>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

G 3193:2008

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1  適用範囲

1

2  引用規格

1

3  寸法の表し方 

1

4  標準寸法

1

5  形状及び寸法の許容差

2

6  質量

10

6.1  鋼板の質量 

10

6.2  鋼帯の質量 

10

7  外観

11

附属書 A(規定)鋼板の平たん度 

12

附属書 JA(参考)JIS と対応する国際規格との対応表

13


 
G 3193:2008

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本鉄鋼

連盟(JISF)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の

審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS G 3193:2005 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。


日本工業規格

JIS

 G

3193

:2008

熱間圧延鋼板及び鋼帯の形状,寸法,質量及びその

許容差

Dimensions, mass and permissible variations of hot rolled steel plates,

sheets and strips

序文 

この規格は,2002 年に第 2 版として発行された ISO 7452 を基に作成した日本工業規格であるが,取引

の実態に整合させるため,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

1

適用範囲

この規格は,熱間圧延によって製造された鋼板(鋼帯からの切板を含む。

)及び鋼帯の外観,形状及びそ

の許容限度並びに寸法,質量及びその許容差について規定する。ただし,平鋼には適用しない。

なお,この規格の適用については,それぞれの製品規格に規定する。

注記  この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 7452:2002,Hot-rolled structural steel plates−Tolerances on dimensions and shape (MOD)

なお,対応の程度を表す記号(MOD)は,ISO/IEC Guide21 に基づき,修正していることを示

す。

2

引用規格   

次に示す規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。この引用規

格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS Z 8401  数値の丸め方

3

寸法の表し方   

鋼板及び鋼帯の寸法の表し方は,次による。

a)  鋼板の寸法は,厚さ,幅及び長さをミリメートルで表す。

b)  鋼帯の寸法は,厚さ及び幅をミリメートルで表す。

4

標準寸法 

標準寸法は,次による。

a)  鋼板及び鋼帯の標準厚さは,表 による。



G 3193:2008

表 1−標準厚さ 

a)

単位  mm

1.2 1.4 1.6 1.8 2.0

2.3

2.5

(2.6)

2.8

(2.9) 3.2

3.6 4.0 4.5 5.0 5.6

6.0

6.3

7.0

8.0 9.0 10.0

11.0 12.0 12.7 13.0 14.0

15.0

16.0

(17.0)

18.0 19.0 20.0

22.0 25.0 25.4 28.0

(30.0)

32.0

36.0

38.0

40.0 45.0 50.0

鋼帯及び鋼帯からの切板は,厚さ 12.7 mm 以下を適用する。 

a)

  括弧以外の標準厚さの適用が望ましい。

b)  鋼板及び鋼帯の標準幅は,表 による。

表 2−標準幅

単位  mm

600 630 670 710

750

800

850

900 914 950

1 000

1 060

1 100

1 120

1 180

1 200

1 219

1 250

1 300

1 320

1 400

1 500

1 524

1 600

1 700

1 800

1 829

1 900

2 000

2 100

2 134

2 438

2 500

2 600

2 800

3 000

3 048

鋼帯及び鋼帯からの切板は,幅 2 000 mm 以下を適用する。鋼板(鋼帯からの切板を除く。

)は,幅 914

mm,1 219 mm 及び 1 400 mm 以上を適用する。

c)  鋼板の標準長さは,表 による。

表 3−鋼板の標準長さ

単位  mm

1 829

2 438

3 048

6 000

6 096

7 000

8 000

9 000

9 144

10 000

12 000

12 192

鋼帯からの切板には適用しない。

5

形状及び寸法の許容差   

鋼板及び鋼帯の形状及び寸法の許容差は,次による。ただし,鋼帯の両端の正常でない部分には適用し

ない。

a)  鋼板及び鋼帯の厚さの許容差は,表 及び表 による。受渡当事者間の協定によって表 に代えて表

を適用してもよい。

厚さの測定箇所は,ミルエッジの鋼帯及び鋼帯からの切板の場合は,その縁から 25 mm 以上内側の

任意の点,カットエッジの鋼帯及び鋼帯からの切板の場合は,その縁から 15 mm 以上内側の任意の点

とする。

また,圧延のままのミルエッジの鋼板(耳付鋼板)の場合は,幅切断予定線より内側の任意の点,

カットエッジの鋼板の場合は,その縁から 15 mm 以上内側の任意の点とする。

b)  鋼板及び鋼帯の幅の許容差は,表 による。


3

G 3193:2008

表 4−厚さの許容差(厚さ:4 mm 未満)

単位  mm

厚さ

1 600 未満

1 600 以上 
2 000 未満

2 000 以上 
2 300 以下

 1.25 未満

±0.16

1.25 以上 1.60 未満

±0.18

1.60 以上 2.00 未満

±0.19

±0.23

2.00 以上 2.50 未満

±0.20

±0.25

2.50 以上 3.15 未満

±0.22

±0.29

±0.29

3.15 以上 4.00 未満

±0.24

±0.34

±0.34

受渡当事者間の協定によって,上記の許容差についてプラス側又はマイナス側を制限し

てもよい。ただし,その場合の全許容差範囲は,この表の全許容差範囲に等しいものとす
る。

表 5−厚さの許容差(厚さ:4 mm 以上)

単位  mm

c)

厚さ

 a)b)

1 600 未満

1 600 以上
2 000 未満

2 000 以上
2 500 未満

2 500 以上
3 150 未満

3 150 以上 
4 000 未満

4 000 以上
5 000 未満

4.00 以上 5.00 未満

±0.45

±0.55

±0.55

±0.65

5.00 以上 6.30 未満

±0.50

±0.60

±0.60

±0.75

±0.75

±0.85

6.30 以上 10.0 未満

±0.55

±0.65

±0.65

±0.80

±0.80

±0.90

10.0 以上 16.0 未満

±0.55

±0.65

±0.65

±0.80

±0.80

±1.00

16.0 以上 25.0 未満

±0.65

±0.75

±0.75

±0.95

±0.95

±1.10

25.0 以上 40.0 未満

±0.70

±0.80

±0.80

±1.00

±1.00

±1.20

40.0 以上 63.0 未満

±0.80

±0.95

±0.95

±1.10

±1.10

±1.30

63.0 以上 100 未満

±0.90

±1.10

±1.10

±1.30

±1.30

±1.50

100 以上 160 未満

±1.30

±1.50

±1.50

±1.70

±1.70

±1.90

160 以上 200 未満

±1.60

±1.80

±1.80

±1.90

±1.90

±2.10

200 以上 250 未満

±1.80

±1.90

±1.90

±2.00

±2.00

±2.20

250 以上 300 未満

±2.00

±2.10

±2.10

±2.20

±2.20

±2.50

300 以上 350 以下

±2.10

±2.30

±2.30

±2.40

±2.40

±2.80

受渡当事者間の協定によって,この表の許容差は,プラス側又はマイナス側に制限してもよい。ただし,その

場合の全許容差範囲は,この表の全許容差範囲に等しいものとする。 

a)

  厚さ 40 mm 以上に対しては,受渡当事者間の協議によってプラス側許容差を緩和してもよい。

b)

  厚さ 350 mm 超えの厚さの許容差については,受渡当事者間の協定による。

c)

  幅 5 000 mm 以上の厚さの許容差は,受渡当事者間の協定による。


表 6−厚さの許容差(厚さ 4 mm 以上)

単位  mm

1 600 未満 1

600 以上

2 000 未満

2 000 以上 
2 500 未満

クラス A

クラス B

クラス C

クラス A

クラス B

クラス C

クラス A

クラス B

クラス C

 

厚さ

下限

上限

下限

上限

下限

上限

下限

上限

下限

上限

下限

上限

下限

上限

下限

上限

下限

上限

4.00 以上

5.00 未満

−0.30

+0.60

−0.30

+0.60

0

+0.90

−0.35

+0.75

−0.30

+0.80

0

+1.10

−0.35

+0.75

−0.30

+0.80

0

+1.10

5.00 以上

6.30 未満

−0.35

+0.65

−0.30

+0.70

0

+1.00

−0.40

+0.80

−0.30

+0.90

0

+1.20

−0.40

+0.80

−0.30

+0.90

0

+1.20

6.30 以上

10.0 未満

−0.35

+0.75

−0.30

+0.80

0

+1.10

−0.45

+0.85

−0.30

+1.00

0

+1.30

−0.45

+0.85

−0.30

+1.00

0

+1.30

10.0 以上

16.0 未満

−0.35

+0.75

−0.30

+0.80

0

+1.10

−0.45

+0.85

−0.30

+1.00

0

+1.30

−0.45

+0.85

−0.30

+1.00

0

+1.30

16.0 以上

25.0 未満

−0.45

+0.85

−0.30

+1.00

0

+1.30

−0.50

+1.00

−0.30

+1.20

0

+1.50

−0.50

+1.00

−0.30

+1.20

0

+1.50

25.0 以上

40.0 未満

−0.45

+0.95

−0.30

+1.10

0

+1.40

−0.55

+1.05

−0.30

+1.30

0

+1.60

−0.55

+1.05

−0.30

+1.30

0

+1.60

40.0 以上

63.0 未満

−0.55

+1.05

−0.30

+1.30

0

+1.60

−0.65

+1.25

−0.30

+1.60

0

+1.90

−0.65

+1.25

−0.30

+1.60

0

+1.90

63.0 以上

100 未満

−0.60

+1.20

−0.30

+1.50

0

+1.80

−0.70

+1.50

−0.30

+1.90

0

+2.20

−0.70

+1.50

−0.30

+1.90

0

+2.20

100 以上

160 未満

−0.90

+1.70

−0.30

+2.30

0

+2.60

−1.00

+2.00

−0.30

+2.70

0

+3.00

−1.00

+2.00

−0.30

+2.70

0

+3.00

160 以上

200 未満

−1.00

+2.20

−0.30

+2.90

0

+3.20

−1.20

+2.40

−0.30

+3.30

0

+3.60

−1.20

+2.40

−0.30

+3.30

0

+3.60

200 以上

250 未満

−1.20

+2.40

−0.30

+3.30

0

+3.60

−1.30

+2.50

−0.30

+3.50

0

+3.80

−1.30

+2.50

−0.30

+3.50

0

+3.80

250 以上

300 未満

−1.30

+2.70

−0.30

+3.70

0

+4.00

−1.40

+2.80

−0.30

+3.90

0

+4.20

−1.40

+2.80

−0.30

+3.90

0

+4.20

300 以上

350 以下

−1.40

+2.80

−0.30

+3.90

0

+4.20

−1.50

+3.10

−0.30

+4.30

0

+4.60

−1.50

+3.10

−0.30

+4.30

0

+4.60

4

G

 3193

2008


表 6−厚さの許容差(厚さ 4 mm 以上)(続き) 

単位  mm

2 500 以上 
3 150 未満

3 150 以上 
4 000 未満

4 000 以上 
5 000 未満

クラス A

クラス B

クラス C

クラス A

クラス B

クラス C

クラス A

クラス B

クラス C

 

厚さ

下限

上限

下限

上限

下限

上限

下限

上限

下限

上限

下限

上限

下限

上限

下限

上限

下限

上限

4.00 以上

5.00 未満

−0.45

+0.85

−0.30

+1.00

0

+1.30

5.00 以上

6.30 未満

−0.50

+1.00

−0.30

+1.20

0

+1.50

−0.50

+1.00

−0.30

+1.20

0

+1.50

−0.55

+1.15

−0.30

+1.40

0

+1.70

6.30 以上

10.0 未満

−0.55

+1.05

−0.30

+1.30

0

+1.60

−0.55

+1.05

−0.30

+1.30

0

+1.60

−0.60

+1.20

−0.30

+1.50

0

+1.80

10.0 以上

16.0 未満

−0.55

+1.05

−0.30

+1.30

0

+1.60

−0.55

+1.05

−0.30

+1.30

0

+1.60

−0.70

+1.30

−0.30

+1.70

0

+2.00

16.0 以上

25.0 未満

−0.65

+1.25

−0.30

+1.60

0

+1.90

−0.65

+1.25

−0.30

+1.60

0

+1.90

−0.70

+1.50

−0.30

+1.90

0

+2.20

25.0 以上

40.0 未満

−0.70

+1.30

−0.30

+1.70

0

+2.00

−0.70

+1.30

−0.30

+1.70

0

+2.00

−0.80

+1.60

−0.30

+2.10

0

+2.40

40.0 以上

63.0 未満

−0.70

+1.50

−0.30

+1.90

0

+2.20

−0.70

+1.50

−0.30

+1.90

0

+2.20

−0.90

+1.70

−0.30

+2.30

0

+2.60

63.0 以上

100 未満

−0.90

+1.70

−0.30

+2.30

0

+2.60

−0.90

+1.70

−0.30

+2.30

0

+2.60

−1.00

+2.00

−0.30

+2.70

0

+3.00

100 以上

160 未満

−1.10

+2.30

−0.30

+3.10

0

+3.40

−1.10

+2.30

−0.30

+3.10

0

+3.40

−1.30

+2.50

−0.30

+3.50

0

+3.80

160 以上

200 未満

−1.30

+2.50

−0.30

+3.50

0

+3.80

−1.30

+2.50

−0.30

+3.50

0

+3.80

−1.40

+2.80

−0.30

+3.90

0

+4.20

200 以上

250 未満

−1.30

+2.70

−0.30

+3.70

0

+4.00

−1.30

+2.70

−0.30

+3.70

0

+4.00

−1.50

+2.90

−0.30

+4.10

0

+4.40

250 以上

300 未満

−1.50

+2.90

−0.30

+4.10

0

+4.40

−1.50

+2.90

−0.30

+4.10

0

+4.40

−1.70

+3.30

−0.30

+4.70

0

+5.00

300 以上

350 以下

−1.60

+3.20

−0.30

+4.50

0

+4.80

−1.60

+3.20

−0.30

+4.50

0

+4.80

−1.90

+3.70

−0.30

+5.30

0

+5.60

クラス B については,製品規格で規定されている場合は,下限値を

0.30 mm に代えて

0.25 mm としてもよい。この場合,上限値はそれぞれの値に対して 0.05 mm

を加える。

5

G

 3193

2008



G 3193:2008

表 7−幅の許容差

単位  mm

許容差

ミルエッジ

カットエッジ

A

通常の切断方法に
よったもの

B

再切断又は精密切
断を行ったもの

厚さ

鋼板

鋼 帯 及
び 鋼 帯
か ら の
切板

C

スリット
を行った
もの

3.15 未満

5 2.0

±0.3

3.15 以上 6.00 未満

5 3.0

±0.5

6.00 以上 20.0 未満

±2

10 4.0

160 未満

20.0 以上

10

0

0

3.15 未満

5 2.0

±0.4

3.15 以上 6.00 未満

5 3.0

±0.5

6.00 以上 20.0 未満

±2

10 4.0

160 以上 
250 未満

20.0 以上

15

0

0

3.15 未満

5 2.0

±0.5

3.15 以上 6.00 未満

5 3.0

±0.5

6.00 以上 20.0 未満

±5

10 4.0

250 以上 
400 未満

20.0 以上

規定せず

0

15

0

0

3.15 未満

10 3.0 ±0.5

3.15 以上 6.00 未満

10 3.0 ±0.5

6.00 以上 20.0 未満

+20 
   0

10 5.0

400 以上 
630 未満

20.0 以上

規定せず

0

15

0

0

3.15 未満

10 4.0

3.15 以上 6.00 未満

10 4.0

6.00 以上 20.0 未満

10 6.0

630 以上

1 000 未満

20.0 以上

規定せず

0

+25 
   0

15

0

0

3.15 未満

10 4.0

3.15 以上 6.00 未満

10 4.0

6.00 以上 20.0 未満

15 6.0

1 000 以上 
1 250 未満

20.0 以上

規定せず

0

+30 
   0

15

0

0

3.15 未満

10 4.0

3.15 以上 6.00 未満

10 4.0

6.00 以上 20.0 未満

15 6.0

1 250 以上 
1 600 未満

20.0 以上

規定せず

0

+35 
    0

15

0

0

3.15 未満

10 4.0

3.15 以上 6.00 未満

10 4.0

6.00 以上 20.0 未満

20 6.0

1 600 以上 
2 000 未満

20.0 以上

規定せず

0

+40 
   0

20

0

0

3.15 未満

10 4.0

3.15 以上 6.00 未満

10 4.0

6.00 以上 20.0 未満

20 6.0

 
2 000 以上 
3 000 未満

20.0 以上

規定せず

0

+40 
   0

20

0

0

3.15 未満

10 4.0

3.15 以上 6.00 未満

10 4.0

6.00 以上 20.0 未満

25 6.0

 
3 000 以上

20.0 以上

規定せず

0

25

0

0

幅 400 mm 未満のミルエッジの鋼帯及び鋼帯からの切板の許容差は,マイナス側を 0 としてもよい。その場合

のプラス側の許容差は,この表の数値の 2 倍とする。

なお,幅の許容差は,この表以外の値を,受渡当事者間で協定してもよい。


7

G 3193:2008

c)  鋼板の長さの許容差は,表 及び表 による。 
d)  
鋼板の横曲がりの最大値は,鋼板の長さの 0.2  %以下とし,鋼板の横曲がりの適用は,図 による。

ただし,幅 250 mm 未満の鋼板の横曲がりは,

表 10 による。

なお,圧延のままの鋼板(耳付鋼板)には適用しない。

表 8−鋼板の長さの許容差 A

単位  mm

長さ

許容差

a)b)

600 以上 4

000 未満

+20

0

4 000 以上 6

000 未満

+30

0

6 000 以上 8

000 未満

+40

0

8 000 以上 10

000 未満

+50

0

10 000 以上 15

000 未満

+75

0

15 000 以上 20

000 未満

+100

0

20 000 以上

+ 0.5  %

0

a)

  受渡当事者間の協定によって,この表に規定する長

さの全許容差範囲と同一の幅でマイナス側に移動

してもよい。ただし,協定した許容差の上限値は,
ゼロより下回ってはならない。

b)

  プラス側許容差は,受渡当事者間で協定してもよい。

表 9−鋼板の長さの許容差 B(再切断又は精密切断を行ったもの)

単位  mm

長さ

厚さ

許容差

a)

6.00 未満

  +5 
      0

6 300 未満

6.00 以上

+10 
   0

6.00 未満

+10

   0

6 300 以上

6.00 以上

+15

   0

許容差 B は,厚さ 20 mm 以上には適用しない。

a)

  受渡当事者間の協定によって,上記に規定する長さ

の全許容差範囲と同一の幅でマイナス側に移動して
もよい。ただし,協定した許容差の上限値は,ゼロ

より下回ってはならない。



G 3193:2008

単位  mm

(鋼板の長さ  10 000 mm 未満)

(鋼板の長さ  10 000 mm 以上)

図 1−鋼板の横曲がりの適用 

e)  鋼帯の横曲がりの最大値は,表 10 によるものとし,鋼帯の横曲がりの適用は,図 による。ただし,

鋼帯の横曲がりの測定については,注文者の要求がある場合に行う。

表 10−鋼板及び鋼帯の横曲がり

単位  mm

最大値

250  未満

任意の長さ 2 000 につき  8

250  以上

任意の長さ 2 000 につき  5

単位  mm

図 2−鋼帯の横曲がりの適用 

f)  鋼板の平たん度の最大値は,表 11 による。受渡当事者間の協定によって附属書 のいずれかの表を

適用してもよい。


9

G 3193:2008

表 11−鋼板の平たん度の最大値 

a)  

単位  mm

測定長さ

b)

2 000

4 000

板幅

板幅

厚さ

 

1 250 未満

1 250 以上
1 600 未満

1 600 以上
2 000 未満

2 000 以上

2 000 未満

2 000 以上 
3 000 未満

3 000 以上

          1.60 未満 18  20  −

1.60 以上 3.15 未満 16  18  20  −

3.15 以上 4.00 未満 16  −

4.00 以上 5.00 未満 14  24

26

c)

c)

5.00 以上 8.00 未満 13  21

22

28

c)

8.00 以上 15.0 未満 12  16

12

16

24

15.0 以上 25.0 未満 12  16

12

16

22

25.0 以上 40.0 未満 9  13

9

13

19

40.0 以上 80.0 未満

8

11 8 11 16

80.0 以上 150 未満 8  10

8

10

15

150 以上 250 未満 10  15

10

15

20

250 以上 350 未満 20  20

20

20

20

350 以上 25

25

25

25

25

平たん度の測定は,通常,

図 のように定盤の上で行い,その値は,ひずみの最大値から鋼板の厚さを減じた

ものとし,鋼板の上側の面に適用する。ただし,圧延のままの鋼板(耳付鋼板)は,受渡当事者間で協定しても
よい。 

a)

  特に指定のない限り,引張試験の降伏点又は耐力の規格下限値が 460 N/mm

2

以上の鋼板,及びこれらに相

当する化学成分又は硬さを有する鋼板並びに焼入焼戻しを施した鋼板の平たん度の最大値は,この表の数
値の 1.5 倍とする。

b)

  この表は,任意の長さ 2 000 mm について適用し,鋼板の長さ 2 000 mm 未満の場合には,全長について適

用する。また,波のピッチが 2 000 mm を超える鋼板については,その波のピッチの長さにおいて適用する。
ただし,波のピッチが 4 000 mm を超える鋼板については,任意の長さ 4 000 mm について適用する。

c)

  受渡当事者間の協定による。

1  直尺又は水糸        a  波のピッチ 
2  鋼板                b  平たん度

図 3−平たん度の測定 

g)  カットエッジの鋼帯からの切板の直角度は,図 の(A/W)×100(%)で表し,1.0  %を超えてはな


10 
G 3193:2008

らない。は実測値とし,は表示の幅とする。

図 4−切板の直角度 

6

質量

6.1

鋼板の質量   

鋼板の質量は,次による。

a)  鋼板の質量は,通常,計算質量によるものとし,キログラムで表す。

b)  鋼板の質量の計算方法は,表 12 によるが,この場合の寸法は呼称寸法を用いる。ただし,表 の厚さ

の許容差を適用した場合は,受渡当事者間の協定によって,許容差の上限値と下限値との平均値を厚

さに加えてもよい。

表 12−質量の計算方法 

計算順序

計算方法

結果のけた数

基本質量  kg/mm・m

2

 7.85(厚さ 1 mm,面積 1 m

2

の質量)

単位質量  kg/m

2

基本質量(kg/mm・m

2

)×板の厚さ(mm)

有効数字 4 けたの数値に丸める。

鋼板の面積  m

2

幅(m)×長さ(m)

有効数字 4 けたの数値に丸める。

1 枚の質量  kg

単位質量(kg/m

2

)×面積(m

2

)

有効数字 3 けたの数値に丸める。た

だし,1 000 kg を超えるものは kg の
整数値に丸める。

結束(又はこん包)

をしない場合

総質量

kg

1 枚の質量(kg)×同一寸法の枚数 kg の整数値に丸める。

1 結束の質量

kg

1 枚の質量(kg)×同一寸法の 1 結束内の
枚数

kg の整数値に丸める。

結束(又はこん包)

する場合

a)

総質量

kg

各結束質量の和 kg の整数値

数値の丸め方は,JIS Z 8401 の規則 A による。

a)

  結束(又はこん包)をする場合の総質量は,1 枚の質量(kg)×同一寸法の枚数として計算してもよい。 

6.2

鋼帯の質量   

鋼帯の質量は,次による。

a)  鋼帯の質量は,実測質量によるものとし,キログラムで表す。

b)  鋼帯の質量は,通常,最大質量を協定によって指定するものとし,その場合の質量範囲は,全鋼帯数

の 75  %以上が指定質量の 70  %以上でなければならない。残りの鋼帯は,

指定質量の 30  %以上 70  %

未満の短尺鋼帯を混入してもよい。


11

G 3193:2008

7

外観   

鋼板及び鋼帯の外観は,次による。

a)  鋼板及び鋼帯には,使用上有害な欠点があってはならない。ただし,鋼帯の場合は,一般に,検査に

よって欠点を含む部分を除去する機会がないため,若干の正常でない部分を含んでもよい。

b)  使用上有害な表面の欠点は,鋼帯及び鋼帯からの切板の場合,通常,片側の面に適用する。片側の面

とは鋼帯の場合は外側の面をいい,鋼帯からの切板の場合は上側の面をいう。

c)  鋼板の表面に有害な欠点のある場合,製造業者はグラインダ又は溶接によって欠点の除去又は補修を

行ってもよい。ただし,この場合の条件は,次による。

1)  グラインダ手入れ   
1.1)  鋼板の手入れ後の厚さは,厚さの許容差範囲内でなければならない。

1.2)  鋼板の手入れ部分はきれいに仕上げられており,圧延のままの面との境は滑らかでなければなら

ない。

2)  溶接補修   
2.1)  鋼板の有害な欠点は,溶接前にチッピング又はグラインダなどの適切な方法によって完全に除去

する。除去した部分の深さは,鋼板の呼称厚さの 20  %以下,片面における手入れ面積の合計は,

鋼板の片側面積の 2  %以下とする。

2.2)  溶接補修は,鋼材の種類に応じた適切な方法で行わなければならない。

2.3)  鋼板の溶接箇所は,縁にアンダーカットや重なりがあってはならない。余盛は,圧延面からの高

さが少なくとも 1.5 mm 以上とし,これをチッピング又はグラインダなどの方法で除去し,圧延面

を同一高さにきれいに仕上げなければならない。

2.4)  熱処理を行った鋼板は,溶接補修後に改めて鋼板本体について熱処理を行わなければならない。


12 
G 3193:2008

附属書 A

(規定)

鋼板の平たん度

序文 

この附属書は,対応する国際規格 ISO 7452 の鋼板の平たん度について,内容を変更することなく規定し

たもので,受渡当事者間の協定によって適用される。

A.1  適用範囲 

この附属書は,熱間圧延によって製造された鋼板の平たん度について規定する。

A.2  平たん度 

鋼板の平たん度は,次による。

a)  鋼板の平たん度の最大値は,表 A.1 又は表 A.2 による。 
b)  タイプ L は,降伏点又は耐力の下限規定値が,460 N/mm

2

以下の場合に適用する。ただし,焼入焼戻

し鋼には適用しない。

c)  タイプ H は,降伏点又は耐力の下限規定値が,460 N/mm

2

を超える場合又は焼入焼戻し鋼に適用する。 

表 A.1−鋼板の平たん度の最大値(測定長さ 1 000 mm 又は 2 000 mm 

単位  mm

測定長さ

タイプ L

タイプ H

厚さ

1 000

2 000

1 000

2 000

4.00 以上 5.00 未満 9

14  12  17

5.00 以上 8.00 未満 8

12  11  15

8.00 以上 15.0 未満 7

10  10  14

15.0 以上 25.0 未満 7

10  10  13

25.0 以上 40.0 未満 6

9

9  12

40.0 以上 350 以下 5

8

8  11

表 A.2−鋼板の平たん度の最大値(測定長さ 1 000 mm 又は 2 000 mm

単位  mm

タイプ L

2 750 以上 2

750 未満

タイプ H

測定長さ

測定長さ

測定長さ

厚さ

 
 

1 000

2 000

1 000

2 000

1 000

2 000

3.00 以上 8.00 未満 4  8  5  10

8.00 以上 250 未満 3 6 3 6

250 以上 350 以下

受渡当事者間の協定による。

受渡当事者間
の協定による


附属書 JA

(参考)

JIS と対応する国際規格との対応表

JIS G 3193 : 2008  熱間圧延鋼板及び鋼帯の形状,寸法,質量及びその許容差 

ISO 7452 : 2002,Hot-rolled structural steel plates−Tolerances on dimensions and shape

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇条番号 
及び名称

内容

(Ⅱ)国際規
格番号

箇条 
番号

内容

箇条ごとの

評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格と
の技術的差異の理由及

び今後の対策

1  適用範囲

熱間圧延鋼板及び 鋼帯
の形状,寸法,及び質量
並びにその許容差 を規

定。

 1

可逆式圧延機によって製
造した構造用鋼板の寸法
及び形状。

追加

JIS は,連続式圧延機による
熱間圧延鋼帯も含む。 

規格体系の相違。熱間
圧延鋼帯の寸法形状の
整 合 化 は , TC17/SC12

活動で実施。

2  引用規格

3  寸法の表し

寸法の表し方を規定。

追加

表示の単位について,JIS
は,明確に規定。

次回の改正時提案。

4  標準寸法

JIS は標準厚さ,幅,長
さを規定。

追加

JIS は,総合的な便益を配慮
し て 標 準 寸 法 を 規 定 し 推

奨。ただし,ISO 規格も,
例示で同等のことを表現し
ている。

5  形状及び寸
法の許容差

形状及び寸法を規 定。
JISISO を規定。

4,5

形状及び寸法を規定。

追加

JIS は,鋼帯も対象にしてお
り,厚さ 4 mm 未満も規定。
厚さの測定箇所を明記。 
JIS の厚さ許容差の規定は,
ISO 規格に比べて厚さ,幅
区分で細かな分類で規定。

ただし,規定値レベルはほ
ぼ同等。

13

G

 3193

20

0

8


(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇条番号

及び名称

内容

(Ⅱ)国際規
格番号

箇条

番号

内容

箇条ごとの

評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格と
の技術的差異の理由及
び今後の対策

6  質量

質量の計算方法及 び受

渡当事者間の協定 によ
って質量の許容差 を規
定。

 7

協定によって質量の許容

差を適用。

一致

7  外観

有害な欠点の除去 のや
り方及び溶接補修 につ
いて規定。

追加

ISO 規格は,ISO 7788 でほ
ぼ同等な内容を規定。

ISO 7788 の適正化活動
で JIS としての提案を
行う。

JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 7452:2002

MOD

 
注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  一致……………… 技術的差異がない。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD………………国際規格を修正している。

14

G

 3193

2008