>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F8041

-1986

船舶の照度基準及び照度測定方法

Recommended Levels of Illumination and

Methods of Illumination Measurements for Marine Use

1.

適用範囲  この規格は,船舶,海洋構造物などにおいて,人工照明によって労働安全,良好な生活環

境などを確保するために必要な照度の基準及びその測定方法について規定する。

引用規格: 

JIS C 1609

  照度計

2.

所要照度  所要照度は,人工照明を設備する場所の分類に対応して,付表による。

なお,

付表の照度に対する一般条件は,次による。

(1)

付表に示す照度は,常時維持照度である。したがって,設計に当たっては,保守率(

1

)

を考慮して計画

すること。

(

1

)

保守率とは,照明設備をある期間使用した後の平均照度と初期照度との比をいう。

(2)

全般照明の照度は,3.で規定する測定方法による平均値であって,個々の測定値の最小値ではない。

(3)

局部照明がある場合の全般照明の照度は,特に要求がない限り,局部照明を点灯した状態での値とす

る。

(4)

局部照明の照度は,特に要求がない限り,全般照明を点灯した状態での値とする。

(5)

局部照明で測定箇所が 1 点の場合の照度は,少なくとも

付表の値であること。

備考  対象の特殊性,測定法などで一般条件に適合しない場合には,付表の備考にその旨を記した。

3.

照度測定方法

3.1

一般条件  照度測定方法の一般条件は,次による。

(1)

照度測定は,JIS C 1609(照度計)に規定する照度計を用いて行う。

(2)

測定時の灯具には,正規の電圧及び周波数が給電されていること。

(3)

測定者の位置及び服装が測定に影響を与えないように注意すること。

(4)

測定は,日没後,クレーンなどの陸上設備又は他の船舶などからの光の照射の影響がないことを確認

してから行う。

3.2

全般照明測定方法  全般照明の照度の測定は,原則として次によって行い,求める照度は,それら

の測定値の算術平均で表す。

(1)

仕切られた室の場合  その全域を人が移動できる仕切られた室の測定は,次による。

なお,測定点の例を

図 に示す。

(a)

室の仕切りとそれに最も近いランプ又は電球の端部との中央。


2

F8041-1986

(b)

近接する二つのランプ又は電球間の中央。

(c)

特に指定がない限り,いずれも床面から 850mm の高さの水平面。

(d)

高さ 1 500mm 以上の家具などは,仕切りとみなす。

(e)

ランプ又は電球の直光が遮られる空間がある場合は,その遮られた空間の中央を測定点として追加

する。

図 1  全般照明の測定方法

備考

は,灯具を,  “ E

1

∼  “ E

7

は,測定点及びその測定値を示す。

(2)

通路,階段などの場合  通路,階段などの測定は,次による。

なお,測定点の例を

図 2に示す。

(a)

ランプ又は電球の中央。

(b)

近接する二つのランプ又は電球間の中央。

(c)

特に指定がない限り,いずれも床面上の水平面。


3

F8041-1986

図 2  内部通路の測定方法

備考1.

は,灯具を,  “ ”  は,測定点を示す。

2.

  図は,壁付灯の場合を示したが,天井灯の場合もこれと同等の

要領による。

図 3  階段の測定方法

備考1.    “ ”  は,測定点を示す。

2.

  測定点は,階段中心線上で,上の第 1 ステップ及び中間のステ

ップの 2 点とする。

図 4  外部通路の測定方法

備考1.  ○は,灯具を,  “ ”  は,測定点を示す。

2.

  図は,壁付灯の場合を示したが,天井灯の場合もこれと同等の

要領による。

(3)

室の中の専用通路などの場合  機関室通路などのように,大きな空間の中での通路の測定は,次によ

る。

なお,測定点の例を

図 及び図 に示す。

(a)

近接する二つのランプ又は電球間の中央。

(b)

仕切りとそれに最も近いランプ又は電球の端部との中央。

(c)

特に指定がない限り,いずれも床面から 850mm の高さの水平面。

(d)

高さ 1500mm 以上の機器,盤などは,仕切りとみなす。


4

F8041-1986

図 5  機関室通路などの測定方法

備考

は,灯具を,  “ ”  は,測定点を示す。

図 6  室端部など壁面に近い場所の測定方法

備考

は,灯具を,  “ ”  は,測定点を示す。

(4)

車両甲板,冷凍貨物倉などの場合  車両甲板,冷凍貨物倉などのように,多数の灯具をほぼ均等に設

置する場合は,次による。

なお,測定点の例を

図 に示す。

(a)

ランプ又は電球の中央。

(b)

近接する二つのランプ又は電球間の中央。

(c)

仕切りとそれに最も近いランプ又は電球の端部との中央。

(d)

特に指定がない限り,いずれも床面上の水平面。

備考  車両甲板,冷凍貨物倉などのように,多数の灯具をほぼ均等に設置する場合は,中央,仕切り

近傍,端部など適切な代表範囲を選択して測定を行ってもよい。


5

F8041-1986

図 7  車両甲板,冷凍貨物倉などの測定方法

備考

は,灯具を,  “ E

1

∼  “ E

n

は,測定点及びその測定値を示す。

(5)

一般貨物倉などの場合  一般貨物倉のように大きな空間を固定灯で照明を行う場合の測定は,次によ

る。

なお,測定点の例を

図 に示す。

(a)

室の中央。

(b)

室の二つの中心線上で,仕切りから

4

1

の位置

(c)

特に指定がない限り,いずれも床面上の水平面。

図 8  一般貨物倉の測定法

備考    “ ”  は,測定点を示す。

3.3

局部照明測定方法  局部照明の照度の測定は,その照度が問題となる場所の 1 点に着目して行う。

ただし,ある程度の面積を考える必要がある場合は,適切な数点を選定して測定を行い,その算術平均で

表してもよい。

なお,局部照明の測定点の例を

図 912 に示す。


6

F8041-1986

図 9  寝台枕元の測定法

備考1.  ○は,灯具を,  “

は,測定点及び照度計の向きを示す。

2.

  測定は,寝台中心とする。

図 10  鏡の前の測定方法

図 11  机上の測定方法

備考1.  ○は,灯具を,  “

は,測定点及び

照度計の向きを示す。

2.

  測定は,鏡中心とする。

備考    “ ”  は,測定点を示す。


7

F8041-1986

図 12  計器盤面の測定方法

備考1.

は,計器を,  “

は,測定点及び照度計の向きを示す。

2.

  測定は,計器盤面の左端,右端及び中央の最上段及び最下段で,計器面と平行に照度計

を置いて行う。

3.

  照度は,測定値の算術平均とする。

付表  所要照度及び照度測定方法

(1)

居住区域 (living area)

照明場所

参考

和文名称

英文名称

照度

lx

測定方法

備考

船長級居室

captain class day room

150

図 1

船長級寝室

captain class bed room

100

図 1  

船員室 cabin  100

図 1

客  室

state room, passenger room

100

図 1

机  上 on

desk

250

図 11

船長級居室,船長級寝

室,船員室及び客室の局
部照明

寝台の枕元 bert at

pillow

200

図 9

船長級居室,船長級寝

室,船員室及び客室の局
部照明

鏡の前 mirror front

200

図 10

船長級居室,船長級寝
室,船員室及び客室の局
部照明

浴室 bath

room

50

図 1

洗面所,便所 lavatory,

toilet  50

図 1

鏡の前 mirror front  200

図 10

理髪及び美容室

barber shop and beauty parlor

200

図 1

食堂

dining saloon, mess room

200

図 1

食卓上 on

dining table

250

図 11

テーブル上(筆記又はゲーム用)

on table (writing, game)

250

図 11

喫煙室 smoking room

200

図 1

娯楽室(和室を含む。

) recreation

room

200

図 1

和 室 の 場 合 床 面 上

400mm

の照度

食卓上 on

dining table

250

図 1

テーブル上(筆記又はゲーム用)

on table (writing, game)

250

図 11

スポーツルーム

sports room, gymnasium

200

図 1

図書室 library  200

図 1

テーブル上 on

table 250

図 11


8

F8041-1986

付表  (続き)

照明場所

参考

和文名称

英文名称

照度

lx

測定方法

備考

ラウンジ lounge

200

図 1

カクテルラウンジ cocktail

lounge

ムード照明として照度
は適当とする。

病室 hospital

100

図 1

診察室 dispensary

200

図 1

診察台上 on

dispensaly table

500

ランプ又は電球の真下
の台面

売店 shopping area

200

図 1

フェリー,客船などの店

居住区内通路 passage,

alley way,

corridor passage

50

図 2

階段室 staircase 50

図 3

昇降口 (companion way)

を含む。

旅客用出入口

entrance for passenger

100

出入口附近の適当な数
点の平均値

居住区周辺の外部通路 outer

passage

10

図 4

プール swimming pool

50

測定点は,プール中央の

水面上とする。

付表  (続き) 

(2)

航海装置区域 (navigation area)

照明場所

参考

和文名称

英文名称

照度

lx

測定方法

備考

操舵室 wheel house

50

図 1

海図室 char room

50

図 1

海図机上

on chart table

250

ランプ又は電球の真下
の机上

無線室 radio

office

200

図 1

作業卓 operating table

250

図 11

ジャイロ室,

レーダー室などの電気機

器室

electric room, such as gyro room,

radar room etc.

100

図 1

パイロットハウス pilot

house

100

図 1

クレーンバージ,リグ

ナビゲーションルーム navigation

room

200

図 1

クレーンバージ,リグ

オペレーションルーム operating

room

200

図 1

クレーンバージ,リグ

リグマネージメントルーム

rig management room

200

図 1

クレーンバージ,リグ

(3)

業務区域 (service area)

照明場所

参考

和文名称

英文名称

照度

lx

測定方法

備考

事務室 office  100

図 1

事務机上 on

desk

250

図 11

調理室 galley  100

図 1

調理台上

on cooking table

250

調理台中央の台面

配ぜん室,肉処理室,製パン室など  pantry, butcher shop, bakery etc.

100

図 1


9

F8041-1986

照明場所

参考

和文名称

英文名称

照度

lx

測定方法

備考

食料庫

provision store (dry)

50

図 1

食料冷蔵庫

refrigerated provision chamber

30

図 1

洗濯室 laundry 100

図 1

乾燥室 drying room

50

図 1

ロッカー及び諸倉庫

locker and store

50

図 1

付表  (続き)

(4)

操作区域 (operating area)

照明場所

参考

和文名称

英文名称

照度

lx

測定方法

備考

機関室,ボイラ室及び補機室の主通
路,階段及び出入口

main passage, stair and entrance in

eng. room, boiler room and aux.

machine room

100

図 3
図 5
図 6

機関室,

ボイラ室及び補機室の主操作

場所及び監視場所

operation area in engine room, boiler

room and aux. machine room

150

操作場所,監視場所の床
面より 850mm

機関室,

ボイラ室及び補機室で保安上

タンク裏などに近付くための通路

access to the rear of tanks in eng.

room, boiler room and aux. machine

room

20

図 6

機関制御室

engine control room

200

図 1

計器盤面 on

gauge

300

図 12

光電式デジタル計器盤,

CRT

ディスプレイ面など

には適用しない。

操縦卓上 on

operating table

300

図 12

光電式デジタル計器盤,

CRT

ディスプレイ面な

どには適用しない。

工作室 work shop

100

図 1

工作台上

on work bench

300

工作台中央の台面

工作機械の作業面

at work face of machine and tool

500

機関室諸倉庫

engine room store

50

図 1

軸室 shaf tunnel

20

図 6

荷役制御室

cargo control room

200

図 1

計器盤面 on

gauge

300

図 12

光電式デジタル計器盤,

CRT

ディスプレイ面な

どには適用しない。

操縦卓上 on

operating table

300

図 12

光電式デジタル計器盤,

CRT

ディスプレイ面な

どには適用しない。

非常発電機室 emargency

generator

room

100

図 1

計器盤面 on

gauge

200

図 12

蓄電池室 battery room

50

図 1

甲板長倉庫 boatswain's store

50

図 1

塗料庫 paint

store

50

図 1

貨物油ポンプ室

cargo oil pump room

50

図 5
図 6

通路階段及びポンプ附

かじ取機室,

空気調和機械室などの機

械室

steering gear room,

aircond. room etc.

50

図 1


10

F8041-1986

照明場所

参考

和文名称

英文名称

照度

lx

測定方法

備考

冷凍貨物倉

refrigerated cargo hold

30

図 7

一般貨物倉(固定灯による場合)

general cargo hold (fixed light)

20

図 8

上甲板下通路 under deck

passage

20

図 2

コンテナー船,しゅんせ
つ(浚渫)船

カーゴウインチの操作場所

cargo handling space

20

操作ハンドル附近の水
平面

ムアリングの作業場所 mooring

area

20

甲板上 850mm の水平面

で任意の数点の平均値

労働者が作業のために通行する場所  passage way on upper deck (weather)

8

床面の任意の測定箇所

のいずれにおいても 
(ILO による。

荷油管及び燃料油管の陸上パイプと

の接続部

each oil transfer connection point

54

接続部の水平面

(USCG による。

荷油及び燃料油積込場所

each oil transfer operation work area

11

バルブ,ホースダビット

附近の甲板上 900mm 
(USCG による。

車両甲板

car deck (car ferry)

50

図 7

カーフェリー(自動車を

搭載していないとき)

自動車甲板

car deck (car carrier)

50

図 7

カーキャリアー(自動車

を搭載していないとき)

救命艇及び救命いかだの積付場所

stowage position of lifeboat and

liferaft

20

積付け場所附近で甲板
上 850mm の水平面数点

の平均値

救命艇の進水面

lifeboat launching position

2

進水面の任意の測定箇

所のいずれにおいても


11

F8041-1986

船舶部会 IECTC/18 船用ぎ装専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

原      昌  三

三菱重工業株式会社船舶鉄構事業本部

大  西  重  雄

運輸省船舶局

飛  田      勉

工業技術院標準部

大須賀      実

川崎重工業株式会社船舶・神戸設計部

岡  野  益  弘

三菱重工業株式会社船舶技術部

鬼  頭  博  明

日本鋼管株式会社造船設計部

冨  士  泰  宏

三井造船株式会社船舶海洋プロジェクト事業本部

藤  本  正  俊

住友重機械工業株式会社船舶海洋鉄構事業本部

荒  川  康  一

日立造船株式会社船舶本部

加  納  寛  治

石川島播磨重工業株式会社船舶海洋事業本部

村  上  嘉  明

日本郵船株式会社工務部

大  石  幸  明

大石電気工業株式会社

神  谷  鍵  次

株式会社三英電機製作所

福  島      彰

財団法人日本船舶標準協会

(事務局)

田  仲  信  夫

工業技術院標準部機械規格課