>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

F 480

2 : 1

999 (ISO

 484-1

 : 19

81)

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS F 4802 : 1999

  造船−船用プロペラ−製作許容

差−第 1 部:直径 2.5m を超える
プロペラ

ISO 484-1 : 1981

  造船−船用プロペラ−製作許容差−第 1 部:直径 2.50m を超えるプロペラ

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の対策

(1)

適用範囲

ISO 484-1 

≡ 相違なし

(2)

適用分野

ISO 484-1 

≡ 相違なし

(3)

引用規格

ISO 484-1 

≡ 相違なし

(4)

ピ ッ チ の 測
定方法

ISO 484-1 

≡ 相違なし

(5)

断 面 厚 さ の
測定方法

ISO 484-1 

≡ 相違なし

(6)

精度の等級

ISO 484-1 

≡ 相違なし

(7)

ピ ッ チ の 許
容差

ISO 484-1 

= ISO ではピッチの測定位置

についての規定項目中に“ハ
ブ”という表現を使用してい

るが,JIS では“ボス”とし
ている。

日本国内では,

“ハブ”は別

の部分を示す場合もあるた
め,混乱を避けるため,一般

に使用される“ボス”を規定
項目中に取り入れた。

(8)

プ ロ ペ ラ の

外 径 の 許 容

ISO 484-1 

≡ 相違なし

(9)

羽 根 断 面 の

厚 さ の 許 容

ISO 484-1 

≡ 相違なし

(10)

羽 根 断 面 の

形 状 の 検 査
及び許容差

ISO 484-1 

≡ 相違なし

(11)

羽 根 断 面 の

長 さ の 許 容

ISO 484-1 

≡ 相違なし


 

2

F 480

2 : 1

9

99 (ISO

 484-1

 : 19

81)

 解


JIS

と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の対策

(12)

羽根の位置,
基 準 線 及 び
羽 根 の 輪 郭

の許容差

ISO 484-1 

≡ 相違なし

(13)

隣 接 す る 羽

根の傾斜,軸
方 向 位 置 及
び 軸 方 向 の

相 対 位 置 の
許容差

ISO 484-1 

≡ 相違なし

(14)

表面仕上げ

ISO 484-1 

≡ 相違なし

(15)

静的釣合い

ISO 484-1 

≡ 相違なし

(16)

測定器具

ISO 484-1 

≡ 相違なし

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。