>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

F 005

0 : 1

999

 解

解説付表 1  この規格と対応する国際規格との対比表 

JIS F 0050 : 1999

  船舶通風系統図記号

ISO R 644 : 1967, Conventional signs to be used in schemes for the installations of ventilation systems in ships

(

和訳)船舶の通風装置系統図に使用される通常記号

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  船の通風装置の図面に用い

る図記号を規定。

ISO R 644 

○ 船の通風装置の図面に用いる図

記号を規定。

≡ 相違なし

(2)

引用規格

○  JIS F 7006

ISO 4067-1 : 1984

ISO R 644 

− ISO では引用規格の規定が

ない。

ISO R 644

は古い推奨規格

であり,その後発行された新
しい規格を追加で含めた。

(3)

分類

○ 1.  一般図記号

2.

ダクトと継手

3.

付着品

4.

ベンチレータ

5.

その他の図記号

ISO R 644 

○ 1.  一般図記号

2.

ダクトと継手

3.

付着品

4.

ベンチレータ

5.

その他の図記号

= ISO では分類という規定項

目はない。

分類の分け方は同一である。

(4)

図記号

○  a)d)のとおり。

JIS F

として追加したもの,

ISO

の図記号で取り入れな

かったものあり。

ISO R 644 

表に示されたとおり。

≠ 表の様式は異なる。

ISO

にあって JIS にないも

の,及び ISO になく JIS とし
て追加したものがある。

ISO

の図記号で実際に使用

されておらず,今後も使用さ
れる可能性のないものは,

JIS F

として含めず,実際に

使用されている新しい ISO
で規定された図記号,及び

ISO

にはないが使用されて

いる図記号を追加した。

ISO

の廃止提案又は改正提

案を行う。

詳細は,次ページに示す。


 

2

F 005

0 : 1

9

99
 解


解説付表 1  この規格と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

整合化内容 
(参照)

  ISO R 644

の図記号を簡略化

した図記号

2.1

フレキシブルダクト

3.6

パンカルーブル給気口

3.7

ディフューザ給気口

4.4

マ ッ シ ュ ル ー ム ベ ン チ

レータ

4.5

閉 鎖 装 置 付 き マ ッ シ ュ
ルームベンチレータ

4.6

グ ー ス ネ ッ ク ベ ン チ レ
ータ

4.7

閉 鎖 装 置 付 き グ ー ス ネ

ックベンチレータ

ISO 41067-1

の図記号を採用

した図記号

3.2

防火ダンパ

3.3

フィルタ

3.4

消音器

3.5

給気口,排気口

5.1

通風機

5.3

加湿器

5.4

加熱器

5.5

冷却器

ISO R 644

と同一図記号とした図

記号

1.1

ダクト

1.1.1

流れの方向 を示し たダク

1.2

付着品及び附属品

2.2

交差ダクト

2.3

連結ダクト

3.1

バタフライダンパ

5.1.1

給気用遠心通風機

5.1.2

排気用遠心通風機

5.1.3

給気用軸流通風機

5.1.4

排気用軸流通風機


 

3

F 005

0 : 1

999

 解

解説付表 1  この規格と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

整合化内容 
(参照)

  JIS F 0050

  特有とした図記

3.1.1

ボリュームダンパ

3.1.2

シャットオフダンパ

3.2.1

防火ダンパ(手動)

3.2.2

防火ダンパ(自動閉鎖

式)

3.8

ノンリタンフラップ

3.9

オリフィス

3.10

グリル

4.1

カウルベンチレータ

4.2

ウォールベンチレータ

4.3

閉 鎖 装 置 付 き ウ ォ ー ル
ベンチレータ

4.8

ルーバベンチレータ

4.9

閉 鎖 装 置 付 き ル ー バ ベ
ンチレータ

5.2

壁付き喚起ファン

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:該当項目がない場合。