>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

船用電気設備−第 303 部:  機器−動力及び

照明用変圧器

JIS F 8066

:0000

(IEC 60092-303

:1980

(JMSA)

 

平 成 0 0 年 0 0 月 0 0 日   改 正

日本工業標準調査会 審議 

(日本規格協会 発行) 


F 8066

:0000 (IEC 60092-303:1980)

____________________________________________________

主  務  大  臣:国土交通大臣    制定:平成 00.00.00    改正:平成 00.00.00

官  報  公  示:平成 00.00.00

原  案  作  成  者:財団法人日本船舶標準協会

(〒171-0031  豊島区目白 1-3-8  TEL 03-3984-9051)

審  議  部  会:日本工業標準調査会  標準部会(部会長  )

審議専門委員会:船舶技術専門委員会(委員会長  有川彰一)

  この規格についての意見又は質問は,上記原案作成者又は経済産業省産業技術環境局  標準課産業基盤標準化推進室

[〒100-8901  東京都千代田区霞が関 1 丁目 3-1  TEL 03-3501-1511(代表)

]又は国土交通省海事局技術課[〒100-8918 

東京都千代田区霞が関 2 丁目 1-3  TEL 03-5253-8111(代表)

]にご連絡ください。

  なお,日本工業規格は,工業標準化法第 15 条の規定によって,少なくとも 5 年を経過する日までに日本工業標準調査

会の審議に付され,速やかに,確認,改正又は廃止されます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


F 8066

:0000 (IEC 60092-303:1980)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人日本船舶

標準協会(JMSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調

査会の審議を経て,国土交通大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS F 8066:1986 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,IEC 60092-303:1980,Electrical

installations in ships-Part 303: Equipment-Transformers for Power and lightning

を基礎として用いた。


F 8066

:0000 (IEC 60092-303:1980)

(2) 

目  次

ページ

序文 

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  巻線方式

2

4.

  端子

2

5.

  冷却方式

2

......................................................................................................................................................................................................... 2

......................................................................................................................................................................................................... 2

5.1

  液入変圧器 

3

6.

  電圧変動率(1

3

7.

  並行運転

3

8.

  温度上昇の限度 

3

9.

  試験

3

船用電気設備−第 303 部:  機器−動力及び照明用変圧器  解  説 

4

1.

  制定・改正の趣旨

4

......................................................................................................................................................................................................... 4

2.

  制定・改正の経緯

4

3.

  規定項目の内容 

5

4.

  原案作成委員会の構成表 

5

 


     

日本工業規格(案)

JIS

 F

8066

:0000

(IEC 60092-303

:1980

)

船用電気設備−第 303 部:  機器−動力及び照明用変

圧器

Electrical installations in ships-Part 303: Equipment-Transformers for Power

and lightning

序文  この規格は,1980 年に第 3 版として発行された IEC 60092-303:1980,Electrical installations in ships-Part

303: Equipment-Transformers for Power and lightning

並びに Amendment1(1997)を翻訳し,技術的内容を変

更することなく作成した日本工業規格である。ただし,追補(Amendment)については,編集し,一体と

した。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある

参考

は,原国際規格にはない事項である。

IEC 60092

(船用電気設備)シリーズは,航洋船の電気設備に関し,現在採用されている,優れた実行手

段を極力取り入れ,また,現行規則類との調和をできるだけ図りながら,国際規格の一系列を構成してい

る。

これらの規格は,SOLAS(海上人命安全条約)の要求に対する具体的な解釈及び補充を行っている規定

であり,将来制定されるかもしれない規則類に対する指針でもある。

また,船主,造船所及びその他関係機関が採用する実行手段に対する手引きとなるものである。

1. 

適用範囲  この規格は,船舶に使用される動力,照明及びスタティックコンバータ用のすべての変圧

器に適用する。また,始動用変圧器,スタティックバランサ,可飽和リアクタ,トランスダクタなどが使

用される場合にも特別な要求が指定されていない限り,単相 1kVA 以下,三相 5kVA 以下を含めて適用す

る。

参考  この規格の内容と他の日本工業規格(JIS)の内容とに相違がある場合,特に IEC 60092 シリー

ズによると指定された場合を除き,相違する内容の適用に当たっては,当事者間の協議による。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD(修

正している)

,NEQ(同等でない)とする。

IEC 60092-303:1980

,Electrical installations in ships-Part 303: Equipment-Transformers for Power and

lightning  (IDT)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS F 8061

  船用電気設備−第 101 部:  定義及び一般要求事項

備考 IEC 

60092-101

  Electrical installations in ships-Part 101: Definitions and general requirements が,

この規格と一致している。


2

F 8066

:0000 (IEC 60092-303:1980)

     

JIS F 8072

  船用電気設備−第 401 部:  装備基準及び完成試験

備考 IEC 60092-401   Electrical installations in ships-Part 401: Installation and test of completed

installation

が,この規格と一致している。

IEC 60076

  Powertransformers

IEC 60076-1:1993

  Power transformers- Part 1: General

IEC 60076-2:1993

  Power transforemers-Part 2: Temperature rise

IEC 60076-3:1980

  Power transformers-Part3: Insulation levels and dielectric tests

IEC 60076-3:1980

  Power transformers-Part3: Insulation levels and dielectric tests Amendment 1(1981))

IEC 60076-3-1:1987

  Power transformers-Part 3: Insulation levels and dielectric tests-Section 1: External

clearances in air

IEC 60076-5:1976

  Power transformers-Part 5: Ability to withstand short circuit

IEC 60076-5:1976

  Power transformers part 5: Ability to with stand short circuit Amendment 2(1984)

IEC 60146-1-3:1991

  Semiconductor convertors-General requirements and line conmmuted convertors-Part

1-3: Transformers and reactors

IEC 60726:1982

  Dry type power transformers

IEC 60726:1982

  Dry type power transformers Amendment 1(1986)

IEC 60947-4-1:1990

  Low-voltage switchgear and condrolgear-Part 4: Condactors and motor-starters-Section

1: Electromechanical condactors and motor-starters

3.

一般要求事項  適用範囲に規定したすべての機器は,適用できる限り,この規格及び JIS F 8061 

など IEC 60092(船用電気設備)シリーズの他の部及びこれと一致又は同等の日本工業規格で規定する追加

要求に加え,IEC 60076, IEC 60076-1:1993, IEC 60076-2: 1993,IEC 60076-3:1980,IEC 60076-3-1:1987,

IEC 60076-5

: 1976,IEC 60146-1-3:1991,IEC 60726:1982 及び IEC 60947-4-1:1990 の該当する要求にも

したがわなければならない。

 

4. 

巻線方式  変圧器は二巻線(二分割巻線)でなければならない。ただし,始動用変圧器は単巻線でよ

い。

5. 

端子  明りょうな記号を付けた適切な端子を,外部接続に便利な近付きやすい位置に設けなければな

らない。端子は有効に固定し,かつ,偶然にも地絡したり,短絡したり又は触れたりできないように間隔

をとり,かつ(又は)

,遮へいをしなければならない。

6. 

冷却方式 

6.1 

変圧器は,乾式空冷形のものが望ましい。

6.2 

液体中に浸す形式の液入変圧器は,密封形とするのが望ましい。コンサベータ形の場合は,JIS F 8061 

に規定されているように,通常状態から傾いた船のすべての状態において,液の流出するおそれがなく運

転できるように設計しなければならない。呼吸作用に対する設備がある場合には,適切な除湿器を備えな

ければならない。 


3

F 8066

:0000 (IEC 60092-303:1980)

     

6.3 

液入変圧器  液入変圧器に対しては,液体の高温警報及びガスで動作する保護装置を備えるよう考

慮しなければならない。

備考  装備上の注意事項については,JIS F 8072  の 15.(据付及び配置)を参照する。

7. 

電圧変動率(

1

)  無負荷と定格負荷の間の二次電圧の電圧降下は,抵抗負荷で,1 相当たり 5kVA 次

の変圧器に対しては 5%を,5kVA を超えるものでは 2.5%を超えてはならない。ただし,始動用変圧器に対

しては製造業者と購入者との協定によらなければならない。

(

1

)

この項には,製造業者と購入者間で協定しなければならない事項がある。

備考  変圧比及び短絡インピーダンスを決定するときには,電源側及び配電側の系統の全電圧降下を

考慮しなければならない。この点については,JIS F 8061 の 2.8.2.1(電圧特性)及び 3.も参照

する。

8. 

並行運転  変圧器の二次巻線が並列接続できるようになっている場合は,変圧器の巻線の接続はそれ

に適合したものであり,それらの定格電圧の比は等しく(許容裕度は含む。

,かつ,短絡インピーダンス

値(%)は 0.9〜1.1 以内の比をもたなければならない。変圧器を並行運転しようとするときは,その群の

最小の変圧器の定格出力は,最大の変圧器の定格出力の半分以上でなければならない。

9. 

温度上昇の限度  温度上昇の限度は,JIS F 8061 の 2.6(環境条件)の周囲温度を考慮に入れて,油入

変圧器に対しては IEC 60076-2 の 4.(Temperature-rise limits)の規定に,乾式変圧器に対しては IEC 60726

の 10.(Temperature-rise limits)の規定にしたがわなければならない。

10. 

試験  変圧器の短絡能力を照明するために短絡試験を要求する場合には,形式試験として IEC 60076-5

の 2.2.5 の規定に適合しなければならない。


4

解  

JIS F 8066

:0000

(IEC 60092-303

:1980

)

船用電気設備−第 303 部:  機器−動力及び照明用変圧器

解  説

この解説は,本体及び附属書に規定・記載した事柄,参考に記載した事柄,並びにこれらに関連した事柄

を説明するもので,規格の一部ではない。

この解説は,財団法人日本規格協会が編集・発行するものであり,この解説に関する問合せは,財団法人

日この規格協会へお願いします。

1.

制定・改正の趣旨 

1.1

制定の趣旨  海上における人命の安全に関する議定書(SOLAS)は,その第Ⅱ-1 章 D 部第 40

規則 2 項に

主管庁は,電気設備に関するこの部の規定の実施及び適用の統一性を確保する適切な措置を

とる。 と規定し,その具体的な措置は,IEC60092 シリーズを参照することと明記している。

IEC60092

シリーズは,船と人命の安全に主眼を置いた電気設備の基本事項に関する国際規格である。各

国及び各船級協会は,その法令,規則などに,この IEC60092 シリーズを国情,経験などを考慮して引用

している。

  IEC 60092 シリーズ  は,IEC/TC 18(国際電気標準会議 / 船用電気設備専門委員会)が作成したもので

あるが,日本は,IEC/TC 18 国際会議へ昭和 32 年以来毎回出席し,この規格の作成に多大の協力をして

きた。

  IEC 60092 シリーズは,1975 年ごろからその再編成及び改正作業が行われ,1980 年に IEC60092-303 

3

版,1997 年にその Amendment 1 が刊行された。

  そこで,IEC60092-303 を我が国において広く周知させることを目的にこれらを翻訳し,日本工業規格と

して制定することとした。

1.2

改正の趣旨  1986 年に制定されたこの規格は,IEC60092-303 の第 3 版(1980)の国際一致規格で

あったが,その後,IEC60092-303 の第 3 版(1980)の Amendment 1(1997)が発行されたため,その内容に合

わせ今回改正を行った。 

a)

引用規格を見直し,最新版に変更した。

b)  9

. 温度上昇の限度 に関して,陸上用を含む一般規格を引用した。

2. 

制定・改正の経緯 

制定・改

原案作成委員会

日本工業標準調査会

審議専門委員会

制定・改正年月日

1986

制定

財団法人  日本船舶標準協会
電気部会  電気ぎ装委員会 
(

委員長  原  昌三)

(

主査  大須賀  実)

IEC/TC 18 
船用ぎ装専門委員会

昭和 61 年 12 月 15 日


5

F 8066

:0000(IEC 60092-303:1980)  解説

解  

200X

今回改正

財団法人  日本船舶標準協会
電気部会  電気ぎ装専門分科
会 
(

専門分科会長  大山  敏夫)

船舶技術専門委員会

平成  年  月  日

3. 

規定項目の内容  この規格は,1980 年第 3 版として発行された IEC60092-303:1980  (Electrical

installations in ships

,  Part 303: Equipment  −  Transformers for power and lighting)  及び 1997 年に発行された

Amendment 1

の技術的内容を変更することなく日本工業規格として制定した国際一致規格である。

  IEC60092(船用電気設備)シリーズは,船用電気設備に関する基本的事項を規定しているので,SOLAS

に引用され,その結果各国主管庁の法令又は船級協会規則(以下,法令又は規則という。

)にも引用されて

いる。しかし,IEC60092 シリーズの規定文の解釈又はそれぞれの国情によって,これら法令又は規則に

引用した内容が IEC60092 シリーズの内容と相違する場合がある。この場合,相違する内容の適用につい

ては,法令又は規則を優先する。

4.

原案作成委員会の構成表  原案作成委員会の構成表を次に示す。

 

電気部会  委員構成表 

 

氏名                  所属

(部会長)          森田  豊  東京商船大学 
(委員)            今村  剛    財団法人日本海事協会

                                                              村上  武  運輸施設整備事業団 
                                                              堀内主計  日本郵船株式会社

                                      中村英孝  株式会社アイ・エイチ・アイ  マリンユナイテッド 
                                                              中村和彦  住友重機械工業株式会社

                                      中崎善行  常石造船株式会社

                                      沖野耕司  ユニバーサル造船株式会社

                                      中村浩司  三井造船株式会社

                                                              大山敏夫  MHI マリンエンジニアリング株式会社

廉    博  大石電機工業株式会社

                                              辻  泰孝  桑畑電機株式会社

                                                          緒方雄二    株式会社高工社 
                                                            笹尾眞仁  森尾電機株式会社 
 

電気ぎ装専門分科会  委員構成表

氏名                  所属

(

専門分科会長)    大山敏夫  MHI マリンエンジニアリング株式会社

(

委員)            藤村俊史  財団法人日本海事協会

大橋  宏  社団法人日本電機工業会


6

F 8066

:0000(IEC 60092-303:1980)  解説

解  

                                  高山芳郎  社団法人日本電線工業会 
                                  吉田  勲  ABS パシフィック 
                                  堀内主計  日本郵船株式会社 
                                  中村和彦  住友重機械工業株式会社 
                                  沖野耕司  ユニバーサル造船株式会社 
                                  阿部  均  三井造船株式会社 
                                  三田隆史  三菱重工業株式会社 
                                  喰田眞行  株式会社高工社 
                                  入江  裕  寺崎電気産業株式会社 
                                  板谷  均  西芝電機株式会社 
                                  村山元久  株式会社フジクラ 
                                  木村千秋  日本無線株式会社

(

事務局)                    冨永恵仁  財団法人日本船舶標準協会

井下  聡  財団法人日本船舶標準協会


   

★内容についてのお問合せは,標準部標準課[TEL(03)5770-1571 FAX(03)3405-5541]にご連絡くだ

さい。

JIS 規格票の正誤票を発行した場合は,次の要領でご案内いたします。

1)当協会発行の月刊誌

標準化ジャーナル

に,正・誤の内容を掲載いたします。

2)当協会ホームページ(http://www.jsa.or.jp)に,月ごとの正誤票を掲載いたします。

なお,当協会の JIS 予約者の方には,予約されている部門で正誤票が発行された場合,自動的

にお送りいたします。

JIS 規格票のご注文は,当協会ホームページ(http://www.jsa.or.jp)で承っております。

なお,普及事業部カスタマーサービス課[TEL(03)3583-8002  FAX(03)3583-0462]又は下記の

当協会各支部におきましてもご注文を承っておりますので,お申込みください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

JIS F 8066

(IEC 60092-303)

船用電気設備−第 303 部:  機器−動力及び照明用変圧器

平成    年    月      日    第 1 刷発行

 

編集兼
発行人

坂  倉  省  吾

発  行  所

財団法人  日  本  規  格  協  会

札 幌 支 部

            〒060-0003  札幌市中央区北 3 条西 3 丁目 1  札幌大同生命ビル内

TEL (011)261-0045

  FAX (011)221-4020

振替:02760-7-4351

東 北 支 部

            〒980-0014  仙台市青葉区本町 3 丁目 5-22  宮城県管工事会館内

TEL (022)227-8336(

代表)  FAX (022)266-0905

振替:02200-4-8166

            〒460-0008  名古屋市中区栄 2 丁目 6-1  白川ビル別館内

TEL (052)221-8316(

代表)  FAX (052)203-4806

振替:00800-2-23283

関 西 支 部

            〒541-0053  大阪市中央区本町 3 丁目 4-10  本町野村ビル内

TEL (06)6261-8086(

代表)  FAX (06)6261-9114

振替:00910-2-2636

広 島 支 部

            〒730-0011  広島市中区基町 5-44  広島商工会議所ビル内

TEL (082)221-7023,7035,7036

  FAX (082)223-7568

振替:01340-9-9479

四 国 支 部

            〒760-0023  高松市寿町 2 丁目 2-10  住友生命高松寿町ビル内

TEL (087)821-7851

  FAX (087)821-3261

振替:01680-2-3359

福 岡 支 部

            〒812-0025  福岡市博多区店屋町 1-31  東京生命福岡ビル内

TEL (092)282-9080

  FAX (092)282-9118

振替:01790-5-21632

著作者  ○○○○○      Printed in Japan

〒107-8440

東京都港区赤坂 4 丁目 1-24


JAPANESE INDUSTRIAL STANDARD

Electrical installations in ships-Part 

303: Equipment-Transformers for 

Power and lightning   

JIS F 8066

:0000

(IEC 60092-303

:1980

(JMSA)

 
 

Revised 0000-00-00

Investigated by 

Japanese Industrial Standards Committee 

Published by 

Japanese Standards Association

定価:本体  0,000 円(税別)

ICS 

(

例)999.99.99.99(例) 

Reference number

JIS F 8066:0000(J)