>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

F 2201 : 1998

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,運輸大臣が改正した日本工

業規格である。これによって,JIS F 2201 : 1990 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正では,国際規格との整合作業によって,旧 JIS に含まれていた頭部金物及び基部金物を切り

離し,独立規格とした。また,規格内容を一部改正した。


日本工業規格

JIS

 F

2201

: 1998

鋼板製デリックブーム

Derrick booms

序文  この規格は,従来の JIS F 2201(船用鋼板製デリックブーム)の一部を構成していた頭部金物及び

基部金物については,

対応する国際規格との整合化を図るために,

それぞれ独立した規格として制定され,

対応する国際規格のない部分についてだけを日本工業規格としたものである。

1.

適用範囲  この規格は,船に用いる鋼板製デリックブーム(以下,デリックブームという。)について

規定する。

2.

引用規格  ここに掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成

する。これらの引用規格は,その最新版を適用する。

JIS F 2210

  デリックブーム基部金物−主要寸法

JIS F 2211

  デリックブーム頭部金物−固定形

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

3.

構成  デリックブームは,本体,頭部金物及び基部金物によって構成される。頭部金物及び基部金物

については,それぞれ JIS F 2210 及び JIS F 2211 による。

4.

組合せ  使用荷重によって,デリックブーム本体と金物との組合せは表 による。


2

F 2201 : 1998

表 1  デリックブーム本体と金物との組合せ

呼び記号

デ リ ッ ク ブ ー
ムの呼び

デ リ ッ ク ブ ー ム
の使用荷重  kN

デリックブーム本体の呼び

頭部金物  基部金物

1070, 1075

1T1

1H1

1080, 1085, 1090, 1095, 1100

1T2

1H2

 1

 9.8

1105, 1110, 1115, 1120, 1125

1T3

1H3

2070, 2075, 2080, 2085, 2090, 2095, 2100, 2105

2T1

2H1

 2

19.6

2110, 2115, 2120, 2125, 2130

2T2

2H2

3080, 3085, 3090, 3095, 3100, 3105, 3110, 3115,

3120, 3125, 3130, 3135, 3140

3T1 3H1

 3

29.4

3145, 3150, 3155

3T2

3H2

5100, 5105, 5110, 5115, 5120, 5125, 5130, 5135,

5140

5T1 5H1

 5

49.0

5145, 5150, 5155, 5160, 5165, 5170

5T2

5H2

10110, 10115, 10120, 10125, 10130, 10135,

10140, 10145, 10150, 10155, 10160, 10165,

10170, 10175

10T1 10H1

10 98.1

10180 10T2

10H2

15

147.0

15130, 15135, 15140, 15145, 15150, 15155,

15160, 15165, 15170, 15175, 15180

15T 15H

備考1.  デリックブーム本体の呼びは,デリックブームの呼び及びデリックブーム本体の有効長さを示

す数値による。

2.

金物の呼び記号は,デリックブームの呼び及び金物の略号による。

5.

構造,形状及び寸法  デリックブームの構造,形状及び寸法は,付図 及び付表 1のとおりとする。

6.

材料  デリックブームの本体材料は,JIS G 3101 の SS400 とする。ただし,船級協会規則を適用する

船では,船級協会規格材を用いる。

7.

製品の呼び方  デリックブームの呼び方は,規格の名称又は規格番号及びデリックブーム本体の呼び

による。

例  鋼板製デリックブーム 1070 又は JIS F 2201-1070

8.

表示  荷役試験終了後,デリックブームの見やすい位置に使用荷重及び制限角度を大きく表示しなけ

ればならない。

例  S. W. L. 10MT-15DEG


3

F 2201 : 1998

備考1.  デリックブーム本体の径は,主板の外径を示す。

2.

頭部二重張板及びふさぎ板は,主板と同じ厚さとする。

なお,寸法については JIS F 2211 

表 1による。

3.

裏波溶接を行う場合には,当て板は用いなくてもよい。

4.

全長にわたって外径が一定のデリックブームでは横縁継手は任意の位置に設けてもよいが,中央は避け,

できるだけ基部に寄せることが望ましい。

5.

カーゴフォール垂れ止めの形状及び寸法は,

参考図 に示す。

付図 1  デリックブーム本体 


4

F 2201 : 1998

付表 1  呼び デリックブーム

寸法 mm

参考

本体の
呼び

安全軸 
荷重

kN

(ブームの

最大軸力)

有効長
さ  L

mm

l

D

D

1

 

a

t

計算質量

t

中央の

慣性モ
ーメン
ト cm

4

回転

半径

cm

細 長

係数  座屈荷重

kN

座屈荷重

安全軸荷重

1070

34.3

 7 000   7 280  145  110  90

6

0.17

 634

4.92

142.3

8.84

224.6 6.5

1075

34.3

 7 500   7 780  155  110  90

6

0.19

 781

5.27

142.3

8.68

236.3

6.9

1080

34.3

 8 000   8 280  160  130  90

6

0.21

 862

5.45

146.8

9.17

254.0

7.4

1085

34.3

 8 500   8 780  170  130  90

6

0.23

1 041

5.80

146.6

8.97

265.8

7.7

1090

34.3

 9 000   9 280  175  130  90

6

0.25

1 139

5.98

150.5

8.89

256.9

7.4

1095

34.3

 9 500   9 780  180  130  90

6

0.27

1 243

6.16

154.2

8.81

247.1

7.2

1100

34.3

10 000  10 280  185  130  90

6

0.29

1 353

6.33

158.0

8.74

243.2

7.0

1105

34.3

10 500  10 780  190  155  90

6

0.32

1 469

6.51

161.3

9.17

251.1

7.3

1110

34.3

11 000  11 280  200  155  90

6

0.35

1 722

6.86

160.4

9.00

263.8

7.6

1115

34.3

11 500  11 780  205  155  90

6

0.37

1 858

7.04

163.4

8.92

257.9

7.5

1120

34.3

12 000  12 280  210  155  90

6

0.39

2 002

7.22

166.2

8.86

254.0

7.4

1125

34.3

12 500  12 780  215  155  90

6

0.41

2 153

7.39

169.1

8.80

250.1

7.2

備考  計算質量は,頭部及び基部金物の質量を含まない。

付表 2  呼び デリックブーム

寸法 mm

参考

本体の
呼び

安全軸 
荷重

kN

(ブームの

最大軸力)

有効長
さ  L

mm

l

D

D

1

 

a

t

計算質量

t

中央の
慣性モ
ーメン

ト cm

4

回転
半径

cm

細 長

係数  座屈荷重

kN

座屈荷重

安全軸荷重

2070

63.7

 7 000   7 290  155  150  110

6

0.19

 781

5.27

132.8

9.81

321.7

5.1

2075

63.7

 7 500   7 790  165  150  110

6

0.21

 948

5.63

133.3

9.49

329.5

5.2

2080

63.7

 8 000   8 290  175  150  110

6

0.24

1 139

5.98

133.8

9.24

338.3

5.3

2085

63.7

 8 500   8 790  180  150  110

6

0.25

1 243

6.16

138.1

9.13

323.6

5.1

2090

63.7

 9 000   9 290  190  150  110

6

0.28

1 469

6.51

138.3

8.96

334.4

5.3

2095

63.7

 9 500   9 790  195  150  110

6

0.30

1 592

6.69

142.1

8.88

322.6

5.1

2100

63.7

10 000  10 290  205  150  110

6

0.32

1 859

7.04

142.1

8.76

335.4

5.3

2105

63.7

10 500  10 790  210  150  110

6

0.34

2 002

7.22

145.5

8.70

325.6

5.1

2110

63.7

11 000  11 290  220  175  110

6

0.38

2 311

7.57

145.3

9.07

357.0

5.6

2115

63.7

11 500  11 790  225  175  110

6

0.41

2 477

7.75

148.5

9.00

347.2

5.4

2120

63.7

12 000  12 290  235  175  110

6

0.44

2 831

8.10

148.2

8.87

358.9

5.6

2125

63.7

12 500  12 790  240  175  110

6

0.46

3 021

8.28

151.0

8.82

351.1

5.5

2130

63.7

13 000  13 290  245  175  110

6

0.49

3 219

8.45

153.8

8.77

344.2

5.4

備考  計算質量は,頭部及び基部金物の質量を含まない。


5

F 2201 : 1998

付表 3  呼び デリックブーム

寸法 mm

参考

本体の
呼び

安全軸 
荷重

kN

(ブームの

最大軸力)

有効長
さ  L

mm

l

D

D

1

 

a

t

計算質量

t

中央の

慣性モ
ーメン
ト cm

4

回転

半径

cm

細 長

係数  座屈荷重

kN

座屈荷重

安全軸荷重

3080 93.2

 8 000

 8 440

205 205 135

6

0.30 1859

7.04 113.7

10.00

598.2 6.4

3085 93.2

 8 500

 8 940

205 205 135

6

0.31 1859

7.04 120.8

10.00

529.6 5.7

3090 93.2

 9 000

 9 440

210 205 135

6

0.34 2002

7.22 124.7 9.86

502.1 5.4

3095 93.2

 9 500

 9 940

215 205 135

6

0.36 2153

7.33 129.6 9.73

477.6 5.1

3100 93.2

10 000

10 440

225 205 135

6

0.38 2477

7.75 129.1 9.50

484.4 5.2

3105 93.2

10 500

10 940

235 205 135

6

0.41 2831

8.10 129.7 9.31

492.3 5.3

3110 93.2

11 000

11 440

240 205 135

6

0.44 3021

8.28 132.9 9.23

474.6 5.1

3115 93.2

11 500

11 940

250 205 135

6

0.47 3425

8.63 133.3 9.09

484.4 5.2

3120 93.2

12 000

12 440

255 205 135

6

0.49 3640

8.81 136.3 9.02

469.7 5.0

3125 93.2

12 500

12 940

265 205 135

6

0.53 4096

9.16 136.5 8.91

480.5 5.2

3130 93.2

13 000

13 440

270 205 135

6

0.55 4338

9.34 139.2 8.86

467.8 5.0

3135 93.2

13 500

13 940

280 205 135

6

0.59 4850

 9.73

139.3

8.77

480.5 5.2

3140 93.2

14 000

14 440

285 205 135

6

0.61 5120

 9.87

141.9

8.73

469.7 5.0

3145 93.2

14 500

14 940

295 220 135

6

0.66 5690

10.22 141.9 8.93

497.2 5.3

3150 93.2

15 000

15 440

300 220 135

6

0.69 5991

10.39 144.4 8.88

486.4 5.2

3155 93.2

15 500

15 940

310 220 135

6

0.73 6623

10.75 144.2 8.80

498.2 5.3

備考  計算質量は,頭部及び基部金物の質量を含まない。

付表 4  呼び デリックブーム

寸法 mm

参考

本体の

呼び

安全軸

荷重

kN

(ブームの

最大軸力)

有効長

さ  L

mm

l

D

D

1

 

a

t

計算質量

t

中央の
慣性モ

ーメン
ト cm

4

回転
半径

cm

細 長

係数  座屈荷重

kN

座屈荷重

安全軸荷重

5100

152.0

10 000  10 450  240  220  150

8

0.53

  3 928

  8.22

121.7

9.53

770.8

5.1

5105

152.0

10 500  10 950  250  220  150

8

0.57

  4 458

  8.56

122.7

9.35

778.6

5.1

5110

152.0

11 000  11 450  260  220  150

8

0.61

  5 033

  8.92

123.4

9.19

787.5

5.2

5115

152.0

11 500  11 950  270  220  150

8

0.65

  5 656

  9.27

124.1

9.06

798.3

5.2

5120

152.0

12 000  12 450  275  220  150

8

0.69

  5 986

  9.45

127.1

9.00

770.8

5.1

5125

152.0

12 500  12 950  285  220  150

8

0.73

  6 683

  9.80

127.6

8.90

783.6

5.2

5130

152.0

13 000  13 450  290  220  150

8

0.77

  7 051

  9.98

130.3

8.85

760.0

5.0

5135

152.0

13 500  13 950  300  220  150

8

0.82

  7 828

10.33

130.7

8.77

775.7

5.1

5140

152.0

14 000  14 450  310  220  150

8

0.86

  8 660

10.68

131.1

8.69

790.4

5.2

5145

152.0

14 500  14 950  315  250  150

8

0.93

  9 097

10.86

133.5

9.10

810.0

5.3

5150

152.0

15 000  15 450  325  250  150

8

0.98

10 015

11.21

133.8

9.00

834.5

5.4

5155

152.0

15 500  15 950  330  250  150

8

1.03

10 496

11.39

136.1

8.95

804.1

5.2

5160

152.0

16 000  16 450  340  250  150

8

1.08

11 504

11.74

136.3

8.87

820.8

5.4

5165

152.0

16 500  16 950  345  250  150

8

1.12

12 031

11.92

138.4

8.83

803.2

5.2

5170

152.0

17 000  17 450  355  250  150

8

1.18

13 134

12.27

138.6

8.76

819.8

5.3

備考  計算質量は,頭部及び基部金物の質量を含まない。


6

F 2201 : 1998

付表 5  呼び 10 デリックブーム

寸法 mm

参考

本体の
呼び

安全軸 
荷重

kN

(ブームの

最大軸力)

有効長
さ  L

mm

l

D

D

1

 

a

t

計算質量

t

中央の

慣性モ
ーメン
ト cm

4

回転

半径

cm

細 長

係数  座屈荷重

kN

座屈荷重

安全軸荷重

10110

235

11 000  11 470  295  270  180 10

0.87

  9 102

10.08

109.1

9.52  1 474.9

6.3

10115

235

11 500  11 970  300  270  180 10

0.92

  9 589

10.26

112.1

9.44  1 410.2

6.0

10120

235

12 000  12 470  305  270  180 10

0.97

10 094

10.44

114.9

9.37  1 352.3

5.7

10125

235

12 500  12 970  310  270  180 10

1.02

10 615

10.61

117.8

9.30  1 301.3

5.5

10130

235

13 000  13 470  315  270  180 10

1.06

11 155

10.79

120.5

9.24  1 256.2

5.3

10135

235

13 500  13 970  320  270  180 10

1.11

11 712

10.97

123.1

9.18  1 215.0

5.2

10140

235

14 000  14 470  325  270  180 10

1.16

12 287

11.14

125.7

9.13  1 177.8

5.0

10145

235

14 500  14 970  335  270  180 10

1.23

13 494

11.50

126.1

9.02  1 192.5

5.1

10150

235

15 000  15 470  345  270  180 10

1.29

14 778

11.85

126.6

8.94  1 208.2

5.1

10155

235

15 500  15 970  350  270  180 10

1.35

15 449

12.03

128.8

8.89  1 177.8

5.0

10160

235

16 000  16 470  360  270  180 10

1.42

16 852

12.38

129.2

8.82  1 195.4

5.1

10165

235

16 500  16 970  370  270  180 10

1.49

18 337

12.73

129.6

8.75  1 214.1

5.2

10170

235

17 000  17 470  375  270  180 10

1.55

19 111

12.91

131.7

8.72  1 188.6

5.1

10175

235

17 500  17 970  385  270  180 10

1.62

20 725

13.26

132.0

8.67  1 208.2

5.1

10180

235

18 000  18 470  390  305  180 10

1.73

21 564

13.44

133.9

9.03  1 235.6

5.2

備考  計算質量は,頭部及び基部金物の質量を含まない。

付表 6  呼び 15 デリックブーム

寸法 mm

参考

本体の
呼び

安全軸 
荷重

kN

(ブームの

最大軸力)

有効長
さ  L

mm

l

D

D

1

 

a

t

計算質量

t

中央の
慣性モ
ーメン

ト cm

4

回転
半径

cm

細 長

係数  座屈荷重

kN

座屈荷重

安全軸荷重

15130

333

13 000  13 540  320  290  210 10

1.11

11 712

10.97

118.5

9.47  1 352.3

4.1

15135

333

13 500  14 040  330  290  210 10

1.18

12 881

11.32

119.3

9.34  1 359.2

4.1

15140

333

14 000  14 540  340  290  210 10

1.24

14 126

11.67

120.0

9.22  1 369.0

4.1

15145

333

14 500  15 040  350  290  210 10

1.31

15 449

12.03

120.5

9.12  1 379.8

4.1

15150

333

15 000  15 540  355  290  210 10

1.36

16 140

12.20

123.0

9.07  1 339.6

4.0

15155

333

15 500  16 040  365  290  210 10

1.43

17 584

12.56

123.4

8.98  1 353.3

4.1

15160

333

16 000  16 540  375  290  210 10

1.50

19 111

12.91

123.9

8.90  1 369.0

4.1

15165

333

16 500  17 040  380  290  210 10

1.56

19 907

13.09

126.1

8.87  1 335.7

4.0

15170

333

17 000  17 540  390  290  210 10

1.64

21 564

13.44

126.5

8.80  1 352.3

4.1

15175

333

17 500  18 040  400  290  210 10

1.71

23 311

13.79

126.9

8.74  1 370.0

4.1

15180

333

18 000  18 540  405  290  210 10

1.77

24 129

13.97

128.9

8.71  1 340.0

4.0

備考  計算質量は,頭部及び基部金物の質量を含まない。


7

F 2201 : 1998

呼び寸法 L  計算質量 (kg)

適用ブームの呼び

400

400

2.49

1, 2, 3, 5

 700

700

3.83  15

備考1.  有効長さ16.0m 未満のブームは,有効長さの中央の下面に1個取り付ける。

2.

有効長さ 10.0m 以上のブームは,有効長さを 3 等分した位置の下面に 2 個取り付ける。

参考図 1  カーゴフォール垂れ止め