>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F

3406

-1990

チェーンストッパ

Chain Stoppers

1.

適用範囲  この規格は,船のけい留及び荷役用のワイヤロープに用いるチェーンストッパについて規

定する。

備考  この規格の中で{  }を付けて示してある数値及び単位は,従来単位によるものであって,参

考として併記したものである。

引用規格: 

JIS B 2801

  シャックル

JIS F 3303

  フラッシュバット溶接アンカーチェーン

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS L 2701

  麻ロープ

2.

種類  チェーンストッパの種類は,用途によって,次の表の 2 種類とする。

種類

用途

A

荷役用

B

けい留用

3.

構造,形状,寸法及び材料  チェーンストッパの構造,形状,寸法及び材料は,付図に示すほか次に

よる。

(1)

シャックルは,JIS B 2801(シャックル)の規定による。

(2)

普通リンクは,JIS F 3303(フラッシュバット溶接アンカーチェーン)のスタッドなし普通リンクによ

る。

(3)

端末リンクの材料は,JIS G 3101(一般構造用圧延鋼材)の SS41 とする。

(4)

テールロープは,JIS L 2701(麻ロープ)の 1 類マニラロープ 1 種又はこれと同等以上の強度をもつ

合成繊維ロープとする。

4.

耐力検査  チェーンストッパ 1 連ごとに付図に示す耐力試験荷重を加えて行った場合,裂けきず,切

断その他の異状があってはならない。

5.

製品の呼び方  チェーンストッパの呼び方は,規格の名称又は規格番号並びに種類及び呼び径による。

例: チェーンストッパ A 形 6 又は JIS F 3406 A 6


2

F 3406-1990

6.

表示  端末リンクに呼びを刻印する。

付図 

単位 mm

普通リンク  端末リンク

使用するシャックル

適 用 ワ イ ヤ ロ ー プ

の径(参考)

呼び径

d

B

d

1

L

A

形の場合  B 形の場合

呼び

使用荷重

(kN) {tf}

耐力試験荷重

(kN) {tf}

A

B

計算質量

(kg)

6 6

30

8

55

SD10

0.3T

2.9 {0.3}

5.8 {0.6}

− 16 2.28

8

8

35

9

65

SC10

SD12

0.6T

5.8 {0.6}

11.6 {1.2}

16

∼18 18  3.66

10

10

45  13

80

SC12

SD14

0.8T

7.8 {0.8}

15.6 {1.6}

− 20∼22.4 5.44

12

12.5

50

13

90

SD16

1.0T

9.8 {1.0}

19.6 {2.0}

− 24∼28 8.24

14 14

58

16 110

SD20

1.5T

14.7 {1.5}

29.4 {3.0}

− 24∼28 10.70

16 16

68

19 125

SD22

2.0T

19.6 {2.0}

39.2 {4.0}

− 24∼28 13.80

備考1.  ※印寸法は,使用箇所によって増減してもよい。

2.

テールロープの径は,原則として普通リンクの径と同一とする。

3.

計算質量は,B 形の場合を示す。


3

F 3406-1990

船舶部会  船用索具専門委員会  構成表

(昭和 50 年 2 月 1 日改正のとき)

氏名

所属

(委員会長)

西  山  安  武

東京商船大学

尾  花      皓

運輸省船舶局

逢  坂  國  一

工業技術院標準部

草  野      博

財団法人日本船舶標準協会

久  野  昇  一

三洋商事株式会社

堀  原  武  久

株式会社立野製作所

長谷川  誠  一

株式会社上田鉄工所羽曳野工場技術部

寺  本  虎  夫

株式会社寺本鉄工所

伊  藤  哲  司

三井造船株式会社千葉造船所造船設計部

田  村      元

石川島播磨重工業株式会社船舶事業部

松  浦  和  春

日本鋼管株式会社鶴見造船所造船設計部

粟  津      曻

三菱重工業株式会社神戸造船所造船設計部

住友重機械工業株式会社浦賀造船所

岡  本  富  保

日立造船株式会社造船基本設計部

河  澄  龍之介

川崎重工業株式会社造船事業部造船設計部

青  山  俊  久

ジャパンライン株式会社工務部

伊  藤  達  夫

川崎汽船株式会社東京支社

渡  辺  梅太郎

船舶整備公団

星  野  友  慶

防衛庁技術研究本部

(事務局)

桜  井  俊  彦

工業技術院標準部機械規格課

佐  野  則  雄

工業技術院標準部機械規格課

(事務局)

小  林  秋  穂

工業技術院標準部機械規格課(平成 2 年 7 月 5 日改正のとき)

山  形  智  幸

工業技術院標準部機械規格課(平成 2 年 7 月 5 日改正のとき)