>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

F 0050 : 1999

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,運輸大臣が改正した日本工

業規格である。これによって,JIS F 0050 : 1978 は改正され,この規格に置き換えられる。


日本工業規格

JIS

 F

0050

 : 1999

船舶通風系統図記号

Shipbuilding

−Symbols for ventilation system

序文  この規格は,1967 年に第 1 版として発行された ISO R 644, Conventional signs to be used in schemes for

the installations of ventilation systems in ships

を元に国際的に使われていない一部の記号を不採用とした以外

は,技術的内容を変更することなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,船の通風装置の図面に用いる図記号(以下,図記号という。)について規定す

る。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO R 644 : 1967, Conventional signs to be used in schemes for the installations of ventilation systems

in ships

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発行年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構

成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発効年を付記していない引用規格は,その

最新版を適用する。

JIS F 7006

  船舶配管系統図記号

ISO 4067-1 : 1984, Technical drawing

−Installations−Part 1 : Graphical symbols for plumbing, heating,

ventilation and ducting

3.

分類  図記号の分類は,次による。

a)

一般図記号

b)

ダクト及び継手

c)

付着品

d)

ベンチレータ

e)

その他の図記号

一般図記号は,主要部分及び主要部品を表現する図記号で,他の図記号は,基本的な図記号から派生し

たものである。

4.

図記号  図記号は,次のとおりとする。

なお,図記号の大きさは自由に変えてもよいが,なるべく相似な形で,明りょうに,かつ,見やすい大

きさで表す。


2

F 0050 : 1999

a)

一般図記号

参考

番号

名称

図記号

備考

英文名称

1.1

ダクト

系統によって識別した
い場合,次の略号を図
記 号 に 追 加 し て も よ

い。

A

:空調ダクト

R

:還気ダクト

F

:新鮮外気ダクト

S

:給気ダクト

E

:排気ダクト

duct

1.1.1

流れの方向を示した 
  ダクト

 duc with

  indication of

  direction of flow

1.2

付着品及び附属品

四角記号には凡例で示

すか,その品物を示し
た略語を伴って示す。

apparatus and

  fitting

b)

ダクト及び継手

参考

番号

名称

図記号

備考

英文名称

2.1

フレキシブルダクト

 flexible duct

2.2

交差ダクト

としてもよい。

crossing of ducts

  not connected

2.3

連結ダクト

 connectio of

  ducts

c)

付着品

参考

番号

名称

図記号

備考

英文名称

3.1

バタフライダンパ又は
エアダンパ

Air damper

という呼び方は

ISO 4067-1 参照。

butterfly damper

or

air damper

3.1.1

ボリュームダンパ

 volume

damper

3.1.2

シャットオフダンパ

 shut

off

damper

3.2

防火ダンパ(手動)

 fire

damper

(manual)

3.3

防火ダンパ(自動閉鎖
式)

 fire

damper

(automatic

 closing)

3.4

フィルタ

ISO 4067-1

参照 air

filter

3.5

消音器

ISO 4067-1

参照 silencer


3

F 0050 : 1999

参考

番号

名称

図記号

備考

英文名称

3.6

給 気 口   ( ↓ )  排 気 口

(

↑)

ISO 4067-1

参照

normal air outlet

  (

)

  (

↑ ) : inlet

3.7

パンカルーブル給気口

 punkah

louver

outlet

3.8

ディフューザ給気口

 diffuser

outlet

3.9

ノンリタンフラップ

 non-return

flap

3.10

オリフィス

JIS F 7006

参照 oriffice

3.11

グリル

 grill

d)

ベンチレータ

参考

番号

名称

図記号

備考

英文名称

4.1

カウルベンチレータ

 cowl

head

  ventilator

4.2

ウォールベンチレータ

 wall

ventilator

4.3

閉鎖装置付きウォール
ベンチレータ

内側操作の場合は,上
図としてもよい。

wall ventilator

  with closing 
  device

4.4

マッシュルームベンチ

レータ

 mushroom

  ventilator

4.5

閉鎖装置付きマッシュ
ルームベンチレータ

 mushroom

ventilator

  with closing 
  device

4.6

グースネックベンチレ
ータ

gooseneck (or swan

  neck) ventilator

4.7

閉鎖装置付きグースネ
ックベンチレータ

gooseneck (or swan

  neck) ventilator

  with closing device

4.8

ルーバベンチレータ

流れ方向を示したい場
合は,

としてもよい。

ventilator with

  louver

4.9

閉鎖装置付きルーバベ
ンチレータ

 louver

ventilator

  with closing

  device


4

F 0050 : 1999

e)

その他の図記号

参考

番号

名称

図記号

備考

英文名称

5.1

通風機

ISO 4067-1

参照 fan

5.1.1

給気用遠心通風機

 centrifugal

  supply fan

5.1.2

排気用遠心通風機

 centrifugal

  exhaust fan

5.1.3

給気用軸流通風機

axial supply fan

5.1.4

排気用軸流通風機

給 排 気 兼 用 形 の 場 合

は,

とする。

axial exhaust fan

5.2

壁付き換気ファン

 wall

type

  propeller fan

5.3

加湿器

ISO 4067-1

参照 humidifier

5.4

加熱器

ISO 4067-1

参照 air

heater

5.5

冷却器

ISO 4067-1

参照 air

cooler


5

F 0050 : 1999

居住区ぎ装専門分科会  構成表

氏名

所属

(専門分科会長)

宮  本  博  夫

川崎重工業株式会社

(委員)

野  村  大  吉

財団法人日本海事協会

叶      耕  治

三井造船株式会社

田  守  宣  昌

石川島播磨重工業株式会社

小  林  侑  二

常石造船株式会社

井  野  和  夫

日立造船株式会社

山  田  譲  治

三菱重工業株式会社

小  林  延  喜

クマタ工業株式会社

馬  場  裕  幸

株式会社高工社

青  木  善  光

シンワテック株式会社

石  神  俊  雄

森田金属工業株式会社

山  本  富  造

旭・スチール工業株式会社

山  中  和  夫

株式会社ダイリツ

杉  田  英  二

株式会社アイ・イー・エム

鹿  股  信  幸

運輸省海上技術安全局

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

(事務局)

冨  永  恵  仁

財団法人日本船舶標準協会