>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F

3905

-1994

船用トグルピン

Ships

−Toggle pins

1.

適用範囲  この規格は,船に用いるハッチ及び船用丸窓並びにその他に使用する船用トグルピン(以

下,トグルピンという。

)について規定する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 4303

  ステンレス鋼棒

JIS H 3250

  銅及び銅合金棒

JIS H 4040

  アルミニウム及びアルミニウム合金の棒及び線

JIS H 8601

  アルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸化皮膜

2.

種類  トグルピンの種類は,A(横向き)及び B(縦向き)の 2 種類とする。

3.

構造・形状及び寸法  トグルピンの構造・形状及び寸法は,付図 1(種類 A)及び付図 2(種類 B)の

とおりとする。

4.

材料  トグルピンの材料は,表 のとおりとする。

表 1

材料

部品番号

部品名称

鋼製

ステンレス鋼製

黄銅製

アルミニウム合金製

本体

止め金

JIS G 3101

SS400

ピン

JIS H 3250

C3771BE

又は C3771BD

JIS G 4303

SUS304

又は SUS316

JIS H 3250

C3771BE

又は C3771BD

JIS H 4040

A5052BD

又は A5056BD

注*  本体止め金は,鋼製。

5.

表面処理  トグルピンの表面処理は,次による。

(1)

鋼製部分には亜鉛めっきを施す。

(2)

アルミニウム合金製には JIS H 8601 の規定による陽極酸化皮膜を施す。

6.

製品の呼び方  トグルピンの呼び方は,規格の名称又は規格番号,種類,呼び径×長さ  (L)  及び材料

による。

1.  船用トグルピン,A20×50 (L)  鋼製


2

F 3905-1994

2.  JIS F 3905  A20×50 (L)  鋼製

7.

表示  トグルピンの表示はトグルピンの見やすい箇所に,容易に消えない方法で,受渡当事者間の協

議によって定めた事項による。

付図 1  種類 A

単位 mm

呼び径

D

B

d

H

t

1

h

b

K

1

K

2

L

 6

 6

10

 2

 6   2.75

 3

 6

10

12

15

 18

 20

 25

 8

 8

12

 3

 8   3.75

 4

 8

13

18

20

 25

 30

 35

10

10

14

 3

10   3.5

 4

 4

10

17

20

25

 30

 35

 40

12

12

18

 4

12   4.5

 5

 5

12

20

25

30

 35

 40

 45

14

14

20

 4

14   4.5

 6

 5

13

23

30

35

 40

 45

 50

 83

16

16

24

 5

16   5.5

 6

 6

14

26

35

40

 45

 50

 55

 91

97

18

18

26

 5

18   5.5

 7

 6

16

29

40

45

 50

 55

 60

103

20

20

30

 6

20   6.5

 8

 7

18

32

45

50

 55

 60

 65

22

22

32

 7

22   7.5

 9

 8

20

35

50

55

 65

 75

 85

25

25

38

 8

25   8.5

10

 9

22

40

55

60

 70

 80

 90

28

28

42

 8

28   8.5

11

 9

24

44

60

65

 75

 85

 95

30

30

44

 9

30   9.5

12

10

26

47

65

70

 80

 90

100

35 35

52

10

35

10.5

14

11

30

55

75

85

100

115

130

40 40

60

12

40

12.5

16

13

34

62

85

95

110

125

140


3

F 3905-1994

付図 2  種類 B

単位 mm

呼び径

D

B

d

H

1

H

2

t

1

h

b

K

1

K

2

K

3

L

 6

 6

10

 2

 6

 7   2.75

 3

 7

11

 6

12

15

 18

 20

 25

 8

 8

12

 3

 8

 9   3.75

 4

9

14

8

18

20

25

30

35

10

10

14

 3

10

11   3.5

 4

 4

12

18

10

20

25

 30

 35

 40

12

12

18

 4

12

14   4.5

 5

 5

14

21

12

25

30

 35

 40

 45

14

14

20

 4

14

16   4.5

 6

 5

16

24

14

30

35

 40

 45

 50

 83

16

16

24

 5

16

18   5.5

 6

 6

18

28

16

35

40

 45

 50

 55

 91

97

18

18

26

 5

18

20   5.5

 7

 6

20

30

18

40

45

 50

 55

 60

103

20

20

30

 6

20

23   6.5

 8

 7

22

34

20

45

50

 55

 60

 65

22

22

32

 7

22

25   7.5

 9

 8

24

36

22

50

55

 65

 75

 85

25

25

38

 8

25

28   8.5

10

 9

26

40

24

55

60

 70

 80

 90

28

28

42

 8

28

31   8.5

11

 9

30

45

28

60

65

 75

 85

 95

30

30

44

 9

30

33   9.5

12

10

32

48

30

65

70

 80

 90

100

35  35 52 10

35 38 10.5  14

11

38

58

36

75

85

100

115  130

40  40 60 12

40 44 12.5  16

13

42

65

40

85

95

110

125  140


4

F 3905-1994

JIS F 3905

原案担当作業委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

飯  本  弘  一

川崎重工業株式会社船舶事業本部

柴  戸      博

財団法人日本海事協会

安  田  征  夫

川崎汽船株式会社

高  田  忠  憲

石川島播磨重工業株式会社船舶海洋事業本部エンジニアリング部

小  林  侑  二

常石造船株式会社

井  野  和  夫

日立造船株式会社有明工場

叶      耕  治

三井造船株式会社玉野事業所

佐  藤  喜久雄

三菱重工業株式会社下関造船所

小  林  延  喜

クマタ工業株式会社

山  田  尚  寿

株式会社高工社

青  木  壮  輔

シンワテック株式会社

石  神  俊  雄

森田金属工業株式会社

山  本  富  造

旭・スチール工業株式会社

森      陸  男

株式会社ダイリツ

(事務局)

木  田      宏

財団法人日本船舶標準協会