>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

F 040

1 : 1

999

 解

解説付表 1  この規格と対応する国際規格との対比表 

JIS F 0401 : 1999

  船用内燃主機関の出力の呼び方

及びその定義

ISO 3046-1 : 1995

  Reciprocating internal combustion engines Performance−Part 1 : Standard reference conditions, declarations of power, fuel

and lubricating oil consumptions, and test methods

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  1.  船 に 装 備 さ れ る 内 燃 主

機関の出力の呼び方及びそ
の定義について規定

ISO 3046-1 

○ 1.  商業生産における液体又は

気体燃料を用いる往復動内燃機
関の標準大気条件,出力,燃料消
費量,潤滑油消費量の表示及び試

験方法につき規定。 
航空機を駆動する機関を除いた
すべての往復動内燃機関に適用。

製造業者工場運転台上試験及び
使用場所での試験にも適用。

= JIS では船舶の内燃主機関の

出力の呼び方と定義に限定。

ISO

は広く出力,燃料消費,

潤滑油消費,標準大気条件の

定義,表示,試験方法を規定。

従来の JIS F は,船舶に搭載

された主機の出力だけを対
象としていたが,機関単体の
出力の呼び方・定義も,船舶

として必要な項目に限って
今回 ISO と整合を図った。 
なお,ISO で規定している他

の部分 につい ては ,JIS B 

8002

(往復動内燃機関)で規

定している。

(理由:ISO は,コアスタン
ダードであり,JIS F はサテ
ライトスタンダードのため)

(2)

引用規格

○ 2.  ISO 1204, ISO 3046-3, 4, 5, 6, 

7,

  ISO 8528

(3)

定義

○  2. a)

図示出力

 b)

ブレーキ出力

 c)

補機

ISO 3046-1 

○ 3.  定義  28 項目について定義。 = 船舶として必要な定義だけ

について整合。

サテライトスタンダードと
して必要なものを定義。

(4)

出 力 の 呼 び
方の種類

○  3. a) ISO 出力

 b)

ISO

標準出力

 c)

サービス出力

 d)

サービス標準出力

ISO 3046-1 

○ 3.  定義及び 8.出力の表示方法

= 内容的には ISO の方が広く

定義。

ISO

の出力定義中,船舶にと

り必要な定義を船舶 JIS 

して採用。

(5)

負 荷 と し て

の 出 力 の 種

○  4. a)

連続出力

 b)

過負荷出力

参考:常用出力,後進出

ISO 3046-1 

○ 3.  定義及び 8.出力の表示方法

= 内容的には ISO の方が広く

定義。

ISO

の出力定義中,船舶にと

り必要な定義を船舶 JIS 
して採用。


 

2

F 040

1 : 1

9

99
 解


解説付表 1  この規格と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(6)

動 力 と し て
の 出 力 の 種

○  5.  図 示 出 力 及 び ブ レ ー キ

出力

ISO 3046-1 

○ 3.  定義及び 8.出力の表示方法

= 内容的には ISO の方が広く

定義。

ISO

の出力定義中,船舶にと

り必要な定義を船舶 JIS 
して採用。

(7)

運 転 許 容 範

○  6.  内燃主機運転範囲線図

ISO 3046-1 

○ 12.  機関製造業者が提供する情

附属書

○  附属書  各出力の相互比率

及び運転許容範囲の詳細

ISO 3046-1 

≠ JIS にあって ISO にない。

ISO

の補足事項である。

ISO 3046-1 

○ 上記に記載されていない項目

≠ JIS は,船用内燃主機関の出

力の呼び方とその定義だけ

の規格に対して,ISO は,性
能全般の規格であり,対応し
ない部分である。

船用に限ったサテライトの
規格である。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし,

“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:該当項目がない場合。