え 
3 mm以下 

3 mmを超え 
4 mm以下 

4 mmを超え 
5 mm以下 

5 mmを超え 
6 mm以下 

6 mmを超え 
7 mm以下 

7 mmを超え 
8 mm未満 

STPG370 12号試験片 

21以上 

22以上 

24以上 

26以上 

27以上 

28以上 

30以上 

 5号試験片 

16以上 

18以上 

19以上 

20以上 

22以上 

24以上 

25以上 

STPG410 12号試験片 

16以上 

18以上 

19以上 

20以上 

22以上 

24以上 

25以上 

 5号試験片 

11以上 

12以上 

14以上 

16以上 

17以上 

18以上 

20以上 

注記 この表の伸びは,管の厚さが8 mmから1 mm減じるごとに表3の伸びの値から1.5を減じた値を,JIS Z 8401

(数値の丸め方)の規則Aによって整数値に丸めた値である。 


G 3454:2017  

 

6.2 

へん平性 

管は,12.2.4によって試験を行い,平板間の距離(H)が式(1)〜式(3)のいずれかによる値になるまで,

試験片に割れを生じてはならない。 

なお,注文者は,呼び径40A以下の管に対し,へん平性に代えて曲げ性を指定してもよい。 

注記 へん平性の試験の実施については,12.2.4を参照。 

継目無鋼管の場合: 

D

t

e

t

e

H

)

1(

  (1) 

電気抵抗溶接鋼管の場合: 

D

H

3

2

(溶接部の試験の場合)  (2) 

D

H

3

1

(溶接部以外の試験の場合)  (3) 

ここに, 

H: 平板間の距離(mm) 

 

t: 管の厚さ(mm) 

 

D: 管の外径(mm) 

 

e: 管の種類による定数で, 

STPG370では0.08,STPG410では0.07 

 

6.3 

曲げ性 

曲げ性は,注文者が呼び径40A以下の管に対して,へん平性に代えて指定した場合に適用する。曲げ性

は,12.2.5によって試験を行い,外径の6倍の内側半径で曲げ角度90°に曲げたとき,試験片に割れを生

じてはならない。 

なお,注文者は,曲げ角度180°及び/又は管の外径の4倍の内側半径を指定してもよい。 

曲げ角度は,曲げ開始位置からの角度とする。 

 

亜鉛めっきの試験特性 

白管は,12.3によって試験を行い,その亜鉛めっき管の硫酸銅試験における浸せき回数が,5回(浸せ

き時間毎回1分)に及んでも終止点に達してはならない。 

注記 終止点とは,めっき層が消失し,管の素地の上に光輝のある密着性金属銅が析出した場合をい

う[JIS H 0401の6.7(終止点の判断)参照]。 

 

水圧試験特性及び非破壊試験特性 

管は,12.4によって試験を行い,その水圧試験特性及び非破壊試験特性は,次による。いずれの特性に

よるかは,注文者が指定する場合は,その指定による。注文者の指定がない場合は,製造業者の選択によ

る。 

a) 水圧試験特性 管は,表5に示す水圧試験下限圧力を加えたとき,これに耐え,漏れがあってはなら

ない。 


G 3454:2017  

 

表5−水圧試験下限圧力 

単位 MPa 

スケジュール番号 

Sch 

10 

20 

30 

40 

60 

80 

水圧試験下限圧力 

2.0 

3.5 

5.0 

6.0 

9.0 

12 

 

b) 非破壊試験特性 管は,超音波探傷試験又は渦電流探傷試験のいずれかの非破壊試験を行い,その非

破壊試験特性は,次による。ただし,受渡当事者間の協定によって,超音波探傷試験又は渦電流探傷

試験に代えて,日本工業規格による他の非破壊試験によってもよい。この場合の合否判定基準は,超

音波探傷試験又は渦電流探傷試験と同等以上とする。 

注記 日本工業規格による他の非破壊試験方法として,JIS G 0586[鋼管の自動漏えい(洩)磁束

探傷検査方法]などがある。 

1) 超音波探傷試験特性は,JIS G 0582の人工きず区分UDの対比試験片の人工きずからの信号と同等

以上の信号があってはならない。 

2) 渦電流探傷試験特性は,JIS G 0583の人工きず区分EYの対比試験片の人工きずからの信号と同等

以上の信号があってはならない。 

 

寸法,質量及び寸法許容差 

9.1 

寸法及び単位質量 

管の外径,厚さ及び単位質量は,表6による。管の長さは,4 000 mm以上とする。 

9.2 

寸法許容差 

管の外径及び厚さの許容差は,表7による。管の長さに指定長さがある場合は,指定長さ以上とする。 

なお,電気抵抗溶接鋼管の溶接部の厚さの許容差は,表7の電気抵抗溶接鋼管の厚さの許容差のマイナ

ス側の許容差(下限値)だけを適用し,プラス側の許容差(上限値)は適用しない。 

 


G 3454:2017  

 

表6−寸法及び単位質量 

呼び径a) 

外径 

mm 

呼び厚さ(スケジュール番号:Sch) 

10 

20 

30 

40 

60 

80 

厚さ 

mm 

単位質量 

kg/m 

厚さ 

mm 

単位質量 

kg/m 

厚さ 

mm 

単位質量 

kg/m 

厚さ 

mm 

単位質量 

kg/m 

厚さ 

mm 

単位質量 

kg/m 

厚さ 

mm 

単位質量 

kg/m 

1/8 

10.5 

− 

− 

− 

− 

− 

− 

1.7 

0.369 

2.2 

0.450 

2.4 

0.479 

1/4 

13.8 

− 

− 

− 

− 

− 

− 

2.2 

0.629 

2.4 

0.675 

3.0 

0.799 

10 

3/8 

17.3 

− 

− 

− 

− 

− 

− 

2.3 

0.851 

2.8 

1.00 

3.2 

1.11 

15 

1/2 

21.7 

− 

− 

− 

− 

− 

− 

2.8 

1.31 

3.2 

1.46 

3.7 

1.64 

20 

3/4 

27.2 

− 

− 

− 

− 

− 

− 

2.9 

1.74 

3.4 

2.00 

3.9 

2.24 

25 

34.0 

− 

− 

− 

− 

− 

− 

3.4 

2.57 

3.9 

2.89 

4.5 

3.27 

32 11/4 42.7 

− 

− 

− 

− 

− 

− 

3.6 

3.47 

4.5 

4.24 

4.9 

4.57 

40 11/2 48.6 

− 

− 

− 

− 

− 

− 

3.7 

4.10 

4.5 

4.89 

5.1 

5.47 

50 

60.5 

− 

− 

3.2 

4.52 

− 

− 

3.9 

5.44 

4.9 

6.72 

5.5 

7.46 

65 21/2 76.3 

− 

− 

4.5 

7.97 

− 

− 

5.2 

9.12 

6.0 

10.4 

7.0 

12.0 

80 

89.1 

− 

− 

4.5 

9.39 

− 

− 

5.5 

11.3 

6.6 

13.4 

7.6 

15.3 

90 31/2 101.6 

− 

− 

4.5 

10.8 

− 

− 

5.7 

13.5 

7.0 

16.3 

8.1 

18.7 

100 

4 114.3 

− 

− 

4.9 

13.2 

− 

− 

6.0 

16.0 

7.1 

18.8 

8.6 

22.4 

125 

5 139.8 

− 

− 

5.1 

16.9 

− 

− 

6.6 

21.7 

8.1 

26.3 

9.5 

30.5 

150 

6 165.2 

− 

− 

5.5 

21.7 

− 

− 

7.1 

27.7 

9.3 

35.8 

11.0 

41.8 

200 

8 216.3 

− 

− 

6.4 

33.1 

7.0 

36.1 

8.2 

42.1 

10.3 

52.3 

12.7 

63.8 

250 

10 267.4 

− 

− 

6.4 

41.2 

7.8 

49.9 

9.3 

59.2 

12.7 

79.8 

15.1 

93.9 

300 

12 318.5 

− 

− 

6.4 

49.3 

8.4 

64.2 

10.3 

78.3 

14.3 107 

17.4 

129 

350 

14 355.6  6.4 

55.1 

7.9 

67.7 

9.5 

81.1 

11.1 

94.3 

15.1 127 

19.0 

158 

400 

16 406.4  6.4 

63.1 

7.9 

77.6 

9.5 

93.0 

12.7 123 

16.7 160 

21.4 

203 

450 

18 457.2  6.4 

71.1 

7.9 

87.5 

11.1 

122 

14.3 156 

19.0 205 

23.8 

254 

500 

20 508.0  6.4 

79.2 

9.5 

117 

12.7 

155 

15.1 184 

20.6 248 

26.2 

311 

550 

22 558.8  6.4 

87.2 

9.5 

129 

12.7 

171 

15.9 213 

− 

− 

− 

− 

600 

24 609.6  6.4 

95.2 

9.5 

141 

14.3 

210 

− 

− 

− 

− 

− 

− 

650 

26 660.4  7.9 

127 

12.7 

203 

− 

− 

− 

− 

− 

− 

− 

− 

注記1 単位質量の数値は,1 cm3の鋼を7.85 gとし,次の式によって計算し,JIS Z 8401の規則Aによって有効数字

3桁に丸めた値である。 

  W=0.024 66 t (D−t) 

 

ここに, 

W: 管の単位質量(kg/m) 

 

 

t: 管の厚さ(mm) 

 

 

D: 管の外径(mm) 

 

 

0.024 66: Wを求めるための単位の変換係数 

注記2 この表の太枠内の寸法は,汎用品を示す。 
注a) 管の呼び方は,呼び径及び呼び厚さ(スケジュール番号:Sch)による。ただし,呼び径はA又はBのいずれ

かを用い,Aによる場合にはAの符号を,Bによる場合にはBの符号を,それぞれの数字の後に付けて区分す
る。 

 


G 3454:2017  

 

表7−外径及び厚さの許容差 

区分 

外径の許容差a) 

厚さの許容差 

呼び径 

許容差 

熱間仕上継目無鋼管 

 40A以下 

±0.5 mm 

 

 

 50A以上 
125A以下 

±1 % 

厚さ4 mm未満 

+0.6 mm 
−0.5 mm 

150A 

±1.6 mm 

 

 

200A以上 

±0.8 % b) 

厚さ4 mm以上 

+15 % 
−12.5 % 

冷間仕上継目無鋼管及び電
気抵抗溶接鋼管 

 25A以下 

±0.3 mm 

 

 

厚さ3 mm未満 

±0.3 mm 

 32A以上 

±0.8 % b) 

 

 

厚さ3 mm以上 

±10 % 

 

 

注a) 局所的な手入れ部については,この表の外径の許容差を適用しない。 

b) 呼び径350A又は14B以上は,周長によってもよい。外径の測定に周長を用いる場合は,周長実測値又は周

長実測値の換算外径のいずれかによる。いずれの場合も同一の許容差(±0.5 %)を適用する。外径の測定に
周長を用いる場合,外径(D)と周長(l)との相互換算は,次の式による。  

   D=l/π 

 

ここに, D: 外径(mm) 

 

 

l: 周長(mm) 

 

 

π: 3.141 6 

 

10 

外観 

外観は,次による。 

a) 管は,実用的に真っすぐ,かつ,その両端が管軸に対して実用的に直角でなければならない。 

b) 管の内外面は,仕上げ良好で,使用上有害な欠点があってはならない。 

c) 表面手入れを実施する場合は,グラインダ,機械加工などによってもよいが,手入れ後の厚さは,厚

さの許容差内でなければならない。 

d) 手入れ跡は,管の形状に滑らかに沿わなければならない。 

e) 受渡当事者間の協定によって,管の外面,内面又は内外面に塗装(例えば,ジンクリッチ塗装,エポ

キシ塗装,プライマー塗装など)を行ってもよい。 

 

11 

特別品質規定 

受渡当事者間の協定によって,注文者が指定する特別品質規定は,附属書JAによる。 

 

12 

試験 

12.1 

分析試験 

12.1.1 

分析試験の一般事項及び分析用試料の採り方 

分析試験の一般事項及び分析用試料の採り方は,JIS G 0404の箇条8(化学成分)による。 

12.1.2 

分析方法 

分析方法は,JIS G 0320による。 

12.2 

機械試験 

12.2.1 

試験一般 


G 3454:2017  

 

機械試験の一般事項は,JIS G 0404の箇条7(一般要求)及び箇条9(機械的性質)による。ただし,機

械試験に供される供試材の採り方は,JIS G 0404の7.6(試験片採取条件及び試験片)のA類とする。 

12.2.2 

供試材の採り方及び試験片の数 

機械試験用の供試材の採り方及び試験片の数は,表8による。ただし,白管の場合は,通常,亜鉛めっ

きを施す前の管から採取する。 

 

表8−供試材の採り方及び試験片の数 

呼び径の区分 

供試材の採り方 

試験片の数 

 

 50A以下 

同一寸法a)及び同時熱処理b) c)の管1 000
本ごと及びその端数からそれぞれ一つの
供試材を採取する。 

それぞれの供試材から採取する試
験片の個数は,次による。ただし,
適用する試験片は箇条6による。 
 
引張試験片:1個 
へん平試験片:1個 
曲げ試験片:1個 

 65A以上 125A以下 

同一寸法a)及び同時熱処理b) c)の管500本
ごと及びその端数からそれぞれ一つの供
試材を採取する。 

 150A以上 300A以下 

同一寸法a)及び同時熱処理b) c)の管250本

ごと及びその端数からそれぞれ一つの供
試材を採取する。 

 350A以上 

同一寸法a)及び同時熱処理b) c)の管150本
ごと及びその端数からそれぞれ一つの供
試材を採取する。 

注a) 同一寸法とは,同一外径及び同一厚さをいう。 

b) 管に熱処理を行った場合に適用する。また,連続炉を用いる場合の同時熱処理とは,同一熱処理

条件での連続した熱処理をいい,連続炉を停止した場合は,同時熱処理に含まない。 

c) 試験の対象とする同一寸法の管が全て同一溶鋼である場合には,同時熱処理に代えて,同一熱処

理条件としてもよい。 

 

12.2.3 

引張試験 

引張試験片及び引張試験方法は,次による。 

a) 試験片 試験片は,JIS Z 2241の11号,12号(12A号,12B号又は12C号),4号又は5号試験片の

いずれかとし,11号試験片及び12号試験片は管軸方向から,5号試験片は管軸直角方向から採取する。

4号試験片は,管軸方向又は管軸直角方向のいずれかから採取し,径14 mm(標点距離50 mm)とす

る。電気抵抗溶接鋼管から引張試験片を採取する場合,12号試験片又は5号試験片は,溶接部を含ま

ない部分から採取する。 

b) 試験方法 試験方法は,JIS Z 2241による。 

12.2.4 

へん平試験 

へん平試験の試験片及び試験方法は,次による。 

なお,継目無鋼管の場合は,へん平試験は,省略してもよい2)。ただし,特に注文者の指定がある場合

には,試験を行わなければならない。 

注2) 試験は,製造業者の判断によって省略してもよいが,へん平性は規定を満足しなければならな

いことを意味する。 

a) 試験片 試験片の長さは,50 mm以上とする。 

b) 試験方法 試験温度は,常温(5〜35 ℃)とし,試験片を2枚の平板間に挟み,平板間の距離Hが,

6.2の式(1),式(2)又は式(3)に規定する値以下になるまで圧縮し,へん平にしたとき,試験片に割れが


G 3454:2017  

 

生じたかどうかを調べる。ただし,電気抵抗溶接鋼管の場合は,溶接部を図2及び図3のように,圧

縮方向に対して,管の中心と溶接部を結ぶ線が直角になるように置き,    まで圧縮したときに

溶接部の割れの有無を調べ,さらに    まで圧縮したときに溶接部以外の割れの有無を調べる。 

 

 

 

図2−溶接部のへん平試験 

図3−溶接部以外のへん平試験 

 

12.2.5 

曲げ試験 

曲げ試験の試験片及び試験方法は,次による。 

a) 試験片 供試材から適切な長さを切り取り,試験片とする。 

b) 試験方法 試験温度は常温(5〜35 ℃)とし,試験片を6.3に規定する曲げ角度を下限としそれ以上

の曲げ角度で,また,6.3に規定する曲げの内側半径を上限としそれ以下の内側半径で円筒の周りに曲

げたとき,試験片に割れが生じたかどうかを調べる。電気抵抗溶接鋼管の場合は,溶接部は曲げの最

外部から約90度の位置に置く。 

12.3 

亜鉛めっき試験 

亜鉛めっき試験は,次による。 

a) 供試材の採り方及び試験片の数 供試材の採り方及び試験片の数は,同一寸法3)の管500本ごと及び

その端数から,それぞれ1本の供試製品を採取し,それぞれの供試製品の両端から試験片を1個づつ

採取する。 

注3) 同一寸法とは,同一外径及び同一厚さをいう。 

b) 試験片 試験片は,長さ約60 mmの管状試験片とする。ただし,試験片が大きすぎる場合は,測定で

きる適切な大きさに切断してもよい。 

c) 試験方法 亜鉛めっきの硫酸銅試験方法は,JIS H 0401の箇条6[均一性試験方法(硫酸銅試験)]に

よる。 

12.4 

水圧試験及び非破壊試験 

水圧試験及び非破壊試験は,次による。ただし,白管の場合は,通常,亜鉛めっきを施す前に実施する。 

a) 試験の頻度 水圧試験又は非破壊試験のいずれかについて,管1本ごとに行う。 

b) 試験方法 水圧試験及び非破壊試験の方法は,次による。 

1) 水圧試験 水圧試験は,管に,箇条8 a) に規定する水圧試験下限圧力以上の圧力を加えて5秒間以

上保持したとき,これに耐え,漏れが生じたかどうかを調べる。 

2) 非破壊試験 試験方法は,次による。ただし,日本工業規格による他の非破壊試験を行う場合の試

験方法は,受渡当事者間の協定による。 

2.1) 超音波探傷試験方法は,JIS G 0582による。ただし,人工きず区分UDより厳しい区分の試験に

D

H

3

2

D

H

3

1


10 

G 3454:2017  

 

置き換えてもよい。 

2.2) 渦電流探傷試験方法は,JIS G 0583による。ただし,人工きず区分EYより厳しい区分の試験に置

き換えてもよい。 

 

13 

検査及び再検査 

13.1 

検査 

検査は,次による。 

a) 検査の一般事項は,JIS G 0404による。 

b) 化学成分は,箇条5に適合しなければならない。 

c) 機械的性質は,箇条6に適合しなければならない。 

d) 亜鉛めっき試験特性は,箇条7に適合しなければならない。 

e) 水圧試験特性又は非破壊試験特性は,箇条8に適合しなければならない。 

f) 

寸法は,箇条9に適合しなければならない。 

g) 外観は,箇条10に適合しなければならない。 

h) 受渡当事者間の協定によって,附属書JAに規定する特別品質規定の一部又は全部の項目を適用する

場合には,該当する規定に適合しなければならない。 

13.2 

再検査 

機械試験及び亜鉛めっきの試験で合格とならなかった管は,JIS G 0404の9.8(再試験)によって再試験

を行い,合否を決定してもよい。 

 

14 

表示 

検査に合格した管には,管ごとに,次の事項を表示する。ただし,外径が小さく管ごとの表示が困難な

場合又は注文者の要求がある場合は,管を結束して,一結束ごとに適切な方法で表示してもよい。表示の

順序は,指定しない。また,受渡当事者間の協定によって,製品識別が可能な範囲で項目の一部を省略し

てもよい。 

a) 種類の記号 

b) 製造方法を表す記号 

製造方法を表す記号は,次による。ただし,−は空白でもよい。 

1) 熱間仕上継目無鋼管 −S−H 

2) 冷間仕上継目無鋼管 −S−C 

3) 電気抵抗溶接まま鋼管 −E−G 

4) 熱間仕上電気抵抗溶接鋼管 −E−H 

5) 冷間仕上電気抵抗溶接鋼管 −E−C 

例 熱間仕上継目無鋼管STPG370の場合:STPG370−S−H 

c) 寸法。寸法は,呼び径×呼び厚さで表す。 

例 50A×Sch40,又は2B×Sch40 

d) 製造業者名又はその略号 

e) 特別品質規定の指定を表す記号Z(指定があった場合) 


11 

G 3454:2017  

 

15 

報告 

あらかじめ注文者の要求のある場合には,製造業者は,検査文書を注文者に提出しなければならない。

この場合,報告は,JIS G 0404の箇条13(報告)による。検査文書の種類は,特に指定のない場合は,JIS 

G 0415の5.1(検査証明書3.1)による。 

 


12 

G 3454:2017  

 

附属書JA 

(規定) 

特別品質規定 

 

JA.1 超音波探傷試験及び検査(Z3)1) 

超音波探傷試験及び検査は,次による。 

a) 超音波探傷試験は,JIS G 0582による。 

b) 超音波探傷試験における探傷感度の基準は,JIS G 0582の区分UCとし,対比試験片の人工きずから

の信号と同等以上の信号があってはならない。 

c) 超音波探傷試験は,管1本ごとに行い,b)に適合しなければならない。 

注1) 管の取引においては,超音波探傷試験の要求指定をZ3と表記することがある。 

 

JA.2 渦電流探傷試験及び検査(Z4)2) 

渦電流探傷試験及び検査は,次による。 

a) 渦電流探傷試験は,JIS G 0583による。 

b) 渦電流探傷試験における探傷感度の基準は,JIS G 0583の区分EWとし,対比試験片の人工きずから

の信号と同等以上の信号があってはならない。 

c) 渦電流探傷試験は,管1本ごとに行い,b)に適合しなければならない。 

注2) 管の取引においては,渦電流探傷試験の要求指定をZ4と表記することがある。 

 

 


13 

G 3454:2017  

 

附属書JB 

(参考) 

JISと対応国際規格との対比表 

 

JIS G 3454:2017 圧力配管用炭素鋼鋼管 

ISO 9329-1:1989,Seamless steel tubes for pressure purposes−Technical delivery 
conditions−Part 1: Unalloyed steels with specified room temperature properties 
ISO 9330-1:1990,Welded steel tubes for pressure purposes−Technical delivery conditions
−Part 1: Unalloyed steel tubes with specified room temperature properties 

 

(I)JISの規定 

(II) 
国際規 
格番号 

(III)国際規格の規定 

(IV)JISと国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容 

(V)JISと国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策 

箇条番号 
及び題名 

内容 

箇条 
番号 

内容 

箇条ごと 
の評価 

技術的差異の内容 

1 適用範
囲 

350 ℃程度以下で使
用する圧力配管用炭
素鋼鋼管 

ISO 
9329-1 
ISO 
9330-1 

350 ℃程度以下で使用
する圧力配管用炭素鋼
鋼管 

追加 

JISは適用する外径の範囲を追加し
ている。 

JISとして必要な内容を追加して
いる。 

2 引用規
格 

 

 

 

 

 

 

3 種類及
び記号 

2種類を規定してい
る。 

 

6.1 

炭素鋼を規定し,種類は
規格によって異なる。 
ISO 9329-1:4種類 
ISO 9330-1:5種類 

削除 

JISは,ISO規格の炭素鋼のうち,
最高強度の種類を規定していない。 

JISとして必要な種類を規定して
いる。 

4 製造方
法 

製造方法として造管
方法,熱処理,端面
及び亜鉛めっきに使
用する亜鉛を規定し
ている。 

 

5.3 
5.4 
8.2 

細分箇条に分けて造管
方法,熱処理及び端面を
規定している。 

変更 
追加 

JISは,継目無し及び電気抵抗溶接
を規定しているが,ISO規格はその
ほかに鍛接及びサブマージアーク
溶接を規定している。 

JISとISO規格とは規格体系が異
なる。 

5 化学成
分 

2種類の鋼種の化学
成分を規定してい
る。 

 

6.1 

ISO 9329-1は4種類,
ISO 9330-1は5種類の
鋼種の化学成分を規定
している。 

変更 
削除 

JISは,ISO規格の炭素鋼のうち,
最高強度の種類を規定していない。 

JISとして必要な種類の化学成分
を規定している。 

6 機械的
性質 

引張試験特性,へん
平性及び曲げ性を規
定している。 

 

6.2 
9.7.3 

引張試験特性,へん平
性,曲げ性及びリング引
張試験を規定している。 

削除 

JISは,リング引張試験を削除して
いる。 

JISとして必要な内容を規定して
いる。 

 

2

 

G

 3

4

5

4

2

0

1

7

 

 

 

 

 


14 

G 3454:2017  

 

(I)JISの規定 

(II) 
国際規 
格番号 

(III)国際規格の規定 

(IV)JISと国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容 

(V)JISと国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策 

箇条番号 
及び題名 

内容 

箇条 
番号 

内容 

箇条ごと 
の評価 

技術的差異の内容 

7 亜鉛め
っきの試
験特性 

亜鉛めっきの均一性
を規定している。 

− 

− 

− 

追加 

ISO規格は規定していない。 

JISとして必要な規定を追加して
いる。 

8 水圧試
験特性及
び非破壊
試験特性 

水圧試験特性又は非
破壊試験特性のいず
れかを適用する。 

ISO 
9329-1 
ISO 
9330-1 

9.4 

水圧試験特性又は非破
壊試験特性のいずれか
を適用する。 

変更 

JISとISO規格とは水圧試験特性が
異なる。 

JISはスケジュール管を採用して
いるため,試験水圧が異なる。 

9.1 寸法
及び単位
質量 

管の寸法及び質量を
規定している。 

 

7.1 

管の外径,厚さ及び質量
はISO 4200から選択す
ることを規定している。 

変更 

寸法体系が異なる。 

寸法体系の変更は市場の混乱を招
くため,現時点で統一は困難であ
る。 

9.2 寸法
許容差 

管の外径,厚さ及び
長さの許容差を規定
している。 

 

7.3 

管の外径,厚さ及び長さ
の許容差を規定してい
る。 

変更 

JISの外径及び厚さの許容差は,
ISO規格より厳しい。 

JISとして必要な内容を規定して
いる。 

10 外観 

外観を規定してい
る。 

 

外観を規定している。 

追加 

JISは塗装を追加している。 

JISとして必要な規定を追加して
いる。 

11 特別
品質規定 

 

− 

− 

規定なし。 

追加 

JISとして必要な内容を追加してい
る。 

国内の商取引で使用されているた
め,JISとして規定している。 

12.1 分析
試験 

分析試験の一般事項
及び分析用試料の採
り方を規定してい
る。 

ISO 
9329-1 
ISO 
9330-1 

9.2 

分析試験の一般事項及
び分析用試料の採り方
を規定している。 

一致 

− 

 

12.2 機械
試験 

引張試験の試験片及
び試験方法を規定し
ている。 

 

9.3 
 
 
9.7.2 
9.8.2 

試験片の採取方法及び
形状を規定している。 
 
引張試験方法を規定し
ている。 

変更 
 
 
一致 

JISは,ISO規格より試験片採取頻
度が少ない。形状はJISとISO規
格とで異なる。 

試験片の形状の変更はその影響が
大きく市場の混乱を招く。また,
JISとして必要な内容を追加して
いる。 

12.3 亜鉛
めっき試
験 

亜鉛めっき試験を規
定している。 

− 

− 

− 

追加 

JISは,亜鉛めっき試験を追加して
いる。 

JISとして必要な規定を追加して
いる。 

 
 

2

 

G

 3

4

5

4

2

0

1

7

 

 

 

 

 


15 

G 3454:2017  

 

(I)JISの規定 

(II) 
国際規 
格番号 

(III)国際規格の規定 

(IV)JISと国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容 

(V)JISと国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策 

箇条番号 
及び題名 

内容 

箇条 
番号 

内容 

箇条ごと 
の評価 

技術的差異の内容 

12.4 水圧
試験及び
非破壊試
験 

水圧試験及び非破壊
試験を規定してい
る。 

ISO 
9329-1 
ISO 
9330-1 

9.7.4 
9.8.5 

水圧試験又は非破壊試
験を規定している。 

変更 

非破壊試験の種類としてJISは渦
電流探傷試験,ISO規格は電磁気探
傷試験を規定している。 

日本では,電磁気探傷試験は,一
般に採用されていない。 

13 検査
及び再検
査 

検査及び再検査を規
定している。 

 

9.1 
 
9.9 
9.10 

試験方法及び結果を同
時に規定している。 
再試験の方法を規定し
ている。 

削除 
 
一致 

JISは,試験方法と結果とを分けて
規定している。 

JISとISO規格とは,規格体系が
異なっている。 

14 表示 

表示する事項を規定
している。 

 

10 

表示する事項を規定し
ている。 

変更 

JISでは,製造方法を表す記号,寸
法,及び特別品質規定の指定を表す
記号の表示を追加している。 

表示事項の変更は市場の混乱を招
く。 

15 報告 

報告について規定し
ている。 

 

12 

報告について規定して
いる。 

一致 

− 

 

附属書JA 
(規定) 
特別品質
規定 

特別品質規定として
2項目を規定してい
る。 
・超音波探傷試験及

び検査 

・渦電流探傷試験及

び検査 

 

9.7.4.2 
9.8.6 
 
附属書A 

非破壊検査の種類を規
定している。 
 
高温引張特性を参考と
して記載している。 

追加 
 
 
削除 

JISは,超音波探傷検査及び渦電流
探傷検査を特別品質規定として規
定している。 
JISは,削除している。 

JISとして必要な項目を規定して
いる。 

 

JISと国際規格との対応の程度の全体評価:(ISO 9329-1:1989,ISO 9330-1:1990,MOD) 

注記1 箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

− 一致  技術的差異がない。 
− 削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
− 追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
− 変更  国際規格の規定内容を変更している。 

注記2 JISと国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

− MOD  国際規格を修正している。 

 

2

 

G

 3

4

5

4

2

0

1

7