>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F

3992

-1981

作業船用一般シーブ

Dredger’s Sheaves for General Use

1.

適用範囲  この規格は,作業船用一般シーブ(以下,シーブという。)について規定する。

引用規格: 

JIS G 3525

  ワイヤロープ

JIS G 5101

  炭素鋼鋳鋼品

JIS H 3250

  銅  及び  銅合金棒

JIS H 5115

  鉛青銅鋳物

2.

種  類  シーブの種類は,シーブみぞ部の形状により,A 形  及び  B 形の 2 種類とする。

3.

構造,形状  及び  寸法  シーブの構造,形状  及び  寸法は,付図  並びに  付表 1  及び  付表 のとお

りとする。

4.

材  料  シーブの材料は,次の表のとおりとする。

部品番号

部品名称

材    料

1

本  体

JIS G 5101

の SC46

2

ブ  シ  ュ

JIS H 5115

の LBC3

3

止  ね  じ

JIS H 3250

の C3601BD 又は C3602BD

5. 

検  査

5.1

外観検査  外観検査は,目視によって行い,鋳巣など使用上有害な傷があってはならない。

5.2

構造,形状  及び  寸法検査  構造,形状  及び  寸法検査は,構造,形状  及び  寸法について行い,

3.

の規定に適合しなければならない。

6.

製品の呼び方  シーブの呼び方は,規格名称  及び  呼び寸法による。ただし,規格名称の代わりに規

格番号を用いてもよい。

例: 作業船用一般シーブ 20 又は JIS F 3992-20

7.

表  示  シーブの見やすい箇所に次の事項を表示する。

(1)

呼び寸法

(2)

製造業者名  又は  その略号


2

F 3992-1981

付表 1  形シーブ寸法表

呼び

D

D

1

D

2

D

3

D

4

D

5

T

T

1

T

2

T

3

T

4

T

5

T

6

T

7

b

b

1

c

h

20  448

400 70

100 60 60 50

63

5  20

20

10

5

57 38 6  228

34

24  532

480 87

120 72 70 58

76

5  20

20

10

7.5

70 44 7  275

38

26  580

520 93

130 78 76 62

82

6  20

22

12

7.5

76 46 8  297

43

28

628 560 100 140  85  82  66

89

6  20

23

14

7.5

82  50  8  320

48

32

714 640 110 160  95 100  72

100

7  20

26

16

7.5

92  56  8  368

53

36

804 720 126 180 106 110  80

112

7  23

29

18

10

104  62  9  418

60

40

894 800 138 200 118 120  88

125

7  25

32

20

10

115  68 10  458

67

45  1003 900 155 230 135 138 102

142

8  28

36

22

10

132  78 12  526

75

50  1120

1000 167 250 147 150 110

154

8  32

38

24

10

144  84 13  572

85

56  1254 1120 184 280 164 170 120

172

9  36

42

26

10

160  92 14  640

95

63  1415

1260 210 315 190 200 132

200

9  40

48

30

10

188 102 15  737

110

備考1.  JIS G 3525(ワイヤロープ)の1,2,3号及び8,9号のワイヤロープは,実際使用しないから適用外とする。

2.

適用ワイヤロープの径で,括弧を付けたものは JIS G 3525 で,使用しないのが望ましいとしているものであ
る。

付表 2  形シーブ寸法表

呼び

D

D

1

D

2

D

3

D

4

D

5

T

T’

T

1

T

2

T

3

T

4

T

5

T

6

T

7

b

b

1

c

20  448

400 70

100 60 60 50

61

63

5  20

20

10

5

57 38

11.5

228

24  532

480 87

120 72 70 58

74

76

5  20

20

10

7.5  70 44

15  275

26  580

520 93

130 78 76 62

80

82

6  20

22

12

7.5  76 46

17  297

28  628

560

100

140 85 82 66

87

89

6  20

23

14

7.5  82 50

18.5

320

32  714

640

110

160 95

100 72

98

100

7  20

26

16

7.5  92 56

21  368

36

804 720 126 180 106 110  80

110

112

7  23

29

18

10

104  62

24

418

40

894 800 138 200 118 120  88

123

125

7  25

32

20

10

115  68

27.5

458

45  1003 900 155 230 135 138 102

140

142

8  28

36

22

10

132  78

31

526

50  1120

1000 167 250 147 150 110

152

154

8  32

38

24

10

144  84

34

572

56  1254 1120 184 280 164 170 120

170

172

9  36

42

26

10

160  92

39

640

63  1415

1260 210 315 190 200 132

198

200

9  40

48

30

10

188 102

48

737

備考1.  JIS G 3525の1,2,3号及び8,9号のワイヤロープは,実際使用しないから適用外とする。

2.

適用ワイヤロープの径で,括弧を付けたものは JIS G 3525 で,使用しないのが望ましいとしているものであ
る。


3

F 3992-1981

付  図 


4

F 3992-1981

船舶部会  作業船用シーブ専門委員会  構成表(昭和 41 年 3 月 30 日制定のとき)

氏  名

所  属

(委員会長)

大  川  喜  伴

浦賀重工業株式会社浦賀造船工場

尾  藤  一  郎

石川島播磨重工業株式会社(東京)

井  上  英  治

日本鋼管株式会社鶴見造船所

井  上      勝

三菱重工業株式会社本社

高  松      攻

日立造船株式会社

杉  野  浩  一

川崎重工業株式会社

武  田  信  吉

株式会社渡辺製鋼所

梅  津  敏  雄

東亜港湾工業株式会社京浜支店

前  田  豊三郎

東洋建設株式会社

中  島  清  明

若松建設株式会社

市  川  康  三

佐伯建設工業株式会社東京支店

土  田      稔

株式会社水野組

笠  原      宏

三井不動産株式会社

三  宅  淳  達

運輸省船舶局

大  和  佳  助

運輸省船舶局

松  田      任

運輸省港湾技術研究所

東      秀  彦

工業技術院標準部

(関  係  者)

菊  地      昇

日本作業船協会

(事  務  局)

斎  藤  哲  男

工業技術院標準部機械規格課

前  川  武  也

工業技術院標準部機械規格課

(事  務  局)

石  井  清  次

工業技術院標準部機械規格課(昭和 56 年 2 月 1 日改正のとき)

岡  部  康  恒

工業技術院標準部機械規格課(昭和 56 年 2 月 1 日改正のとき)