>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

G 0321

:2015

(1)

追補 1 のまえがき

この JIS G 0321 の追補 1 は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

が JIS G 0321:2010 を改正した内容だけを示すものである。

JIS G 0321:2010

は,この追補 1 の内容の改正がされ,JIS G 0321:2015 となる。


日本工業規格

JIS

 G

0321

:2015

鋼材の製品分析方法及びその許容変動値

(追補 1)

Product analysis and its tolerance for wrought steel

(Amendment 1)

JIS G 0321:2010

を,次のように改正する。

箇条 2(引用規格)の

表 1(引用規格)を,次の表に置き換える。

表 1−引用規格 

JIS G 0417

  鉄及び鋼−化学成分定量用試料の採取及び調製

JIS G 1201

  鉄及び鋼−分析方法通則

JIS G 1211-1

  鉄及び鋼−炭素定量方法−第 1 部:燃焼−二酸化炭素重量法

JIS G 1211-2

  鉄及び鋼−炭素定量方法−第 2 部:燃焼−ガス容量法

JIS G 1211-3

  鉄及び鋼−炭素定量方法−第 3 部:燃焼−赤外線吸収法

JIS G 1211-4

  鉄及び鋼−炭素定量方法−第 4 部:表面付着・吸着炭素除去−燃焼−赤外線吸収法

JIS G 1211-5

  鉄及び鋼−炭素定量方法−第 5 部:遊離炭素定量方法

JIS G 1212

  鉄及び鋼−けい素定量方法

JIS G 1213

  鉄及び鋼−マンガン定量方法

JIS G 1214

  鉄及び鋼−りん定量方法

JIS G 1215-1

  鉄及び鋼−硫黄定量方法−第 1 部:鉄分離硫酸バリウム重量法

JIS G 1215-2

  鉄及び鋼−硫黄定量方法−第 2 部:クロマトグラフ分離硫酸バリウム重量法

JIS G 1215-3

  鉄及び鋼−硫黄定量方法−第 3 部:硫化水素気化分離メチレンブルー吸光光度法

JIS G 1215-4

  鉄及び鋼−硫黄定量方法−第 4 部:高周波誘導加熱燃焼−赤外線吸収法

JIS G 1216

  鉄及び鋼−ニッケル定量方法

JIS G 1217

  鉄及び鋼−クロム定量方法

JIS G 1218

  鉄及び鋼−モリブデン定量方法

JIS G 1219

  鉄及び鋼−銅定量方法

JIS G 1220

  鉄及び鋼−タングステン定量方法

JIS G 1221

  鉄及び鋼−バナジウム定量方法

JIS G 1222

  鉄及び鋼−コバルト定量方法

JIS G 1223

  鉄及び鋼−チタン定量方法

JIS G 1224

  鉄及び鋼−アルミニウム定量方法


2

G 0321

:2015

表 1−引用規格(続き) 

JIS G 1225

  鉄及び鋼−ひ素定量方法

JIS G 1226

  鉄及び鋼−すず定量方法

JIS G 1227

  鉄及び鋼−ほう素定量方法

JIS G 1228

  鉄及び鋼−窒素定量方法

JIS G 1229

  鋼−鉛定量方法

JIS G 1232

  鋼中のジルコニウム定量方法

JIS G 1233

  鋼−セレン定量方法

JIS G 1234

  鋼中のテルル定量方法

JIS G 1235

  鉄及び鋼中のアンチモン定量方法

JIS G 1236

  鋼中のタンタル定量方法

JIS G 1237

  鉄及び鋼−ニオブ定量方法

JIS G 1239

  鉄及び鋼−酸素定量方法−不活性ガス融解−赤外線吸収法

JIS G 1253

  鉄及び鋼−スパーク放電発光分光分析方法

JIS G 1256

  鉄及び鋼−蛍光 X 線分析方法

JIS G 1257-1

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 1 部:マンガン定量方法−酸分解フレーム法

JIS G 1257-2

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 2 部:りん定量方法−モリブドりん酸抽出間接フレ

ーム法

JIS G 1257-3

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 3 部:ニッケル定量方法−酸分解フレーム法

JIS G 1257-4

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 4 部:クロム定量方法−酸分解フレーム法

JIS G 1257-5

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 5 部:モリブデン定量方法−酸分解フレーム法

JIS G 1257-6

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 6 部:銅定量方法−酸分解フレーム法

JIS G 1257-7

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 7 部:バナジウム定量方法−酸分解フレーム法

JIS G 1257-8

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 8 部:コバルト定量方法−酸分解フレーム法

JIS G 1257-9

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 9 部:チタン定量方法−酸分解フレーム法

JIS G 1257-10-1

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 10 部:アルミニウム定量方法−第 1 節:酸分解

フレーム法

JIS G 1257-10-2

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 10 部:アルミニウム定量方法−第 2 節:酸可溶

性アルミニウム定量方法

JIS G 1257-10-3

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 10 部:アルミニウム定量方法−第 3 節:鉄分離

フレーム法

JIS G 1257-10-4

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 10 部:アルミニウム定量方法−第 4 節:電気加

熱法

JIS G 1257-11-1

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 11 部:すず定量方法−第 1 節:よう化物抽出フ

レーム法

JIS G 1257-11-2

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 11 部:すず定量方法−第 2 節:電気加熱法

JIS G 1257-12-1

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 12 部:鉛定量方法−第 1 節:酸分解フレーム法

JIS G 1257-12-2

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 12 部:鉛定量方法−第 2 節:よう化物抽出フレ

ーム法


3

G 0321

:2015

表 1−引用規格(続き) 

JIS G 1257-12-3

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 12 部:鉛定量方法−第 3 節:電気加熱法

JIS G 1257-13

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 13 部:マグネシウム定量方法−酸分解フレーム法

JIS G 1257-14

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 14 部:カルシウム定量方法−酸分解フレーム法

JIS G 1257-15-1

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 15 部:亜鉛定量方法−第 1 節:酸分解フレーム

JIS G 1257-15-2

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 15 部:亜鉛定量方法−第 2 節:よう化テトラヘ

キシルアンモニウム・トリオクチルアミン抽出フレーム法

JIS G 1257-16-1

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 16 部:ビスマス定量方法−第 1 節:よう化物抽

出フレーム法

JIS G 1257-16-2

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 16 部:ビスマス定量方法−第 2 節:電気加熱法

JIS G 1257-17-1

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 17 部:アンチモン定量方法−第 1 節:よう化物

抽出フレーム法

JIS G 1257-17-2

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 17 部:アンチモン定量方法−第 2 節:電気加熱

JIS G 1257-18-1

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 18 部:テルル定量方法−第 1 節:よう化物抽出

フレーム法

JIS G 1257-18-2

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 18 部:テルル定量方法−第 2 節:電気加熱法

JIS G 1257-19-1

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 19 部:ひ素定量方法−第 1 節:電気加熱法

JIS G 1257-20

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法−第 20 部:セレン定量方法−電気加熱法

JIS G 1258-1

  鉄及び鋼−ICP 発光分光分析方法−第 1 部:多元素定量方法−酸分解・二硫酸カリウ

ム融解法

JIS G 1258-2

  鉄及び鋼−ICP 発光分光分析方法−第 2 部:多元素定量方法−硫酸りん酸分解法

JIS G 1258-3

  鉄及び鋼−ICP 発光分光分析方法−第 3 部:多元素定量方法−酸分解・炭酸ナトリウ

ム融解法

JIS G 1258-4

  鉄及び鋼−ICP 発光分光分析方法−第 4 部:ニオブ定量方法−硫酸りん酸分解法又は

酸分解・二硫酸カリウム融解法

JIS G 1258-5

  鉄及び鋼−ICP 発光分光分析方法−第 5 部:ほう素定量方法−硫酸りん酸分解法

JIS G 1258-6

  鉄及び鋼−ICP 発光分光分析方法−第 6 部:ほう素定量方法−酸分解・炭酸ナトリウ

ム融解法

JIS G 1258-7

  鉄及び鋼−ICP 発光分光分析方法−第 7 部:ほう素定量方法−ほう酸トリメチル蒸留

分離法

JIS G 1281

  ニッケルクロム鉄合金分析方法


4

G 0321

:2015

箇条 5(分析方法)の 5.1(各鋼材規格に規定する化学成分の場合)を,次の文に置き換える。

分析方法は,次による。機器分析方法による分析値に疑義が生じた場合は,化学分析方法によって再分

析してもよい。

JIS G 1211-1

JIS G 1211-2JIS G 1211-3JIS G 1211-4JIS G 1211-5JIS G 1212JIS G 1213JIS 

G 1214

JIS G 1215-1JIS G 1215-2JIS G 1215-3JIS G 1215-4JIS G 1216JIS G 1217JIS G 1218

JIS G 1219

JIS G 1220JIS G 1221JIS G 1222JIS G 1223JIS G 1224JIS G 1225JIS G 1226

JIS G 1227

JIS G 1228JIS G 1229JIS G 1232JIS G 1233JIS G 1234JIS G 1235JIS G 1236

JIS G 1237

JIS G 1239JIS G 1253JIS G 1256JIS G 1257-1JIS G 1257-2JIS G 1257-3JIS G 1257-4

JIS G 1257-5

JIS G 1257-6JIS G 1257-7JIS G 1257-8JIS G 1257-9JIS G 1257-10-1JIS G 1257-10-2

JIS G 1257-10-3

JIS G 1257-10-4JIS G 1257-11-1JIS G 1257-11-2JIS G 1257-12-1JIS G 1257-12-2

JIS G 1257-12-3

JIS G 1257-13JIS G 1257-14JIS G 1257-15-1JIS G 1257-15-2JIS G 1257-16-1

JIS G 1257-16-2

JIS G 1257-17-1JIS G 1257-17-2JIS G 1257-18-1JIS G 1257-18-2JIS G 1257-19-1

JIS G 1257-20

JIS G 1258-1JIS G 1258-2JIS G 1258-3JIS G 1258-4JIS G 1258-5JIS G 1258-6

JIS G 1258-7

JIS G 1281