>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F

2104

-1995

船用一般クレーン

Ships’ cranes for general use

1.

適用範囲  この規格は,船に用いる使用荷重 5∼15kN の一般クレーン(以下,クレーンという。)に

ついて規定する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 1180

  六角ボルト

JIS B 1181

  六角ナット

JIS B 1351

  割りピン

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 3454

  圧力配管用炭素鋼鋼管

JIS G 4303

  ステンレス鋼棒

2.

構造,形状及び寸法  クレーンの構造,形状及び寸法は,付図 のとおりとする。

3.

材料  クレーンの材料は,次の表 のとおりとする。

表 1

部品番号

部品名称

材料

1

ジブ

JIS G 3454

の STPG 370

2

ジブ頭部金物

3

ジブ下部金物

4

アイプレート

5

ジブ金物

JIS G 3101

の SS 400

6

六角ボルト及びナット

JIS G 4303

の SUS 304 及び JIS G 3101 の SS 400

7

割りピン

黄銅線

8

座金

黄銅板

9

ステー

JIS G 3101

の SS 400

10

ステー金物

JIS G 3101

の SS 400

11

六角ボルト及びナット

JIS G 4303

の SUS 304 及び JIS G 3101 の SS 400

12

割りピン

黄銅線

13

座金

黄銅板

備考  材料は主管庁・船級協会による要求がある場合にはこれに従う。

4.

試験及び検査

4.1

外観検査  クレーンの外観は欠点がなく,確実な溶接が施され,本体の回転が円滑でなければなら

ない。


2

F 2104-1995

4.2

その他の検査  主管庁又は船級協会の要求がある場合には,これに従って試験及び検査を行う。

5.

製品の呼び方  クレーンの呼び方は,規格の名称及び呼びによる。ただし,規格の名称の代わりに規

格番号を用いてもよい。

  船用一般クレーン 5-10 又は JIS F 2104-5-10 

6.

表示  クレーンには見やすい位置に使用荷重を表示する。

  S. W. L. 5 kN, S. W. L. 10 kN 


 

3

F 210

4-199

5

付図 1

単位 mm

備考1.  六角ボルトは,JIS B 1180の規定による。

2.

六角ナットは,JIS B 1181 の規定による。

3.

割りピンは,JIS B 1351 の規定による。


 

4

F 210

4-199

5

単位 mm

ジブ,ステー及びアイプレート

ステー金物

呼び

H

L

L

1

D

t

R

b

h

1

l

l

l

l

2

l

3

l

4

l

5

l

6

l

7

t

1

t

2

t

3

B

B

1

B

2

d

d

l

h

2

t

4

l

8

5-10

700

1 000

1 155

42.7

4.9

28 25 27.5

49 50

90

100

70

70

50

74.5

14 22

9

50

80

90

M20

22 15 10 62

5-15

800

1 500

1 625

48.6

5.1

28 25 37

49 50

80

100

70

70

50

98

14 22

9

60

90

100

M20

22 15 10 62

5-20

900

2 000

2 110

60.5

5.5

28 25 46.5

49 50

80

100

70

80

50

117

14 22

9

75

100

115

M20

22 15 10 62

10-10

700

1 000

1 145

60.5

5.5

35 30 33

60 60

110

110

70

90

55

93

19 25

9

75

100

115

M24

26 15 12 70

10-15

800

1 500

1 615

76.3

5.2

35 30 43.5

60 60 100

110

70

95

55

122.5

19 25

9

90

110

115

M24

26 15 12 70

10-20

900

2 000

2 100

76.3

7

35 30 64.5

60 60 100

110

70 100

55

146

19 25

9

90

110

130

M30

32 20 14 85

15-10

700

1 000

1 135

76.3

5.2

40 35 34

65 70 125

120

80 105

60

100

19 30 12

90

120

130

M30

32 20 14 85

15-15

800

1 500

1 605

76.3

7

40 35 48

65 70

110

120

80 105

60

132

19 30 12

90

120

130

M30

32 20 14 85

15-20

900

2 000

2 090

89.1

7.6

40 35 64.5

65 70

110

120

80

110

60

157

19 30 12

100

120

140

M30

32 20 14 85

ステー金物

ジブ金物

溶接脚長 使用荷重計算質量

呼び

R

1

t

5

h

3

  B

3

d

2

d

3

h

4

h

5

l

9

t

6

t

7

R

2

θ

θ

1

座金

座金

割りピン

割りピン

f

f

1

f

2

(kN)

(kg)

(参考)

組合せ可能 
シャックル

5-10

25

8  55 120 M24  26 28 120 97 12 20 35 35

° 125° 4×22×50 4×26×70 4×30 5×40 8

4

6

18.3

5-15

30

8  55 120 M24  26 28 120 97 12 20 35 28

° l18° 4×22×50 4×26×70 4×30 5×40 8

4

6

25.3

5-20

37.5

8  55 120 M27  29 28 120 100 12 20 35 24

° 114° 4×22×50 4×26×70 4×30 5×45 8

5

6

5

36.7

SC 12

∼SD 16

10-10

37.5  10  70 135 M30  32 32 135 112 14 22 40 35

° 125° 4×26×70 4×32×80 5×40 6×45 10

5

7

29.3

10-15

45

10  70 135 M30  32 32 135 112 14 22 40 28

° 118° 4×26×70 4×32×80 5×40 6×45 10

5

7

40.4

10-20

45

12  80 135 M33  35 32 135 114 14 22 40 24

° 114° 4×32×70 4×32×80 6×50 6×50 12

5

7

10

54.5

SC 14

∼SD 2

15-10

45

12  80 150 M36  38 40 150 136 16 25 45 35

° 125° 4×32×70 6×38×90 6×50 8×55 12

5

10

41.5

15-15

45

12  80 150 M36  38 40 150 136 16 25 45 28

° 118° 4×32×70 6×38×90 6×50 8×55 12

6

10

54.7

15-20

50

12  80 150 M39  41 40 150 138 16 25 45 24

° 114° 4×32×70 6×38×90 6×50 8×60 12

6

10

15

71.7

SC 18

∼SD 24