>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

F 260

2 : 1

999

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS F 2602 : 1999

  鋼製垂直はしご

ISO 3797 : 1976

,造船−鋼製垂直はしご

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の対策

(1)

適用範囲

○  船舶に使用する鋼製垂直は

しごの主要寸法と特性を規

定。小さな船倉,甲板間,マ
スト,キングポスト,トラン
ク,甲板室頂部,保守台など

に設けられるはしご。 
ただし,機関室通路のはしご
は除く。

ISO 3797 

○ 船舶に使用する鋼製垂直はしご

の主要寸法と特性を規定。小さな

船倉,甲板間,マスト,キングポ
スト,トランク,甲板室頂部,保
守台などに設けられるはしご。

= JIS では機関室用はしごは別

規定があるので機関部通路

用はしごは適用外としてい
る。

JIS

では従来使用されてい

るはしごが今後も使用され

る可能性が高いことを考慮
し,ISO の規程外の各部寸法
を含めた規格とした。

(2)

寸法

○  はしご幅:250,300,350,

400mm

ステップ間隔:300∼340mm
の等間隔 
ステップ材:19,20,22mm

角棒 
            19,22mm 丸棒
側板寸法:50×9,60×10,

65

×9

ISO 3797 

○ はしご幅:300,350,400mm

ステップ間隔:300mm 間隔

ステップ材:20,22mm 角棒 
側板寸法:60×10

ADP JIS

ははしご幅 250mm も含

む。また,ステップ間隔は 300

∼340mm の範囲を認めてい
る。ステップの丸鋼と角鋼の
寸法 19mm を含む。

JIS

では実際に使用されて

いる寸法を含め規程の範囲

を広げたものとしている。

(3)

材料

○  溶接可能な構造用鋼材

ISO 3797 

○ 溶接可能な構造用鋼材

(4)

組立て

○  取付方法は製造者責任。

ステップの取付方法として
具体例を 3 種類規定。

ISO 3797 

○ 取付方法は製造者責任

ADP JIS

ではステップの具体的な

取付例を追加している。

JIS

では製造者の利便を考

慮し取付具体例も規定した。

(5)

取付金物

○  加重を十分支えるもの。金物

間長さは 2500mm を超えな
い。ブラケットは側板に溶接
又はボルト締め。

ISO 3797 

○ 加重を十分支えるもの。金物間の

長さは 2500mm を超えない。

ADP JIS

では船体等との取付部も

含めて規定している。

JIS

では実際のはしごの取

付方法を含め使用者の利便
を考慮した。

(6)

仕上げ

○  欠陥のないものとする。使用

状況に合わせた表面保護塗
装を施す。

ISO 3797 

○ 欠陥のないものとする。使用状況

に合わせた表面保護塗装を施す。


 

2

F 260

2 : 1

9

99
 解


JIS

と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の対策

(7)

製 品 の 呼 び

○  規格名称,幅×長さ,ステッ

プ寸法及び形状と側板幅と
厚さ,ステップと側板の取付

方法による。

ISO 3797 

− ISO には呼び方の規定はな

い。

注文時の利便を考慮し JIS
では必要として追加。