>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

F 0051

:2003

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人日本船舶

標準協会(JMSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調

査会の審議を経て,国土交通大臣が改正した日本工業規格である。これによって,JIS F 0051:1983 は改

正され,この規格に置き換えられる。

JIS F 0051

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表


F 0051

:2003

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  分類

1

3.

  図記号

2

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

28

 


日本工業規格

JIS

 F

0051

:2003

船舶救命及び消火設備の図記号

Symbols for lifesaving appliance and fire fighting of ships

序文  この規格は,2002 年に発行された ISO 17631:2002,Ships and marine technology―Shipboard plans for

fire protection

,life-saving appliances and means of escape の

附属書 A(規定)Graphical symbols for use in plans

を元に作成した日本工業規格であるが,国内事情のため技術的内容を変更して作成している。

なお,この規格で側線を施してある箇所は,原国際規格の内容を変更して規定した事項である。

1.

適用範囲  この規格は,船の救命設備及び火災制御図に使用する図記号について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 17631

:2002,Ships and marine technology―Shipboard plans for fire protection,life-saving

appliances and means of escape (MOD)

2.

分類  図記号の分類は,次による。

a)

救命設備図関係

1)

救命器具

2)

信号装置

b)

火災制御図関係

1)

保護場所の消火装置及び防火仕切

2)

防火戸及び非常用脱出口

3)

消火ポンプ

4)

ホース箱など

5)

消火栓,消火管用弁,連結フランジ及びノズル

6)

通風用防火ダンパ

7)

遠隔制御場所

8)

火災探知装置及び警報装置

9)

消火装置及び警報装置

10)

イナートガス装置

11)

消火器具

12)

消火装置容器

13)

消火器具用倉庫

14)

消防員装具


2

F 0051

:2003

15)

その他

3.

図記号  図記号は,a)  ∼b)によって,通常着色した記号とする。

  なお,図記号の大きさは自由に変えてもよいが,なるべく相似的な形で,明りょうに,かつ見やすい大

きさで表す。


3

F 0051

:2003

a)

救命設備図関係

1)

救命器具

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

1.1 

救命艇

格納場所の参照番号をシン

ボルの右側に記す。 
生存艇の収容が凡例中に記
されない場合,シンボルの下

側に記す。

Lifeboat

ISO

17631 

1.2 

救助艇

格納場所の参照番号をシン
ボルの右側に記す。 
このシンボルを高速救助艇

にも使用する。

Rescue boat

ISO

17631 

1.3 

救命いかだ

格納場所の参照番号をシン
ボルの右側に記す。 
生存艇の収容人数が凡例中

に記されない場合,シンボル
の下側に記す。

Liferaft (s)

ISO

17631 

1.4 

救命索付き固形救命
いかだ

Rigid

liferaft

with a lifeline

1.5 

ダビット進水用救命
いかだ

格納場所の参照番号をシン
ボルの右側に記す。

生存艇の収容人数が凡例中
に記されない場合,シンボル
の下側に記す。

Davit-launched

liferaft (s)

ISO

17631 

1.6 

救命浮環

Lifebuoy

ISO

17631 

1.7 

索付き救命浮環

Lifebuoy

with

line

ISO

17631 

1.8 

自己点火灯付き救命
浮環

Lifebuoy with

light

ISO

17631 

1.9 

自己点火灯及び索付

き救命浮環

Lifebuoy

w

a

selfingniting

light and line


4

F 0051

:2003

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

1.10 

救命浮器

buoyant

apparatus

1.11 

自己点火灯及び自己
発煙信号付き救命浮

Lifebuoy with

light and smoke

ISO

17631 

1.12 

救命胴衣

このシンボルは救命胴衣が
居室外に収納されるときに
使用する。

収納される救命胴衣の数を
シンボルの右側に記す。

Lifejacket

ISO

17631 

1.13 

子供用救命胴衣

このシンボルは救命胴衣が
居室外に収納されるときに
使用する。

収納される救命胴衣の数を
シンボルの右側に記す。

Child’s

Lifejacket

ISO

17631 

1.14 

イマーションスーツ

収納されているスーツの数

量をシンボルの右側に記す。

Immersion suit

ISO

17631 

1.15 

耐暴露服(AES)

収納されている AES の数量

をシンボルの右側に記す。

Anti-exposure

suit (AES)

ISO

17631 

1.16 

保温具(TPA)

収納されている TPA の数量
をシンボルの右側に記す。

Thermal

protective aid

(TPA)

ISO

17631 

1.17 

救命索発射器

line

throwing

appliance

ISO

17631 

1.18 

ライフジャケット格
納箱

Box with

lifejacket


5

F 0051

:2003

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

1.19 

ライフカプセル

Life

capusule

1.20 

担架

Stretcher

ISO

17631 

1.21 

医療品ロッカ

Medical

locker

ISO

17631 

1.22 

ボートデッキライト

Boat deck light

1.23 

乗艇用はしご

Embarkation

ladder or

alternative

approved device

ISO

17631 

1.24 

救命艇用安全ネット

Embarkation

lifenet

1.25 

集合場所

集合場所を表示する文字を
シンボルの右側に記す。

Assembly

station

ISO

17631 

1.26 

海上退船システム 
―  MES(滑り台式)

装置の参照番号をシンボル
の右側に記す。 
生存艇の収容人数が凡例中

に記されない場合,シンボル
の下側に記す。

Marine

evacuation

system (slide)

ISO

17631 

1.27 

海上退船システム 
―  MES(垂直落下
式)

装置の参照番号をシンボル
の右側に記す。 
生存艇の収容人数が凡例中

に記されない場合,シンボル
の下側に記す。

Marine

evacuation

system (chute)

ISO

17631 


6

F 0051

:2003

2) 

信号装置

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

2.1 

遭難信号

2.3

  自己発煙信号,

2.4

  落下傘付き信号,

2.5

  生存艇用救難信号

を総括して 示す場合に
使用する。

Distress signal

2.2 

自己点火灯

Self-igniting

light

2.3 

自己発煙信号

Self-activating

smoke signal

2.4 

落下傘付き信号

Rocket

parachute flares

ISO

17631 

2.5 

生存艇用救難信号

Survival

craft

distress signal

ISO

17631 

2.6 

生存艇用持 ち運び式無

線電話

Two-way

VHF

radiotelephone

apparatus

ISO

17631 

2.7 

レーダトラ ンスポンダ

(SART)

Search and

rescue radar

transponder

(SART)

ISO

17631 

2.8 

非常用位置 指示無線標

識(EPIRB)

Emergency

position

indicating radio

beacon

(EPIRB)

ISO

17631 


7

F 0051

:2003

b) 

火災制御図関係

1) 

保護場所の消火装置及び防火仕切

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

3.1 

ウォータドレンチ式

消火装置

By-water drencher type

extinguishing system

3.2 

炭酸ガス固定消火装

消火剤の容量(kg)
をシンボルの上側に
記す。

Space or group of

spaces protected by

fixed fire extinguishing

system for carbon

dioxide

ISO

17631 

3.3 

泡式固定消火装置

消火剤の容量(L)を
シンボルの上側に記
す。

Space or group of

spaces protected by

fixed fire extinguishing

system for foam

ISO

17631 

3.4 

炭酸ガス以外のガス
消火装置

消火剤の容量(kg)
をシンボルの上側に
記す。

ガスの種類を記す。

Space or group of

spaces protected by

fixed fire extinguishing

system for gas other

than CO

2

ISO

17631 

3.5 

粉末固定消火装置

消火剤の容量(kg)
をシンボルの上側に

記す。

Space or group of

spaces protected by

fixed fire extinguishing

system for powder

ISO

17631 

3.6 

噴霧式固定消火装置

消火剤の容量(L)を
シンボルの上側に記

す。

Space or group of

spaces protected by

fixed fire extinguishing

system for water

ISO

17631 

3.7 

スプリンクラ又は高
圧水固定消火装置

消火剤の容量(kg)
をシンボルの上側に

記す。

Space or group of

spaces protected by

fixed fire extinguishing

system for sprinkler or

high-pressure water

ISO

17631 

3.8 

A

級仕切り

A-class

division ISO

17631 

3.9 

B

級仕切り

B-class

division ISO

17631 


8

F 0051

:2003

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

3.10 

主垂直区域仕切り

Main vertical zone

ISO

17631 

2)

防火戸及び非常用脱出口

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

4.1 

A

級ヒンジ式防火戸

シンボルは戸の位置とし,実

際に開く方向を示すことが
望ましい。水密の場合は WT
/,半水密の場合は SWT を

シンボルの右側に記す。

A-class hinged

fire door

ISO

17631 

4.2 

B

級ヒンジ式防火戸

シンボルは戸の位置とし,実
際に開く方向を示すことが

望ましい。水密の場合は WT
/,半水密の場合は SWT を
シンボルの右側に記す。

B-class hinged

fire door

ISO

17631 

4.3 

A

級ヒンジ式自閉防

火戸

シンボルは戸の位置とし,実
際に開く方向を示すことが

望ましい。水密の場合は WT
/,半水密の場合は SWT を
シンボルの右側に記す。

A-class hinged

self-closing fire

door

ISO

17631 

4.4 

A

級ヒンジ式遠隔閉

鎖防火戸

シンボルは戸の位置とし,実
際に開く方向を示すことが
望ましい。水密の場合は WT

/,半水密の場合は SWT を
シンボルの右側に記す。

A-class hinged

remotely

closing fire

door

4.5 

B

級ヒンジ式自閉防

火戸

シンボルは戸の位置とし,実
際に開く方向を示すことが
望ましい。水密の場合は WT

/,半水密の場合は SWT を
シンボルの右側に記す。

B-class hinged

self-closing fire

door

ISO

17631 

4.6 

B

級ヒンジ式遠隔閉

鎖防火戸

シンボルは戸の位置とし,実

際に開く方向を示すことが
望ましい。水密の場合は WT
/,半水密の場合は SWT を

シンボルの右側に記す。

B-class hinged

remotely

closing fire

door

4.7 

A

級引戸式防火戸

シンボルは戸の位置とし,実

際に開く方向を示すことが
望ましい。水密の場合は WT
/,半水密の場合は SWT を

シンボルの右側に記す。

A-class sliding

fire door

ISO

17631 


9

F 0051

:2003

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

4.8 

B

級引戸式防火戸

シンボルは戸の位置とし,実
際に開く方向を示すことが

望ましい。水密の場合は WT
/,半水密の場合は SWT を
シンボルの右側に記す。

B-class sliding

fire door

ISO

17631 

4.9 

A

級引戸式自閉防火

シンボルは戸の位置とし,実
際に開く方向を示すことが

望ましい。水密の場合は WT
/,半水密の場合は SWT を
シンボルの右側に記す。

A-class

self-closing

sliding fire door

ISO

17631 

4.10 

A

級引戸式遠隔閉鎖

防火戸

シンボルは戸の位置とし,実
際に開く方向を示すことが
望ましい。水密の場合は WT

/,半水密の場合は SWT を
シンボルの右側に記す。

A-class

remotely

closing sliding

fire door

4.11 

B

級引戸式自閉防火

シンボルは戸の位置とし,実
際に開く方向を示すことが
望ましい。水密の場合は WT

/,半水密の場合は SWT を
シンボルの右側に記す。

B-class

self-closing

sliding fire door

ISO

17631 

4.12 

B

級引戸式遠隔閉鎖

防火戸

シンボルは戸の位置とし,実

際に開く方向を示すことが
望ましい。水密の場合は WT
/,半水密の場合は SWT を

シンボルの右側に記す。

B-class

remotely

closing sliding

fire door

4.13 

非常用脱出口

Emergency

exit

4.14 

主脱出経路

Primary

escape

route

ISO

17631 

4.15 

副脱出経路

Secondary

escape route

ISO

17631 


10

F 0051

:2003

3) 

消火ポンプ

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

5.1 

消火ポンプ

ポンプの形 式及び能力
(容量・揚程)は,シン
ボルの右側に記す。

Fire pump

ISO

17631 

5.2 

非常用消火ポンプ

ポンプの形 式及び能力
(容量・揚程)は,シン
ボルの右側に記す。

Emergency fire

pump

ISO

17631 

4) 

ホース箱など

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

6.1 

消火装置用消火栓箱

Box

with

hydrant valve

6.2 

消火装置用ホース箱

Box with fire

hose


11

F 0051

:2003

5) 

消火栓,消火管用弁,連結フランジ及びノズル

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

7.1 

水消火栓

Fire

hydrant

ISO

17631 

7.2 

消火栓

泡消火栓

Fire hydrant for

foam

7.3 

消火管

水消火主管部分弁

弁の参照番 号をシンボ
ルの右側に記す。

Fire main

section valve

ISO

17631 

7.4 

蒸気消火主管部分

弁の参照番 号をシンボ
ルの右側に記す。

Steam section

valve

7.5 

泡消火主管部分弁

弁の参照番 号をシンボ

ルの右側に記す。

Foam section

valve

ISO

17631 

7.6 

炭酸ガス消火主管

部分弁

弁の参照番 号をシンボ

ルの右側に記す。

CO

2

 section

valve

7.7 

炭酸ガス以外のガ

ス消火主管部分弁

弁の参照番 号をシンボ

ルの右側に記す。

Gas other than

section valve

7.8 

スプリンクラ消火

主管部分弁

弁の参照番 号をシンボ

ルの右側に記す。

Sprinkler-sectio

n valve

ISO

17631 

7.9 

粉末消火主管部分

弁の参照番号をシンボル
の右側に記する。このシ
ンボルは同等の水消火装
置に適用してもよい。自
動ドライ管スプリンクラ
装置用弁は,凡例中に記
すことが望ましい。

Powder-section

valve

ISO

17631 


12

F 0051

:2003

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

7.10 

粉末消火放出口

Dry

powder

outlet

7.11 

国際陸上施設連結具

Internationl

shore

connection

ISO

17631 

7.12 

蒸気消火陸 上施設連結

フランジ

Shore

connection

flange for steam

type

extinguishing

plant

7.13 

炭酸ガス消 火陸上施設

連結フランジ

Shore

connection

flange for CO

2

type

extinguishing

plant

7.14 

水消火陸上施設連結弁

Shore

connection

valve for water

extinguishing

plant

7.15 

炭酸ガス消 火陸上施設
連結弁

Shore

connection

valve for CO

2

extinguishing

plant

7.16 

蒸気消火陸 上施設連結

Shore

connection

valve for steam

extinguishing

plant

7.17 

水消火じゅう(銃)

Monitor

for

water

ISO

17631 

7.18 

泡消火じゅう(銃)

Monitor

for

foam

ISO

17631 


13

F 0051

:2003

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

7.19 

粉末消火じゅう(銃)

Monitor

for

powder

ISO

17631 

7.20 

持ち運び式 泡消火ノズ

Portable

foam

nozzle

7.21 

水噴霧放射器

Water

fog

applicator

ISO

17631 

6) 

通風用防火ダンパ

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

8.1 

居住区域及 び業務区域
吸排気閉鎖装置

装置番号はシンボル
の下側に記してもよ
い。

Closing device for

ventilation inlet or

outlet for

accommodation

and service spaces

ISO

17631 

8.2 

機関区域吸 排気閉鎖装

装置番号はシンボル
の下側に記してもよ

い。

Closing device for

ventilation inlet or

outlet for

machinery spaces

ISO

17631 

8.3 

貨物区域吸 排気閉鎖装

装置番号はシンボル
の下側に記してもよ

い。

Closing device for

ventilation inlet or

outlet for cargo

spaces

ISO

17631 

8.4 

居住区域及 び業務区域

防火ダンパ

ダンパ番号はシンボ

ルの下側に記しても
よい。

Fire damper for

acccommodation

and service spaces

ISO

17631 

8.5 

機関区域防火ダンパ

ダンパ番号はシンボ
ルの下側に記しても
よい。

Fire damper for

machinely spaces

ISO

17631 

8.6 

貨物区域防火ダンパ

ダンパ番号はシンボ
ルの下側に記しても

よい。

Fire damper for

cargo spaces

ISO

17631 


14

F 0051

:2003

7) 

遠隔制御場所

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

9.1 

遠隔操作場所

消火ポンプ遠隔操

Remote control for fire

pump (s)

ISO

17631 

9.2 

非常用消火ポンプ
又は非常電源供給
消火ポンプ遠隔操

Remote control for

emergency fire pump or

fire pump supplied by

the emergency source of

power

ISO

17631 

9.3 

ビルジポンプ遠隔
操作

Remote control for bilge

pump (s)

ISO

17631 

9.4 

非常用ビルジポン
プ遠隔操作

Remote control for

emergency bilge pump

ISO

17631 

9.5 

潤滑油ポンプ遠隔
停止

Lub oil pump (s) remote

shut-off

ISO

17631 

9.6 

燃料ポンプ遠隔停

Fuel pump (s) remote

shut-off

ISO

17631 

9.7 

消火ポンプ海水吸

入弁遠隔操作

Remote control station

for sea inlet valve for

fire pump

9.8 

燃料弁遠隔操作

Rmote control for fuel

oil valves

ISO

17631 

9.9 

潤滑油弁遠隔操作

Rmote control for lube

oil valves

ISO

17631 


15

F 0051

:2003

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

9.10 

遠隔操作場所

消火ポンプ弁遠隔
操作

Remote control for fire

pump valves (s)

ISO

17631 

9.11 

蒸気消火装置操作
弁遠隔操作

Remote control station

for steam type

extinguishing plant

valve

9.12 

ボイラ安全弁の揚

弁遠隔操作

Remote control station

for opening of steam

boiler safety valve

9.13 

泡消火装置遠隔操

保護区域をシン

ボルの下側に記
す。

Remote release station

for foam

9.14 

炭酸ガス消火装置

遠隔操作

保護区域をシン

ボルの下側に記
す。

Remote release station

for carbon dioxide

ISO

17631 

9.15 

水消火装置遠隔操

保護区域をシン

ボルの下側に記
す。

Remote release station

for water

ISO

17631 

9.16 

炭酸ガス又は窒素
ガス以外のガス消
火装置遠隔操作

保護区域をシン
ボルの下側に記
す。

ガスの種類を記
す。

Remote release station

for gas other than CO

2

or N

ISO

17631 

9.17 

粉末消火装置遠隔
操作

保護区域をシン
ボルの下側に記
す。

Remote release station

for powder

ISO

17631 

9.18 

居住区域及び業務
区域用換気装置遠
隔停止

Ventilation

remote

control or shut-off for

accomodation and

service spaces

ISO

17631 


16

F 0051

:2003

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

9.19 

遠隔操作場所

機関区域用換気装
置遠隔停止

Ventilation

remote

control shut-off for

machinery spaces

ISO

17631 

9.20 

貨物区域用換気装
置遠隔停止

Ventilation

remote

control shut-off for

cargo spaces

ISO

17631 

9.21 

全通風機集中停止

遠隔制御

Remote control station

for central stopping of

all hold ventilation fan

9.22 

煙突閉鎖遠隔制御

Remote control station

for closing of funnel

shutters

9.23 

天窓遠隔制御

Remote control for

skylight

ISO

17631 

9.24 

扉開閉装置遠隔制

Remote control station

for doors

9.25 

イナートガス装置
弁遠隔制御

Remote control station

for inert gas type

protection plant valve

9.26 

居住区域及び業務
区域用防火ダンパ
遠隔制御

ダンパ番号はシ
ンボルの下側に
記してもよい

Remote control for fire

damper (s) of

accomodation and

service spaces

ISO

17631 

9.27 

機関区域用防火ダ
ンパ遠隔制御

ダンパ番号はシ
ンボルの下側に
記してもよい

Remote control for fire

damper (s) of machinery

spaces

ISO

17631 


17

F 0051

:2003

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

9.28 

遠隔操作場所

貨物区域用防火ダ
ンパ遠隔制御

ダンパ番号はシ
ンボルの下側に

記してもよい。

Remote control for fire

damper (s) of cargo

spaces

ISO

17631 

9.29 

居住区域及び業務
区域用換気出入口

閉鎖装置遠隔制御

装置番号はシン
ボルの下側に記

してもよい。

Remote control for

closing device (s) for

ventilation inlet and

outlet of accomodation

and serveice spaces

ISO

17631 

9.30 

機関区域用換気出

入口閉鎖装置遠隔
制御

装置番号はシン

ボルの下側に記
してもよい。

Remote control for

closing device (s) for

ventilation inlet and

outlet of machinery

spaces

ISO

17631 

9.31 

貨物区域用換気出

入口閉鎖装置遠隔
制御

装置番号はシン

ボルの下側に記
してもよい。

Remote control for

closing device (s) for

ventilation inlet and

outlet of cargo spaces

ISO

17631 

9.32 

水密戸又は防火戸

遠隔制御

防火戸遠隔制御

の場合は,シン
ボ ル の 右 側 に

FD

を記す。

Remote control for

watertight doors or fire

doors

ISO

17631 

8) 

火災探知装置及び警報装置

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

10.1 

火災探知及 び警報装置

制御盤

  Control

pane for

fire detection and

alarm system

ISO

17631 

10.2 

煙感知器に よる保護区

区域は識別する。

Space or group of

spaces monitored by

smoke detector (s)

ISO

17631 

10.3 

熱感知器に よる保護区

区域は識別する。

Space or group of

spaces monitored by

heat detector (s)

ISO

17631 

10.4 

炎感知器に よる保護区

区域は識別する。

Space or group of

spaces monitored by

flame detector(s)

ISO

17631 


18

F 0051

:2003

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

10.5 

ガス検知器 による保護
区域

  Space

monitored by

gas detector (s)

ISO

17631 

10.6 

火災警報機 用押ボタン
/スイッチ

  Push

button/switch

for fire alarm

10.7 

一般警報用押ボタン

Push

button/switch

for general alarm

ISO

17631 

10.8 

警報機(CO

2

Alarm

warning

device CO

2

10.9 

警報機

(CO

2

以外のガス)

Alarm

warning

device halogen

10.10 

火災及び一般用警報機

Alarm

device

for

fire and general

alarm

10.11 

船用ベル

Ship’s

bell

10.12 

手動警報機設置場所

このシンボルの使用
は管轄官庁の意のま
まで任意である。

Manually operated

call points

ISO

17631 


19

F 0051

:2003

9) 

消火装置及び警報装置

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

11.1 

水スプレ式 消火装置分
配装置

必要ならば,保護区域を
シンボルの下側に記す。

Water spray

system valves

ISO

17631 

11.2 

自動スプリ ンクラ消火
装置分配装置

Automatically

started water

sprinkler type

extinguishing

plant

11.3 

自動噴霧式 消火装置分
配装置

Automatically

started mist

type

extinguishing

plant

11.4 

蒸気消火装置分配装置

Steam

type

extinguishing

plant

11.5

固定式炭酸 ガス消火装

Fixe fire

exitinguishing

installation for

carbon dioxide

ISO

17631 

11.6 

固定式窒素 ガス消火装

Fixe fire

extinguishing

installation for

nitrogen

ISO

17631 

11.7 

固定式泡消火装置

Fixed

fire

extinguishing

installation for

foam

ISO

17631 

11.8 

固定式炭酸 ガス又は窒
素ガス以外 のガス消火
剤消火装置

ガス種類を記す。 Fixed

fire

extinguishing

installation for

gas other than

CO

2

 or N

ISO

17631 


20

F 0051

:2003

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

11.9 

固定式粉末消火装置

Fixed

fire

extinguishing

installation for

powder

ISO

17631 

11.10 

固定式水消火装置

Fixed

fire

extinguishing

installation for

water

ISO

17631 

10) 

イナートガス装置

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

12.1 

イナートガス装置

Inert

gas

installation

ISO

17631 


21

F 0051

:2003

11) 

消火器具

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

13.1 

持ち運び式 炭酸ガス消
火器

消火剤の容量をシンボ
ルの右側に記す。

Fire

extinguisher for

carbon dioxide

ISO

17631 

13.2 

持ち運び式泡消火器

消火剤の容量をシンボ
ルの右側に記す。

Fire

extinguisher for

foam

ISO

17631 

13.3 

持ち運び式 炭酸ガス以
外のガス消火器

消火剤の容量をシンボ
ルの右側に記す。

ガスの種類を記す。

Fire

extinguisher for

gas other than

CO

2

ISO

17631 

13.4 

持ち運び式粉末消火器

消火剤の容量をシンボ
ルの右側に記す。

Fire

extinguisher for

powder

ISO

17631 

13.5 

持ち運び式水消火器

消火剤の容量をシンボ
ルの右側に記す。

Fire

extinguisher for

water

ISO

17631 

13.6 

移動式炭酸ガス消火器

消火剤の容量をシンボ
ルの右側に記す。

Wheeled fire

extinguisher for

carbon dioxide

ISO

17631 

13.7 

移動式泡消火器

消火剤の容量をシンボ
ルの右側に記す。

Wheeled fire

extinguisher for

foam

ISO

17631 

13.8 

移動式炭酸 ガス以外の

ガス消火器

消火剤の容量をシンボ

ルの右側に記す。 
ガスの種類を記す。

Wheeled fire

extinguisher for

gas other than

CO

2

ISO

17631 

13.9 

移動式粉末消火器

消火剤の容量をシンボ

ルの右側に記す。

Wheeled fire

extinguisher for

powder

ISO

17631 


22

F 0051

:2003

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

13.10 

移動式水消火器

消火剤の容量をシンボ
ルの右側に記す。

Wheeled fire

extinguisher for

water

ISO

17631 

13.11 

自動拡散形消火器

Automatic

spraying liquid

fire extinguisher

13.12 

炭酸ガス消 火装置用ノ

ズル

CO

2

 nozzle

13.13 

泡消火装置用ノズル

Foam

nozzle

13.14 

持ち運び式 泡消火装置

用アプリケ ータユニッ

Portable

foam

applicator unit

or relevant

space tank (s)

ISO

17631 

13.15 

スプリンク ラ装置用ス

プリンクラ

Sprink

for

sprinkler system

13.16 

水消火ホー ス及びノズ

ホースの長さ,ノズル径

及び連結形式をシンボ
ルの右側に記す。 
単一形式のホースが使

用される場合,上記は凡
例中に示すことができ
る。

Fire hose and

nozzle for water

ISO

17631 

13.17 

泡消火ホー ス及びノズ

ホースの長さ,ノズル径

及び連結形式をシンボ
ルの右側に記す。 
単一形式のホースが使

用される場合,上記は凡
例中に示すことができ
る。

Fire hose and

nozzle for foam

ISO

17631 


23

F 0051

:2003

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

13.18 

粉末消火ホ ース及びノ
ズル

ホースの長さ,ノズル径
及び連結形式をシンボ

ルの右側に記す。 
単一形式のホースが使
用される場合,上記は凡

例中に示すことができ
る。

Fire hose and

nozzle for

powder

ISO

17631 

13.19 

フォグ用伸長パイプ

Fog

expansion

pipe

13.20 

泡消火ホース

water fire hose

with a nozzle

12) 

消火装置容器

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

14.1 

スプリンク ラ装置用圧
力タンク

   Pneumatic

water

tank for sprinkler

system

14.2 

泡消火装置 用原液タン

容量は図記号に添記す

るか,又は図中に記す。

Container of

foaming media

14.3 

固定式炭酸 ガス消火装

置貯蔵設備

Fixed gas fire

extinguishing

battery for carbon

dioxide

ISO

17631 

14.4 

固定式窒素 ガス消火装
置貯蔵設備

Fixed gas fire

extinguishing

battery for

nitrogen

ISO

17631 


24

F 0051

:2003

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

14.5 

固定式泡消 火装置貯蔵
設備

Fixed gas fire

extinguishing

battery for foam

ISO

17631 

14.6 

固定式炭酸 ガス又は窒
素ガス以外 のガス消火
装置貯蔵設備

ガスの種類を記す。

Fixed gas fire

extinguishing

battery for gas

other than CO

2

 or

N

ISO

17631 

14.7 

固定式粉末 消火装置貯
蔵設備

Fixed gas fire

extinguishing

battery for

powder

ISO

17631 

14.8 

固定式水消 火装置貯蔵

設備

Fixed gas fire

extinguishing

battery for water

ISO

17631 

14.9 

高膨張泡供給設備

必要ならば,保護区域

をシンボルの下側に記
す。

Hight expansion

foam supply

trunk (outlet)

ISO

17631 

14.10 

砂箱

Sand box with a

shovel

13) 

消火器具

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

15.1 

消火器具収納庫

消防器具収 納庫の番号

をシンボル の右側に記
す。

Fire locker

ISO

17631 

15.2 

安全器具収納庫

安全器具収 納庫の番号

をシンボル の右側に記
す。

Safty locker

ISO

17631 


25

F 0051

:2003

14) 

消防員装具

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

16.1 

自蔵式呼吸具

Self-contained

breathing apparatus

16.2 

空気ホース 付き防じん
(塵)マスク

Fresh air pressure

hose apparatus

16.3 

安全灯

数量は図中に記す。

Safety lamp

16.4 

電気ドリル

数量は図中に記す。

Electric drilling

machine

16.5 

消火工具

数量は図中に記す。

Set of demolishing

equipment

16.6 

防護服

Protective

clothing

16.7 

消防おの

Fire

axes   

16.8 

非常用脱出用呼吸具

(EEBD)

 EEBD

の容量をシン

ボルの右側に記す。

Emergency escape

breathing devices

(EEBD)

ISO

17631 

16.9 

呼吸具用充てん(塡)

エアーコンプレッサ

Air compressor for

breathing devices

ISO

17631 


26

F 0051

:2003

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

16.10 

非常電源設置場所(発電
機)

  Emergency

source

of electrical power

(generator)

ISO

17631 

16.11 

非常電源設置場所(蓄電
池)

  Emergency

source

of electrical power

(battery)

ISO

17631 

16.12 

非常用スイッチ盤

Emergency

switchboard

ISO

17631 

16.13 

非常電話

Emergency

telephone

ISO

17631 

16.14 

保護区域に 設備されて

いる固定式 炭酸ガス消
火装置用容器

  Fixed

fire

extinguishing

bottle

,placed in

protected area for

carbon dioxide

ISO

17631 

16.15 

保護区域に 設備されて
いる固定式 窒素ガス消

火装置用容器

  Fixed

fire

extinguishing

bottle

,placed in

protected area for

nitrogen

ISO

17631 

16.16 

保護区域に 設備されて
いる固定式 泡消火装置

用容器

  Fixed

fire

extinguishing

bottle

,placed in

protected area for

foam

ISO

17631 

16.17 

保護区域に 設備されて
いる固定式 炭酸ガス又
は窒素ガス 以外のガス

消火装置用容器

ガスの種類を記す。

Fixed fire

extinguishing

bottle

,placed in

protected area for

gas other than CO

2

or N

ISO

17631 

16.18 

保護区域に 設備されて
いる固定式 粉末消火装

置用容器

  Fixed

fire

extinguishing

bottle

,placed in

protected area for

powder

ISO

17631 


27

F 0051

:2003

参考 

番号

名称

図記号

備考

英文名称

対応規格

16.19 

保護区域に 設備されて

いる固定式 水消火装置
用容器

  Fixed

fire

extinguishing

bottle

,placed in

protected area for

water

ISO

17631 

16.20 

防火設備及 び構造の防
火配置図

Plan for fire

protection appliance

or structual fire

protection

ISO

17631 

16.21 

救命設備及 び脱出手段
配置図

区域は識別する。

Plan for lifesaving

appliances and

means of escape

ISO

17631 


28

F 0051

:2003

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS F 0051

:2003  船舶救命及び消火設備の図記号

ISO 17631

:2002  船舶及び海洋技術−防火,救命設備及び脱出手段のための船上

計画

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ) JIS と国際規格との技術的差異の項目

ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:実線の側線

項目番号

内容

(

Ⅱ)

国際
規格

番号

項目番号

内容

項目ごとの評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ) JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

1.

適用範囲  船の救命設備及び火災

制御図に使用する図記
号について規定。

 1.

防火設備,構造上の防火,救
命設備及 び配 置並び に脱
出手段の ため の船上 計画

の形式,設計,レイアウト,
取扱いについて規定。計画
図に使用 する 図記号 と計

画図例(参考)

MOD/

変更

JIS

では必要な用件だけ

規定。

国内で広く使用されている図記号
を基礎として作成した。船上計画の
形式などについては,海上人命安全

条約(SOLAS)で別途定められてい
るため,また船籍国法規で追加規定
される場合があるため規定しなか

った。

2.

用語及び定義 MOD/削除

すでに国内で広く使用されている

ため,改めて技術規定する必要性が
ないので削除した。

3.

計画の準備 MOD/削除

同上

4.

文書の要件 MOD/削除 

同上

2.

分類

図記号は,次のとおり 
分類。

a)

救命設備図関係

 1)

救命器具

 2)

信号装置

b)

火災制御図関係

 1)

保護場所の消火装

置及び防火仕切

 2)

防火戸及び非常用

脱出口

 3)

消火ポンプ

 4)

ホース箱など

附属書 A 
(規定)

計画に使 用す る図記 号を
規定。

A.1

構造上の防火

A.2

防火設備

A.3

脱出手段

A.4

救命設備

MOD/

追加・変更 編集上,規定順序を JIS

として容易に解釈でき
るよう変更した。

国内で広く使用されており,ISO 
の差異で特に問題となる項目ではな
いため,使用者の見やすさを考慮し

た。

28

F 0051


2003


29

F 0051

:2003

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ) JIS と国際規格との技術的差異の項目

ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:実線の側線

項目番号

内容

(

Ⅱ)

国際
規格

番号

項目番号

内容

項目ごとの評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ) JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

5)

消火栓,消火管用

弁,連結フランジ及び
ノズル

 6)

通風用防火ダンパ

 7)

遠隔制御場所

 8)

火災探知装置及び

警報装置

 9)

消火装置及び警報

装置

10)

イナートガス装置

11)

消火器具

12)

消火装置容器

13)

消火器具用倉庫

14)

消防員装具

15)

その他

3.

図記号

救命設備関係の 1.1∼

2.8

及び火災制御関係

の 3.1∼16.21 のとおり。

附属書 A 
(規定)

計画に使 用す る図記 号を
規定。

A.1

構造上の防火

A.2

防火設備

A.3

脱出手段

A.4

救命設備

MOD/

追加・変更 ・編集上規定順序を JIS

として容易に解釈でき

るよう変更した。

ISO に規定されている

図記号はすべて JIS F

に取り入れ,ISO に規
定 さ れて い な い が使
用されている JIS F 

記号は,そのまま規定
又 は 変更 し て 規 定し
た。

JIS F として次の図記

号を追加規定した。

1.4

,1.10,1.18,1.19,

1.22

,1.24,2.1,3.1,

国内で広く使用されており,使用実
態を考慮した。

ISO

に規定されていない図記号に

ついては,今後 ISO に提案を検討す
る。

29

F 0051


2003


30

F 0051

:2003

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ) JIS と国際規格との技術的差異の項目

ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:実線の側線

項目番号

内容

(

Ⅱ)

国際
規格

番号

項目番号

内容

項目ごとの評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ) JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

4.4

,4.6,4.10,4.12,4.13,

6.1

,6.2,7.20,9.7,9.11,

9.12

,9.21,9.22,9.24,

9.25

,10.6,10.8,10.9,

10.10

,10.11,11.2,11.3,

11.4

,13.11,13.12,13.13,

13.15

,13.19,13.20,14.1,

14.2

,14.10,16.1,16.2,

16.3

,16.4,16.5,16.6,

16.7

  また,次の図記号につ
いては,ISO 17631 との

関連から ISO 17631 の図
記号を分解,又は組合せ
によって作成し,火災制

御図に関す る消火媒 体
の符号を付 記又は図 記
号に変更し作成した。

1.9

,2.2,2.3,7.2,7.4,

7.6

,7.7,7.10,7.12,7.13,

7.14

,7.15,7.16,9.13

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD/削除………  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    ―  MOD/追加………  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    ―  MOD/変更………  国際規格の規定内容を変更している。

2.

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD……………  国際規格を修正している。 

30

F 0051


2003