>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

F 2203 : 1998

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,運輸大臣が改正した日本工

業規格である。これによって JIS F 2203 : 1995 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正では,国際規格との整合を図るために,対応国際規格の技術的内容を変更することなく本体

に規定し,さらに JIS として必要な規定内容を追加した。また,旧 JIS の内容を一部改正し,附属書に規

定した。

JIS F 2203

は,本体及び次に示す附属書で構成されている。

附属書(規定)  デリックグースネックブラケット


日本工業規格

JIS

 F

2203

: 1998

デリックグースネック軸受−

構成及び構成部品

Bearings for derrick goosenecks

−Assemblies and components

序文  この規格は,1987 年第 1 版として発行された ISO 6045, Shipbuilding and marine structures−Bearings for

derrick goosenecks

−Assemblies and components を元に,対応する部分については対応国際規格を翻訳し,技

術的内容及び規格票の様式を変更することなく作成した日本工業規格であるが,対応国際規格に規定され

ていない規定内容を日本工業規格として追加している。

附属書には,従来,日本工業規格で規定していた軸受けを規定としている。

1.

適用範囲  この規格は,船舶の荷役用として装備される通常のデリックブームグースネック軸受の形

式の定義,構成部品の寸法及び材質を規定する。

この規格は,特殊な形のデリックには適用しない。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版を適用する。

ISO 286-1

  ISO system of limits and fits−Part 1 : Bases of torelances, deviations and fits(

1

)

ISO 630

    Structural steels−Plates, wide flats, bars, sections and profiles

ISO 683-1

  Heat-treatable steels, alloy steels and free-cutting steels−Part 1 : Direct hardening unalloyed and

low alloyed wrought steel in form of different black products

ISO 6043

  Shipbuilding and marine structures − Eye and fork assemblies under tension load − Main

dimensions

ISO 8147

  Shipbuilding and marine structures−Derrick rigs and component parts−Vocabulary(

2

)

(

1

)

現在草案の段階(ISO/R286 : 1962の一部改正)

(

2

)

現在原案審議中

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次による。

ISO 8147

  Shipbuilding and marine structures−Derrick rigs and component parts−Vocabulary.

4.

呼び寸法

4.1

デリックブームグースネック軸受及びグースネックの呼び寸法は,参照及び発注に使用するための

もので,単位なしの数値とする。この数値は,デリックブームの最大軸力 (kN) から得られたものである。


2

F 2203 : 1998

4.2

揚貨索導滑車ホルダーの呼び寸法は,参照及び発注に使用するためのもので,単位なしの数値とす

る。この数値は,導滑車から加えられる最大荷重から求めるもので,デリック軸受けの力線図 kN によっ

て計算する。

5.

デリックグースネック軸受

5.1

この軸受けは,

表 の規定及び図 12に示される 3 種類とする。

表 1  軸受けの形式

単位 kN

形式

ブーム軸力範囲

記号

記事

A

ストレートピン形

16

−160

B

屈曲ピン形 25−400

C

ストレートピン形

200

−1 000

デリックブームグースネック軸受の構成部品については

表 に示されている。通し番号は図 1及び 3

で示された番号を示す。A 形及び B 形の軸受けは,揚貨導滑車のホルダーがアイ結合又はホーク結合のい

ずれでも取付けが可能である。

表 2  構成部品の表 

軸受形式別部品数

名称

記号

詳細

通し
番号

A B C

1 1

グースネックピン

GA

6.1

参照

2

− 1 −

グースネックピン

GB

3

− 1

グースネックピン

GC

4 2

2

1

軸受アイ D

6.2

参照

5

− 1 軸受アイ E

6(

3

)

1

1

導滑車ホルダー

F

6.3

参照

7(

4

)

−1

−1

導滑車ホルダー

H

8 1

1

1

保持リング J

6.4

参照

9 1

1

1

保持ピン K

(

3

)

通し番号6はホークコネクション形導滑車用

(

4

)

通し番号 7 はシングルアイ形導滑車用


3

F 2203 : 1998

図 1  形軸受けの図解

図 2  形軸受けの図解

備考  導滑車ホルダ(⑥又は⑦)及び保持リング  (⑧)  の位置は互いに交換できる。

図 3  形軸受けの図解

5.1.4

呼び寸法及び最大荷重  形式,呼び寸法及び滑車ホルダに対する最大荷重によるグースネック軸受

の一覧表は

表 による。


4

F 2203 : 1998

表 3  軸受け呼び寸法と軸受けに対する最大荷重の関係

導滑車ホルダの形式

軸受形式の 
呼び寸法

A B

A B C

ブ ー ム
軸力

kN

最大

導滑車によって働く力

kN

最大

 1.6

   16

20

 2

   20

20

 2.5

 2.5

   25

20

20

 3

 3

   32

20

  40 20

 4

 4

   40

20

  40 20

  40

 5

 5

   50

20

  40    63 20

  40

 6

 6

   63

40

  63 20

  40    63

 8

 8

   80

40

  63    100 40

  63

10

10

  100

40

  63    100 40

  63    100

12

12

  125

40

  63    100  160

40

  63    100

16

16

  160

63

  100    160 40

  63    100  160

20

 20

  200

63

  100    160

25

 25

  250

63

  100    160

32

 32

  320

63

  100    160

40

 40

  400

63

  100    160

 50

  500

 63

  630

 80

  800

100

1

000

5.2

軸受アイの取付け  軸受アイの配置は図 1及び表 を参照。上部軸受アイと下部軸受アイ間の取

付寸法は,

図 及び表 を参照。


5

F 2203 : 1998

図 4  軸受アイの位置

表 4  軸受アイの取付寸法

単位 mm

グースネック軸受

A

B

C

呼び寸法

a

1

c

d

1

a

1

c

d

1

a

1

c

d

1

  1.6

 60   95

 50

  2

 50   95

 50

  2.5

 60   95

 60

 60

 95

 55

  3

 85  120

 70

 60

 95

 60

  4

 70  120

 70

 70

120

 65

  5

 85  140

 80

 80

120

 70

  6

100  140

 90

 85

140

 80

  8

105  175

100

 90

140

 90

 10

120  175

110

100

175

100

 12

125  215

120

105

175

110

 16

150  215

140

110

215

120

 20

115

215

130

170

480

155

 25

125

215

140

200

540

170

 32

140

235

155

210

570

190

 40

155

235

170

220

570

190

 50

220

600

200

 63

245

675

225

 80

275

750

250

100

290

825

275


6

F 2203 : 1998

6.

寸法  表 に示す部品の主要寸法だけについて図 513 に示す。寸法公差は 6.5 参照のこと。

潤滑方法,保持ピン両端の固定ピン及び C 形組合せのグースネックピンの下部ワッシャには寸法が与え

られていない。これらの寸法は製造者の任意とする。

6.1

グースネックピン

6.1.1

GA

直立グースネック軸受け 形(図 及び表 参照)

図 5  グースネックピン GA の形状

表 5  グースネックピン GA の各部寸法

単位 mm

呼び寸法

a

2

b

1

d

1

d

2

l

1

r

1

 1.6

 55

26

 50

24

245

25

 2

 45

28

 50

26

235

25

 2.5

 54

30

 60

29

255

30

 3

 79

33

 70

32

325

35

 4

 64

36

 70

35

310

35

 5

 77

40

 80

41

345

40

 6

 92

45

 90

44

380

45

 8

 97

50

100

47

420

50

10 110

57

110

54

455

55

12 115

64

120

58

500

60

16 138

73

140

67

545

70


7

F 2203 : 1998

6.1.2

GB

屈曲グースネックピン軸受け 形(図 及び表 参照)

図 6  グースネックピン GB の形状

表 6  グースネックピン GB の各部寸法

単位 mm

呼び寸法

a

2

b

1

d

1

d

2

e

1

l

1

r

1

  2.5

 55

 30

 55

29

35

245

30

  3

 60

 33

 60

32

38

260

32

  4

 65

 36

 65

35

40

290

35

  5

 75

 40

 70

41

46

320

42

  6

 80

 45

 80

44

49

345

45

  8

 85

 50

 90

47

52

370

48

 10

 95

 57

100

54

58

415

55

 12

100

 64

110

58

61

440

60

 16

105

 73

120

67

64

485

68

 20

110

 82

130

75

67

510

75

 25

115

 92

140

79

72

520

80

 32

125

102

155

83

78

575

85

 40

140

112

170

93

85

590

95


8

F 2203 : 1998

6.1.3

GC

ストレートグースネックピン軸受け 形(図 及び表 参照)

図 7  グースネックピン GC の形状

表 7  グースネックピン GC の各部寸法

単位 mm 

呼び寸法

a

2

b

1

d

1

d

2

d

3

l

1

l

2

l

3

r

1

 20

158   82

155

 75

 90

820

80

375

 78

 25

185   92

170

 79

 90

910

80

407

 85

 32

195  102

190

 83

100

950

80

417

 95

 40

205  112

190

 93

100

960

80

427

 95

 50

200  124

200

103

110

1010

90

442

100

 63

225  140

225

113

110

1120

90

477

113

 80

250  150

250

129

120

1235

95

522

125

100 265

160

275

144

120

1335

95

547

138

  もしワッシャが使用される場合  (5.1.3),長さ l

1

はそれに応じて調整すること。


9

F 2203 : 1998

6.2

軸受アイ

6.2.1

D

オープンアイ(図 及び表 参照)

図 8  軸受アイ の形状

表 8  軸受アイ の各部寸法

単位 mm

軸受呼び寸法

グースネックピ

ン直径

d

1

d

4

d

5

h

1

A B C

 50

 52

85

45

1.6

及び

2

 55

 57

 90

 45

      2.5

 60

 62

100

 50

2.5

 3

 65

 68

110

 50

  4

 70

 73

120

 60

3

及び 4

5

 80

 83

130

 60

 5

 6

 90

 93

140

 70

 6

 8

100

103

160

 70

 8

10

110 113

170

80

10

12

120 123

190

80

12 16

130 134

200

90

− 20 −

140 144

210

90

16 25

155 159

230

100

− 32

20

170 174

250

100

− 40

25

190 194

270

100

32

及び 40

200

204 285 110

50

225 230

315

120

63

250 255

350

130

80

275 280

380

140

− 100


10

F 2203 : 1998

6.2.2

E

クローズドアイ(軸受け 形の下部軸受アイ)(図 及び表 参照)

図 9  軸受アイの形状

表 9  軸受アイの各部寸法

単位 mm

グースネッ

クピン直径

d

3

*

d

4

d

5

h

1

h

2

軸受

C

呼び寸法

 90

 93

140

70

 85

20

及び 25

100 103

160

70

85

32

及び 40

110 113

170

80

100

50

及び 63

120 123

190

80

100

80

及び 100

*

d

3

はグースネック GC の下部端の直径である。

6.3

揚貨索導滑車ホルダ

6.3.1

F

シングルアイホルダ(図 10 及び表 10 参照)

図 10  導滑車ホルダ の形状


11

F 2203 : 1998

表 10  導滑車ホルダ の各部寸法   

単位 mm

導滑車ホルダ

軸受の

呼び寸法

グースネッ
クピン直径

d

1

呼び寸法  滑車によっ

て働く力

kN

最大

b

2

d

4

d

6

d

7

e

2

g

h

3

h

4

r

2

A B

 50

 2

 20

22

 52

 80

24

 75

 55

 50

 75 25

1.6

及び 2

 55

 57

 85

 78

 60

    2.5

 60

 62

 90

 80

 62

2.5

 3

 65

 2

 20

22

 68

 95

24

 83

 65

 65

 75 25

4

 4

 40

30

100

33

 95

100 32.5

 70

 2

 20

22

 73

100

24

 85

 70

 65

 75 25

3

及び 4

5

 4

 40

30

105

33

 98

100 32.5

 80

 2

 20

22

 83

110

24

 90

 85

 85 25

 5

 6

 4

 40

30

115

33

102

 75

100 32.5

 6

 63

40

120

42

115

130 42.5

 90

 4

 40

30

 93

125

33

108

 80

 85

100 32.5

 6

 8

 6

 63

40

130

42

120

130 42.5

100

 4

 40

30

103

135

33

112

110

32.5

8

10

 6

 63

40

140

42

130

 95

130 42.5

 10

100

50

148

52

145

165 55

110

 4

 40

30

113

145

33

118

110

32.5 10

12

 6

 63

40

150

42

135

100

130 42.5

 10

100

50

158

52

150

165 55

120

 4

 40

30

123

155

33

122

130

32.5 12

16

 6

 63

40

160

42

140

42.5

 10

100

50

170

52

155

110

165 55

 16

160

60

180

66

175

195 65

130

 6

 63

40

134

170

42

145

130

42.5

− 20

 10

100

50

180

52

165

115

165 55

 16

160

60

190

66

185

195 65

140

 6

 63

40

144

180

42

150

130

42.5 16

25

 10

100

50

190

52

170

120

165 55

 16

160

60

200

66

190

195 65

155

 6

 63

40

159

195

42

160

150

42.5

− 32

 10

100

50

205

52

178

130

165 55

 16

160

60

215

66

198

195 65

170

 6

 63

40

174

210

42

170

150

42.5

− 40

 10

100

50

220

52

185

145

165 55

 16

160

60

230

66

205

195 65

備考  寸法 b

2

d

7

及び r

2

の数値は,ISO 6043,造船及び海洋構造物−引張力の掛るアイ及びフォーク組立品−主要寸

法に一致するものである。


12

F 2203 : 1998

6.3.2

H

ホーク形ホルダ(図 11 及び表 11 参照)

図 11  導滑車ホルダ の形状


13

F 2203 : 1998

表 11  導滑車ホルダの各部寸法

単位 mm

導滑車ホルダ

軸受の

呼び寸法

グースネッ

クピン

直径

d

1

呼び寸法  滑車によっ

て働く力

kN

最大

b

4

b

5

d

4

d

6

d

8

e

2

h

3

r

2

A B

 50

 2

 20

26

12

 52

 80

23

 75

 50 25

1.6

及び 2

 55

 57

 85

 78

− 2.5

 60

 62

 90

 80

  2.5

3

 65

 2

 20

25

12

 68

 95

23

 83

 65 25

− 4

 4

 40

35

15

100

31

 95

32.5

 70

 2

 20

26

12

 73

100

23

 85

 65 25

3

及び 4 5

 4

 40

35

15

105

31

 98

32.5

 80

 2

 20

26

12

 83

110

23

 90

 85 25

 5

6

 4

 40

35

15

115

31

102

32.5

 6

 63

45

20

120

40

115

42.5

 90

 4

 40

35

15

 93

125

31

108

 85 32.5

 6

8

 6

 63

45

20

130

40

120

42.5

100

 4

 40

35

15

103

135

31

112

110

32.5

 8

10

 6

 63

45

20

140

40

130

42.5

 10

100

58

26

148

50

145

55

110

 4

 40

35

15

113

145

31

118

110

32.5

10

12

 6

 63

45

20

150

40

135

42.5

 10

100

58

26

158

50

150

55

120

 4

 40

35

15

123

155

31

122

130 32.5

12

16

 6

 63

45

20

160

40

140

42.5

 10

100

58

26

170

50

155

55

 16

160

70

30

180

62

175

65

130

 6

 63

45

20

134

170

40

145

130 42.5

− 20

 10

100

58

26

180

50

165

55

 16

160

70

30

190

62

185

65

140

 6

 63

45

20

144

180

40

150

130 42.5

16

25

 10

100

58

26

190

50

170

55

 16

160

70

30

200

62

190

65

155

 6

 63

45

20

159

195

40

160

150 42.5

− 32

 10

100

58

26

205

50

178

55

 16

160

70

30

215

62

198

65

170

 6

 63

45

20

174

210

40

170

150 42.5

− 40

 10

100

58

26

220

50

185

55

 16

160

70

30

230

62

205

65

備考  寸法 b

4

b

5

d

8

及び r

2

は ISO 6043 に一致するものである。


14

F 2203 : 1998

6.4

保持部品

6.4.1

J

保持リング(図 12 及び表 12 参照)

図 12  保持リング の形状

表 12  保持リング の各部寸法  単位 mm

軸受呼び寸法

グースネッ

クピン

直径

d

1

d

4

d

9

d

10

h

5

A B C

 50

 52

 75

15

40

1.6

及び 2

 55

 57

 85

15

40

      2.5

 60

 62

 90

15

40

  2.5

 3

 65

 68

 95

15

50

4

 70

 73

100

19

50

3

及び 4

5

 80

 83

110

19

50

 5

 6

 90

 93

120

19

50

 6

 8

100  103

140 24 60

8 10

110  113

150 24 60 10 12

120  123

170 24 80 12 16

130 134

180

24 80

− 20 −

140  144

190 24 80 16 25

155 159

205

28 80

− 32

20

170 174

220

28 80

− 40

25

190 194

240

28 80

− 32 及び 40

200 204

250

28 80

50

225 230

280

28 80

63

250 255

300

35 80

80

275 280

330

35 80

− 100

6.4.2

K

保持ピン(図 13 及び表 13 参照)

図 13  保持ピン の形状


15

F 2203 : 1998

表 13  保持ピン の各部寸法   

単位 mm

軸受呼び寸法

d

11

l

4

d

12

l

5

m

p 

A B C

12

 95

4

 82

  6.5

 2.5  1.6

及び 2

 105

92

    2.5

 110

97     2.5

3

 115  102

4

16

120

4

107

  6.5

 2.5

3

及び 4

5

 130  117

5

6

 140  127

6

8

20 165  5  149

8  3

8

10

 175  159     10  12

 195  179     12  16

 205  189

− 20 −

 215  199     16  25

25 235  6  215 10  4

− 32

20

 250  230

− 40

25

 270  250

− 32 及び 40

 280  260

50

 312  292

63

30 332  6  312 10  4

80

 362  342

− 100

6.5

許容差  寸法許容差は,ISO 286-1 による基準許容差等級 IT14 に対応したものでなければならない。

7.

材質

7.1

一般  各部品は,ISO 630 による鋼で作られなければならない。鋼の等級については表 14 参照。

表 14  鋼の等級

部品

鋼の最低等級

ISO 630 参照)

グースネック

Fe 430

軸受アイ

滑車ホルダ 
保持リング 
保持ピン

Fe 360

7.2

高品質材料  焼入れの鋼の使用が要求される場合には,材質は ISO 683-1 による。

8.

製造  各部品は,図 513 及び表 513 に与えられた寸法となるように,鍛造,ガス切断,ならい彫

り,溶接及び機械加工によって製造する。

8.1

グースネックの製造  グースネックは,鍛造,ガス切断,又は溶接によって製造する。この製造方

法は注文の際に特定されなければならない。

呼び方についての記号は,

S

: 鍛造又はガス切断による製造(製造業者及び発注者間の合意による)

T

: 溶接による製造


16

F 2203 : 1998

8.2

鍛造

8.2.1

開口部は手鍛造又は落とし火造りして,バリを取り去っておかねばならない。

8.2.2

仕上げられた部品の表面は目に見える割れ,はくり,ラミネーションがあってはならない。

8.3

ガス切断  部品がガス切断によって成形される場合,その表面はグラインダーをかけるか,必要に

応じて機械加工する。母材となる鋼板は圧延方向に注意を払わなければならない。

8.4

溶接  部品が溶接で製造される場合,溶接開先は溶込みが十分あるように設計されなければならな

い。

8.5

コーナー部  応力集中を避けるため,応力が高くなるコーナー部は十分丸みを付けなければならな

い。

8.6

表面  すべての軸受表面は,接続される部品,各種部品間の隙間,用途及び軸受面の作動状態の重

要度によって,機械加工仕上げを行わなければならない。

8.7

潤滑  すべての可動部には必要に応じ潤滑油を供給できるようにしなければならない。

9.

呼び方  参考及び注文のため,グースネック軸受け及び構成部品は次のとおりの呼び方とする。

9.1

デリックグースネック軸受けの呼び方  呼び方は次の順序で指示する。

a)

略称  軸受

b)

規格番号

c)

軸受組立の形式,記号(

表 参照)

d)

軸受組立の呼び寸法(

表 参照)

e)

導滑車ホルダの形式記号(6.3 及び

表 参照)

f)

導滑車ホルダの呼び寸法(

表 10 又は表 11 参照)

g)

グースネック製法の種別,記号(8.1 参照)

例  この規格によるグースネック軸受で,形式 A の呼び寸法 4,導滑車ホルダの形式 F で呼び寸法 2,

グースネックの製法は鍛造 (S) の場合,次のとおりとする。

軸受  JIS F 2203-A4F2-S

9.2

グースネックピンの呼び方  呼び方は次の順序で指示する。

a)

略称  グースネックピン

b)

規格番号

c)

形式,記号(6.1 及び

表 参照)

d)

呼び寸法(6.1 及び

表 参照)

e)

製造方法(8.1 参照)

例  この規格によるグースネックピンで,形式 GA で呼び寸法 4,製造方法は鍛造 (S) の場合,次の

とおりの呼び方とする。

グースネックピン  JIS F 2203-GA4-S

9.3

軸受アイの呼び方  呼び方は次の順序で指示する。

a)

略称  軸受アイ

b)

規格番号

c)

形式,記号(6.2 及び

表 参照)

d)

グースネック直径(

表 10 及び表 11 参照)

例  この規格による軸受アイで形式 D でグースネックの直径 70mm の場合,次のとおりの呼び方とす


17

F 2203 : 1998

る。

軸受アイ  JIS F 2203-D70

9.4

揚貨索導滑車ホルダの呼び方  呼び方は次の順序で指示する。

a)

略称  導滑車ホルダ

b)

規格番号

c)

形式,記号(6.3 及び

表 参照)

d)

グースネック直径(

表 10 及び表 11 参照)

e)

導滑車ホルダの呼び寸法(

表 又は表 参照)

例  この規格による導滑車ホルダで,形式 F,グースネック直径 70mm,呼び寸法 2 の場合,次のと

おりの呼び方とする。

導滑車ホルダ  JIS F 2203-F70-2

9.5

保持リングの呼び方  呼び方は次の順序で指示する。

a)

略称  保持リング

b)

規格番号

c)

形式,記号  J

d)

グースネック直径(

表 12 参照)

例  この規格による保持リングで,形式 J,グースネック直径 70mm の場合,次のとおりの呼び方と

する。

保持リング  JIS F 2203-J70

9.6

保持ピンの呼び方  呼び方は次の順序で指示する。

a)

略称  保持ピン

b)

規格番号

c)

形式,記号  K

d)

ピンの直径  d

11

表 13 参照)

e)

ピンの長さ  L

4

表 13 参照)

例  この規格による保持ピンで,形式 K,直径 d

11

=16mm で,長さ l

4

=120mm の場合,次のとおりの

呼び方とする。

保持ピン  JIS F 2203-K16×120


18

F 2203 : 1998

附属書(規定)  デリックグースネックブラケット 

Derrick gooseneck brackets

1.

適用範囲  この附属書は,JIS F 2201 に用いるグースネックブラケット(以下,ブラケットという。)

について規定する。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この附属書に引用されて附属書の規定の一部を構成する。これらの引

用規格は,その最新版を適用する。

JIS B 0205

  メートル並目ねじ

JIS B 1181

  六角ナット

JIS B 1351

  割りピン

JIS F 2201

  鋼板製デリックブーム

JIS F 3421

  船用荷役構成滑車

JIS F 3428

  船用荷役ころ軸受入り鋳鋼製滑車

JIS F 3429

  船用荷役ころ軸受入り鋼板製滑車

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 3201

  炭素鋼鍛鋼品

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

JIS G 5102

  溶接構造用鋳鋼品

JIS H 3100

  銅及び銅合金の板及び条

JIS H 5120

  銅及び銅合金鋳物

3.

呼び荷重  ブラケットの呼びは,デリックブームの使用荷重による。

4.

構造,形状,寸法及び材料  グースネック軸受の構造,形状,寸法及び材料は付図 1及び付表 1

4

のとおりとする。

5.

外観検査  グースネック軸受の外観は,使用上有害な欠点がなく,確実な溶接が施され,各部の仕上

がりは滑らかでなければならない。

6.

製品の呼び方  グースネック軸受の呼び方は,規格本体の“9.呼び方”に準じて以下とする。

例  デリックグースネツクブラケット  JIS F 2203-10

デリックグースネックブラケット  JIS F 2203-100A


19

F 2203 : 1998

付図 1  組立図(含:部品番号)

付表 1  部品番号,部品名称と材料

部品番号

部品名称

材料

 1

立ピン

JIS G 3201

の SF440A

 2

六角ナット

JIS G 4051

の S25C

 3

ブラケット

JIS G 3201

の SF440A 又は JIS G 5102 の SCW410

 4

ブシュ

JIS H 5120

の CAC406

 5

止めねじ

JIS G 3101

の SS400

 6

座金

JIS H 3100

の C2600P-H

 7

座金

JIS H 3100

の C2600P

 8

割りピン

黄銅線

 9

滑車受

JIS G 3101

の SS400

10

ボルト・ナット

JIS G 4051

の S25C

11

割りピン

黄銅線

12

ストッパ

鋼板

13

下部ブラケット

JIS G 3101

の SS400 又は JIS G 5102 の SCW410

14

グリースニップル 黄銅

15

グリースカバー

鋼管

備考1.  ブラケットの材料は炭素含有量を0.23%以下とする。

2. S25C

は,JIS G 4051 に参考として示されている機械的性質を満足す

るよう適切な熱処理を施す。


20

F 220

3 : 1

9

98

付図 2  立ピン及びブラケット


21

F 2203 : 1998

付図 3  滑車受け


22

F 220

3 : 1

9

98

付表 2  グースネックブラケットの各部寸法

単位 mm

立ピン

呼び

B

(C)

E

F

C

h

(n)

S

T

D

1

R

1

l

1

(r

1

)

r

2

r

3

d

1

d

2

d

3

d

4

  (d

5

)

ねじの呼び

d

6

 1

30

10

22   53   58  40

 7

18

18

32

32

35

 5

6

2

 90

 45

 30

30

17

M24

 2

40

12

25   63   71  52

 8

20

22

42

42

44

 5

6

2

110

 70

 45

35

22

M27

 3

50

12

32   77   93  65

 8

23

28

52

52

55

 5

8

3

140

 85

 60

40

22

M30

 5

60

12

37   87   108  78

 8

28

32

62

62

60

 8

8

3

170

100

 70

45

27

M36

10  75 15 47

95

128 93 10 33 42 77 77 72 10  8  3 210

120

90

60 32

M42

15  90 15 57 115

158

108 10 38 52 89 90 88 10  8  3 250

140

100

70 38

M48

座金

ブラケット

参考

呼び

t

1

D

2

t

2

L

l

2

(l

3

)

t

3

P

Q

V

U

R

2

R

3

r

4

d

7

d

8

d

9

d

10

止めねじ

の呼び

割りピン 使用荷重

(kN)

計算質

量 (kg)

 1

6

48  4

120   75  21

4

50

 52  55

19

 50

30

 8

 68  46  56

31

M5

×10

 5

×30

  34.3

 19

 2

6

52  4

150   95  27

6

60

 65  65

22

 70

36

10

 97  71  83

36

M5

×10

6.3

×40

  63.7

 38

 3

8

58  4.5  180  120  37

6

71

 85  80

28

 80

45

12

113  87  99

41

M6

×12

6.3

×40

  98.1

 70

5  8 68

5  200

140

45 6 76

100

90

32

95

50

12

134 102 118

47

M6

×12

6.3

×45

 156.9

109

10  8 78

6  240

160

55 6 88

120 100

40

120

65

15

154 122 138

62

M8

×12

 8

×50

240.3

189

15  8 88

6  270

185

70 6 95

150 120

50

140

75

15

174 142 158

72

M8

×12

 8

×60 333  319

備考1.  d

6

部のねじは,JIS B 0205の規定による。

2.

ナツトは,JIS B 1181 による。

3.

割りピンは,JIS B 1351 の規定による。

4.

計算質量は,滑車受を含んだものを示すが,呼び 1 用のものでは A 形の滑車受を取り付けた場合の質量を示す。

5.

③のブラケットの材料を SCW410 とする場合には,③と⑬は一体のものとする。

6.

括弧内寸法は参考のために示す。

7.

ブラケット及び立ピンフランジ部のグリースニップルは,図示の位置と対称に取り付けてもよい。


23

F 220

3 : 1

998

付表 3  滑車受け各部寸法

単位 mm

滑車受

ボルト・ナット

ストッパ

溶接
脚長

呼び  種類

C

D  d

1

  d

5

E

F

G

H

L

(l

1

)

l

2

R

1

(R

2

)

d

2

d

3

(d

4

)

k

k

1

B

D

1

  (l

4

) (m) (n)

j

a

b

h

1

割りピン

f

適用滑車

 1

−  32

32 28 19 62 12 14 50

90 18

70 35 10 26 M24

17 14 13 36 42 84 10  7

60 23 10 13

5

×30 7  1A

220

 2

−  43

47 36 19 77 14 16 60 115 29

85 48 10 34 M30

22 18 16 46 55

105

12   8

75 28 10 16

6.3

×40

7 1A

280

 3

−  49

62 42 22 88 16 20 75 135 32

99 55 20 40 M36

27 21 19 55 66

122

12   8

89 32 12 19

6.3

×45

7 1A

340

1RA 340

1AR 340

 5

−  49

72 42 22 88 16 20 85 140 32

99 55 25 40 M36

27 21 19 55 66

122

12   8

89 32 12 19

6.3

×45

7 1A

340

1RA 340

1AR 340

10

A  49

92 42 22 98 16 20 90 160 32

99 55 25 40 M36

27 21 19 55 66

122

12   8

89 32 12 19

6.3

×45

7 1A

340

1RA 340

1AR 340

B  61

92 54 22 94 20 22 90 160 35 115 60 25 51 M48

38 29 26 71 88

149

15 10 105 36 12 26

8

×60 9  1A

430

1RA 430

1AR 430

15

− 61

102

54

22

109

20 22

110

180 35 115 60 50 51 M48

38 29 26 71 88

149

15 10 105 36 12 26

8

×60 9  1A

430

1RA 430

1AR 430

備考1.  d

3

部ねじは,JIS B 0205の規定による。

2.

割りピンは,JIS B 1351 の規定による。

3.

ナットは,JIS B 1181 による。

4.

適用滑車は,JIS F 3421JIS F 3428 及び JIS F 3429 の規定による。

5.

括弧内寸法は参考のために示す。

6.

グリースニップルは,図示の位置と対称に取り付けてもよい。


24

F 2203 : 1998

付図 4  ブッシュ及び座金

付表 4  ブッシュ及び座金寸法

単位 mm

ブッシュ

座金

呼び

D

1

d

1

d

2

L

(l)

t

1

D

2

d

3

(d

4

)

r

t

2

 1

 68   46   56   52

21

4

 90

 46

 71

6

6

 2

 97   71   83   65

27

6

110

 71

 91

6

6

 3

113   87   99   85

37

6

140

 86

117

8

8

5  134 102 118 100

45

6  170

101

139

8

8

10  154 122 138 120

55

6  210

122

170

8

8

15  174 142 158 150

70

6  250

142

200

8

8

備考1.  油溝は一例を示す。

2.

括弧内寸法は参考のために示す。