>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F

3612

-1995

縄ばしご

Rope ladders

1.

適用範囲  この規格は,船に用いる縄ばしご(以下,はしごという。)について規定する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 2801

  シャックル

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS H 4000

  アルミニウム及びアルミニウム合金の板及び条

JIS L 2701

  麻ロープ

2.

種類  はしごの種類は,サイドロープ及びステップの材料によって区分し,表 のとおりとする。

表 1

種類

サイドロープの材料

ステップの材料

A1

合成繊維ロープ

A2

マニラロープ

堅木

B

合成繊維ロープ

アルミニウム合金

3.

構造,形状及び寸法  はしごの構造,形状及び寸法は,付図 1によるほか,次による。

(1)

サイドロープは,合成繊維ロープ径 14 mm 又はマニラロープ 1 種径 16 mm で継ぎ目がないものとす

る。

(2)

シャックルは,JIS B 2801 の SD-12 の規定による。

4.

材料  はしごの材料は,ステップが木製のものは表 2,アルミニウム合金製のものは表 のとおりと

する。


2

F 3612-1995

表 2

部品番号

部品名称

材料

1

ステップ

2

耳板

堅木

3

サイドロープ

合 成 繊 維 ロ ー プ 又 は

JIS L 2701

の マ

ニ ラ ロ ー プ 1 種

4

シージングロープ

タ ー ル 塗 り ロ ー プ , 合 成 繊 維 ロ ー プ 又

JIS L 2701

の マ ニ ラ ロ ー プ 1 種

5

耳板固縛ロープ

合成繊維ロープ

6

シャックル

JIS B 2801

の規定による。

7

シンブル

JIS G 3101

の SS400

備考1.  鋼製部には,亜鉛めっきを施す。

2.

木部には,ワニス塗装を施す。

表 3

部品番号

部品名称

材料

1

ステップ

2

最下段ステップ

JIS H 4000

の A5052P

3

サイドロープ

合成繊維ロープ

4

シージングロープ

タール塗りロープ又は合成繊維ロープ

5

シャックル

JIS B 2801

の規定による。

6

シンブル

JIS G 3101

の SS400

備考  鋼製部には,亜鉛めっきを施す。

5.

ステップの強度  ステップの強度は,ステップの中央部に 735 N の荷重を加えたとき,これに耐える

ものとする。

6.

製品の呼び方  はしごの呼び方は,規格の名称又は規格番号並びに種類及び全長 (mm) による。

  縄ばしご A1 形 3500 又は JIS F 3612A1-3500 


3

F 3612-1995

付図 1  

備考1.  全長  (L)  は注文者の指定による。

2.

括弧内寸法は,サイドロープがマニラロープの場合を示す。

参考  計算質量は,1 m につき 2.9 kg(サイドロープが合成繊維ロープでステップを 3 枚含む場合)。


4

F 3612-1995

付図 2  

備考1.  全長  (L)  は注文者の指定による。

2.

ステップの構造及び形状については,注文者との協議によって変更してもよい。ただし,ステップの幅

(100 mm)

及びステップ間隔 (350 mm) 並びにサイドロープ間隔 (400 mm) は,規定寸法とする。

参考  計算質量は,1 m につき 2.2 kg(ステップ 3 枚を含む場合)。

付図 3  シンブル(形及び 形用)

単位 mm

B D D

1

(最小)

L L

1

(最小)

及び

R

r r

1

t t

1

(参考)

計算質量

 (kg)

19 42 23 53 34 9.5  9  3  1.5 0.03

備考  端部を鎖線のような形状にしてもよい。


5

F 3612-1995

船舶部会  船用はしご専門委員会  構成表(昭和 57 年 12 月 1 日改正のとき)

氏名

所属

(委員会長)

宇都宮  達  男

財団法人日本海事協会

土  屋  睦  夫

運輸省船舶局

大久保  和  夫

工業技術院標準部

草  野      博

財団法人日本船舶標準協会

上  田  満  弘

株式会社上田鉄工所

寺  本  守  三

株式会社寺本鉄工所

田  村      元

石川島播磨重工業株式会社船舶設計室

長谷川  照  一

日本鋼管株式会社船舶海洋設計部

片  桐  靖  夫

三菱重工業株式会社神戸造船所

山  本  正  和

川崎重工業株式会社神戸設計部

天  方  博  昭

日立造船株式会社広島工場

柚  木  茂  登

山下新日本汽船株式会社

河  村  正  昭

ジャパンライン株式会社

藤  井  弘  道

船舶整備公団

(事務局)

石  井  清  次

工業技術院標準部機械規格課

鈴  木  一  規

工業技術院標準部機械規格課

(事務局)

小  林  秋  穂

工業技術院標準部機械規格課(平成 2 年 7 月 5 日改正のとき)

山  形  智  幸

工業技術院標準部機械規格課(平成 2 年 7 月 5 日改正のとき)

(事務局)

高  橋      潔

工業技術院標準部機械規格課(平成 7 年 3 月 28 日改正のとき)