>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

G 3123

:2004

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人  日本鉄

鋼連盟(JISF)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会

の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS G 3123:1987 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 683-18:1996,Heat-treatable steels,

alloy steels and free-cutting steels - Part 18: Bright products of unalloyed and low alloy steels

を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS G 3123

には,次に示す附属書がある。

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格との対比表


G 3123

:2004

(2)

目  次

ページ

序文  1

1.

  適用範囲 1

2.

  引用規格 1

3.

  種類及び記号  1

4.

  製造方法 2

5.

  機械的性質  2

5.1

  炭素鋼みがき棒鋼の機械的性質 2

5.2

  合金鋼みがき棒鋼の機械的性質 2

6.

  寸法及び寸法許容差 2

6.1

  標準寸法  2

6.2

  寸法許容差  3

7.

  外観 4

8.

  機械試験 4

8.1

  試験一般  4

8.2

  試験片 4

8.3

  試験方法  4

9.

  検査 4

10.

  表示 4

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格との対比表 6

 


日本工業規格

JIS

 G

3123

:2004

みがき棒鋼

Cold finished carbon and alloy steel bars

序文  この規格は,1996 年に第 2 版として発行された ISO 683-18:1996,Heat-treatable steels, alloy steels and

free-cutting steels - Part 18: Bright products of unalloyed and low alloy steels

を翻訳し,技術的内容を変更して作

成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変

更の一覧表をその説明を付けて,附属書 1(参考)に示す。

1.

適用範囲  この規格は,機械構造及び各種部品に用いる断面形状が丸・六角・角・平の炭素鋼及び合

金鋼のみがき棒鋼(以下,みがき棒鋼という。

)について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD(修

正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 683-18:1996

,Heat-treatable steels alloy steels and free-cutting steels - Part 18: Bright products of

unalloyed and low alloy steels (MOD)

2.

引用規格  付表 に示す規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成

する。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

3.

種類及び記号  みがき棒鋼の種類及び記号は,使用する材料,加工方法,熱処理方法及び寸法の許容

差によって組み合わせ,表1のとおりとする。


G 3123

:2004

  1  種類及び記号

分類

材料(記号)

加工方法(記号) 熱処理方法(記号)

寸法の許容差 
(記号)

(参考) 
種類(

3

)

(記号)

炭素鋼
みがき

棒鋼

次の規格に規定する鋼材及
びその記号(

1

)

を用いる。

JIS G 3108

  みがき棒鋼用

一般鋼材

JIS G 4051

  機械構造用炭

素鋼鋼材

JIS G 4804

  硫黄及び硫黄

複合快削鋼鋼材

合金鋼
みがき

棒鋼

次の規格に規定する鋼材及
びその記号(

1

)

を用いる。

JIS G 4052

  焼入性を保証

した構造用鋼鋼材(H 鋼)

JIS G 4053

  機械構造用合

金鋼鋼材

JIS G 4202

  アルミニウム

クロムモリブデン鋼鋼材 

冷間引抜き (D)
 
研削              (G)

切削            (T)

 
 
 
 
焼ならし            (N) 
 
焼入焼戻し          (Q) 
 
焼なまし              (A) 
 
球状化焼なまし (AS)
 

表 に規定す
る公差等級(

2

)

 
 

 
 
SGD3-D9 
SGD400-T12 
SGD290-D9 
S45C-DQG7 
S35C-DAS10 
SNC836-AT12

(

1

)    JIS G 3108

に規定する鋼材を用い冷間引抜きして製造したみがき棒鋼のうち機械的性質を保

証する SGDA 及び SGDB の記号は,それぞれ SGD290-D 及び SGD400-D とする。

(表 参照)

(

2

)

寸法許容差は,公差等級の実数で表す。  例 IT11 の場合 11

(

3

)

種類の記号の表示例の説明を 10

.表示の注(

7

に示す。

4. 

製造方法  みがき棒鋼は,3.  の表 の材料を,冷間引抜き,研削,切削又はこれらの組合せによって

製造する。ただし,必要によって熱処理を施してもよい。

5. 

機械的性質

5.1 

炭素鋼みがき棒鋼の機械的性質  炭素鋼みがき棒鋼の機械的性質は,受渡当事者間の協定による。

なお,炭素鋼みがき棒鋼材を用いて冷間引抜き及び熱処理を行わずに製造したみがき棒鋼の機械的性質

は,加工前の材料規格による。ただし,JIS G 3108 に規定する鋼材を用いて冷間引抜きをして製造したみ

がき棒鋼のうち,機械的性質を保証する SGD290-D 及び SGD400-D の丸及び六角のみがき棒鋼は,8.の試

験を行い,機械的性質は

表 による。

  2  炭素鋼みがき棒鋼の機械的性質(丸・六角)

硬さ(参考値)

種類の記号

径又は対辺距離(

4

)

mm

引張強さ

N/mm

2

HRB

(HRC)

5

 HB

6

5

以上    20 以下

六角        5.5 以上    80 以下

380

∼740

58

∼99(21)

SGD 290

−D 

丸          20 を超え   100 以下

340

∼640

50

∼94(−) 90∼204

5

以上    20 以下

六角        5.5 以上    80 以下

500

∼850

74

∼103(28)

SGD 400

−D

丸          20 を超え   100 以下

450

∼760

69

∼100(22)

121

∼240

(

4

)

径が 100 mm を超えるみがき棒鋼(丸)及び対辺距離が 80 mm を超えるみがき棒鋼(六角)の


G 3123

:2004

機械的性質は,受渡当事者間の協定による。

(

5

)

硬さ HRB の上限付近の測定には,HRC を使用することが望ましい。

この場合の硬さの上限値は,表中の括弧で示す。

(

6

)

径又は対辺距離 25 mm 以下のみがき棒鋼の硬さ測定には,HB を使用しないことが望ましい。

備考 1

N/mm

2

 = 1 MPa

5.2 

合金鋼みがき棒鋼の機械的性質  合金鋼みがき棒鋼の機械的性質は,受渡当事者間の協定による。

6. 

寸法及び寸法許容差

6.1 

標準寸法  みがき棒鋼の標準寸法は,表 3 及び表 4 による。

  3  標準寸法(丸・六角・角)

単位  mm

形状

径・対辺距離

  丸

5

  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  22  23  24  25  26  28  30

32

  35  36  38  40  42  45  48  50  55  60  65  70  75  80  85  90  95  100

  六角

5.5

  6  7  8  9  10  11  13  14  17  19  21  22  24  26  27  30  32  36  41  46  50  55

60

  65  70  75  80

  角

5

  6  7  8  9  10  12  14  16  17  19  20  22  25  28  30  32  35  38  40  45  50  55

60

  65  70  75  80

  4  標準寸法(平)

単位  mm

厚さ

   3

    9   12   16   19   22   25   32   38   50

   4

    9   12   16   19   22   25   32   38   50

   4.5

    9   12   16   19   22   25   32   38   50

   5

    9   12   16   19   22   25   32   38   50

   6

    9   12   16   19   22   25   32   38   50   65   75   100   125   150

   9

       12   16   19   22   25   32   38   50   65   75   100   125   150

  12

                 19   22   25   32   38   50   65   75   100   125   150

  16

                      22   25   32   38   50   65   75   100   125   150

  19

                           25   32   38   50   65   75   100   125   150

  22

                                32   38   50   65   75   100   125   150

  25

                                32   38   50   65   75   100   125   150

6.2

寸法許容差  みがき棒鋼の寸法許容差は,JIS B 0401-2 の表 22 に基づき,軸 h に対する公差等級を

適用し,その値は

表 による。形状及び加工方法別に適用する公差等級は表 による。


G 3123

:2004

  5  寸法許容差

単位  mm

軸 h に対する公差等級

径・対辺距離・厚さ及び

  IT 6

  IT 7

  IT 8

  IT 9

 IT 10

 IT 11

 IT 12

 IT 13

              3 以下

  0

−0.006

  0

−0.010

  0

−0.014

  0

−0.025

  0

−0.040

  0

−0.060

  0

−0.10

  0

−0.14

    3

を超え      6 以下

  0 
−0.008

  0 
−0.012

  0 
−0.018

  0 
−0.030

  0 
−0.048

  0 
−0.075

  0 
−0.12

  0 
−0.18

    6

を超え    10 以下

  0

−0.015

  0

−0.022

  0

−0.036

  0

−0.058

  0

−0.090

  0

−0.15

  0

−0.22

 10

を超え    18 以下

  0

−0.018

  0

−0.027

  0

−0.043

  0

−0.070

  0

−0.11

  0

−0.18

  0

−0.27

 18

を超え    30 以下

  0 
−0.021

  0 
−0.033

  0 
−0.052

  0 
−0.084

  0 
−0.13

  0 
−0.21

  0 
−0.33

 30

を超え    50 以下

  0 
−0.025

  0 
−0.039

  0 
−0.062

  0 
−0.100

  0 
−0.16

  0 
−0.25

  0 
−0.39

 50

を超え    80 以下

  0 
−0.030

  0 
−0.046

  0 
−0.074

  0 
−0.12

  0 
−0.19

  0 
−0.30

  0 
−0.46

 80

を超え    120 以下

  0 
−0.035

  0 
−0.054

  0 
−0.087

  0 
−0.14

  0 
−0.22

  0 
−0.35

  0 
−0.54

120

を超え   180 以下

  0

−0.40

  0

−0.63

備考1.  偏径差又は偏差は,許容差の 30 %  以下とする。

2. 

注文者の指定によって,軸 h 以外(例えば,軸 g,j など)の寸法許容差を採用してもよい。

その場合の寸法許容差の数値は,JIS B 0401-2 

表 17 から表 32 による。

  6  形状及び加工方法別公差等級

形状及び加工方法

研削

引抜き

切削

六角

適用する公差等級

IT6

・IT7

IT8

・IT9

  IT8・IT9 
  IT10

IT11

・IT12

IT13

IT10

・IT11 IT11・IT12 IT12・IT13

備考  受渡当事者間の協定によって,表 以外の等級を用いてもよい。

7. 

外観  みがき棒鋼は,まっすぐでねじれがなく,各部の断面形状が正しく,表面は滑らかで,使用上

有害なきずがあってはならない。

8. 

機械試験

8.1 

試験一般  機械試験の一般事項は,JIS G 0404 の 7.(一般要求)による。ただし,試験片の数は,

同種,同一断面寸法のみがき棒鋼につき同一溶鋼ごとに 1 個とする。

8.2 

試験片  試験片は,次による。

a)

引張試験片は特に指定のない限り,JIS Z 2201 の 2 号試験片又は 14 A 号試験片を用いる。

b)

硬さ試験片は特に指定のない限り,みがき棒鋼の端部又は引張試験片の一部を用いる。

8.3 

試験方法  試験方法は,次による

a)

引張試験方法は,JIS Z 2241 による。


G 3123

:2004

b)

硬さ試験方法は,JIS Z 2245 及び JIS Z 2243 による。ただし,硬さ測定位置は,受渡当事者間の協定

による。

9. 

検査  検査は,次による。

a)

機械的性質,寸法及び外観は,5

6.及び 7.に適合しなければならない。ただし,機械的性質は,

注文者の承認を得た場合は,これを省略してもよい。

b)

注文者は脱炭検査を指定することができる。ただし,試験方法及び合否判定基準は,受渡当事者間の

協定による。

10. 

表示  みがき棒鋼は結束又は包装ごとに,次の項目を適切な方法で表示しなければならない。ただし,

受渡当事者間の協定によって,次の項目中の一部を省略してもよい。

a)

種類の記号(

7

)

b)

溶鋼番号又はこれ以外の製造番号

c)

寸法

d)

本数又は質量

e)

製造業者名又はその略号

(

7

)

種類の記号の表示例の説明を次に示す。

1. SGD

3

−D 9

みがき棒鋼用一般鋼材 SGD 3 を用いて化学成分を保証し,許容差の公差等級 IT9 に冷間引抜き

仕上げしたもの。

2. SGD

400

−T 12

みがき棒鋼用一般鋼材 SGD B を用いて許容差の公差等級 IT12 に切削仕上げを行い,機械的性

質を保証したもの。

3. SGD

290

−D 9

みがき棒鋼用一般鋼材 SGD A を用いて機械的性質を保証し,許容差の公差等級 IT9 に冷間引

抜き仕上げしたもの。

4.  S 45 C−DQG 7

機械構造用炭素鋼鋼材 S 45 C を用いて冷間引抜きを行い,焼入焼戻しを施した後,許容差の公

差等級 IT7 に研削仕上げしたもの。

5.  S 35 C−DAS 10

機械構造用鋼鋼材 S 35 C を用いて冷間引抜きを行い,その後球状化焼なましを施し,許容差の

公差等級 IT10 にしたもの。

6. SNC

836

−AT 12

ニッケルクロム鋼鋼材 SNC 836 を用いて焼なましを施した後,許容差の公差等級 IT12 に切削

仕上げしたもの。


G 3123

:2004

付表  1  引用規格

JIS B 0401-2

  寸法公差及びはめあいの方式−第 2 部:穴及び軸の公差等級並びに寸法許容差の表

JIS G 0404

  鋼材の一般受渡し条件

JIS G 3108

  みがき棒鋼用一般鋼材

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

JIS G 4052

  焼入性を保証した構造用鋼鋼材(H 鋼)

JIS G 4053

  機械構造用合金鋼鋼材

JIS G 4202

  アルミニウムクロムモリブデン鋼鋼材

JIS G 4804

  硫黄及び硫黄複合快削鋼鋼材

JIS Z 2201

  金属材料引張試験片

JIS Z 2241

  金属材料引張試験方法

JIS Z 2243

  ブリネル硬さ試験−試験方法

JIS Z 2245

  ロックウェル硬さ試験−試験方法


G 3123

:2004

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS G 3123:2004

みがき棒鋼

ISO 683-18

:1996,熱処理鋼,合金鋼及び快削鋼−第 18 部:みがき棒鋼

(

Ⅰ)JIS の規定

(

Ⅱ)

国 際 規
格番号

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項目ご

との評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

項目番号

内容

項 目

番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

1.適用範

機械構造用及び各種部
品 に 用 い る 断 面 形 状

が,丸・六角・角・平
の炭素鋼及び合金鋼の
みがき棒鋼。

ISO

683-18

1

機械部品のような機械的用
途に用いる,炭素鋼及び合

金鋼のみがき棒鋼

1)

肌焼き鋼

2)

焼入焼戻し鋼(steel for

quenching and tempering)

MOD/

変更

対象の鋼種, 形状ともほぼ同
じである。ただし,ISO は,

肌焼き鋼,焼入焼戻し鋼の熱
処理材に限定している。JIS は
熱処理なしの鋼材もみがき棒

鋼に含む。

用途によって熱処理なしのものも
あるので JIS は適用範囲を拡げて

規定した。次期 ISO 定期見直しの
際改正提案を検討する。

2.引用規

関連 JIS を引用

  (

付表1)

2

関連 ISO 規格を引用

引用する事項はほぼ同等であ

り内容的な差異はない。

3.種類及

び記号

みがき棒鋼に適用する

材料,加工方法及び熱
処理並びに寸法公差の
記号を表 に記載。

7

8

肌焼き鋼

焼入焼戻し鋼 
Table 3  肌焼き鋼 
Table 11  焼入焼戻し鋼

MOD/

変更

JIS

では,みがき棒鋼用の鋼種

は,

表 に規定する炭素鋼 3

規格及び合金用 3 規格を対象
としている。ISO は肌焼き鋼,

焼入焼戻し鋼の熱処理材と規
定しており,やや異なる。

用途によって熱処理なしのものも

あるので JIS は適用範囲を拡げて
規定した。次期 ISO 定期見直しの
際改正提案を検討する。

4.製造方

表 の材料を,冷間引

抜き,研削,切削又は
これらの組合せによっ
て製造する。ただし,

必要によって熱処理を
施す。

3

3.1 みがき棒鋼 

MOD/

変更

製造方法は内容的にはほぼ同

じ。ただし,ISO はすべて熱
処理鋼材である。

7

G

 3123


0000


G 3123

:2004

(

Ⅰ)JIS の規定

(

Ⅱ)

国 際 規
格番号

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項目ご

との評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線

項目番号

内容

項 目
番号

内容

項目ごとの
評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

5.機械的
性質

5.1 炭素鋼みがき棒鋼
の機械的性質

5.2 合金鋼みがき棒鋼
の機械的性質


7

8

5.6 5.9 
肌焼き鋼

焼入焼戻し鋼

MOD/

削除

JIS

では,みがき棒鋼用途に引

張試験及び硬さ試験(参考)

を規定している。

ISO

では,肌焼き鋼に焼入性,

引張強度,衝撃値,清浄度,

表面性状,脱炭など,焼入焼
戻し鋼については被削性及び
せ ん 断 性 (shearability) を 規 定

している。

JIS

ではみがき棒鋼の引張試験及

び硬さ試験以外の品質要求事項に

ついては,みがき棒鋼に適用する
材料のそれぞれの規格において規
定されており,それらの品質要求

事項を満足した材料をみがき棒鋼
に採用するため,内容的には大き
な差はない。

6.寸法及
び寸法許

容差

6.1 標準寸法 
6.2 寸法許容差

5

5.10  寸法及び寸法許容差

MOD/

追加

ISO

では 5.10 寸法及び寸法許

容差について記載あるが,具

体的でない。

2002

年の ISO 定期見直しにおい

て,①標準寸法,②寸法許容差,

③許容差の等級を適用するよう提
案した。

7.外観

まっすぐでねじれがな
く,各部の断面形状が
正しく,表面は滑らか

で,使用上有害な欠陥
があってはならない。

5

5.8 外観

MOD/

変更

ISO

は き ず 深 さ に つ い て

5.8.1.3 で,きず深さは軸 h
に対する公差等級 h11 より深

くてはいけないとしている。
(きず深さと h11 とは直接関
係ない。

2002

年の ISO 定期見直しにおい

て,冷間引抜用棒鋼のきず手入れ
限度(JIS 

表 の鋼種は全て同一

値)を規定するよう提案した。 

8.機械試

8.1 試験一般 
8.2 試験片

8.3 試験方法

6

試験

MOD/

削除 JIS では,引張試験及び硬さ試

験を規定。一方,ISO では焼

入性,引張試験,衝撃値,組
織,清浄度,表面性状及び脱
炭 試 験 に つ い て 規 定 し て い

る。

JIS

ではみがき棒鋼は,材料のもつ

機械的性質については,みがき棒

鋼に使用する炭素鋼及び合金用の
それぞれの規格において規定した
機械的性質を満足したものを採用

し,冷間加工後に引張試験及び硬
さ試験を実施するので,内容的に
は大きな差はない。

8

G

 3123


0000


G 3123

:2004

(

Ⅰ)JIS の規定

(

Ⅱ)

国 際 規
格番号

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項目ご

との評価及びその内容

表示箇所:本体

表示方法:点線の下線

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

項目番号

内容

項 目
番号

内容

項目ごとの
評価

技術的差異の内容

9.検査

検査条件について記載

1.2

鋼材の一般引渡し条件 MOD/変更

ISO

は,ISO 0404(鋼材の一

般引渡し条件)を引用

JIS

も JIS G 0404 を引用しており

内容は同じである。

10.表示

1.2

鋼材の一般引渡し条件 MOD/変更

ISO

は ISO 0404(鋼材の一般

引渡し条件)を引用

同上

JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD/削除………  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    ―  MOD/追加………  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    ―  MOD/変更………  国際規格の規定内容を変更している。

2. JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD……………  国際規格を修正している。

9

G

 3123


0000