>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F

2205

-1987

ブームレスト頭部金物

Boom Rest Head Pieces

1.

適用範囲  この規格は,JIS F 2201(船用鋼板製デリックブーム)に規定するデリックブームを水平

格納する場合に使用するブームレスト頭部金物(以下,頭部金物という。

)について規定する。

引用規格: 

JIS B 0205

  メートル並目ねじ

JIS B 1351

  割りピン

JIS F 2201

  船用鋼板製デリックブーム

JIS G 4303

  ステンレス鋼棒

JIS H 3250

  銅及び銅合金棒

JIS K 6301

  加硫ゴム物理試験方法

2.

構造,形状及び寸法  頭部金物の構造,形状  及び  寸法は,付図 1のとおりとする。

3.

材料  頭部金物の材料は,次の表のとおりとする。

部品番号

部品名称

材  料

 1

受帯

 2

押さえ帯

鋼板

 3

ライナ

耐老化性弾性材料

 4

ちょう形ナット

棒鋼  又は  JIS G 4303 の SUS 304

 5

締付ボルト

JIS H 3250

の C 3771 BD 又は C 3771 BE

 6

ナット止め

黄銅板

 7

締付座

 8

ヒンジプレート

 9

押さえ帯開き止め

鋼板

10

ピン

11

ピン

黄銅棒  又は JIS G 4303 の SUS 304

12

割りピン

黄銅線

備考  ライナの硬さは,JIS K 6301(加硫ゴム物理試験方法)スプリング式

硬さ試験(C 形)による 70 以上とする。

4.

外観  頭部金物の外観は使用上有害な欠点がなく,確実な溶接が施され,操作上差し支えがないもの

でなければならない。


2

F 2205-1987

5.

製品の呼び方  頭部金物の呼び方は,規格名称及び呼び径による。ただし,規格名称の代わりに規格

番号を用いてもよい。

例: ブームレスト頭部金物−110 又は JIS F 2205−110

付図 1


3

F 2205-1987

単位 mm

参考

ブームエ

ンドの径

受帯及び押さえ帯

計算質量 (kg)

呼び径

D

R

B

B

1

t

H

H

1

H

2

θ

支柱

(

鋼管)

の呼び

適用デリック
ブームの呼び

ライナ

金物

110 110

82.5

30

19

°

 1t

0.30

 4.26

130 130

92.5

32

15

°

 0.37

4.61

150 150

102.5

34

13

°

 2t

0.44

 4.95

155 155

105

34

12

°

 1t

0.45

 5.03

175 175

115

100   75

 8

30

 8

35

9

°

 80A

 2t

0.52

 5.39

205 205

130

38

12

°

 3t

0.68

11.68

220 220

137.5

39

11

°

3t

,5t 0.75 12.47

250 250

152.5

125 100  12

50

13

40

8

°

 90A

 5t

0.88

13.19

270 270

162.5

41

6

°

10t 1.10

18.85

290 290

172.5

43

5

°

15t 1.19

19.83

305 305

180

150 100  16

50

13

45

5

°

100A

10t 1.27

20.58

備考1.  ライナは,皿ボルト又は接着後皿ボルトなどの適当な方法で取り付ける。

2.

支柱(鋼管)の呼びは,参考として示す。

3.

金物の計算質量は,ライナを除いた総質量を示す。

なお,ライナは,比重 1.23 として計算した。

4.

押さえ帯の開放角度は,状況によって変更してもよい。

付図 2


4

F 2205-1987

単位 mm

締付ボルト

ナット止め

ちょう形ナット

呼び径

D

1

D

5

L

T

d

1

d

2

l

l

2

D

2

t

2

D

3

D

4

d

5

h

110

∼175 14  29 130  16 M

16

6 80 8 22 4 24 38 13 19

205

∼305 17  36  170  20 M

20

8 110

10 26  5  30 48 16 22

ちょう形

ナット

締付座

ピン

割りピン

呼び径

h

1

l

1

C

B

2

B

3

B

4

D

4

L

1

L

2

t

1

d

3

1

3

B

5

d

4

l

4

110

∼175 3 100 32 64 18 18 38 34 19  8  13 50 18  4 22

205

∼305 3 120 38 84 22 22 48 44 24 12 16 62 22  4 25

備考1.  ちょう形ナットは,六角ナットに丸棒を取り付けたものでもよい。 

2.  d

1

部のねじは,JIS B 0205(メートル並目ねじ)の規定による。


5

F 2205-1987

付図 3

単位 mm

ヒンジプレート

ピン

割りピン

呼び径

D

1

b

b

1

r

s

s

1

t

1

d

3

l

4

d

4

l

5

110

∼175

15 50 20 15 68 64

8 13 100 4  22

205

∼305

18 65 35 18 85 81 12 16 125 4  25

押さえ帯開き止め

呼び径

b

2

s

t

2

110

∼175

10

68

8

    

205

∼305

15

85

12

    

備考  割りピンは,JIS B 1351(割りピン)の規定による。