>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F

3907

-1987

船用鎖ひも S 形環

Ship’s S Rings for Chainlet

1.

適用範囲  この規格は,船用鎖ひもの両端に取り付ける S 形環(以下,S 形環という。)について規定

する。

2.

形状及び寸法  S 形環の形状及び寸法は,次の図のとおりとし,その形状及び寸法は均一でなければ

ならない。

単位 mm

参考

100

個に対する計算質量 (kg)

呼び番号

d

D

L

黄銅線

亜鉛めっき

鉄線

ステンレス

鋼線

相当鎖ひも

の呼び番号

1 2.6

10

12.6

0.40

0.36

1

2 2.9

10

12.9

0.50

0.45

2

3 3.5

12

15.5

0.80

0.72

3

4 4.0

14

18.0

1.20

1.08

4

5 5.0

15

20.0

1.95

1.76

5

備考  S 形環の開口部は,係止め金物に取り付け後,ろう付け又は溶接する。

3.

材料  S 形環の材料は,黄銅線(記号 B),亜鉛めっき鉄線(記号 S)又はステンレス鋼線(記号 U)

とする。

4.

製品の呼び方  S 形環の呼び方は,名称,材料及び呼び番号による。ただし,名称の代わりに規格番

号を,材料の代わりにその記号を用いてもよい。

例: 船用鎖ひも S 形環黄銅線 1 又は JIS F 3907 B 1