>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

G 1326 : 2000

  解説

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS G 1326 : 2000

  フェロニッケル分析方法

ISO 6352 : 1985

  フェロニッケル−ニッケルの定量−ジメチル

グリオキシム重量法

ISO 7520 : 1985

  フェロニッケル−コバルトの定量−原子吸光

ISO 7524 : 1985

  ニッケル,フェロニッケル及びニッケル合金−

炭素の定量−燃焼赤外線吸収法

ISO 7526 : 1985

  ニッケル,フェロニッケル及びニッケル合金−

硫黄の定量−燃焼赤外線吸収法

ISO 7527 : 1985

  ニッケル,フェロニッケル及びニッケル合金−

硫黄の定量−燃焼よう素酸カリウム滴定法

ISO 8343 : 1985

  フェロニッケル−けい素の定量−重量法

ISO 11400 : 1992

  ニッケル,フェロニッケル及びニッケル合金

−りんの定量−りんバナドモリブデン酸吸光
光度法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

ISO 6352 

ISO 7520 

ISO 8343 

○ フ ェ ロ ニ ッ

ケ ル 中 の ニ
ッケル,コバ

ル ト 及 び け
い 素 の 含 有
率 を 定 量 す

る 方 法 を 規

1.

適用範囲

○  フ ェ ロ ニ ッ

ケ ル 中 の ニ
ッケル,コバ

ルト,炭素,
けい素,マン
ガン,りん,

硫黄,クロム
及 び 銅 の 定
量 方 法 に つ

いて規定。

ISO 7524 

ISO 7526 

ISO 7527 

ISO 11400

○ ニッケル,フ

ェ ロ ニ ッ ケ
ル 及 び ニ ッ

ケ ル 合 金 中
の炭素,硫黄
及 び り ん の

含 有 率 を 定
量 す る 方 法
を規定

= ニ ッ ケ ル 及

び ニ ッ ケ ル
合 金 を 対 象

として,ISO 

7524

に JIS H 

1151

1275

が,ISO 

7526

と 7527

に JIS H 1151

と H 1277 が,
ま た , ISO 

11400

に JIS 

H 1278

が対

応 す る 。 ま
た , JIS H 

1151

H 1275

H 1277

及び

H 1278

はそ

れ ぞ れ 整 合
化 さ れ て い
るので,ニッ


2

G 1326 : 2000

  解説

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

   

ル 及 び ニ ッ
ケ ル 合 金 を

削除し,フェ
ロ ニ ッ ケ ル
に つ い て だ

け 附 属 書 方
式 で 採 用 し
た。

2.

一般事項

○  JIS G 1301 

よる。

ただし,

附属

書 1356
10

11 及び 12

に は 適 用 し
ない

3.

定 量 方 法 の

区分

附属書 ニッ
ケ ル 定 量 方
法 − ジ メ チ
ル グ リ オ キ

シム重量法

ISO 6352 

○ ジ メ チ ル グ

リ オ キ シ ム
重 量 法 に よ

ニ ッ ケ ル の
定量方法

附属書 ニッ
ケ ル 定 量 方
法 − ジ メ チ

ル グ リ オ キ
シ ム 沈 殿 分
離 エ チ レ ン

ジ ア ミ ン 四
酢 酸 二 水 素
二 ナ ト リ ウ

ム滴定法

− ISO に規定さ

れていない

附属書 コバ
ル ト 定 量 方

法 − 原 子 吸
光法

ISO 7520 

○ 原 子 吸 光 法

に よ る コ バ

ル ト の 定 量
方法

附属書 炭素
定 量 方 法 −
燃 焼 − 電 量

− ISO に規定さ

れていない

附属書 炭素
定 量 方 法 −

燃 焼 − 赤 外
線吸収法 

ISO 7524 

○ 燃 焼 赤 外 線

吸 収 法 に よ

る 炭 素 の 定
量方法


3

G 1326 : 2000

  解説

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

3.

定 量 方 法 の
区分

附属書 けい
素 定 量 方 法

− 二 酸 化 け
い素重量法

ISO 8343 

○ 二 酸 化 け い

素 重 量 法 に

よ る け い 素
の定量方法

附属書 けい
素 定 量 方 法
− モ リ ブ ド

け い 酸 青 吸
光光度法

− ISO に規定さ

れていない

附属書 マン
ガ ン 定 量 方
法 − 原 子 吸
光法

− ISO に規定さ

れていない

附属書 りん
定 量 方 法 −

モ リ ブ ド り
ん 酸 抽 出 分
離 モ リ ブ ト

り ん 酸 青 吸
光光度法

− ISO に規定さ

れていない

附属書 10 
ん 定 量 方 法
− モ リ ブ ド
バ ナ ド り ん

酸 抽 出 吸 光
光度法

ISO 11400 

○ り ん バ ナ ド

モ リ ブ デ ン
酸 吸 光 光 度
法 に よ る り

ん の 定 量 方

附属書 11 
黄 定 量 方 法
− 燃 焼 − 赤

外線吸収法

ISO 7526 

○ 燃 焼 赤 外 線

吸 収 法 に よ
る 硫 黄 の 定

量方法

附属書 12 
黄 定 量 法 −

燃 焼 − よ う
素 酸 カ リ ウ
ム滴定法

ISO 7527 

○ 燃 焼 よ う 素

酸 カ リ ウ ム

滴 定 法 に よ
る 硫 黄 の 定
量方法

附属書 13 
黄 定 量 方 法

− 硫 化 水 素
気 化 分 離 メ
チ レ ン ブ ル

ー 吸 光 光 度

− ISO に規定さ

れていない


4

G 1326 : 2000

  解説

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

3.

定 量 方 法 の
区分

附 属 書 14 
ク ロ ム 定 量

方 法 − 原 子
吸光法

− ISO に規定さ

れていない

附 属 書 15 
銅 定 量 方 法
− 原 子 吸 光

− ISO に規定さ

れていない

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を

示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

:該当項目がない場合。