>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F

2004

-1995

鋼板製デッキエンドローラ

Steel plate deck end rollers

1.

適用範囲  この規格は,主として船の係留,荷役,ボート揚げ卸し装置などに用いる呼び 2T(使用荷

重 20kN)の鋼板製デッキエンドローラについて規定する。

備考  この規格の引用規格を,以下に示す。

JIS B 1180

  六角ボルト

JIS B 1256

  平座金

JIS F 2003

  鋳鉄製デッキエンドローラ

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 3454

  圧力配管用炭素鋼鋼管

JIS H 5111

  青銅鋳物

2.

種類  デッキエンドローラの種類は,形状によって図 に示す A 形,B1 形及び B2 形の 3 種類とする。

図 1

3.

構造,形状及び寸法  デッキエンドローラの構造,形状及び寸法は,付図 及び付図 によるほか,

次の各号による。

(1)  A

形は,

付図 に示す B1 形の右側つめ部の代わりに,左右対称に縦ローラを配置した構造とする(図

1

参照)

(2) B1

形は,

付図 のとおりとする。

(3) B2

形は,

付図 に示す B1 形の縦ローラとつめ部の位置を左右反対に配置したものとする(図 参照)。

(4)

ローラは,JIS F 2003 の規定のものを使用してもよい。

(5)

座金は内径を 36mm とするほか,JIS B 1256 による。

(6)

六角ボルトは,JIS B 1180 の規定による。

(7)

グリースニップルの形状は,参考として示す。


2

F 2004-1995

4.

材料  デッキエンドローラの材料は,次の表 のとおりとする。

表 1

部品番号

部品名称

材料

1

本体

JIS G 3101

の SS 400

2

横ローラ

3

縦ローラ

JIS G 3454

の STPG 370 又は

JIS G 3101

の SS 400 及び棒鋼

4

ブシュ

JIS H 5111

の BC 6

5

止めねじ

鋼線

6

横ローラ軸

7

縦ローラ軸

JIS G 3101

の SS 400

8

座金

黄銅板又は黄銅棒

9

ローラ軸固定板

鋼板

10

六角ボルト

黄銅棒

11

グリースニップル

黄銅

5.

外観  デッキエンドローラの外観は,使用上有害な欠点がなく,確実な溶接が施され,ローラは回転

が円滑で,できるだけひずみがないものとする。

6.

製品の呼び方  デッキエンドローラの呼び方は,規格の名称又は規格番号及び種類による。

  鋼板製デッキエンドローラ A 形又は JIS F 2004 A

7.

表示  本体の見やすいところに容易に消えない方法で,次の事項を表示する。

(1)

呼び

(2)

製造業者名又はその略号

参考  JIS F 2004 の規定は,JIS F 2003 の規定と同様に横ローラ,縦ローラとも,これらローラ軸に直

角にかかる荷重が 20kN である場合に,各部の安全率が 5 以上となるように設計してある。


3

F 2004-1995

付図 1  B1 

備考  計算質量:A 形 33.7kg,B1 形及び B2 形 30kg


4

F 2004-1995

付図 2  ローラ及びローラ軸

備考  ローラの径は鋼管製 (STPG 370) の場合の寸法を示し,鋼板製 (SS 400) の場合は,括弧内の寸

法とする。


5

F 2004-1995

船舶部会  けい船用器具専門委員会  構成表(昭和 48 年 2 月 1 日改正のとき)

氏名

所属

(委員会長)

小  山  永  敏

横浜国立大学工学部

山  田      清

株式会社アジア船舶工業社

宇都宮  達  男

財団法人日本海事協会船体部

尾  花      皓

運輸省船舶局

福  島  公  夫

工業技術院標準部

草  野      博

財団法人船舶 JIS 協会

大  友  義  雄

株式会社立野製作所

寺  本  虎  夫

株式会社寺本鉄工所

伊  藤  哲  司

三井造船株式会社千葉造船所造船設計部

平      貴  夫

日本鋼管株式会社鶴見造船所造船設計部

花  田  堯之助

石川島播磨重工業株式会社横浜第 2 工場造船設計部

浜  野  亮太郎

住友重機械工業株式会社船舶事業部造船設計部

平  山  了  也

日立造船株式会社堺工場造船部

田  中  誠  一

川崎重工業株式会社造船事業部造船設計部

北  見  鍈  一

三菱重工業株式会社神戸造船所造船設計部

安  藤  健  蔵

佐世保重工業株式会社佐世保造船所造船設計部

奥  山  孝  志

社団法人日本中型造船工業会技術部

青  山  俊  久

ジャパンライン株式会社工務部

森  川      卓

社団法人日本船主協会船舶部

平  野  静  雄

船舶整備公団工務部

(事務局)

桜  井  俊  彦

工業技術院標準部機械規格課

橋  本  孔  佐

工業技術院標準部機械規格課

(事務局)

小  林  秋  穂

工業技術院標準部機械規格課(平成 2 年 7 月 5 日改正のとき)

山  形  智  幸

工業技術院標準部機械規格課(平成 2 年 7 月 5 日改正のとき)

(事務局)

高  橋      潔

工業技術院標準部機械規格課(平成 7 年 3 月 28 日改正のとき)