>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

JIS G

 131

9 : 2

000

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS G 1319 : 2000

  フェロチタン分析方法

ISO 7692 : 1983

  フェロチタン−チタンの定量方法−滴定法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格
番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点及び整合が困難な理由と今後の

対策

(1)

適用範囲

フェロチタン中のチタン,炭素,
けい素,マンガン,りん及び硫

黄の定量方法を規定。

ISO 7692 

同上


フェロチタン中のチタン定量方
法を規定。

ADP

整合化方針を検討した結果,次の理由によって JIS を ISO
に置き換えず,併記とする。

①  ISO は,チタン還元用のアルミニウムにはくを使用す

るため反応が激しい。

②  チタン還元用器具の操作性は,JIS が優れている。

(2)

一般事項

○  JIS G 1301 を引用し規定。

− ISO には規定なし。

(3)

定 量 方 法 の
区分

○  チタンの定量方法としてアルミ

ニウム還元硫酸アンモニウム鉄

(III)

滴定法を規定。

同上

○ チタンの定量方法として硫酸ア

ンモニウム鉄(III)滴定法を規定。

≡ 定量原理は一致

適用範囲  20%(m/m)以上 75%(m/m)以下

  20

%(m/m)以上 75%(m/m)以下

○  炭素定量方法−燃焼−赤外線吸

収法

− ISO には規定なし。

○  けい素定量方法−二酸化けい素

重量法

− ISO には規定なし。

○  けい素定量方法−モリブドけい

酸青吸光光度法

− ISO には規定なし。

○  マンガン定量方法−過マンガン

酸吸光光度法

− ISO には規定なし。

○  りん定量方法−モリブドりん酸

青吸光光度法

− ISO には規定なし。

○  硫黄定量方法−燃焼−赤外線吸

収法

− ISO には規定なし。

(4)

試薬

*アルミニウム

○ 13 種類の試薬を規定。

棒又は綿状を規定−

附属書 l

17

種類の試薬を規定−

附属書 2

同上

○ 17 種類の試薬を規定。

はく(箔)を規定。

ADP

はくは,還元時の反応が激しく(吹きこぼれの)危険性が

あるため,次回国際提案する予定。

*硫酸アンモニ

ウ ム 鉄 (III) 標 準
溶液

濃度:1/30mol/l

ファクター:1/30mol/チオ硫酸

ナトリウム標準溶
液で求めると規定。

濃度:10.2g/l

ファクター:チタン標準溶液で求

めると規定。


 

2

JIS G

 131

9

 : 2

000

 解


JIS

と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格

番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点及び整合が困難な理由と今後の

対策

(5)

器具

*還元容器

*滴定用

弁付きゴム栓又はキャップ付き
ゴム栓。

なし(

附属書 1

ISO

附属書 に規定。

ISO 7692 

〇 Bunsen 弁又は Goekel 球管冷却器

滴定装置

滴定用装置あり。

ADP ISO

は,操作ややはん雑。

(6)

試料

〇  JIS G 1301 で調整,1.0g とし,

0.1mg

のけたまで読み取ると規

定(

附属魯 1)。

ISO

は附属書 2 に規定。

同上

〇 ISO 3713 で調整し,1±0.000 2 と

する。

= 調整は同等であるが,分析試料のはかり取り量の違いがあ

る。

(7)

操作

*試料分解

*妨害元素の分

硫酸・塩酸分解,未分解残さ処
理を規定(

附属書 1)。

妨害元素としてバナジウム,モ

リブデン及びすずを指定し,チ
タンとの分離操作を規定(

附属

書 1)。 
ISO

附属書 に規定。

同上

硫酸・塩酸・ふっ化水素酸分解,

未分解残さ処理なし。

妨害元素の具体的指定がなく,チ

タンとの分離操作を規定。

ADP

次回国際提案する予定。

ISO

は完全分解可能か不明。

ISO

は,分離操作の選択基準があいまい。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”JIS と国際規格との技術的内容は同等である。 
“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“ADP”

(ADOPTION の略)

JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格をそのまま変更なしで採用している。ただし,採用した部分において,JIS として必要

な規定内容を追加し,又は適用範囲,規定項目及び/又は規定内容の一部を不採用としている。

“−”

:該当項目がない場合。