>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F

2001

-1995

ボラード

Bollards

1.

適用範囲  この規格は,船に用いるボラードについて規定する。

備考  この規格の引用規格を,以下に示す。

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 3106

  溶接構造用圧延鋼材

JIS G 3454

  圧力配管用炭素鋼鋼管

JIS G 3456

  高温配管用炭素鋼鋼管

JIS L 2701

  麻ロープ

2.

構造,形状及び寸法  ボラードの構造,形状及び寸法は,付図 によるほか次のとおりとする。

(1)

礎板の高さ 寸法は,最小値を示すが木甲板を張った鋼甲板に直接ボラードを取り付ける場合,

付図

1

に示すとおり木甲板の上面から最小値 15 mm 高くする。

(2)

適用ロープの径は,ボラードの強度に対応して用いることができる最大のものを参考のために示す。

(3)

ロープさばきのためのつめは,注文者の指示によって取り付けてもよい。

3.

外観  ボラードの外観は,割れ,使用上有害なきず,さびなどの欠点がなく,仕上げは良好でなけれ

ばならない。

4.

材料  ボラードの材料は,表 による。

表 1

番号

名称

材料

1

JIS G 3106

の SM400B 若しくは SM400C, JIS G 3101 の SS 400, JIS G 3454 の STPG 370 若し

くは STPG 410 又は JIS G 3456 の STPT 370 若しくは STPT 410

2

礎板

JIS G 3106

の SM 400 B 若しくは SM 400 C 又は JIS G 3101 の SS 400

5.

外観検査  ボラードの外観検査は,目視によって行い,3.の規定に適合しなければならない。

6.

製品の呼び方  ボラードの呼び方は,規格の名称又は規格番号及び呼び径(つめ付きの場合は,末尾

に N を付記する。

)による。

例  ボラード  100 又は JIS F 2001-100 

ボラード  100N 又は JIS F 2001-100N


2

F 2001-1995

付図 1


 

3

F 200

1-199

5

付図 1(続き)

単位 mm

礎板

呼び径

D

D

1

H

H

1

最小

t

最小

t

1

t

2

h

1

e

b

h

2

l

1

r

B

L

最小

h

最小

t

3

l

R

リブ

100

114.3  145   196   150

10

 6

 7

 40

 6

 250

 165

 445

 50

 6

 70

15

 6

× 40

125

139.8  180   246   190

10

 6

 8

 50

 6

 315

 195

 540

 60

 6

100

15

 6

× 50

160

165.2  210   316   250

10

 6

 9

 60

 8

 400

 225

 670

 70

 6

145

20

 6

× 60

200

216.3  270   378   300

10

 8

 9

 70

 8

 500

 290

 860

 85

 8

160

25

 8

× 70

250

267.4  330   470   380

11

10

 9

 80

 8

 630

190

 60

 80

 360

1 065

100

10

215

30

10

× 80

315

318.5  385   597   480

15

12

 9

105

10

 800

205

 70

105

 430

1 300

125

12

325

35

12

×105

355

355.6  425   663   530

17

13

12

120

10

 890

230

 80

120

 480

1 475

145

13

360

40

13

×120

400

406.4  485   749   600

18

14

12

135

10

1 000

255

 90

140

 550

1 630

160

14

400

45

14

×135

450

457.2  550   841   680

19

16

12

145

10

1 130

275

100

160

 620

1 840

170

16

450

50

16

×145

500

508.0  610   928   750

20

18

12

160

12

1 250

290

100

180

 690

2 040

190

18

500

55

18

×160

560

558.8

670

1 025    830

22

20

12

175

12

1 380

315

110

200

  750

2 240

210

20

560

60

20

×175

630

609.6

730

1 152    940

24

22

12

190

12

1 570

330

110

225

  820

2 510

225

22

680

70

22

×190

710

711.2

840

1 294  1 050

25

24

12

220

14

1 750

350

120

255

  960

2 840

260

24

710

80

24

×220

800

812.8

940

1 480  1 200

26

25

12

255

14

2 000

370

120

255

1 100 3 240

295

25

810

80

25

×255


4

F 2001-1995

付図 1(続き)

単位 mm

溶接脚長

参考

適用ロープの径(参考)

ワイヤロープ

呼び径

f

1

f

2

f

3

f

4

f

5

計算質量

 (kg)

適用ロープ

最大切断荷重

P (kN)

 (6

×12)

(6

×24)

(6

×30)

(6

×37)

ロープ

合成繊維

ロープ

100

4   2   4   4   6

   18.9

 29

 9

 8

 8

 6.3

 20

14

125

4   2   4   4   6

   29.4

 39

10

 9

 9

 8

 24

18

160

4   2   4   4   6

   44.7

 49

11.2

10

10

10

 28

20

200

4   3   6   6   8

   79.5

 78

14

12.5

12.5

12.5

 36

26

250

6   4   8   6  10

  139

118

18

16

16

14

 42

30

315

6   5  10   8  12

  261

196

22.4

20

20

20

 55

39

355

8   5  10   8  13

  361

255

25

22.4

22.4

22.4

 65

45

400

8   6  10   8  14

  502

314

30

25

25

25

 75

53

450

8   7  12   8  16

  685

382

33.5

28

30

28

 80

56

500

8   8  12  10  16

  911

451

35.5

31.5

31.5

30

 90

64

560

8

8 14 10 16

1

208

549

40

33.5

35.5

33.5

100

70

630

8

9 14 10 16

1

601

686

− 37.5

40  35.5 110 77

710

8  10 16 12 16

2

252

804

− 40 42.5 40  120 84

800

8  10 16 12 16

3

071

981

− 45 47.5 42.5 −

備考1.  柱のたて溶接継目が1か所の場合は,内側とする。

2.

計算質量は,すべて木甲板を張らない場合を示す。

3.

麻ロープは JIS L 2701 に,また,合成繊維ロープは財団法人日本海事協会認定のナイロン三つ打又は八つ打
ロープによった。

関連規格  JIS G 3193  熱間圧延鋼板及び鋼帯の形状,寸法,質量及びその許容差


5

F 2001-1995

船舶部会  けい船用器具専門委員会  構成表(昭和 54 年 11 月 1 日改正のとき)

氏名

所属

(委員会長)

小  山  永  敏

横浜国立大学名誉教授

栗  山      劭

運輸省船舶局

仲井真  弘  多

工業技術院標準部

草  野      博

財団法人日本船舶標準協会

釈          弘

財団法人日本海事協会

山  田      清

株式会社アジア船舶工業社

百合草  正  韶

船舶整備公団

奥  山  孝  志

社団法人日本中型造船工業会

大  友  義  雄

株式会社立野製作所

寺  本  虎  夫

株式会社寺本鉄工所

田  中  英  夫

住友重機械工業株式会社船舶本部

富  川  直  彦

三菱重工業株式会社造船設計部

長谷川  照  一

日本鋼管株式会社鶴見造船所

平  田      勝

三井造船株式会社千葉造船所

村  山      肇

川崎重工業株式会社造船設計部

青  山  俊  久

ジャパンライン株式会社

森  川      卓

社団法人日本船主協会

(事務局)

石  井  清  次

工業技術院標準部機械規格課

津  金  秀  幸

工業技術院標準部機械規格課

(事務局)

小  林  秋  穂

工業技術院標準部機械規格課(平成 2 年 7 月 5 日改正のとき)

山  形  智  幸

工業技術院標準部機械規格課(平成 2 年 7 月 5 日改正のとき)

(事務局)

高  橋      潔

工業技術院標準部機械規格課(平成 7 年 3 月 28 日改正のとき)