>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

F 2320

:2003

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人日本船舶

標準協会 (JMSA) から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準

調査会の審議を経て,国土交通大臣が改正した日本工業規格である。

これによって JIS F 2320:1978 は改正され,この規格に置き換えられる。


F 2320

:2003

(2)

目  次

ページ

1.

  適用範囲

 1

2.

  引用規格

 1

3.

  種類

 1

4.

  構造,形状及び寸法

 1

5.

  材料

 2

6.

  製品の呼び方

 2

 


日本工業規格

JIS

 F

2320

:2003

船用オイルタイトハッチカバー

Ships' oiltight hatch covers

1.

適用範囲

この規格は,船に用いるオイルタイトハッチカバー(以下,カバーという。

)について規定する。

なお,ケミカルタンカーにも用いることができる。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0205-2

  一般用メートルねじ−第 2 部:全体系

JIS B 0216

  メートル台形ねじ

JIS F 2312

  船用ちょう形締付金物

JIS F 2317

  船用アレージホール

JIS F 2321

  鋼製風雨密小形ハッチ

JIS F 3905

  船用トグルピン

JIS F 3906

  船用鎖ひも

JIS F 3908

  船用鎖ひもアイプレート

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

JIS H 3250

  銅及び銅合金棒

JIS H 5120

  銅及び銅合金鋳物

3.

種類

カバーの種類は,開閉方式によって B 形及び C 形の 2 種類とし,

表 1

による。

  1  種類

種類

呼び

760

910

    B 形(水平開閉式)

1 220

610

    C 形(ヒンジ開閉式)

760

4.

構造,形状及び寸法

カバーの構造,形状及び寸法は,次による。

a)

付図 1及び付表 による。

b)

アレージホールは,JIS F 2317 による。


2

F 2320

:2003

5.

材料

カバーの材料は,

付表 及び付表 3

による。

6.

製品の呼び方

カバーの呼び方は,規格の名称又は規格番号,種類,呼び,ガスケットの材料(耐油性ゴムは

R

,四ふっ化エチレン樹脂は T)及び補助締付金物(補助締付金物付きは C)による。

例  船用オイルタイトハッチカバーB 形 760 TC 又は JIS F 2320 B 760 TC


3

F 2320

:2003

付表  1  カバーB 形

部品番号

部品名称

材料

1

コーミング

JIS G 3101

の SS 400  ※

2

カバー

JIS G 3101

の SS 400  ※

3

ガスケットバー

JIS G 3101

の SS 400

4

カバー部

ガスケット

耐油性ゴム又は四ふっ化エチレン樹脂

5

開閉用腕

JIS G 3101

の SS 400

6

ピン

JIS G 4051

の S25C

7

溝付きナット

JIS H 3250

の C3712 BE 又は C3771 BE

8

軸受

JIS G 3101

の SS 400

9

ブシュ

JIS H 5120

の CAC 406

10

座金

黄銅板

11

座金

黄銅板

12

回転軸基部

ブラケット

JIS G 3101

の SS 400

13

回り止め板

鋼板

14

回り止め板

鋼板

15

止めピン

棒鋼

16

止めピン受

鋼板

17

鎖ひも

黄銅線又は亜鉛めっき鉄線

18

回り止め

金具部

鎖ひもアイプレート

鋼板又は線材

19

軸受

鋼板

20

押さえボルト

棒鋼

21

座板

JIS G 3101

の SS 400

22

ねじ棒

JIS H 3250

の C4622 BE 又は C4641 BE 若しくは C3712 BE

又は C3771 BE

23

ナット

JIS H 5120

の CAC 406

24

ねじ座

JIS G 3101

の SS 400

25

ねじチューブ

JIS H 5120

の CAC 406

26

腕中央締

付金具

止めねじ

棒鋼

27

シャックル

JIS G 3101

の SS 400 又は JIS G 4051 のS25C

28

シャックルピン

JIS H 3250

の C3712 BE 又は C3771 BE

29

レバー

JIS G 3101

の SS 400

30

フォークアイ

JIS G 3101 SS 400

31

皿リベット

JIS H 3250

の C3712 BE 又は C3771 BE

32

止め金物

JIS G 3101 SS 400

又は JIS G 4051 の S25C

33

グリースニップル

黄銅

34

止めねじ

黄銅

35

腕部

止め金具

割りピン

線材

36

補助締付金物

JIS F 2312

による。

37

アレージホール

JIS F 2317

による。

参考  船級協会規則を適用する船では,※印の材料は船級協会規格材を用いる。


4

F 2320

:2003

付表  2  カバー

単位 mm

1

コーミング

2

カバー

4

ガスケット

5

開閉用腕

呼び

D D

1

H R 

D

2

A A

1

A

2

B H

3

h

1

760

760

731

180

760

 710

491 436 425 70 144

90

910

910

881

200

910

 860

566 506 500 80 164 100

1 220

1 220

1 191

240

1 220

1 170

721

656

695

95

204

115

6

7

8

9

10

ピン・溝付きナット・軸受及び座金

11

座金

12

ブラケット

呼び

L F

1

d

1

d

2

F a

1

d

3

d

20

d

19

E r

1

r

2

760

320 136 110 60 130

85 72  61  62  40  75  55

910

330 146 120 70 140

90 82  71  72  50  80  60

1

220

340 156 130 80 150 100 94  81  82  60  85  65

13

14

回り止め板

19

20

軸受及び押さえボルト

21

座板

22

ねじ棒

d

12

呼び

r

3

r

4

r

5

d

5

d

6

d

7

d

8

d

9

d

18

d

10

d

11

ねじの呼び

d

13

L

1

l

2

 760  125   92  57  66

40  106  150

186

190

64

39

Tr38

×7 30

278

197

 910  130   97  62  70

44  110  154

190

194

68

43

Tr42

×7 34

288

207

1 220

135  102

67

76

50

116

160

196

300

74

49

Tr48

×8 39

303

222

23

24

25

ナット,ねじ座及びねじチューブ

29

レバー

32

止め金物

参考

呼び

d

14

d

15

d

16

d

17

Y h

2

b

1

b

3

H

1

h

3

h

4

計算質量

(kg)

 760  60

M58

×2 76

105

60

110

84 64

188

100

115 314

 910  64

M62

×2

80 109 65 120

85  58  188 100 115  383

1 220

72

M70

×2

86 115 72 135

94  50  208 120 135  535

備考1.  d

12

部のねじは JIS B 0216d

15

部のねじは JIS B 0205-2 による。

2.

計算質量は,カバーの厚さ 12 mm,コーミングの厚さ 10 mm の場合を示す。

付表  3  カバー

部品番号

部品名称

材料

1

コーミング

JIS G 3101

の SS 400  ※

2

カバー

JIS G 3101

の SS 400  ※

3

ガスケット

耐油性ゴム

4

ヒンジ

JIS F 2321

附属書 による。

5

締付金物

JIS F 2312

による。

6

アレージホール

JIS F 2317

による。

参考  船級協会規則を適用する船では,※印の材料は船級協会規

格材を用いる。


5

F 2320

:2003

単位  mm

備考1.  コーミングは甲板開口の形状によって,      線形状のものとしてよい。

2.

パッキン当たりを良くするため,ガスケットバーの内面を仕上げる。

3.

パッキン材質の選定及び補助金物装備の要否については,受渡当事者間の協議に
よる。

参考  船級協会規則を適用する船では,※印寸法は各規則による。

付図  1  カバー


6

F 2320

:2003

単位  mm

備考1.  ⃝

17

鎖ひもは,JIS F 3906 による

2.

18

鎖ひもアイプレートは,JIS F 3098 による。

参考  船級協会規則を適用する船では,※印寸法は各規則による。

付図  2  カバー形部品詳細


7

F 2320

:2003

単位  mm

付図  3  カバー形部品詳細


8

F 2320

:2003

単位  mm

付図  4  カバー形部品詳細


9

F 2320

:2003

単位  mm

備考1.  補助締付金物は,JIS F 2312 の AS 形による。

2.

ねじは,JIS B 0205-2 による。

3.

コーミング上端部はパッキンの材料が耐油性ゴムの場合は,損傷を防止の
ため丸みを付ける。また,四ふっ化エチレン樹脂の場合は,締付面圧を大
きくするため面取りとする。

参考  船級協会規則を適用する船では,※印寸法は各規則による。

付図  5  補助締付金物及びカバー縁部詳細


10

F 2320

:2003

単位  mm

参考1.  カバーの厚さ 12 mm,コーミングの厚さ 10 mm の

場合の計算質量は 163 kg である。

2. 

船級協会規則を適用する船では,※印寸法は各規則

による。

付図  6  カバー形 610


11

F 2320

:2003

単位  mm

参考1.  計算質量 215 kg

2.

船級協会規則を適用する船では,※印寸法は各規則による。

付図  7  カバー形 760


12

F 2320

:2003

単位  mm

備考  ヒンジ取付部を除くほかは,JIS F 2321 のヒンジ A 形による。

参考  船級協会規則を適用する船では,※印寸法は各規則による。

付図  8  ヒンジ取付部詳細

単位 mm

呼び

l

3

l

5

適 用 カ バ ー
の大きさ

22 84 30 610

25 84 33 760


13

F 2320

:2003

単位  mm

備考1.  締付金物は,JIS F 2312 の AS 形による。

2.

括弧内の寸法は,C 形 610 のものを示す。

3.

ねじは,JIS B 0205-2 による。

参考  船級協会規則を適用する船では,※印寸法は各規則による。

付図  9  締付金物及びカバー縁部詳細