>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人  日本船舶標準協会(JMSA)から,

工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,国

土交通大臣が制定した日本工業規格である。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,

ISO 6185-3:2001

Inflatable boats - Part 3 :

Boats with a maximum motor power raitiong of 15 kW and greater

を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。国土交通大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS F 1051-3

には,次に示す附属書がある。

附属書 A(参考)代表的分類Ⅶボートの一般配置

附属書 B(参考)代表的分類Ⅷボートの一般配置

JIS F 1051 の規格群には,次に示す部編成がある。

  JIS F 1051-1  第 1 部:最大出力 4.5kW 以下のボート

  JIS F 1051-2  第 2 部:最大出力 4.5kW 以上 15kW 以下のボート

  JIS F 1051-3  第 3 部:最大出力 15kW 以上のボート


F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

(2) 

目  次

ページ

序文 

1

1.

  適用範囲

2

2.

  引用規格

3

3.

  定義

4

3.1

  膨脹式ボート 

4

3.2

  複合型膨脹式ボート

4

3.3

  ボートの浮力 

4

3.4

  RIB の浮力 

4

3.5

  浮力の計算 

4

3.6

  恒久的固有浮力

4

3.7

  恒久的密封浮力

4

3.8

  強化布

4

3.9

  船内床面積 

4

3.10

  オフショア膨脹式ボート 

4

4.

  材料

4

4.1

  一般

4

4.2

  船体用強化布(ガラス繊維強化プラスチックコンポーネントは除く。)

4

4.2.1

  要求事項 

4

4.2.2

  試験方法 

4

4.2.2.1

  サンプリング

4

4.2.2.2

  耐液体性 

4

4.2.2.3

  耐オゾン性 

5

4.2.2.4

  耐寒性 

5

4.2.2.5

  引裂強度 

5

4.2.2.5.1

  強化布 

5

4.2.2.6

  はく離強度 

5

4.2.2.7

  気室の接合強度試験 

5

4.3

  木材

6

4.3.1

  一般

6

4.3.2

  合板

6

4.3.3

  構造用木材 

6

4.4

  金属及び合成材料の部品 

6

4.5

  ガラス繊維強化プラスチック

6

5.

  機能的構成部品 

6

5.1

  条件(空気調節)

6


F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

(3) 

5.2

  船体取付部品 

6

5.2.1

  要求事項 

6

5.2.2

  試験方法 

6

5.3

  持ち運び用部品

6

5.3.1

  要求事項 

6

5.3.2

  試験方法 

6

5.4

  バルブ

6

5.4.1

  充気

6

5.4.2

  排気

7

5.5

  オールロック及びオール 

7

5.5.1

  要求事項 

7

5.5.2

  摩擦損傷 

7

5.5.3

  緩み防止 

7

5.5.4

  オールロックの強度 

7

5.5.4.1

  要求事項 

7

5.5.4.2

    試験方法 

7

5.5.5

  オールロック及びオールの操作性 

7

5.6

  トランサム(トランサム付きのボートに限る) 

7

5.6.1

  要求事項 

7

5.6.2

  試験方法 

7

5.7

  排水装置 

8

5.8

  遠隔操だ装置(標準又はオプション装置)

8

5.9

  機関係止索(船外機に限る)

8

5.10

  えい航装置(すべての分類)

8

5.11

  座席及び取付け装置(標準又はオプション装置) 

8

5.12

  電気装置(標準又はオプション装置) 

8

5.13

  燃料装置(適用される場合に限る) 

8

5.14

  機関及び燃料タンク区画の換気(適用される場合に限る) 

8

6.

  ボートの安全要求事項 

8

6.1

  最大許容搭載人員

8

6.2

  最大出力 

9

6.3

  静的復原性 

9

6.3.1

  要求事項 

9

6.3.2

  試験方法 

9

6.3.3

  復原性(分類Ⅷボートに限る)

9

6.4

  最大搭載量 

10

6.4.1

  要求事項 

10

6.4.2

  試験方法 

10

6.5

  設計圧力 

10

6.6

  船体の強度 

10


F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

(4) 

6.6.1

  要求事項 

10

6.6.2

  試験方法 

10

6.6.2.1

  試験温度 

10

6.6.2.2

  耐熱試験(すべての分類のボートに実施)

10

6.6.2.3

  耐圧試験 

11

6.6.2.4

  気密試験 

11

6.7

  安全索及び握りハンドル 

11

6.7.1

  要求事項 

11

6.7.2

  試験方法 

11

6.8

  残存浮力 

11

6.8.1

  要求事項 

11

6.8.2

  試験方法 

11

6.9

  操縦性能 

11

6.9.1

  要求事項 

11

6.9.2

  試験方法 

11

6.10

  気室

11

6.11

  操だ位置からの視界

12

6.12

  救命いかだの設備(分類Ⅷボートに限る)

12

7.1

  性能要求及び試験方法 

12

7.1

  一般

12

7.2

  落下試験(RIB に限る) 

12

7.2.1

  要求事項 

12

7.2.2

  試験方法 

13

7.3

  水上走行性能 

13

7.3.1

  要求事項 

13

7.3.2

  試験方法 

13

7.3.2.1

  一般

13

7.3.2.2

  試験−軽荷状態

13

7.3.2.3

  試験−満載状態

13

7.4

  えい航装置の強度

14

7.4.1

  要求事項 

14

7.4.2

  試験方法 

14

7.5

  漕ぎ試験(適用する場合に限る:5.5 参照。)

14

7.6

  水密試験(オープンフロアー及び自動排水形ボートは除く) 

14

7.6.1

  要求事項 

15

7.6.2

  試験方法 

15

7.7

  操縦性試験 

15

7.8

  排水試験(分類Ⅷボートに限る) 

15

7.8.1

  要求事項 

15

7.8.2

  試験方法 

15


F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

(5) 

8.

  製造者銘板 

15

9.

  取扱説明書及び警告事項  16

10.

  標準装備品  16

附属書 A(参考)代表的分類Ⅶボートの一般配置

17

附属書 B(参考)代表的分類Ⅷボートの一般配置 

18

参考文献

19

 


     

日本工業規格

JIS

 F

1051-3

:2004

(ISO 6185-3

:2001

)

膨脹式ボート−第 3 部:最大出力 15kW 以上のボー

Inflatable boats - Part 3 : Boats with a maximum motor power rating of 15

kW and greater

序文  この規格は,2001 年に第 1 版として発行された ISO 6185-3,Inflatable boat - Part 3 : Boats with a

maximum motor power raiting of 15 kW and greater

を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更することな

く作成した日本工業規格である。

  JIS F 1051 の規格群は,図 1 に示すように第 1 部∼第 3 部で構成する。

次のものは除く。

単一チャンバーのボート

浮力が 1800N より小さいボート

浮力が 12kN 以上で機関出力が 4.5kw を超える非強化布製ボート

全長が 8m を超えるボート

のものには適用しない

水上玩具

膨脹式救命いかだ

第 1 部 :

分類  Ⅰ

手漕ぎによって推進するボート

分類  Ⅱ

出力が 4.5kW を超えないボート

分類  Ⅲ

カヌー及びカヤック

分類  Ⅳ

帆の面積が 6 ㎡以下のセールで推進するボート

第 2 部 :

分類  Ⅴ

出力が 4.5kW 以上 15kW 以下のボート

分類  Ⅵ

帆の面積が 6 ㎡以上のセールで推進するボート

第 3 部:

分類  Ⅶ

出力が 15kW 以上のボート

分類  Ⅷ

出力が 100kW 以上のオフショアボート


2

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

     

                          図 1 JIS F 1051 規格群の第 1 部∼第 3 部の区分

1.

適用範囲  この規格のこの部は,全長 8m 以下で浮力が 1800N 以上の膨脹式ボート(複合型膨脹式ボ

ートを含む)の設計,使用材料,製造及び試験に関する安全上の最小限の要件について規定する。

第3部は,環境温度が−20℃∼+60℃の範囲で使用する次の分類の膨脹式ボートに適用する。

−分類Ⅶ:  最大出力が 15kW 以上の機関を搭載することができる膨脹式ボート。

−分類Ⅷ:  最大出力が 75kW 以上の期間を搭載することができる,復原係数が 250 より大きいオフショ

ア膨脹式ボート

  備考 1.分類Ⅶ及びⅧの代表的ボートの一般配置を附属書 A,B に示す。

      2.出力 4.5kW 以下の機関付きボートは JIS F 1051-1 を参照。

       3.出力 4.5kW 以上 15kW 以下の機関付きボートは JIS F 1051-2 を参照。

  第3部は,単一チャンバーのボート,非強化布製ボート,水上玩具及び膨脹式救命いかだには適用しな

い。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide21 に基づき,IDT(一致している)

MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 6185-3:2001

,Inflatable boat - Part 3 : Boats with a maximum motor power raiting of 15 kW and

greater (IDT)

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発効年(又は発行年)を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの

規格の規定を構成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発効年(又は発行年)を付

記していない引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

  JIS F 0405  舟艇−推進機関及び装置−出力測定及び出力表示

    備考  ISO 8665:1994  Small craft −  Marine propulsion motors and systems−Power

          measurements and declarations が,この規格と一致している。

  JIS F 1024    舟艇−油圧操だ装置

備考    ISO 10592:1994  Small craft — Hydraulic steering systems.からの引用事項は,この規格の

強化布 又は

非強化布

分類

I,II,III,IV

分類

V , VI

分類

VII , VIII

12kN

超え

強化布

強化布

12kN

以下

強化布 又は

非強化布

 1800 N

未満は JIS F 1051 規格群から除外

第 1 部 (F1051-1)

第 2 部 (F1051-2)

第 3 部 (F1051-3)

浮力

N

12000

1800

0

4.5 kW

(6 hp)

15 kW

(20 hp)

最大出力


3

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

     

    該当部分と同等である。

  JIS F 1031    舟艇−遠隔操だ装置

    備考    ISO 9775:1990   Small craft−Remote steering systems for single outboard motors of 15 kW

          to 40 kW power からの引用事項は,この規格の該当部分と同等である。

  JIS F 1034-1    舟艇−船体構造−スカントリング    第 1 部:材料:熱硬化性樹脂,ガラス繊維強化材,

  基準積層材

       

備考 ISO 12215-1:2000, Small craft−Hull construction and scantlings−Part 1: Materials:

         Thermosetting resins, glass-fiber reinforcement, reference laminate からの引用事項は, 
                  この規格の該当部分と同等である。

  ISO 1817:1999

Rubber vulcanized−Determination of the effect of liquids

  ISO 2411:2000      Rubber- or plastics-coated fabrics  −  Determination of coating adhesion.

  ISO 3011:1997      Rubber or plastics coated fabrics−Determination of resistance to ozone

  cracking under static conditions

  ISO 4646:1989      Rubber or plastics-coated fabrics−Low-temperature impact test

  ISO 4674:1977      Fabrics coated with rubber or plastics — Determination of tear resistance.

  ISO 7000:1989      Graphical symbols for use on equipment−Index and synopsis

  ISO 8848:1990      Small craft — Remote steering systems.

  ISO 8849:1990      Small craft — Electrically operated bilge pumps.

  ISO 9097:1991      Small craft — Electric fans.

  ISO 10088:2001      Small craft — Permanently installed fuel systems and fixed fuel tanks.

  ISO 10133:2000      Small craft— Extra-low-voltage d.c. installations.

  ISO 10240  Small craft−Owner’s manual

  ISO 11105:1997      Small craft — Ventilation of petrol motor and/or petrol tank compartments.

  ISO 11192(

1

)  Small craft−Graphical symbols

  ISO 11591:2000  Small craft−engine-driven  −  Field of vision from helm position

  ISO 11592:2001      Small craft — Determination of maximum propulsion power.

  ISO 12215-1:2000 Small craft-Hull construction and scantlings – Part 1: Materials: Thermosetting

  resins, glassfibre reinforcement, reference laminate

  ISO 15652(

1

)  Small craft−Remote steering systems for inboard mini jet boats

  Colreg 72,  Convention on the international regulations for preventing collisions at sea

3. 

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次による。

3.1 膨脹式ボート(inflatable boat    設計形状若しくは浮力の全部又は一部が膨脹によって維持する浮体

構造物(船体)をいう。人及び/又は荷物の水上での運搬を意図し,かつ,その設計及び形状が,海上で

発生する力及び運動に耐える能力をもつもの。

3.2 複合型膨脹式ボート RIB(rigid inflatable boat RIB)    3.1 による膨脹式ボートで船体下部は硬質構造

の部材で作られ,膨脹によって船体上部(膨脹式船体)の設計形状及び浮力(又はその部分)を維持する

ボート。 
                                                   

注(

1

)

  近く発行予定


4

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

     

3.3 

ボートの浮力(buoyancy of the boat    膨脹式船体を形成している気室及びそれに固定している他の

気室の容積。

3.4 RIB

の浮力(buoyancy of a RIB)    膨脹による浮力に加えて,総浮力の 20%を超えない範囲で密封さ

れた 2 区画以上の浮力又は硬質船体の固有の浮力を含めて計算した浮力。

3.5 浮力の計算(calculation of the buoyancy)  製造業者が推奨した設計圧力の量を測定又は計算するこ

とによって浮力を決定し,力に関する要求値として表示する。

備考  換算係数は総浮力について 9.81kN/m

3

とする。

3.6 

恒久的固有浮力(permanent inherent buoyancy)  独立気泡材料又は他の材質で真水より密度が低く

使用寿命を超えても最小の水分吸収で船体に密封された区画の中にあるものの浮力。

3.7 

恒久的密封浮力(permanent sealed buoyancy)  空気で満たされた密封気密区画。

3.8 強化布(reinforced materials)  基布に樹脂塗膜加工した材料。

3.9 船内床面積(inboard area)  浮力チューブの最も内側の側面に接し,甲板に垂直に降ろした平面で囲

まれた内部区域の床面積。

3.10  オフショア膨脹式ボート(offshore inflatable boat)  風力 8 以下,観測最小波高 4m いかの条件で

の外洋航行が可能であるボート。

4. 

材料

4.1 一般  すべての材料は,船に不可欠な要件(形状,寸法,最大荷重,装着出力など)及び設計条件に

よって,製造業者が選択しなければならない。通常の航海状態での使用で,材質的に性能を損うものであ

ってはならない。また,4.2∼4.5 に規定した要件を満足しなければならない。

膨脹式ボート用のすべての材料は,耐食性でなければならない。

4.2 

船体用強化布(ガラス繊維強化プラスチックコンポーネントは除く。

4.2.1 要求事項  ボートを完全な状態に保つためのすべての材料は,規定された適切な要求事項を満足し

なければならず,温度範囲−20℃∼+60℃の使用に耐えるものでなければならない。

4.2.2 試験方法

4.2.2.1   サンプリング  試験は,ボートを製造する前にそれを構成する材料から採取した試験片によっ

て実施しなければならない。製造時に加硫処理をするボートの場合には,試験片も同様に加硫しなければ

ならない。

4.2.2.2  耐液体性  試験は,外側面又は周囲環境に触れる面について,ASTM オイル No.1 を用いて ISO

1817 の規定による方法で実施しなければならない。

表 1 の a)及び b)の両ケースともに,70℃±2℃の試験液に次の規定時間浸せきしたとき,各単位面積

当たりの質量変化が 100g/m

2

を超えてはならない。

                                表 1  試験液

試験液

浸せき時間

a)オイル

22 h ± 0.25 h

  b)塩水(

1

336 h (最低)

注(

1

塩水の成分:蒸留水の 1 リットル当たり 30g の塩化ナトリウム


5

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

     

4.2.2.3 耐オゾン性  試験は,外側面又は周囲環境に接する面について,ISO 3011 の規定によって行わな

ければならない。

      −  照射時間     72h

    −    試験温度     30℃±2℃

        −    濃度         50pphm(

2

)すなわち体積比 0.5×10

-6

        −    軸直径

生地厚の 5 倍

注(

2

)  空気とオゾンとの体積億分率

試験終了後,試験片をレンズで 10 倍に拡大して検査を行ったときに,き裂の徴候があってはならない。

4.2.2.4 耐寒性  すべての材料は,−20℃の気温において ISO 4646 の要件を満足しなければならない。

4.2.2.5  引裂強度

4.2.2.5.1  強化布  ISO 4674:1977  試験方法 A2 に規定されている内容で実施しなければならない。

引裂強度の最低値はニュートン値で次の式による。

0.375 d (1.14 p + 0.14)

ここに 
d

気室の直線部分を測定した最大チューブ径(mm)

p 20℃での推奨常用圧力(bars)

いかなる場合でも,その最小値は 75N 以下であってはならない。

4.2.2.6 はく離強度  ISO 2411 に規定されている内容で,室温下で引張り速さ  100mm/分±10mm/分

で実施しなければならない。はく離強度は,25mm 幅当たり 40N 以上とし,その試験片は ISO 2411 に規定

されているとおりに準備しなければならない。 
25mm 幅の試験片を 1 枚,C のカットをやめ,A 及び B のカットを広げることによって代替することがで

きる。

その帯状試験片を保持するために一方の端で 50mm 糊付けしない状態にしなければならない。

その試験片を 100mm/分±10mm/分ではく離し,その表面の被覆層を基布まで裁断し,基布と被覆層

の接触面を少なくとも 25mm 移行する。

層の接触面を少なくとも 25mm 移行する。

4.2.2.7  気室の接合強度試験  ボートの製造と同じ仕様(方法,素材,寸法)で接着した 50mm 幅の試験

片に,60℃で 4 時間以上静的荷重をかけなければならない。

ボートの製造上接着仕様が複数ある場合,それぞれの仕様ごとに同様の試験を行う。

荷重値は,ニュートン値で次の公式で求められる。

3.75

d

 (1.14

p

 + 0.14)

ここに

d

気室の直線部分を測定した最大チューブ径(mm)

p

 20℃での推奨常用圧力(bars)

    接着のいかなる部分においても,はがれたり,その他の欠陥があってはならない。

4.3 

木材

4.3.1 一般  使用する板材及び合板のタイプは,海洋環境での使用に適したものでなければならない。

外気に触れるすべての板材及び合板は塗装,ニス塗り又は防腐処理などの耐候性処理によって,海洋環境

にも適応したものでなければならない。


6

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

     

4.3.2 合板  すべての合板は,堅木で内面及び外面の単板が結合してあり,接着剤は水及び沸騰水にも耐

えるものでなければならない。使用する板材は良質で十分に乾燥したものとし,材料の性能を損なうよう

な心材,辺材,腐朽,虫食い,ひび割れ,その他の欠陥などがあってはならない。板材は一般的に節があ

ってはならないが,まれにある堅牢な中間節は容認して差し支えない。

例えばベイマツ(米松)のような他の板材は,腐朽,菌類,腐敗,穿孔虫に対して防護処理されている条件

で合板として用いてもよい。縁及び/又は表面に接している箇所,また,木の繊維組織の端が露出している

部分も含めて効果的に目止めしなければならない。

4.3.3 構造用木材  建造に使用する板材は十分に乾燥したものとし,辺材,ひび割れ,その他の欠陥など

があってはならない。

4.4 

金属及び合成材料の部品  材料は,意図する用途に対し,適切な形式,強度及び仕上げをし,海洋環

境に適応したものでなければならない。

4.5 

ガラス繊維強化プラスチック  樹脂,強化材,ラミネート樹脂は,JIS F 1034-1 の要件を満足しなけ

ればならない。

5.

機能的構成部品

5.1 条件(空気調節)  すべての試験は,20℃±3℃の温度で実施しなければならない。

5.2 船体取付部品

5.2.1 要求事項  材料及び組立方法は,船体そのものに適合するものでなければならない。ボート(3.1

及び 3.2 参照)に取り付けた耐荷重部品は,5.2.2 の規定による荷重をかけたとき,気密性又は耐水性を

損うものであってはならない。

5.2.2 試験方法  試験に使用する索の直径は,8 ㎜としなければならない。

取り付け部品には,あらゆる方向から破壊点に達するまで徐々に荷重しなければならない。ただし,2kN

を超える必要はない。2kN に達した場合,その後 1 分間その荷重を維持する。

5.3 持ち運び用部品

5.3.1 要求事項  9000N 未満の浮力をもつボートには,ボートを運搬するための装置を備えなければなら

ない。  5.3.2 に規定する試験に合格しなければならない。9000N 以上の浮力をもつボートの持ち運び用

部品は任意である。

5.3.2 試験方法  試験用に使用する索の直径は,㎜としなければならない。  適切な方向に 1 分間 1.5kN

の荷重を装置に徐々に加える。

持ち運び用部品が安全索又は握りハンドルを兼用する場合には,6.7.1 の要件に適合しなければならない。

5.4 

バルブ

5.4.1 

充気  部品は耐食性材料とし,ボートの材料に損傷を与えないものとしなければならない。

ボートに取り付ける充気バルブのタイプ及び配置は,膨脹式ボートに確実に適合したものでなければない。

a)ボートが陸上又は水上にあってもバルブは,膨脹装置に容易に近づくことができ,接続できる。 
b)バルブは,規定の座席位置の乗員に対し不便でない。 
c)バルブは,ボートの操作の妨げにならない。 
d)バルブは,ボートの乗降の妨げにならない。 
e)バルブは,索,安全索若しくはボートの構造上の可動部品又は乗員や荷物の動きによって,損傷又は外

    れない。

f)バルブには,固有の密閉するキャップを備え付けなければならない。キャップは,不慮の紛失を避ける


7

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

     

      ためにバルブと確実に連結しておかなければならない。   
g)浮力気室圧力を制御でき,その気圧測定が可能である。

5.4.2 排気  船体の排気は,充気バルブ又は別の装置によって手動で操作できなければならない。備えて

いる別の装置は,耐食性材料で製造し,ボート生地を損傷しないものでなければならない。設計及び取付

位置は,5.4.1 の  b)∼  e)の要求事項を満足しなければならない。

いかなる気室の排気も,他の気室の空気又はガスを漏えいしてはならない。

5.5 

オールロック及びオール

5.5.1 要求事項  オールロック及びオールの規定は,強制ではない。標準又はオプション装備として備え

付けている場合には,5.5.2∼5.5.5 に示された要求事項を満足しなければならない。

5.5.2 

摩擦損傷  オール及びオールロックのしゅう動面は,摩擦損傷を起こすようなおうとつがあっては

ならない。オールロックの外面は,滑らかで船体をこん包したときに損傷を引き起こすような鋭い縁及び

角があってはならない。

5.5.3 

緩み防止  オールロックは,不慮の緩みに対して安全でなければならない。2 本のオール又はパド

ルを収納する場所を設けなければならない。

5.5.4 

オールロックの強度

5.5.4.1 

要求事項  オールロック又は取り付け部品は,5.5.4.2 に規定する試験を行い,構造上の欠陥があっ

てはならない。

5.5.4.2  

試験方法  試験に用いる索の径は,㎜としなければならない。  オールロックを含め漕ぐための

装置にあらゆる水平方向から 500N の力を 1 分間加える。

5.5.5 

オールロック及びオールの操作性  7.5 の試験を行ったときに,部品に構造上の欠陥又は永久変形を

生じてはならない。また,効率的に漕ぐことができるようにオールロック装置は十分に堅牢であることを

実証しなければならない。

オールは少なくとも船首へ 60°船尾へ 60°制約なく自由に操作できなければならない。

5.6 

トランサム(トランサム付きのボートに限る)

5.6.1 

要求事項  ボートのトランサム又は機関取付台及びそれらの取り付け器具は,通常の使用において

次によって発生する最大の力に耐えるよう設計しなければならない。

  −  製造業者が記載している機関の出力及びトルク

−  機関の質量

5.6.2 

試験方法  7.3 に詳述する水上走行中及び走行後の目視検査。

5.7 

排水装置  トランサムを備え付けるボートには,少なくとも 1 個のドレンプラグ又は排水器具を備え

なければならない。  船体/甲板が一体構造の RIB で独立気ほう又は同等の材料を充てんしていないもの

は,船体下部に排水設備を設けなければならない。分類Ⅷのオフショア膨脹式ボートについては,水浸し

になった甲板部は排水口からビルジポンプを使用することなく(恒久的に設備された手動排水ポンプを除

く)3 分未満で排水することができなければならない。7.8 の排水テスト参照。

5.8 

遠隔操だ装置(標準又はオプション装置)  いずれの遠隔操だ装置も ISO 8848,  JIS F 1024ISO 10652

及び JIS F 1031 の 1 つ以上の要件に適合しなければならない。

7

.の規定によって性能試験をしたときに,装置又はボートに附属のあらゆる関連部品に損傷又は永久変形

があってはならない。

分類Ⅷボートは,

製造所が取り付けた遠隔操だ装置を装着していなければならない。

5.9 

機関係止索(船外機に限る)  機関係止索は,適切な位置へ取り付けなければならない。


8

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

     

5.10 

えい航装置(すべての分類)  すべてのボートは船首にえい航索を固縛するために適したえい航装置

を備えなければならない。7.4 強度試験参照。

5.11 

座席及び取付け装置(標準又はオプション装置)  7.の規定によって性能試験を行ったときに,座

席又は関連部品に損傷又は永久変形があってはならない。分類Ⅷボートは,製造所が取り付けた座席及び

取付け装置をもちていなければならない。

5.12 

電気装置(標準又はオプション装置)  搭載する電気装置に応じ,ISO 10133,  ISO 9097 及び ISO 8849

の要件に適合しなければならない。分類Ⅷボートは,ISO 11105 に適合し,製造所が取り付けた電気装置

を装着しなければならない。航海灯が装着される場合は,Colreg 72 の要件を満足しなければならない。

5.13 

燃料装置(適用される場合に限る)  恒久的に設置された燃料装置及び固定燃料タンクは,ISO10088

に適合しなければならない。分類Ⅷボートは,製造所が恒久的に設置したタンクを含む燃料装置をもちて

いなければならない。

5.14 

機関及び燃料タンク区画の換気(適用される場合に限る)  機関及び燃料タンク区画の換気は ISO 

11105

に適合しなければならない。

6. 

ボートの安全要求事項

6.1 最大許容搭載人員  最大許容搭載人員は,製造業者が決定するものとし,次の数式を用いて計算され

たものを超えてはならない。

3

.

0

x

Ai

n

=

ここに

A

i

船内床面積(m

2

x

船内床面積の内で乗員が座ることのできない面積。

(m

2

(操だコンソール,燃料タンク

  等)

いかなる場合においても

n

人の合計体重によって,最大搭載量を超えてはならない。(6.4 参照)  。

数値 n は,常に切り捨てによる整数でなければならないが,小数点第一位が 5 より大きい場合には,子供

一人を加えてもよい。また 7 より大きければ大人一人を加えてもよい。

計算に使用する子供の体重は,37.5kg とし,大人の体重は 75kg とする。

製造者銘板に示す数値は,8.e)を参照するが,少なくとも大人 1 人を含み,子供は 1 人を超えてはなら

ない。

6.2 

最大出力  船内機艇及び船外機艇の最大出力(kW)は,製造業者が決定するものとし,次の数式を用

いて計算されたものを超えてはならない。

P

max

 = 10 x F(d) -33

ここに

P

max

    JIS  F 0405 によって定めた kw 表示の機関の最大出力値

F(d)

I

 ×

b

(ボート係数)

ここに

I

  船首から後部フロート端までのメートル表示のボート全長(握りハンドル,その他の附属品を除く)

b

メートル表示のボート全幅(握りハンドル,その他の附属を除く)

備考  ISO11592 の規定手順で実施した操縦性能試験に適合し,製造業者が遠隔操だ装置を標準装備した

ボートについては最大出力を増やしてもよい。


9

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

     

6.3 

静的復原性

6.3.1 

要求事項  製造業者が指定した最大出力の機関(6.2 参照)を装着したボートは,製造業者が推奨し

た最大許容搭載人員(6参照)がそのボートの片側に移動した時に転覆してはならない。

(図 参照)

6.3.2 

試験方法  試験は,機関を装着し,燃料タンク,蓄電地又は帆走装置を除いた状態で行わなければ

ならない。  試験用荷重(人)は,図 に示す試験荷重区域全体に配置しなければならない。

キログラム表示の合計試験荷重 m

t

は次の計算式による

m

t

 = (

n

 x 75) + 37.5  子供を適用する場合

ここに

n

:製造業者によって決定された大人の最大許容搭載人員(6.1 参照)

すなわち,各搭載人員の大人に対して 75kg,必要な場合,子供に対して 37.5kg。

図 2

試験荷重区域の代表例

6.3.3 

復原性(分類Ⅷボートに限る)  分類Ⅷボートの復原性は,次の数式を用いて製造業者が決定しな

れければならない。

1000

)

(

)

(

3

2

b

l

m

s

F

×

=

ここに

F(s)

復原性ファクター

m

ボートの総質量  6.4.1 参照

l

メートル表示のボート全長  6.2 参照

b

メートル表示のボート全幅  6.2 参照

分類Ⅶ

  F

s

  250

以下

分類Ⅷ

  F

s

  250

を超え

6.4 

最大搭載量

6.4.1 

要求事項  ボートが運搬できる最大搭載量は,製造業者が決定するものとし,次の数式を用いて計

算したものを超えてはならない。

1

1

試験荷重区域


10

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

     

分類Ⅷ

m

 = (0.75 x

V

 x 1000) –

m

b

ここに

m

最大搭載量(kg)

(乗員,備品,船外機及び燃料を含めた船上の総質量)

V

ボートの容量(m

3

,ボートの浮力

m

b

製造業者によって供給されたボートの総質量(kg)

(ボートに恒久的に設置したすべての備品,すなわち船体,取付部品及びその他のぎ装品。ただし,

船外機と燃料を除く。

)      恒久的に設置した機関及びドライブ装置は含めなければならない。

6.4.2

試験方法  最大搭載量を計算し,製造業者の定めた値と比較する。

6.5 

設計圧力  製造業者は,完全に膨脹したボートの各気室(浮力気室,キール,座席,オーニングなど

を含む)に設計圧力を明記しなければならない。圧力は,それぞれの気室上又は使用者用取扱説明書の中

(又は両方とも)に明記しなければならない。また,ボートの浮力気室に関しては,製造者銘板に示さな

ければならない。

8.参照)

使用者が指定圧力に達したかを確かめられるよう,製造業者は適切な器具又は圧力計を提供しなければ

ならない。又はその代わりに,支給する取扱説明書(9.参照)に正しく判断するのに十分な方法を記載し

なければならない。

圧力は,バール(bar)で表示しなければならない。製造業者の選択で追加の単位として psi(pounds/inch

2

を併記してもよい。

6.6 

船体の強度

6.6.1 

要求事項  ボートは,6.6.2 による次のそれぞれの関連試験をした後に,気密性(6.6.2.4 参照)を保

持しなければならない。

6.6.2 

試験方法

6.6.2.1 

試験温度  すべての試験は,特に指定のない限り 20℃±3℃の温度で実施しなければならない。

6.6.2.2 

耐熱試験(すべての分類のボートに実施)  ボートは,取扱説明書に基づいて組み立て,設計圧力

の 1.2 倍の圧力まで充気する。そして恒温室で 60℃に保ち 6 時間放置する。試験完了後,ボートを恒温

室から取り出し,周囲と同じ温度になるまで自然冷却する。

 6.6.2.4 の規定によるボートの気密試験を行う。

6.6.2.3 

耐圧試験  浮力チューブのそれぞれの気室を,30 分間製造業者が指定する設計圧力の 1.5 倍に充

気する。個々の気室が共通の基布で仕切られているとき(例  内部仕切隔壁)

,これらの気室は,隣接気室

の排気をしてからそれぞれ個々に試験を行わなければならない。損傷及び破壊があってはならない。

また,

ボートは,6.6.2.4 の規定による気密試験を行わなければならない。

6.6.2.4 

気密試験  ボートは,支持台の上に置くか又は床から離して,かつ,風のない場所で直射日光に暴

露しないよう設置する。ボートの各気室は,あらかじめ製造業者が指定する設計圧力(6.5  参照)よりも

20

%以上充気し,30 分間放置する。

次に設計圧力に戻し,さらに,気室内圧力が安定するように 30 分間保持する。

圧力を設計圧力に再設定し,そのまま 24 時間放置する。周囲の温度及び大気圧を記録する。

24

時間経過後その圧力がボートのいずれの気室においても 20%以上低下してはならない。

最終段階の周囲の温度と大気圧を記録する。

テスト開始時と計測時との温度差は,±3℃を超えてはならない。

テスト開始時と計測時との大気圧の差は,±1%を超えてはならない。

周囲温度 1℃の上昇又は下降ごとに 0.004bar の修正量を記録したボートの気室圧力から差し引くか,又

は,加えることができる。


11

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

     

6.7 

安全索及び握りハンドル

6.7.1 

要求事項  ボートは,座席に全員着座している状態,立っている状態,ひざ立ちしている状態,又

はボートが転覆して船外で水上にある場合でも,許容人員がそれぞれしっかりとつかまることができる安

全索又は握りハンドルを備えなければならない。すべての握りハンドルは,その機能及び配置について許

容人員が長時間けがのおそれがなく確実につかまることができるように設計しなければならない。

6.7.2

の規定による試験をしたとき,握りハンドルの組立部分には不具合があってはならない。

握りハンドル及び組立部品は,5.2 の規定による船体取付部品の要求事項に適合しなければならない。安全

索及び握りハンドルが持ち運び用部品の機能を備える場合には,5.3 の規定にも適合しなければならない。

6.7.2 

試験方法  目視検査及び評価。  それぞれのハンドル及びライフラインアッセンブリは,1.5kN の

力によって,1 分間一定方向に荷重する。水上で実際に評価を行う。

7.3.2 参照)

6.8 

残存浮力

6.8.1 

要求事項  一番大きな浮体気室の空気抜けの後に,船体の残存浮力は少なくとも製造業者が定めた

最大搭載量の 50%以上でなければならない。

6.4 参照)

6.8.2 

試験方法  残存浮力を計算又は測定しなければならない。

6.9 

操縦性能

6.9.1 

要求事項  最大搭載量まで積載している膨脹式ボートは,突然いずれか一つの気室が空気抜けした

場合でも設計上のどれか一つの方法によって推進できなければならない。オールは,パドルとして用いて

よい。

6.9.2 

試験方法  静穏な水域で,おおむね真っ直ぐに,少なくとも 50m 進まなければならない。

6.10 

気室  膨脹浮力は,いくつかの気室(部屋)をもたなければならない。

最低気室数は,表 による。

表 2  最低気室数

最大出力

kW 

ボート係数

F(d)

気室数

8 以下

3

15 以上 45 以下

8

4

8 以下

4

45 を超え

8 を超え

5

備考    ボート係数は,6.2 による。

内部隔壁(附属書 A(参考)参照)のある各気室の容積は,平均容積の±20%の範囲になければならない。

各気室容積=

V

N

  ± 20 %

ここに

V

      充気された気室の総容積(m

3

                              ただし,補助気室を除く。(この部の最終節参照)

N

  気室数

船体に恒久的に据え付けていない補助的な膨脹気室(3.3 参照)は,容積計算には含めてはならない。


12

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

     

6.11 

操だ位置からの視界  操だ位置からの視界は,ISO 11591 の要求事項に適合しなければならない。

6.12 

救命いかだの設備(分類Ⅷボートに限る)  分類Ⅷボートは最大許容搭載人員を運搬することのでき

る救命いかだのための対策を講じておかなければならない。救命いかだが固形コンテナタイプの場合,救

命いかだはデッキに据え付けなければならない。救命いかだがソフトバッグに収納されている場合,区画

に収納することができるが容易に使用できなければならない。

7. 

性能要求及び試験方法

7.1 一般  ボートは,製造業者の取扱説明書によって,組み立てるとともに推奨圧力まで膨脹しなければ

ならない。

試験は,7.2∼7.8 の順序で実施しなければならない。

試験 7.3,7.4 及び 7.5 は,表 3 による観測有義波高の条件下で実施しなければならない。

表 3  海上条件

ボート分類

ボート係数

F(d)

観測有義波高

(mm)

8 以下

600

タイプⅦ

8 を超え

900

タイプⅧ

N/A

1200

備考    ボート係数は,6.2 による。

7.2 

落下試験(RIB に限る)

7.2.1 要求事項  ボートは,7.2.1 による方法で試験を実施しなければならない。試験終了時にボートを厳

密に検査しなければならない。

船体のいかなる部分,

甲板又はスウォートのようなボート構成部品に破損,

ひび割れ,裂け,はく離などの形で構造上の欠陥があってはならない。これには,床/船体,甲板/トラ

ンサム,浮力チューブ/船体などのような境界接続部分を含む。

7.2.2 試験方法  製造業者が推奨する最大搭載量までボートに荷重する。荷重は最大出力の機関(製造業

者が定めたもの)及び乗員の通常着座位置に配置する。

荷重したボートの落下高さを 2m(水面からボートの最下部まで)とし,落下姿勢は次の 3 通りとする。

a)水平状態

b)45°船首を下げた状態 
c)45°船尾を下げた状態

7.3 

水上走行性能

7.3.1 

要求事項  ボートは製造業者が標準又はオプションとするいかなる装備品も装備しなければならな

い。ボートは 7.3.2 による方法で,製造業者が定めた最大出力の機関を装着して試験する。試験終了時にボ

ートは,厳密に検査しなければならない。

船体のいかなる部分,甲板又はスウォートのようなボート構成部品に破損,ひび割れ,裂け,はく離など

の形で構造上の欠陥があってはならない。これには,床/船体,甲板/トランサム,浮力チューブ/船体

などのような境界接続部分を含む。

ボートの装備品や取付物の機能に損傷があってはならない。

構造上の損傷又は欠陥を起こすはく離や摩耗の兆候があってはならない。

ボートは,転覆してはならない。


13

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

     

ボートは,適度に乾いていなければならない。

操だ手は,常に十分な視界を保持しなければならない。

7.3.2 

試験方法

7.3.2.1 

一般  遠隔操だ装置が標準装備してある場合には,それを使用する。オプション装備の場合には,

かじと遠隔操だ装置の両方を用いて試験を実施する。座席が標準又はオプション装備の場合には,操だ手

及び乗員がそれを用いて試験を実施する。

7.3.2.2 

試験−軽荷状態  操だ手だけ乗船する。合計試験時間は,機関を最大前進推力に制御するようにセ

ットして 45 分間以上行う。

ボートは船首を直接風上に向けそれから順次風下へほぼ 45゜に分けて進路をとる。

(図 3 参照。

)    これ

は最低限度,少なくとも 5 つのコース(針路)

,向かい風,船首斜め向かい風,横風,船尾斜め追い風,追

い風状態で行う。

それぞれのコースの終了間際に左玄と右玄への急旋回を行わなければならない。

(図 3  参照)

7.3.2.3 

試験−満載状態  ボートに製造業者が推奨する最大搭載量に見合った質量を均一に搭載した状態で

7.3.2.2

の規定による試験を繰り返し行う。

6.4 参照)

すべての握りハンドルは,6.7.1 の要求を満たし,はっきりと見えなければならない。

すべての座席及び取り付け装置は,5.11 の要求を満たし,はっきりと見えなければならない。

1  向かい風コース

4  船尾斜め向かいコース

45

°

5

4

3

2

1


14

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

     

2  船首向かい風コース

5  追い風コース

3  横風コース

6  真風向

図 4    水上走行性能試験 

7.4 

えい航装置の強度

7.4.1 

要求事項  試験終了時にボートを厳密に検査した際,甲板又はスウォートのような船体又はボート

の構成部分に構造上の欠陥があってはならない。ここには,床と船体のような境界接続部分を含む。

試験中に機関が水没したりボートが転覆しそうな船首の水中への沈み込み又は浮き上がりの傾向があって

はならない。

7.4.2 

試験方法  製造業者が推奨する最大許容搭載人員を乗船する。(6.1 参照)

指定えい航位置(5.11 参照。

)にボートの全長の 3 倍に相当する長さ(±15%)のえい航索を取り付け 4kn

以上の速力でボートをえい航する。えい航は,15 分以上実施する。

7.5 

漕ぎ試験(適用する場合に限る:5.5 参照。

)  ボートは軽荷状態(7.3.2.2 参照。

)及び満載状態(7.3.2.3

参照。

)の両方で 300m 以上の距離を漕ぐ。

試験中及び終了時にオールロック装置を検査し,オールが制約なく動くかどうか確認する。

7.6 

水密試験(オープンフロアー及び自動排水形ボートは除く)

7.6.1 

要求事項  試験終了時にボートは,厳密に検査しなければならない。  船内には,いかなる水の侵

入があってはならない。

7.6.2 

試験方法  ボート内に水がないことを確認する。製造業者が推奨する最大搭載量までボートに荷重

す る 。 荷 重 は 最 大 出 力 の 機 関 ( 製 造 業 者 が 定 め た も の ) 及 び 乗 員 の 通 常 着 座 位 置 に 配 置 す る 。

ボートは,

20

分間水上で静止しなければならない。

7.7 

操縦性試験  標準装備として製造業者が設置した遠隔操だ装置を装備した最大速度

30kn

以上出せる

RIB

は ISO 11592 の操縦性試験に適合しなければならない。

7.8 

排水試験(分類Ⅷボートに限る)

7.8.1 

要求事項  ボートは 7.8.2 の規定による試験を実施しなければならない。試験終了時にボートを厳密

に検査しなければならない。甲板区域はほとんど水が残っていない状態でなければならない。

7.8.2 

試験方法  ボート内に水がないことを確認する。製造業者が規定する最大搭載量までボートに荷重

する。ボートに取り付けられた最大出力の機関(製造者が定めたもの)及び通常着座位置に配置させた乗

員に相当する荷重を配分しなければならない。水を満たしている間は,すべての甲板のドレン及びスカッ

パーをふさぐ。船外に水があふれ出るまで甲板区域に水を満たさなければならない。すべての甲板のドレ

ン及びスカッパーを開け,手動排水装置又は電動ビルジポンプを使用しないで,ボートの前進運動又は他

の手段により,浸水した甲板区域から

3

分未満で排水しなければならない。

8. 

製造者銘板  ボートは,

1

箇所又は

2

箇所に明りょう,かつ,消えない方法で印刷又は刻印した銘板

を取り付けなければならない。銘板には次のすべての事項を表示しなければならない。

a)

この規格のこの部の番号及びボートの適合する分類

。ヨーロッパ指令(94/25/EC)への承諾が要求された

場合,ボートの設計分類を製造者銘板に表示しなければならない。

b)

製造者又は輸入者の名前及び製造国

c)

製造番号又は製造年月日及び型式又はモデル番号。JIS F 0080 の規定による船体識別番号(

HIN

)を使

用することを推奨する。

d)

 kW

表示による最大機関出力                        (記号表示)


15

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

     

e)

最大許容搭載人員数                                (記号表示)

f)

最大搭載量                                        (記号表示)

g)

推奨圧力                                          (記号表示)

追加事項は,製造業者の選択によって,追加することができる。

[機関の最大質量など]

番号付与システム(HIN)を使用する場合には,c)で指定された事項を表示する必要はない。

d

)∼g)に関しては,図 に示す記号を含めて使用しなければならない。ISO 7000 及び ISO 11192 参照

括弧で表示する追加単位は,製造業者の選択で含めることができる。 

図 4    製造者銘板に用いる記号

9.  取扱説明書及び警告事項  取扱説明書は,適切な言語で,かつ,平易な言い方で表し,座席,操縦装

置,蓄電池及び燃料タンク(適用する場合に限る。

)に関するものを含み,正しく組み立て,ボートを水に

浮かせて使用するための充気及び組立を取扱者が十分理解できるように作らなければならない。

詳細に充気及び組立順序の重要性を記載している取扱説明書には,したがわないときの危険性を強調した

警告を記載しなければならない。

ボートの乾燥,保管及び点検に関する説明も含めなければならない。

蓄電池液,油,ガソリンのような液体の有害影響の可能性に関する適切な警告及び注意書きを記載しなけ

ればならない。

ボートの不均衡な乗員の配置又は荷重の積載に起因した危険に関する警告を,含まなければならない。

取扱説明書には,自然現象による危険性を警告しなければならい。また,その警告は,容易に視認できる

方法で記載しなければならない。

“沖に向かう風及び潮流に用心(

BEWARE OF OFFSHORE WINDS AND CURRENTS

”.

製造者銘板(8.参照)に記載しているデータを超えたときの危険性を強調した警告を記載しなければな

ない。

追加情報を含める場合は,ISO 10240 を参照することを勧める。

10. 

標準装備品  次の装備品は,各ボートに製造業者が支給しなければならない。


16

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

     

−  修理用具  小さなパンクに対する修理用具。

(取扱説明書を含む。

−  取扱説明書(9.参照)

標準備品として充気ポンプがないとき,

製造業者は代替の充気ポンプの使用条件を示さなければならない。


17

F 1051-3

:2004 (ISO 6185-3:2001)

     

附属書 A(参考)代表的分類Ⅶボートの一般配置

この附属書(参考)は,本体及び附属書(規定)に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではな

い。

1  機関

9

波よけカバー

2  トランサム

10

遠隔操だ

3  持ち運び用部品

11

仕切り隔壁−横の仕切り例

4  燃料タンク

12

握りハンドル

5  複数の浮力気室又は区画からなる浮力チューブ

13

底板

6  安全策又は命綱

14

パドル又はオール

7  充気バルブ

15

蓄電地

8  曳航装置 

16

製造者銘板

図 A.1  分類Ⅶボートの一般配置

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16


18

解  

附属書 B(参考)代表的分類Ⅷボートの一般配置

この附属書(参考)は,本体及び附属書(規定)に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではな

い。

1

延長したブラケット上の 2 基掛け船外機

10

船首手すり

2

係留索止め

11

つり点

3

乗客用握りハンドル

12

充気バルブ

4

運転者及び乗客用座席

13

機器付の操だ盤

5

燃料タンク(甲板下)

14

硬質船体の滑り止め甲板

6

命綱

15

乗客用ベンチシート

7

乗客用取手

16

浮力チューブ

8

船首座席

17

船尾アーチ

9

係留索止め

図 B.1    分類Ⅷボートの一般配置


19

F 1051-3

:2004(ISO 6185-3:2001)  解説

解  

参考文献

 
 [1]

ISO 62:1999

Plastics — Determination of water absorption

 [2]

ISO 10087:1995    Small craft — Hull identification — Coding system.

 [3]

ISO 10240:1995    Small craft — Owner’s manual.

 


20

解