>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

G 1328

:2006

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS G 1328:1982 は改正され,一部が置き換えられた。


G 1328

:2006

(2) 

白      紙


   

日本工業規格

JIS

 G

1328

:2006

フェロニオブ分析方法

(追補1)

Methods for chemical analysis of ferroniobium

(Amendment 1)

JIS G 1328:1982

を,次のように改正する。

8.3.3

(装置,器具及び材料)(1)(酸素精製部)を,次の文に置き換える。

(1)

酸素精製部  8.2.3 (1)  に準ずる。ただし,硫黄酸化物の吸収剤にはソーダ石灰を,脱水剤には過塩素

酸マグネシウムを用いる。

8.6.2

(装置,器具及び材料)(1)(酸素精製部)を,次の文に置き換える。

(1)

酸素精製部  8.2.3 (1)  に準ずる。ただし,硫黄酸化物吸収管にはソーダ石灰を,脱水管には過塩素酸

マグネシウムをそれぞれ詰める。酸素は,圧力調整器によって一定圧力で循環ループへ供給する。


2

G 1328

:2006

   

白      紙