>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

G 1253

:2013

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS G 1253:2002 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 G

1253

:2013

鉄及び鋼−スパーク放電発光分光分析方法

追補 1)

Iron and steel-Method for spark discharge atomic emission

spectrometric analysis

(Amendment 1)

JIS G 1253:2002

を,次のように改正する。

附属書(スパーク放電発光分光分析装置)の 2.(装置の設置)の b)を,次の文に置き換える。

b)

装置を設置する分析室内は,通常,温度を 22∼25  ℃とし,その変動を±1  ℃の範囲で,相対湿度を

60 %

以下に保持する。ただし,分光器が恒温機構を内蔵し,装置の電気回路の絶縁抵抗が湿度に対し

て十分に大きい場合は,この限りではない。