>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

F 8550

:2003

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人日本船舶

標準協会(JMSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調

査会の審議を経て,国土交通大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS F 8550:1991 は改正され,この規格に置き換えられる。


F 8550

:2003

(2)

目  次

ページ

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  定義

1

4.

  光ファイバ

2

4.1

  光ファイバの分類

2

4.2

  光ファイバコードの形名

3

4.3

  光ファイバコード,光ファイバケーブル及び光ファイバ複合ケーブル

4

5.

  光コネクタ

7

5.1

  光コネクタの形名

7

5.2

  光コネクタ

12

6.

  敷設

12

6.1

  光ケーブルの敷設

12

6.2

  光ケーブルの接続

12

7.

  検査

14

7.1

  検査項目

14

 


日本工業規格

JIS

 F

8550

:2003

船用光ファイバ伝送装置─伝送路適用基準

Marine optical transmission apparatus

Criteria for selection of optical fiber cable and optical connector

1.

適用範囲  この規格は船で使用する光ファイバ伝送装置のうちの光ファイバコード,光ファイバケー

ブル,光ファイバ複合ケーブル及び光ファイバコネクタの使用並びにそれらの敷設及び検査について規定

する。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 3410

  船用電線

JIS C 5961

  光ファイバコネクタ試験方法

JIS C 5962

  光ファイバコネクタ通則

JIS C 5970

  F01 形単心光ファイバコネクタ

JIS C 5971

  F02 形単心光ファイバコネクタ

JIS C 5972

  F03 形単心光ファイバコネクタ

JIS C 5973

  F04 形単心光ファイバコネクタ

JIS C 5974

  F05 形単心光ファイバコネクタ

JIS C 5975

  F06 形単心光ファイバコネクタ

JIS C 5976

  F07 形 2 心光ファイバコネクタ

JIS C 5977

  F08 形 2 心光ファイバコネクタ

JIS C 5978

  F09 形単心光ファイバコネクタ

JIS C 5979

  F10 形単心光ファイバコネクタ

JIS C 6820

  光ファイバ通則

JIS C 6830

  光ファイバコード

JIS C 6831

  光ファイバ心線

JIS C 6836

  全プラスチックマルチモード光ファイバコード

JIS C 6838

  テープ形光ファイバ心線

JIS C 6839

  テープ形光ファイバコード

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS C 6820 及び JIS C 5962 によるほか,次による。

a)

光ファイバ  誘電体で作られた,光を伝送する繊維。裸光ファイバ,光ファイバ素線,光ファイバ心

線及び光ファイバコードの総称をいう(JIS C 6820 参照)

b)

裸光ファイバ  ガラスコア及びガラスクラッドだけからなる光ファイバ(JIS C 6820 参照)。


2

F 8550

:2003

c)

光ファイバ素線

1)

裸光ファイバに適切な 1 次被覆を施した光ファイバ。

2)

ガラスをコアとし,プラスチックをクラッドとする光ファイバ。

3)

コア及びクラッドを共にプラスチックとする光ファイバ。

d)

光ファイバ心線  ガラスをコアとする光ファイバ素線の単心又は複心数に適切な 2 次被覆を施した光

ファイバ(JIS C 6820 参照)

e)

光ファイバコード  光ファイバ心線上又は全プラスチックマルチモード光ファイバ素線にプラスチッ

クシースを施した抗張力ある光ファイバ(JIS C 6820 参照)

f)

光ファイバケーブル  1 本又は数本の光ファイバコードをテンションメンバとともにまとめ,シース

及びがい装を施した構造をもつ,光のエネルギーを伝送する導体で,伝送路の主体となるもの。

g)

光ファイバ複合ケーブル  1 本又は数本の光ファイバコード及び電源線をテンションメンバとともにま

とめ,シース及びがい装を施した構造をもつ,光のエネルギーを伝送する導体で,伝送路の主体となる

もの。

h)

光ファイバコネクタ  光ファイバコードと伝送路とを接続するために光ファイバ端部に組み付ける金

属製又はプラスチック製の接続部。光コネクタともいう(以下,光コネクタという。

i)

フェルール  外形又は,ガイドピンによって整列し,プラグ(接栓)内で,光ファイバを保持固定す

る部材(JIS C 5962 参照)

j)

スリーブ  光ファイバの接続のために用いる管状のフェルール整列部材(JIS C 5962 参照)。

k)

光接続コード  両端又は片端に取り付けられている光コネクタによって,他の光ファイバコードや光

デバイスと接続が可能な光ファイバコード(JIS C 5962 参照)

l)

変換器  電気信号と光信号とを相互に変換するための機器。電気信号を光信号に変換する E/O 変換器

と光信号を電気信号に変換する O/E 変換器がある。

m)

光ファイバ接続箱  光ファイバケーブル又は光ファイバ複合ケーブルを接続する箱。その中に,光フ

ァイバ接続部,光ファイバ余長などを収納する。

4.

光ファイバ

4.1

光ファイバの分類  光ファイバ素線を JIS C 6820 に基づいて次のように分類する。

a)

石英系マルチモード光ファイバ素線

1)

ステップインデックス形

2)

疑似ステップインデックス形

3)

グレーデッドインデックス形

備考  1),2)  及び  3)  の区分は,表 による。

b)

石英系シングルモード光ファイバ素線

c)

多成分系マルチモード光ファイバ素線

d)

プラスチッククラッドマルチモード光ファイバ素線

e)

全プラスチック光ファイバ素線


3

F 8550

:2003

  1  石英系マルチモード光ファイバ素線の形式

形式

範囲

ステップインデックス形 

10

g<∞ 

疑似ステップインデックス形 

3

g<10 

グレーデッドインデックス形 

1

g<3 

備考

g

:光ファイバの屈折率分布パラメータ

4.2

光ファイバコードの形名

4.2.1

光ファイバコードの形名の構成  形名の構成は,JIS C 6830 に準じて,次のような配列とする。

なお,該当する項目がない場合は,順次繰り上げた配列で構成する。

光ファイバ

コードを表

す記号

2

次被覆の

材料を表す

記号

光ファイバ

の材料を表

す記号

光ファイバ

の構造を表

す記号

光ファイバ

の寸法を表

す記号

  例

OFC2.8

− Y − S    GI − 50/125

4.2.2

記号

a)

光ファイバコード  光ファイバコードを表す記号は,JIS C 6830 によって OFC

.

とする。

  なお,

.

は,光ファイバコードの外形寸法(単位 mm)であり,小数点を含む 2 数字で表す。

b)  2

次被覆の材料  2 次被覆を表す記号は,表 による。

  2  次被覆の材料

2

次被覆の材料

記号

ポリアミド樹脂 

Y 

UV硬化樹脂

U

その他のもの 

Z 

c)

光ファイバの材料  光ファイバのコア及びクラッドの材料を表す記号は,表 による。

  3  光ファイバの材料

材料

記号

石英系 S

多成分系 C

プラスチッククラッド R

全プラスチック P

d)

光ファイバの構造  光ファイバの構造を表す記号は,JIS C 6820 によって表 のとおりとする。

  4  光ファイバの構造

構造

記号

マルチモードステップインデックス形 SI

マルチモード擬似ステップインデックス形 QI

マルチモードグレーデッドインデックス形 GI

シングルモード 1 310 nm ゼロ分散形 SMA

シングルモード 1 550 nm カットオフシフト形 SNA・T

シングルモード 1 550 nm 分散シフト形 SMB

シングルモード 1 550 nm 分散フラット形 SMC

シングルモードノンゼロ分散シフト形 SMD

e)

光ファイバの寸法  光ファイバの寸法を表す記号は,JIS C 6820 によって,コア径(シングルモード

光ファイバの場合は,モードフィールド径)/クラッド径で表し,単位はマイクロメートル(

µm)とする。


4

F 8550

:2003

  なお,小数点以下 1 けたの数字が 0 でない場合は,小数点以下 1 けたを含む数字で表す。

例 50/125

多成分系マルチモード光ファイバの場合は,

さらに,

最大理論 NA を表す記号を

表 によって加える。

例 50/125−L

  5  最大理論 NA を表す記号

最大理論 NA

記号

0.25

以上  0.35 未満 L

0.35

以上  0.55 未満 H

4.3

光ファイバコード,光ファイバケーブル及び光ファイバ複合ケーブル

4.3.1

種類  光ファイバコード,光ファイバケーブル及び光ファイバ複合ケーブル(以下,ケーブルを総

称して光ケーブルという。

)の種類は,次によることが望ましい。

  なお,形名の括弧の記号は省略してもよい。

a)

光ファイバコード

形名:OFC(2.8)(-Y)-SGI(-50/125)

b)

光ファイバケーブル

形名:FA-YC(-OFC2.8) (-Y)-SGI (-50/125)-n

ただし,FA は耐延焼性,YC は JIS C 3410 によるビニールシースあじろがい装を示し,は光ファイ

バコードの線心数を示す。

c)

光ファイバ複合ケーブル

形名:250 V-FA-DPYC(-1.5) (-OFC2.8) (-Y)-SGI (-50/125)-n

ただし,250 V は公称電圧,FA は耐延焼性,DPYC-1.5 は JIS C 3410 による 2 心 EP ゴム絶縁電線及び

公称断面積を示し,は光ファイバコードの線心数を示す。

4.3.2

光ケーブル及び光ファイバコードの構造,形状及び寸法  光ファイバケーブル及び光ファイバコー

ドの構造,形状及び寸法は次による。

a)

光ファイバコードの形状,寸法は,JIS C 6830 による。

b)

光ファイバケーブルの構造は,

表 及び図 による。

c)

光ファイバ複合ケーブルの構造は,

表 7,表 8,図 及び図 による。


5

F 8550

:2003

  6  船用光ファイバケーブル

形名 FA-YC-OFC2.8-Y-SGI-50/125-n

線心の種類

光ファイバコード

線心数

1

∼4

ファイバ径

µm 50/125

外径 mm

2.8

鋼線 mm

1.8

テンションメンバ
外径

鋼より線 mm

2.0

シース厚さ mm  1.2

シース外径 mm  11.6

あじろがい装線径 mm

0.32

仕上がり外径 mm

13.2

シース及び仕上がり外径許容差 mm

±0.5

概算質量 kg/km  240

 
 
 

  1  船用光ファイバケーブル


6

F 8550

:2003

  7  船用 心光ファイバ複合ケーブル

形名 250V-FA-DPYC-1.5-OFC2.8-Y-SGI-50/125-2

線心の種類 EP ゴム絶縁線心

(

1

)

光ファイバコード

線心数 2

2

公称断面積 mm

2

 1.5

ファイバ径

µm

− 50/125

構成

本/mm 7/0.6

外径 mm

1.8

2.8

絶縁体厚さ mm

0.8

鋼線 mm

1.8

テンションメンバ
外径

鋼より線 mm

2.0

シース厚さ mm

1.2

シース外径 mm

13.9

あじろがい装線径 mm

0.32

仕上がり外径 mm

15.5

シース及び仕上がり外径許容差 mm

±0.6

概算質量 kg/km

360

注(

1

)  JIS C 3410

に準じる。

 
 
 

  2  船用 心光ファイバ複合ケーブル


7

F 8550

:2003

  8  船用 心光ファイバ複合ケーブル

形名 250V-FA-DPYC-1.5-OFC2.8-Y-SGI-50/125-4

線心の種類 EP ゴム絶縁線心

(

1

)

光ファイバコード

線心数 2

4

公称断面積 mm

2

 1.5

ファイバ径

µm

− 50/125

構成

本/mm 7/0.6

外径 mm

1.8

2.8

絶縁体厚さ mm

0.8

鋼線 mm

1.8

テンションメンバ
外径

鋼より線 mm

2.0

シース厚さ mm

1.2

シース外径 mm

13.9

あじろがい装線径 mm

0.32

仕上がり外径 mm

15.5

シース及び仕上がり外径許容差 mm

±0.6

概算質量 kg/km

360

注(

1

)  JIS C 3410

に準じる。

 
 
 

  3  船用 心光ファイバ複合ケーブル

 
 
 
 
 
 


8

F 8550

:2003

4.3.3

光ファイバコード,船用光ファイバケーブル及び船用光ファイバ複合ケーブルの特性  光ファイバ

コード,船用光ファイバケーブル及び船用光ファイバ複合ケーブルの特性は,

表 による。

  9  光ファイバコード,船用光ファイバケーブル及び

船用光ファイバ複合ケーブルの特性

特性

光ファイバコード

光 フ ァ イ バ ケ ー ブ

光 フ ァ イ バ 複 合 ケ
ーブル

周囲温度

−20∼60

相対湿度

0

∼95

耐振動性

ケーブル長 1 m,振幅±5 mm 
振動 10 Hz  100 万回で損失増加 0.05 dB 以

許容張力 N

80

テ ン シ ョ ン メ ン バ
鋼より線の場合

テ ン シ ョ ン メ ン バ
鋼線の場合

784

980

許容圧縮強度 N/mm

− 980/50

最小曲げ半径 mm

40

ケーブル外径の 10 倍以上

耐炎性

JIS C 3410

による。 JIS C 3410 による。

耐延焼性

JIS C 3410

による。 JIS C 3410 による。

伝送帯域 MHz・km 200 以上(波長 0.85

µm)

伝送損失

dB/km  3.5

以下(波長 0.85

µm)

備考 EP ゴム絶縁心線の特性は,JIS C 3410 に準じる。

5.

光コネクタ

5.1

光コネクタの形名

5.1.1

形名の構成  形名の構成は,JIS C 5962 によって,次のような配列による。

なお,該当する項目がない場合は,順次繰り上げた配列で構成する。

光コネ

クタを

表す記

形式を

表す記

光コネ

クタ形

状を表

す記号

フェル

ール,

スリー

ブなど

の収容

可能な

数を表

す記号

フェル

ール整

列部形

状を表

す記号

フェル

ール穴

径を表

す記号

等級を

表す記

適用光

ファイ

バコー

ドを表

す記号

耐環境

性を表

す記号

その他

の特殊

構造を

表す記

CN  F01   SP    2

M

125

E

1    W

1

5.1.2

記号

a)

光コネクタを表す記号  光コネクタを表す記号は,CN とする。

b)

形式を表す記号  光コネクタの形式を表す記号は,F と 2 数字で表す。

  なお,2 数字は,光コネクタの形式[光学的結合方式(バットジョイント方式,レンズ方式)・  機

械的結合方式(プラグ−アダプタ−プラグ方式,プラグ−ジャック方式など)

,光ファイバ整列方式(フ

ェルール構造など)及び締結構造方式並びにかん合に必要な構造寸法]などによって区別し,JIS C 


9

F 8550

:2003

5970

JIS C 5971JIS C 5972JIS C 5973JIS C 5974JIS C 5975JIS C 5976JIS C 5977JIS C 

5978

及び JIS C 5979 の規定による。

c)

光コネクタ形状を表す記号  光コネクタ形状を表す記号は,JIS C 5962 によって表 10 のとおりとする。

 10  光コネクタ形状を表す記号

記号

光コネクタ形状(

図 参照)

SP

結合部軸と光ファイバコード挿入口軸が直線上にあるプラグ及びジ
ャック

PA

二つの結合部軸及びパネル,シャーシとの取付面が直交するアダプタ

CR

光ファイバコードが接続できるレセプタクル(接栓座)

LP

結合部軸と光ファイバコード挿入口が直交する L 形プラグ及びジャ
ック

LA

二つの結合部軸が直交する L 形アダプタ

SA

二つの結合部軸が直線上にあり,かつ,パネル,シャーシとの取付け

部をもたないアダプタ

BA

二つの結合部軸及びパネル,シャーシとの取付面が平行するアダプタ

DR

光伝送部品が接続できるレセプタクル

 
 
 
 
 
 
 

  4  光コネクタ機能図


10

F 8550

:2003

d)

フェルール,スリーブなどの収容可能な数を表す記号  フェルール,スリーブなどの収容可能な数を

表す記号は,

フェルール,

スリーブなどのハウジングに収容可能な数を 1 けた又は 2 けたの数字で表す。

  なお,単心光コネクタの場合及び個別規格においてこの数字が 1 種類だけである場合には,省略でき

る。

e)

フェルール整列部形状を表す記号  フェルール整列部形状を表す記号は,JIS C 5962 によって表 11 

とおりとする。

 11  フェルール整列部形状を表す記号

記号

フェルール整列部形状

M

外形によって整列するフェルールを有しスリーブをもたないもの,又はガイ

ドピンをもつもの。

F

スリーブをもつもの,又はガイドピン穴があるもの。

X

その他のもの

f)

フェルール穴径を表す記号  フェルール穴径を表す記号は,JIS C 5970JIS C 5971JIS C 5972JIS 

C 5973

JIS C 5974JIS C 5975JIS C 5976JIS C 5977JIS C 5978 及び JIS C 5979 の規格で規定

された寸法(

µm 単位)を整数の 3 けた又は 4 けたの数字で表す。

例 125:125

µm      1 080:1 080 µm

g)

等級を表す記号  等級を表す記号は,JIS C 5962 の光コネクタの挿入損失の範囲によって区別し,そ

の記号は

表 12 による。

 12  等級を表す記号

記号

挿入損失  dB

適用光ファイバ(形名)

石英系シングルモ

ード光ファイバ

(SSMA-9.5/125)

石英系マルチモー

ド(GI)光ファイバ

(SGI-50/125)

多成分系マルチ

モード光ファイバ

(CSI-200/250-H)

プラスチッククラ

ッドマルチモード
光ファイバ

(RSI-200/230-A)

(RSI-200/300)

全プラスチックマ

ルチモード光ファ
イバ

(PSI-980/1000-A)

A 0.5

以下

B 1.0

以下

(0.4 以下)

C (1.6

以下) 0.6 以下

D

− 0.8 以下

E

− 1.0 以下

F

− 1.5 以下

G

− 2.0 以下

H

1.5

以下

I

2.0

以下

J

2.5

以下

K

1.5

以下

L

2.0

以下

M

2.5

以下

1.5

以下

N

2.0

以下

P

2.5

以下

Q

3.0

以下

X

規定しない(

1

)

注(

1

)

受渡当事者間の協定による。

備考1.  挿入損失は,フレネル損失(ガラスファイバで約 0.3 dB)を含んだ値で,適正な光ファイバを用い適正な組立

てを行い,JIS C 5961 によって,試験を行った値である。


11

F 8550

:2003

2.

−は該当品が考えられなかったため規定しなかった。

3.

括弧内の値は,参考値として,概略を示す。

4.

適用光ファイバーの名称は,JIS C 6820 による。

h)

適用光ファイバコードを表す記号  適用光ファイバコードを表す記号は,JIS C 5962 によって表 13

のとおりとする。

  なお,この記号はプラグ,ジャック及び光ファイバが接続できるレセプタクルに適用する。

 13  適用光ファイバコードを表す記号

記号

適用光ファイバコード

記号

適用光ファイバコード

1

シース外径:2.8±0.2 mm 
光ファイバ心線径:0.9±0.1 mm

光ファイバ心線 2 次被覆材質:ポリアミド樹脂 
抗張力体:光ファイバ心線上に芳香族ポリアミド
系繊維をほぼ同心円状に密接して配置している

もの。

7

シース外径:2.2±0.2 mm 
光ファイバ心線径:0.5±0.05 mm

光ファイバ心線 2 次被覆材質:ふっ素系樹脂 
抗張力体:光ファイバ心線上に芳香族ポリアミド系
繊維をほぼ同心円状に密接して配置しているもの。

2

シース外径:2.0±0.2 mm 
光ファイバ心線径:0.9±0.1 mm

光ファイバ心線 2 次被覆材質:ポリアミド樹脂 
抗張力体:光ファイバ心線上に芳香族ポリアミド
系繊維をほぼ同心円状に密接して配置している

もの。

8

シース外径:0.9±0.1 mm 
光ファイバ心線 2 次被覆材質:ポリアミド樹脂

3

シース外径:2.8±0.2 mm

光ファイバ心線径:0.6±0.1 mm 
光ファイバ心線 2 次被覆材質:ポリアミド樹脂 
抗張力体:光ファイバ心線上に芳香族ポリアミド

系繊維をほぼ同心円状に密接して配置している
もの。

9

テープ形光ファイバコードシース短径:2.5±0.3 mm

テープ形光ファイバコードシース長径:3.5±0.4 mm
テープ形光ファイバ心線厚さ:

(0.25

∼0.4)±0.2 mm

テープ形光ファイバ心線 2 次被覆材質:UV硬化樹脂
抗張力体:テープ形光ファイバ心線上に芳香族ポリ
アミド系繊維を密接して配置しているもの。

4

シース外径:2.0±0.2 mm 
光ファイバ心線径:0.6±0.1 mm

光ファイバ心線 2 次被覆材質:ポリアミド樹脂 
抗張力体:光ファイバ心線上に芳香族ポリアミド

10

テープ形光ファイバ心線厚さ:

(0.25

∼0.4)±0.08 mm

テープ形光ファイバ心線 2 次被覆材質:UV硬化樹

系繊維をほぼ同心円状に密接して配置している
もの。

11

シース外径:4.3±0.2 mm 
光ファイバ心線径:0.9±0.1 mm 
光ファイバ心線 2 次被覆材料質:ポリアミド樹脂

抗張力体:光ファイバ心線上に芳香族ポリアミド系

5

シース外径:2.2±0.2 mm 
光ファイバ心線径:1.0±0.1 mm

繊維をほぼ同心円状に密接して配置しているもの。

6

シース外径:2.2±0.2 mm 
光ファイバ心線径:0.9±0.1 mm

光ファイバ心線 2 次被覆材料質:ポリアミド樹脂
抗張力体:光ファイバ心線上に芳香族ポリアミド
系繊維をほぼ同心円状に密接して配置している

もの。

99

その他のもの。

備考  適用光ファイバコードは JIS C 6820 によるほか,JIS C 6830JIS C 6831JIS C 6836JIS C 6838 及び JIS C 6839

の規定による。

i)

耐環境性を表す記号  耐環境性を表す記号は,耐環境性に関する特殊構造をもつものに適用し,表 14

による。


12

F 8550

:2003

 14  耐環境性を表す記号

記号 

特殊構造 

W

屋外で使用できる防水構造のもの

P

耐気圧形で使用できる機密構造のもの

T

高温又は低温,若しくは双方に耐える構造のもの

X

その他のもの

j)

その他特殊構造を表す記号  その他特殊構造を表す記号は,数字,英字,又は記号を用い,これらの

合計を 5 文字以内とし,個別規格の規定による。

5.2

光コネクタ

5.2.1

種類  光コネクタは,次によることが望ましい。

形名:  CNF01SPM125E1 及び

形名:  CNF01PAM125E

5.2.2

光コネクタの特性  光コネクタの特性は,表 15 による。

 15  光コネクタの特性

特性

光コネクタの特性

周囲温度

−20∼+60  ℃

相対湿度

0

∼95  %

振動条件

JIS C 5970

の規定による。

挿入損失 1.0

dB/1

か所以下

6.

敷設

6.1

光ケーブルの敷設  光ケーブルの敷設に際しては,次のことに注意して行う。

a)

光ケーブルは,周囲温度,相対湿度,振動などの環境条件が,許容値を超えない場所に敷設する。

b)

ケーブルドラムを回転する場合には,必ず表示してある方向へ転がす。

c)

ケーブルドラムを露天に保管する場合は,必ずシートをかぶせ,雨水を当てない。

d)

ケーブルの曲げ半径は,ケーブル外形の 10 倍以上とする。ただし,張力がかかっている延線時には

20

倍以上とすることが望ましい。

e)

ケーブルに極端な側圧がかからないようにする。

f)

ケーブル敷設は,テンションメンバを含めたケーブル全体に延線張力がかかるように端末処理を施し,

規定の張力以下で延線する。機力配線の場合は,必ず張力計を使用する。

g)

垂直部に敷設する場合は,自重による張力の影響を考慮する。

h)

敷設が終了したら,張力が解放した状態でバンドがけする。

i)

ケーブルのぎ装中その端末は,

工場出荷時の端末処理状態を保つ。現場でケーブルを切断した場合は,

防水のために応急的な端末保護を行う。

6.2

光ケーブルの接続

6.2.1

一般  光ケーブルを接続する場合は,装備する場所によって次のとおり選択する。

暴露部  熱収縮スリーブ工法による暴露部用光ファイバ接続箱を用いた融着接続

暴露部以外  同上又は居住区用光ファイバ接続箱を用いた融着接続

光伝送装置盤内  光コネクタによる接続

接続箱内における光ファイバの接続は,光コネクタを使用せず融着接続による。

光伝送装置盤内での光ケーブルと盤内光ファイバコードとの接続は,光コネクタによる光ファイバの接


13

F 8550

:2003

続作業の技術訓練を受けたものが行う。

6.2.2

融着接続  融着接続の環境条件及び接続手順は,次による。

a)

接続作業の環境条件  接続作業時の環境条件としては,振動,粉じん(塵)などがないことが望ましい。

b)

光ファイバの被覆の除去及び切断

1)

光ケーブルのあじろがい装及びシースを取り除き,光ファイバコードを取り出す。

2)

光ファイバ自体にきずをつけることなく,光ファイバコードから被覆を取り除く。

3)

光ファイバ切断工具によって,光ファイバを切断する。ファイバ端面の切断は,接続部の光損失発

生に大きく影響するため,正確に光軸と直角に鏡面状に切断する。

c)

融着接続

1)

光ファイバの軸合せは,通常 V 字溝に沿わせる方法を取る。

2)

突合せを行う前に,予備加熱を行い,アーク放電によって光ファイバの切断面を予熱し,その後,

突合せ,加熱して融着する。

  石英ファイバは,溶融温度が約 1 800  ℃と非常に高いためアーク放電による加熱を行う。

3)

融着接続部は,裸ファイバが露出しているためスリーブによる補強を行う。

d)

光ファイバ余長処理(居住区用光ファイバ接続箱の場合)  接続余長の光ファイバは,余長収納シー

トによって接続箱内に緩く固定し,光ファイバが側圧を受けて静的疲労や損失増加をもたらしたりす

ることを避ける。

  最小曲げ半径以下で光ファイバを曲げてはならない。

  屋内用光ファイバ接続箱の例を

付図 に示す。

e)

光ファイバ余長処理及び光ケーブル外被の接続(暴露部用光ファイバ接続箱の場合)  光ケーブルの

外被接続は,熱収縮スリーブ工法を適用するが,光ファイバ心線接続部の支持固定及び再接続のため

の余長の収納方法について配慮する。

  光ファイバの接続部は余長収納ガイドの内部に固定する。

  接続余長は余長収納シートに収納した後,余長収納ガイドの外側に巻いて固定する。

  暴露部用光ファイバ接続箱の例を

付図 に示す。

f)

あじろがい装の接続  居住区用光ファイバ接続箱及び暴露部用光ファイバ接続箱のいずれを使用する

場合でも,両側のあじろがい装も接続し,連続性を保つ。

6.2.3

光コネクタによる接続  光コネクタによる接続に際しては,次のことに注意して行う。

a)

光コネクタは,周囲温度,相対湿度,振動などの環境条件が,

表 15 を超えない場所に装備する。

b)

光コネクタに接続する光ファイバが,振動によって損傷を受けないよう固定方法を考慮する。

c)

光コネクタに接続する光ファイバ及び光ケーブルの自重による張力が,光コネクタにかからないよう

にするほか,光コネクタ付近での光ファイバについても許容曲げ半径以上を厳守する。

光ケーブルと伝送装置盤内光ファイバコードとを接続する場合の光コネクタ接続機能図を

図 に示す。


14

F 8550

:2003

伝送装置

  5  光コネクタ接続機能図

7.

検査

7.1

検査項目  敷設後次の検査を行い,支障がないことを確認する。

a)

外観検査  光ファイバ及び光コネクタの取付状態,機械的損傷の有無などを検査する。接続部の良否

判定は,

表 16 による。

 16  接続部の良否判定

項目

判定基準

ファイバ接続部の外観

目視で異常がないこと。

ファイバ接続部の補強

良好に補強されていること。

ファイバの余長処理

ファイバの余長処理が良好であること。

外被接続 
(熱吸収スリーブ工法 
による接続箱の場合)

外被接続に気密性が保てること。

b)

光ファイバ伝送路の光損失検査  光源及び光パワーメータを使用して,光ファイバの伝送路の減衰量

の測定を行い,

表 17 の値を満足しなければならない。ただし,光ファイバ,コネクタなどの種類によ

って基準値は異なる。

 17  減衰量の目安

項目

減衰量

備考

ファイバ損失 3.5

dB/km

以下 SGI-50/125

コネクタ接続損失 1.0

dB/1

か所以下 F01

融着接続損失 0.3

dB/1

か所以下 SGI-50/125

c)

性能検査  光伝送装置のシステム全体としての性能検査を行う。


15

F 8550

:2003

単位  mm

付図  1  居住区用光ファイバ接続箱

単位  mm

付図  2  暴露部用光ファイバ接続箱

番号

部品名称

1

ケーブルクランプ

2

テンションメンバクランプ

3

余長収納シート

4

端子台

5

固定柱

6

遮へいシート

7

カバー