>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F

2029

-1997

えい航及び係船用ブラケット

Towing and mooring brackets

1.

適用範囲  この規格は,第 2 種アンカーチェーンを用いて船をえい航又はブイなどに係船する場合に

用いるえい航及び係船用ブラケット(以下,ブラケットという。

)について規定する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS F 3906

  船用鎖ひも

JIS F 3907

  船用鎖ひも S 形環

JIS F 3908

  船用鎖ひもアイプレート

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 3106

  溶接構造用圧延鋼材

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

JIS H 3250

  銅及び銅合金棒

2.

構造,形状及び寸法  ブラケットの構造,形状及び寸法は,付図 のとおりとする。

3.

材料  ブラケットの材料は,表 のとおりとする。

表 1  材料

部品番号

部品名称

材料

1

礎板

JIS G 3101

の SS400 又は JIS G 3106 の SM400B 若し

くは SM400C

2

ピン

JIS G 4051

の S45C

3

アイプレート

JIS G 3101

の SS400 又は JIS G 3106 の SM400B 若し

くは SM400C

4

アイ

鋼板

5

ストッパピン

JIS H 3250

の C3771BE

6

鎖ひも

JIS F 3906

の B 又は U による。

7 S

形環

JIS F 3907

の B 又は U による。

8

鎖ひもアイプレート

JIS F 3908

の B−S,B−U,C−S 又は C−U による。

備考  JIS G 4051 の S45C は,適切な熱処理を施さなければならない。

部品番号⑥∼⑧の材料は,使用者の指示による。

4.

製品の呼び方  ブラケットの呼び方は,規格の名称及び呼びによる。又は規格の名称の代わりに規格

番号を用いてもよい。


2

F 2029-1997

1.  えい航及び係船用ブラケット52

2.  JIS F 2029-52

付図 1


3

F 2029-1997

付図 1(続き)

呼び  適用する

アンカー

チェーン

の呼び径

礎板

ピン

アイプレート

アイ

スト

ッパ

ピン

溶接

脚長

(kg)

  L

1

  L

2

  L

4

  B

B

1

  B

2

  t

3

D

L

l

l

1

l

2

l

3

t

4

h

d

1

L

3

H

D

1

D

3

R

t

t

1

  D

2

  S

e

l

4

f

f

1

52 50

∼52 425  470  95  70 165 230  12  65 430

175 175 135

100

415 130

70 160

95

22

72 245

115  10

55

56 54

∼56 450  500 100  75 180 250  14  70 455

190 185 145

110

450 140

75 170 100

14

77 255

120  11

7

70

60 58

∼60 475  540 115  80 195 260

75 475

200 195 155

120

480 150

80 180 105

25

82 265

130

83

64 62

∼64 500  580 120  85 205 270

16

80 505

215 210 170

130

13

510 160

85 190 110

16

87 280

15

135

12

8

99

68 66

∼68 530  610 125  90 220 300

85 525

225 220 175

140

545 170

90 200 120

28

92 290

145  13

121

73 70

∼73 560  660 130 100 235 310

19

90 560

245 230 190

150

585 180

95 220 130

30

19

97 305

150  14

9

144

78 76

∼78 600  700 140 105 260 340

95 590

260 250 200

160

625 195 100 230 135

32

102 320

160  15

180

84 81

∼84 620  760 150 110 270 360

22

100 615

80

275 260 210

32

170

670 210 105 250 145

35

22

107 330

165  16

219

90 87

∼90 695  810 160 120 295 390

110 685

300 285 235

180

16

720 225 115 270 160

25 117 375

18

180 17

10

280

95 92

∼95 725  860 170 130 305 410

25

120 720

320 300 245

190

760 235 120 280 170

38

127 390

190  18

321

102 97

∼102 765  920 185 135 330 440

130 745

330 315 260

205

815 255 135 300 180

40

137 405

205  19

386

111 105

∼111 805 1

000 200 145 350 470

140 790

355 335 280

220

890 275 145 330 190

45

28

147 425

215  20

465

120 114

∼120 850 1

080 220 160 370 510

28

150 845

385 360 305

240

960 300 155 350 205

50

30 157 450

230  21

586

132 124

∼132 910 1

200 240 175 395 560  30 160 905

100

415 385 330

40

260

19

1 050 330 165 390 225

50

35 167 480

21

245 22

11

723

関連規格  JIS F 3303  フラッシュバット溶接アンカーチェーン


4

F 2029-1997

外ぎ装委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

鈴  木  博  己

三菱重工業株式会社神戸造船所

沖  本  幹  雄

財団法人日本海事協会

新  居  俊  三

株式会社太洋マリンマネージメント

井  村  正  彦

八馬汽船株式会社

樽      正  博

石川島播磨重工業株式会社愛知工場

飯  本  弘  一

川崎重工業株式会社神戸設計部

安孫子  玲一郎

日立造船株式会社船舶・防衛事業本部

叶      耕  治

三井造船株式会社玉野設計室

丸  山  修  史

住友重機械工業株式会社追浜造船所

藤  原      延 NKK 津製作所

悦  勝  三  次

株式会社サノヤス・ヒシノ明昌

松  浦  昭  二

幸陽船渠株式会社

三  島  明  彦

常石造船株式会社

島  居  貞  博

尾道錨製造株式会社

下  川  晃  正

日本機械製鎖株式会社

山  本  繁  樹

濱中製鎖工業株式会社

園  田  輝  一

株式会社園田滑車工業所

内  山  幸  治

株式会社立野製作所

木  舟  伸  彦

株式会社寺本鉄工所

村  上  伸  夫

株式会社福島製作所

山  科  弘  勝

辻産業株式会社

吉  本  耕  三

内外製綱株式会社紀北工場

溝  口  徹  也

清本鐵工株式会社佐賀支社

中  川      大

株式会社共立機械製作所

安  藤  次  郎

石川島播磨重工業株式会社名古屋工場

馬  場  寿  次

三菱重工業株式会社長崎造船所

秦      謙太郎

川崎重工業株式会社西神戸工場

(事務局)

木  田      宏

財団法人日本船舶標準協会