>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F

2005

-1975

クローズドチョック

Closed Chocks

1.

適用範囲  この規格は,船に用いるクローズドチョックについて規定する。

引用規格: 

JIS G 3525

  ワイヤロープ

JIS G 5101

  炭素鋼鋳鋼品

JIS L 2701

  麻ロープ

2.

構造,形状及び寸法  構造,形状及び寸法は,付図 及び付図 のとおりとする。

3.

材料  材料は,表のとおりとする。

呼び寸法

材料

100mm

∼200mm

鋳鋼

250mm

∼500mm

JIS G 5101

の SC 42

4.

製品の呼び方  製品の呼び方は,規格名称及び呼び寸法による。ただし,規格名称の代わりに規格番

号を用いてもよい。

例: クローズドチョック 100 又は JIS F 2005-100 


2

F 2005-1975

付図 1

単位 mm

適用ロープの呼び径

(参  考)

呼び寸法

L

L

1

L

2

B

H

H

1

H

2

H

3

R

R

1

T

(T

1

)

(R

2

)

(R

3

)

溶接

脚長

計算

質量

(kg)

ワイヤ

ロープ

(6

×24)

麻ロ

ープ

ナイロ

ンロー

100

100  35  170

60

76 141  30

35

38

73

12

(10)

(30)

(18)

7

3.7

14

24

18

150

150 50 250

90 110 205 45

50

55

105

16

(12)

(45)

(29)

8  10.5  16

30  22

200

200  70  340 120 150 280  60

70

75

145

20

(16)

(60)

(40)

9  24.0

18

40

28

備考1.  表中の(  )内は,参考寸法を示す。

2.

適用ロープ中,ワイヤロープは JIS G 3525(ワイヤロープ)の 4 号 (6×24),麻ロープは JIS L 2701(麻ロー
プ)の 1 類マニラロープ 1 種による。

3.

ロープのすれる面は,滑らかに仕上げる。


3

F 2005-1975

付図 2

単位 mm

単位 mm

適用ロープの呼び径

(参  考)

L

L

1

L

2

L

3

L

4

B

H

H

1

H

2

H

3

R

R

1

R

2

R

3

r

1

r

2

T

T

1

計算

質量

(kg)

ワイヤロープ

麻ロ

ープ

250  250   92  100  250  434  160  200  372   80   92

100

192

 80

 56

20

15

24

20

 48

20   (6

×12)

50

300 300 114 110 300 528 200 250 464 100 114

125

239

100

72

25

20

28

22

83  22.4

(6

×12)

60

350 350 125 125 350 600 220 250 485 110 125

125

250

110

80

30

20

30

22

103  24

 (6

×24)

70

400 400 136 135 370 672 240 250 506 120 136

125

261

120

88

30

20

32

25

136  26

(6

×24)

80

450 450 148 150 400 746 260 250 528 130 148

125

273

130

94

30

20

36

28

184  30

 (6

×24)

85

500 500 160 175 450 820 280 250 550 140 160

125

285

140

100

30

20

40

30

232  35.5

(6

×24)

90

備考1.  適用ロープ中,ワイヤロープは JIS G 3525の2号 (6×12)  及び4号 (6×24),麻ロープは JIS L 2701の1類マニ

ラロープ1種による。

2.

ロープのすれる面は,滑らかに仕上げる。


4

F 2005-1975

船舶部会  けい船用器具専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

小  山  永  敏

横浜国立大学工学部

山  田      清

株式会社アジア船舶工業社

宇都宮  達  男

財団法人日本海事協会

尾  花      皓

運輸省船舶局

逢  坂  國  一

工業技術院標準部

草  野      博

財団法人日本船舶標準協会

大  友  義  雄

株式会社立野製作所

寺  本  虎  夫

株式会社寺本鉄工所

伊  藤  哲  司

三井造船株式会社千葉造船所造船設計部

平      貴  夫

日本鋼管株式会社鶴見造船所造船設計部

花  田  堯之助

石川島播磨重工業株式会社横浜第 2 工場造船設計部

浜  野  亮太郎

住友重機械工業株式会社船舶事業部

平  山  了  也

日立造船株式会社堺工場造船部

田  中  誠  一

川崎重工業株式会社造船事業部造船設計部

粟  津      曻

三菱重工業株式会社神戸造船所造船設計部

安  藤  健  蔵

佐世保重工業株式会社佐世保造船所造船設計部

奥  山  孝  志

社団法人日本中型造船工業会技術部

青  山  俊  久

ジャパンライン株式会社工務部

森  川      卓

社団法人日本船主協会船舶部

和  田  雅  敬

船舶整備公団

(事務局)

桜  井  俊  彦

工業技術院標準部機械規格課

佐  野  則  雄

工業技術院標準部機械規格課