>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F

3412

-1995

船用リングプレート

Ships’ ring plates

1.

適用範囲  この規格は,船のハッチカバーラッシング,チェーンストッパなどに用いるリングプレー

トについて規定する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

2.

種類  リングプレートの種類は,A,B,C,D,E 及び F の 6 種類とする。

3.

形状及び寸法  リングプレートの形状及び寸法は,付図 のとおりとする。

4.

材料  リングプレートの材料は,JIS G 3101 の SS400 とし,リング及び D,F のアイは,JIS G 4051

の S25C としてもよい。

5.

熱処理  熱処理は,リング及び A,B,C 並びに E の本体は,焼なましを行う。

6.

表面処理  表面処理は,木部に接して取り付けるもの,麻ロープなどに接するものには亜鉛めっきを

施す。

7.

製品の呼び方  リングプレートの呼び方は,規格の名称又は規格番号並びに種類及び呼びによる。

  船用リングプレート A-20 又は JIS F 3412 A-20

8.

表示  リングに呼びを刻印する。

  2 


2

F 3412-1995

付図 1


3

F 3412-1995

付図 1  (続き) 

単位 mm

リング

アイ

リベット

溶接脚長

種類

呼び

d

B

D

r

d

1

  D

1

  H

h

L

L

1

P

呼び径 穴の径

f

1

f

2

f

3

使用

荷重

(kN)

試験

荷重

(kN)

計算

質量

(kg)

20 25

− 90 − 22 35 40 15 105

66

13 14 14

3

− 19.6  39.2

2.84

30 28

− 100 − 25 38 45 17 120

76

16 17 14

3

− 29.4  58.8

4.28

40 32

− 115 − 28 41 49 19 140

86

19 20.5

16

3

− 39.2  78.4

6.27

A

50 36

− 130 − 32 46 56 22 155

96

22 23.5

16

4

− 49

98

8.95

5 13

− 48 − 11 19 23 10

60

30

− 6

3

4

4.9 9.8

0.39

10 19

− 70 − 16 28 31 12

80

40

− 10

3 5 9.8 19.6

1.11

15 22

− 80 − 19 32 36 14 100

50

− 12

3 5

14.7 29.4

1.74

20 25

− 90 − 22 35 40 15

l15

60

− 14

3 6

19.6 39.2

2.62

30 28

− 100 − 25 38 45 17 130

70

− 14

3 7

29.4 58.8

3.75

40 32

− 115 − 28 41 49 19 140

80

− 16

3 8

39.2 78.4

5.21

B

50 36

− 130 − 32 46 56 22 160

90

− 16

4 9

49  98  7.86

5 13

− 48 − 11 19 23 10

95

30

68

10

11

6

3

− 4.9  9.8

0.48

10 19

− 70 − 16 28 31 12 140

40

100

13

14

10

3

− 9.8 19.6

1.31

C

15 22

− 80 − 19 32 36 14 160

50

114

16

17

12

3

− 14.7  29.4

2.04

5 13

− 48 − 11 19 13

8

65

14

− − 7  4.9  9.8

0.27

10 19

− 70 − 16 28 19 11

90

20

− − 8  9.8  19.6

0.84

15 22

− 80 − 19 32 22 12

l10

24

− − 9 14.7  29.4

1.32

20 25

− 90 − 22 35 25 14 125

28

− − 10  19.6  39.2

1.95

30 28

− 100 − 25 38 28 16 140

32

− − 11  29.4  58.8

2.74

40 32

− 115 − 28 41 30 18 155

36

− − 12  39.2  78.4

3.92

D

50 36

− 130 − 32 46 34 20 170

40

− − 14  49

98

3.75

6 13 75

13 11 19 23 10

95

30

68

10

11

7

3

− 5.9 11.8

0.49

8 16 90

16 13 24 27 11 120

38

84

13

14

8

3

− 7.8 15.6

0.89

E

12 19

100

19 16 28 31 12 150

45

100

16

17

12

3

− 11.8  23.6

1.44

6 13 75

13 11 19 13

8

65

14

− − 7  5.9  11.8

0.29

8 16 90

16 13 24 16

9

75

16

− − 8  7.8  15.6

0.54

F

12  19 100    19 16 28 19 11

90

20

− − 9 11.8  23.6

0.87


4

F 3412-1995

船舶部会  船用荷役器具専門委員会  構成表(昭和 50 年 2 月 1 日改正のとき)

氏名

所属

(委員会長)

西  山  安  武

東京商船大学

尾  花      皓

運輸省船舶局

逢  坂  國  一

工業技術院標準部

山  田      清

株式会社アジア船舶工業社

草  野      博

財団法人日本船舶標準協会

石  川  一  郎

財団法人日本海事協会船体部

大  友  義  雄

株式会社立野製作所

寺  本  虎  夫

株式会社寺本鉄工所

東  田  典  男

北川工業株式会社

平      貴  夫

日本鋼管株式会社鶴見造船所船舶設計部

花  田  堯之助

石川島播磨重工業株式会社横浜第 2 工場造船設計部

出  口  暢  昭

住友重機械工業株式会社船舶事業部造船設計部

三  谷  恵  章

三井造船株式会社藤永田造船所造船設計部

田  中  誠  一

川崎重工業株式会社神戸工場造船設計部

村  上      馨

三菱重工業株式会社神戸造船所造船設計部

本  田  脩  三

日立造船株式会社向島工場工務部

安  藤  健  蔵

佐世保重工業株式会社佐世保造船所造船設計部

奥  山  孝  志

社団法人日本中型造船工業会

森  川      卓

社団法人日本船主協会船舶部

和  田  雅  敬

船舶整備公団工務部

(事務局)

桜  井  俊  彦

工業技術院標準部機械規格課

佐  野  則  雄

工業技術院標準部機械規格課

(事務局)

小  林  秋  穂

工業技術院標準部機械規格課(平成 2 年 7 月 5 日改正のとき)

山  形  智  幸

工業技術院標準部機械規格課(平成 2 年 7 月 5 日改正のとき)

(事務局)

高  橋      潔

工業技術院標準部機械規格課(平成 7 年 3 月 28 日改正のとき)