>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F2329

-1975

船用小形マンホール

Marine Small Size Manhole

1.

適用範囲  この規格は,船に用いる水タンク又は油タンクの小形マンホールについて規定する。

参考  寸法の大きい船用マンホールについては,JIS F 2304(船用マンホール)に規定している。

引用規格: 

JIS B 1181

  六角ナット

JIS F 2304

  船用マンホール

JIS F 7102

  船舶機関部管系用パッキン使用基準

2.

構造,形状及び寸法  構造,形状及び寸法は,付図のとおりとする。

3.

材料  材料は,付図のとおりとする。

4.

製品の呼び方  製品の呼び方は,規格名称による。ただし,規格名称の代わりに規格番号を用いても

よい。

例: 船用小形マンホール又は JIS F 2329


2

F2329-1975

付図 

部品番号

部品名称

材料

1

座金

鋼板

2

ふた

鋼板

3

取手

棒鋼

4

ボルト

棒鋼

5

六角ナット

棒鋼

6

ガスケット

JIS F 7102

による。

備考1.  ボルトは頭を立込みとするが,例図のよう

に溶接して取付けてもよい。

2.

六角ナットは,JIS B 1181(六角ナット)
による。

3.

取手は必要がない場合は,付けなくてもよ

い。 


3

F2329-1975

船舶部会  船用ホール専門委員会  構成表

氏  名

所  属

(委員会長)

中  村      寿

株式会社アジア船舶工業社

星  野  友  慶

防衛庁技術研究本部

尾  花      皓

運輸省船舶局

逢  坂  國  一

工業技術院標準部

草  野      博

財団法人日本船舶標準協会

小  野  光  之

株式会社安藤鉄工所造船工場

小  林  鉄  男

林兼造船株式会社東京事務所

松  浦  和  春

日本鋼管株式会社鶴見造船所造船設計部

花  田  堯之助

石川島播磨重工業株式会社横浜第 2 工場造船設計部

浜  野  亮太郎

住友重機械工業株式会社船舶事業部造船設計部

小  林  信  夫

株式会社金指造船所設計部

三  谷  恵  章

三井造船株式会社藤永田造船所造船設計部

河  澄  龍之介

川崎重工業株式会社造船事業部造船設計部

粟  津      曻

三菱重工業株式会社神戸造船所造船設計部

下  川  寛  人

日立造船株式会社因島工場造船部

児  島  英  彦

佐世保重工業株式会社佐世保造船所造船設計部

森  川      卓

社団法人日本船主協会船舶部

和  田  雅  敬

船舶整備公団工務部

(事務局)

桜  井  俊  彦

工業技術院標準部機械規格課

佐  野  則  雄

工業技術院標準部機械規格課