>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F

0802

-1989

船舶機関室交流電動天井クレーン

陸上試験方法

Shop Test Code for Marine AC Electric Overhead

Travelling Cranes in Engine Room

1.

適用範囲  この規格は,主機械の開放用として船に装備する交流電動天井クレーン(

1

)

(以下,クレー

ンという。

)の陸上試験方法について規定する。

引用規格: 

JIS B 8801

  天井クレーン

(

1

)

電気ホイストは含まない。

備考  この規格の中で{  }を付けて示してある単位は,従来単位によるものであって,規格値であ

る。

2.

試験の種類及び方法

2.1

機能試験  クレーンの機能試験は,原則として仕様書指定の周波数及び電圧で,JIS B 8801(天井ク

レーン)に準じて次の試験を行う。

なお,その際主けたは,所定のビームの上に置き,原則として傾斜を付けない。ただし,必要があれば,

受渡当事者間の協定によって傾斜を付けることができる。

(1)

主けたのたわみ試験  定格荷重及び 125 %荷重における主けたの中央部のたわみを測定する。

(2)

巻上げ巻下げ試験  注文者が指定する巻上げ巻下げ速度で表 のとおり行う。

表 1

荷重

試験項目

定格荷重 125

%

荷重

無荷重

回数(

2

)

    3

    1

    1

揚程 m

1.5 1.5 1.5

(

2

)

巻上げ,巻下げ各1回をもって回数1とする。

(3)

ブレーキ作動試験  表 のとおりとし,巻下げで電動機回路“切”の瞬間から荷重停止までの滑り長

さを測定する。

表 2

荷重

試験項目

定格荷重 125

%

荷重

回数 3  1


2

F 0802-1989

(4)

ブレーキインチング試験  表 のとおりとする。

表 3

荷重

試験項目

定格荷重 125

%

荷重

回数

 2

 2

スイッチ断続回数

(試験 1 回に付き)

10 10

(5)

温度試験  試験開始前並びに(2)巻上げ巻下げ試験,(3)ブレーキ作動試験及び(4)ブレーキインチング試

験の終了直後に,次の測定を行う。

(a)

周囲温度(℃)

(b)

電動機外被温度上昇(℃)

(c)

電磁ブレーキ外被温度上昇(℃)

(d)

機械ブレーキ外被温度上昇(℃)

(6)

走行試験  定格荷重及び 125 %荷重について,電動又は手動で船首尾方向に装置の大きさに応じて,

それぞれ 1.5 m 以上の距離を走行させて試験を行う。

(7)

横行試験  定格荷重及び 125 %荷重について,原則として手動で,全横行範囲をそれぞれ左右両玄方

向に横行させて試験を行う。

(8)

絶縁抵抗試験  すべての試験終了後,直流 500 V 絶縁抵抗計で,装置の配線と大地との間の総合絶縁

抵抗を計測する。

2.2

主要寸法測定  クレーンの主要寸法測定は,原則として付図に示す項目について行う。

3.

試験の成績表  クレーンの試験の結果は,この規格の附属書又はこれに準じた様式の試験成績表に取

りまとめる。


3

F 080

2-198

9

付図 


4

F 0802-1989

附属書  試験成績表様式(例)


5

F 0802-1989


6

F 0802-1989


7

F 0802-1989

船舶部会  船舶機関設計専門委員会  構成表(昭和 50 年 2 月 1 日改正のとき)

氏名

所属

(委員会長)

眞  田      茂

東京商船大学

今  井      清

財団法人日本海事協会機関部

瀬  尾  正  雄

運輪省船舶技術研究所機関性能部

尾  花      皓

運輸省船舶局

芝  田  照  夫

水産庁生産部

逢  坂  國  一

工業技術院標準部

野  村  信  義

社団法人日本舶用工業会

荻  野  義  治

財団法人日本船舶標準協会

石  原  三  雄

日本鋼管株式会社船舶基本設計部

亀  山  正  雄

石川島播磨重工業株式会社船舶事業部技術部

福  垣  敦  男

三菱重工業株式会社船舶技術部

菊  池  嘉  嗣

住友重機械工業株式会社船舶本部設計部

松  井  健  泰

日立造船株式会社造機基本設計部

原      辰  夫

川崎重工業株式会社造船事業部神戸工場造船設計部

柿  原      実

三井造船株式会社玉野造船所造船設計部

野  田  重  昭

佐世保重工業株式会社佐世保造船所造船設計部

森  川      卓

社団法人日本船主協会船舶部

和  田  雅  敬

船舶整備公団

辰  已  誠  治

ヤンマーディーゼル株式会社阪神生産事業所

志  賀  敏  造

久保田鉄工株式会社ディーゼル事業部東京支社ディーゼル

浅  見  與  一

富士ディーゼル株式会社

山  本  盛  忠

株式会社新潟鉄工所

五  嶋      祐

ダイハツディーゼル株式会社

(事務局)

桜  井  俊  彦

工業技術院標準部機械規格課

佐  野  則  雄

工業技術院標準部機械規格課

(事務局)

小  林  秋  穂

工業技術院標準部機械規格課(平成元年 6 月 15 日改正のとき)

山  形  智  幸

工業技術院標準部機械規格課(平成元年 6 月 15 日改正のとき)