>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F

2026

-1980

水平ローラ付フェアリーダ

Fairleads with Horizontal Rollers

1.

適用範囲  この規格は,係留などのロープガイドに用いる水平ローラ付フェアリーダ(以下,フェア

リーダという。

)について規定する。

引用規格: 

JIS B 0202

  管用平行ねじ

JIS B 0203

  管用テーパねじ

JIS B 1117

  すりわり付き止ねじ

JIS B 1180

  六角ボルト

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 3444

  一般構造用炭素鋼鋼管

JIS G 3445

  機械構造用炭素鋼鋼管

JIS G 3454

  圧力配管用炭素鋼鋼管

JIS G 3455

  高圧配管用炭素鋼鋼管

JIS G 3456

  高温配管用炭素鋼鋼管

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

JIS G 5101

  炭素鋼鋳銅品

JIS H 5111

  青銅鋳物

2.

種類  フェアリーダの種類は,ローラの数及びローラの配置によって表 の 3 種類とする。

表 1

種類

ローラの数

ローラの配置

 A

形 4

 BR

付図 のとおり

 BL

5

付図 と対称

3.

構造,形状及び寸法  フェアリーダの構造,形状及び寸法は,原則として付図 1のとおりとする。

4.

品  質

4.1

外  観  フェアリーダの外観は,割れ,使用上有害な傷などの欠点がなく,仕上げは良好でなけれ

ばならない。

4.2

作  動  フェアリーダの回転部は,円滑に作動しなければならない。


2

F 2026-1980

5.

材  料  フェアリーダの材料は,表 のとおりとする。

表 2

部品番号

部品名称

材料

部品番号

部品名称

材料

1

フレーム

JIS G 3101

の SS41 8

ブシュ

JIS H 5111

の BC6

9

止ねじ

鋼  線

2

縦ローラ

10

軸  受

棒鋼,鋼板又は鋳鋼

11

座  金

黄銅板

3

水平上ローラ

12

座  金

黄銅板

13

固定板

鋼板

4

水平下ローラ

JIS G 3101

の SS41,

JIS G 3444

の STK41,

JIS G 3445

の SKTM14A, l

JIS G 3454

の STPG42,

JIS G 3455

の STS42,

JIS G 3456

の STPT42,

JIS G 5101

の SC49

14

六角ホルト

棒鋼

5

縦ローラピン 15

グリースニップル

黄銅

6

水平上ローラピン 16

ピン引抜用アイ

棒鋼

7

水平下ローラピン

JIS G 4051

の S35C

6.

検査

6.1

外観検査  フェアリーダの外観検査は,目視によって行い,4.1 の規定に適合しなければならない。

6.2

作動検査  フェアリーダの作動検査は,人力でローラを回転したとき 4.2 の規定に適合しなければな

らない。

7.

製品の呼び方  フェアリーダの呼び方は,規格名称,種類及び呼び径による。ただし,規格名称の代

わりに規格番号を用いてもよい。

例: 水平ローラ付フェアリーダ A 形 140 又は JIS F 2026 A 140


3

F 2026-1980

付図 1  

単位 mm

フ  レ  ー  ム

呼び径

B

B

1

b

b

1

b

2

D

D

1

D

2

D

3

H

h

h

1

h

2

L

L

1

l

l

1

l

2

140

310  355  150   69  20

 90  140

120

 80

480

275

130

40

515   805  335  120

 60

160

360  405  175   82  22

110  160

140

 90

515

290

145

45

570   890  365  135

 65

180  410 455 200

95  24  135 180

150

100

560

315

155

50

620

960 390 145

70

200  460 505 225 108  26  160 200

160

110

590

330

170

60

675 1049 420 160

80

250  565 610 280 133  30  200 250

200

130

715

415

195

75

825 1303 520 210

105

315  670 715 330 159  34  240 300

240

160

870

520

220

90

980 1562 620 260

130

フ  レ  ー  ム

溶  接  脚  長

参考

呼び径

l

3

l

4

R

t

t

1

t

2

t

3

t

4

f

f

1

f

2

f

3

適用ワイヤ

ロープ径

開口寸法

(縦×横)

計算質量

(kg)

140  50 20 40 12

10 16

6

20

9

6

12

4

18

148

×195 187

160  50 20 45 14

10 18

8

22

9

7

12

6

  22.4 150×200 277

180  50 20 50 16

10 20 10

24

9

9

12

8

25

150

×199 387

200  50 20 60 18

12 22 10

26

10

10

14

8

28

152

×204 510

250  60 25 75 20

14 26 12

30

10

12

14

10

  35.5 199×253 900

315  60 25 90 22

16 30 14

34

12

14

16

10

  42.5 253×302 1232

備考1.  太字は規定寸法,その他は参考寸法を示す。

2.

計算質量はローラ及びローラピンの計算質量を含む。


4

F 2026-1980

付図 2  BR 

単位 mm

フ  レ  ー  ム

呼び径

B

B

1

b

b

1

b

2

b

3

b

4

D

D

1

D

2

D

3

H

h

h

1

h

2

h

3

L

L

1

140

310  390  150   69

20

 45

25

 90

140

120

 80

480

275

130  40

 50  515

 805

160

360  460  175   82

22

 65

35

110

160

140

 90

515

290

145  45

 60  570

 890

180  410 525 200

95 24

80 40

135

180

150

100

560

315

155 50

70 620

960

200  460 583 225 108 26

90 45

160

200

160

110

590

330

170 60

80 675

1049

250  565 701 280 133 30 105 55

200

250

200

130

715

415

195 75

90 825

1303

315  670 824 330 159 34 125 65

240

300

240

160

870

520

220 90 100 980

1562

フ  レ  ー  ム

溶  接  脚  長

参  考

呼び径

l

l

1

l

2

l

3

l

4

R

R

1

t

t

1

t

2

t

3

t

4

f

f

1

f

2

f

3

計算質量

(kg)

140

335  120   60

50

20

40   70

12

10

16

6

20

 9

 6

12

 4

 235

160

365  135   65

50

20

45   85

14

10

18

8

22

 9

 7

12

 6

 353

180

390  145   70

50

20

50   95

16

10

20

10

24

 9

 9

12

 8

 496

200 420

160

80 50 20 60 110

18

12

22

10

26

10

10 14

8

648

250 520

210

105 60 25 75 135

20

14

26

12

30

10

12 14 10

1176

315 620

260

130 60 25 90 160

22

16

30

14

34

12

14 16 10  2050

備考1.  太字は規定寸法,その他は参考寸法を示す。

2.

計算質量はローラ及びローラピンの計算質量を含む。

3.

適用ワイヤロープの径及び開口寸法は

付図 を参照のこと。

4. BL

形は BR 形と対称とする。


5

F 2026-1980

付図 3  ローラ

単位 mm

縦  ロ  ー  ラ

水平上ローラ

ロ  ー  ラ

ブ  シ  ュ

座  金

ロ  ー  ラ

呼び径

D

L

l

1

t

f

D

1

D

2

l

D

3

t

1

t

2

D

L

t

f

140  139.8  445

 6

13.5

 8

 56

 66

40

 88

 6

13

114.3  499   6.6

4

160  165.2  480

 8

16.2

10

 67

 77

50

105

 6

13

114.3  554   9.0

4

180  190.7  525

12

17.0

10

 73

 85

55

130

 8

13

139.8  604   8.5

4

200  216.3  555

14

17.9

10

 80

 92

60

155

 8

13

139.8  659  10.3

6

250  267.4 680  20  22.2  12   98

114

75

195

10

13

165.2 801  13.2  8

315  318.5 830  24  26.2  14  117

133

90

235

10

18

216.3 960  13.5  8

水平上ローラ

水平下ローラ

ブ  シ  ュ

座  金

ロ  ー  ラ

ブ  シ  ュ

座  金

呼び径

D

1

D

2

l

D

3

t

1

D

L

t

f

D

1

D

2

l

D

3

t

1

140

32

42

20

 75

6

139.8

499

10.7

 6

47

 57

35

 88

 6

160

37

47

23

 75

6

165.2

554

12.8

 8

55

 65

40

105

 6

180

40

50

25

 88

6

190.7

600

13.3

 8

60

 70

45

130

 8

200

43

53

28

 88

6

216.3

655

14.0

 8

65

 75

50

155

 8

250  53 63 35 105 6 267.4

801

17.3

10

82

94

65

195 10

315  62 72 43 155 8 318.5

954

20.2

12

96

108

75

235 10

備考1.  太字は規定寸法,その他は参考寸法を示す。

2.  t

は最小寸法を示す。

3.

止ねじは JIS B 1117(すりわり付き止ねじ)の M6 とする。

4.

グリースニップルのねじは JIS B 0202(管用平行ねじ)又は JIS B 0203(管用テーパねじ)
の規定による。


6

F 2026-1980

付図 4  ローラピン

単位 mm

縦  ロ  ー  ラ  ピ  ン

水平上ローラピン

ピ  ン

ピン引抜アイ

固  定  板

六角ボ

ル  ト

ピ  ン

ピン引
抜アイ

呼び径

d

L

l

l

1

b

b

1

b

2

d

1

h

b

3

l

2

l

3

t

d

2

d

L

l

l

1

b

b

1

b

2

140   55  517   76  25

16

18

16

 9

50

40

100

 60

 8

M16 31   567  44  10  25

− −

160   66  554   83  25

19

30

16

 9

60

40

110

 70

10

M16 36   626  48  10  30

− −

180   72  604   91  28

22

30

20

 9

60

40

120

 80

12

M20 39   680  51  10  33

− −

200

79

636

95 28 25 30 20 13

60

50

150

100

12

M20 42

739

54

10

34

− −

250

97

765

107 28 28 40 20 16

60

50

170

120

12

M20 52

901

66

12

42 20 16

315 116

931

130 35 38 40 20 16

60

50

170

120

12

M20 61

1070

77

15

51 25 16

水平上ローラピン

水平下ローラピン

ピン引 
抜アイ

固  定  板

六角ボ

ル  ト

ピ  ン

ピン引抜アイ

固定板

六角ボ

ル  ト

呼び径

d

1

h

b

3

l

2

l

3

t

d

2

d

L

l

l

1

b

b

1

b

2

d

1

h

b

3

l

2

l

3

t

d

2

140

30   70

40

6  M10

46

 567

52

10

38

15 13  6 50  40   80   40   6 M12

160

30   70

40

6  M10

54

 630

58

12

44

18 16  9 50  40   90   50   8 M16

180

30   70

40

6  M10

59

 690

66

15

49

25 16  9 50  40  100   60   8 M16

200

40   90

50

6  M12

64

 749

70

15

52

30 16  9 60  40  120   80  10 M16

250 6 50 40

100

60 8

M16

81

913

87

18

67

30 20 13 60

50

150

100

12 M20

315 9 50 40

120

80 8

M16

95

1076

96

18

81

40 20 16 60

50

170

120

12 M20

備考1.  太字は規定寸法,その他は参考寸法を示す。

2.

六角ボルトは JIS B 1180(六角ボルト)の規定による。

3.

グリースニップルのねじは JIS B 0202 又は JIS B 0203 の規定による。


7

F 2026-1980

船舶部会  けい船用器具専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

富  川  直  彦

三菱重工業株式会社神戸造船所造船設計部

栗  山      劭

運輸省船舶局

仲井真  弘  多

工業技術院標準部

草  野      博

財団法人日本船舶標準協会

釈          弘

財団法人日本海事協会

山  田      清

株式会社アジア船舶工業社

百合草  正  韶

船舶整備公団

奥  山  孝  志

社団法人日本中型造船工業会

大  友  義  雄

株式会社立野製作所

寺  本  虎  夫

株式会社寺本鉄工所

池  田  介  義

日立造船株式会社船舶営業本部

田  中  英  夫

住友重機械工業株式会社船舶本部

長谷川  照  一

日本鋼管株式会社鶴見造船所

平  田      勝

三井造船株式会社千葉造船所

村  山      肇

川崎重工業株式会社造船設計部

青  山  俊  久

ジャパンライン株式会社

森  川      卓

社団法人日本船主協会

(事務局)

石  井  清  次

工業技術院標準部機械規格課

津  金  秀  幸

工業技術院標準部機械規格課