>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

G 1237:2017  

(1) 

追補1のまえがき 

このJIS G 1237の追補1は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

がJIS G 1237:1997を改正した内容だけを示すものである。 

JIS G 1237:1997は,この追補1の内容の改正がされ,JIS G 1237:2017となる。 

 

 


 

  

日本工業規格          JIS 

 

G 1237:2017 

 

鉄及び鋼−ニオブ定量方法 

(追補1) 

Iron and steel-Methods for determination of niobium content 

(Amendment 1) 

 

JIS G 1237:1997を,次のように改正する。 

 

2.(引用規格)のJIS K 0116 発光分光分析通則を,削除する。 

 

4.(定量方法の区分)から,次の細別を削除する。 

(3)誘導結合プラズマ発光分光分析方法 

 

附属書3(誘導結合プラズマ発光分光分析方法)を削除する。