>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

F 260

5 : 1

999

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS F 2605 : 1999

  小形船用鋼製船側はしご

ISO 5488 : 1979

,造船−船側はしご

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の対策

(1)

適用範囲

○  小形の非客船に用いる鋼製

船側はしごの規定。

(500∼2000GT の小形船)

ISO 5488 

○ 客船を除く一般商船に使用する

船側はしごの必要条件及び試験

方法を規定。

= JIS は小形船に限定。

大きさの範囲,構造が異な

る。

JIS

では JIS F 2621-1985 が

既に ISO 5488 の規定を基に

した規格が制定されており,
この JIS F 2605 は小形船用
に限定した規格として強度

要件を ISO 5488 に合わせ今
回改正した。

(2)

引用規格

○  JIS の材料規格を引用。

ISO 5488 

○ ISO/R630ISO/R209 を引用。

≠ JIS は ISO の材料規格と内容

が異なる。

JIS

は小形船用の製品規格

として残すため。

(3)

種類

○  長さによって 5 種類。

5.0

,5.5,6.0,6.5,7.0m

ISO 5488 

− ISO には種類という規定項

目はない。

同上

(4)

構成

○  はしごの構成は付図組立図

による。

ISO 5488 

− ISO には構成という規定項

目はない。

同上

(5)

構造,形状及
び寸法

付図 119 による。 
手すりは 22mm ロープ,鋼製
部品はめっき施工が望まし

い。

ISO 5488 

○ 寸法規定で幅,長さ,ステップ間

隔,手すり高さを規定。 
構造規定で設計加重,はしごの強

度を規定。

≠ 長さ,幅,手すり高さが異な

る。また,ISO にある踊り場,
手すりの強度規定は JIS には

ない。

同上 
従来使用されており,小型船
としては現在の寸法,構造が

望ましいとの意見を考慮。

(6)

荷重試験

○  各ステップに 735N の荷重を

加えて強度を規定。

ISO 5488 

○ ステップ当たり 735N の加重を加

えて試験を行う。

= 内容的には同じであるが規

定の様式は異なる。

強度的には相違なし。

(7)

製 品 の 呼 び

○  規格名称又は規格番号,はし

ご呼び長さによる。

ISO 5488 

− ISO には製品の呼び方とい

う規定項目はない。

JIS

は発注などの利便を考

慮。

(8)

表示

○  種類,製造業者名又は略号を

明記。

ISO 5488 

− ISO には表示という規定項

目はない。

同上

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:該当項目がない場合。