>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

G

 1218 :

199

9

 解

解説表 1  JIS G 1218  附属書 のチオシアン酸塩抽出吸光光度と ISO 4941 との比較

JIS

番号  JIS G 1218 : 1999  鉄及び鋼−モリブデ

ン定量方法  附属書 3(規
定)  チオシアン酸塩抽出
吸光光度法

ISO 4941 : 1994

  Steel and iron−Determination of molybdenum content−Thiocyanate spectriphotometric method

チオシアン酸塩抽出吸光光度法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  定量範囲:0.001% (m/m)  以上

0.020% (m/m)

以下

 ISO 

4941 

○ 定 量 範 囲 : 0.005% (m/m) ∼

0.125% (m/m)

ADP JIS

附属書 では微量域での

定量が可能で,存続する必要

あり。 
高 濃 度 に 適 用 可 能 な ISO 

4941

附属書 として取り

込み,整合化させる。

低濃度域での分析精度を再
確認し,JIS と ISO を合わせ

る。

(2)

測定原理

○  過塩素酸で分解後,チオシア

ン酸ナトリウムを加え塩化
すず(II)で還元,生成するチオ
シアンモリプデン錯体を酢

酸ブチルで抽出し,吸光度で
測定する。W の影響に対する
対策の規定あり。

○ リン酸共存の過塩素酸で分解,チ

オシアン酸ナトリウムを加え,塩
化すず(II)で還元,生成するチオ
シアンモリプデン錯体を酢酸ブ

チルで抽出し,吸光度を測定す
る。

ADP W

の影響対策の規定で

附属

書 と ISO で相違。 
ISO

附属書として取り込

み整合化。

現行 JIS の W 影響対策を

ISO

に提案していく。

(3)

試薬

○  塩酸ほか,11 種類規定。

○ 塩酸ほか 14 種類規定。

ADP

共存元素の影響対策法が

属書 と ISO で相違。ISO 
附属書として取り込み整合
化。

(4)

装置

○  JIS G 1201 通則に規定。

○ 分液漏斗,分光光度法,吸収セル。ADP JIS は JIS G 1201 に規定。

技術的な差異はない。

(5)

試料

○  サンプリングは JIS G 1201

分析用試料:25g

○ サンプリングは ISO 377-2 で規

定。 
分析用試料:1.0g

ADP

内容は同等。

ISO

附属書に取り込む。

(6)

操作

○  タングステン含有量による

補正操作手順の記載あり。

○ タングステン含有時の対策とし

て吸光度の短時間測定を規定。

ADP

共存元素対策の操作が異な

る。

ISO

を附属書に取り込み整

合化。

JIS

の方法を ISO に提案し

ていく。


 

2

G

 1218 :

199

9

 解


備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。 
“ADP”

(ADOPTION の略)

JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用している。ただし,採用した部分において,JIS として必

                              要な規定内容を追加し,又は適用範囲,規定項目及び/又は規定内容の一部を不採用としている。