>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

G 3194

:2010

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS G 3194:1998 は改正され,一部が置き換えられた。


日本工業規格

JIS

 G

3194

:2010

熱間圧延平鋼の形状,寸法,質量及びその許容差

追補 1)

Dimensions, mass and permissible variations of hot rolled flat steel

(Amendment 1)

JIS G 3194:1998

を,次のように改正する。

4.

(寸法の表し方)を,次の文に置き換える。

4.

寸法の表し方  平鋼の寸法は,厚さ及び幅をミリメートルで表し,長さをメートルで表す。ただし,

受渡当事者間の協議によって,長さをミリメートルで表してもよい。

5.

(標準寸法)の b)を,次の文に置き換える。

b)

平鋼の標準長さは,3.5 m,4.0∼7.0 m の間は 0.5 m 間隔,7.0 m を超え 13.0 m の間は 1.0 m 間隔とする。