>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

F 0031 : 1998

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,運輸大臣が改正した日本工

業規格である。これによって,JIS F 0031 : 1989 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正では,国際規格との整合を図るために,対応国際規格を翻訳し,その内容を変更することな

く採用し,規定内容の一部を改正した。


日本工業規格

JIS

 F

0031

: 1998

造船用語−電気

Shipbuilding

−Glossary of Terms−Electric

序文  この規格は,1973 年に第 1 版として発行された ISO 1069, Magnetic compasses and binnacles for sea

navigation

−Vocabulary を元に,対応する用語及びその定義については対応国際規格を翻訳し,一部の用語

の定義(基準コンパス及び操だコンパス)以外は,技術的内容を変更することなく作成した日本工業規格

であるが,対応国際規格には規定されていない用語及びその定義を日本工業規格として追加した。

1.

適用範囲  この規格は,造船用語のうち,電気関係の用語(以下,用語という。)について規定する。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の一部を構成する。こ

れらの引用規格は,その最新版を適用する。

JIS C 3410

  船用電線

JIS F 0036

  造船用語−航海機器−レーダ

ISO 1069

  Magnetic compasses and binnacles for sea navigation−Vocabulary

IEC 92

  Electrical installations in ships

備考  この規格の参考規格を,次に示す。

JCS 

第 390 号  耐延焼性船用電線

3.

分類  用語の分類は,次のとおりとする。

a)

一般共通

b)

配電

c)

電線

d)

電力機器

e)

照明器具,船灯,信号灯など

f)

通信機,計測器など

g)

航海計器

h)

無線装置

4.

定義  用語の定義は,次のとおりとする。

なお,参考のために対応英語及び慣用語を示す。

備考  用語標記の中の  (  )  内の語は,疑問を生じない場合は省略してもよい。


2

F 0031 : 1998

a)

一般共通

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

1001 

安全電圧

人体に危険を与えない電圧。

備考  SOLAS(海上人命安全条約)では,

直流及び交流とも 55V を超えないも

のとしているが,IEC 92 では 50V を
超えないものと規定している。

safety voltage

1002 

標準電圧

機器を標準化し,また配電系統相互間の連絡を
容易にする目的で統一した電圧。

standard voltage

1003 

最高電圧

正常の使用状態における線間電圧の最大値。 maximum

voltage

1004 

電流容量

導体に電流を通じた場合,許容最高温度を超え
ないで,電気的・機械的に損傷を受けることな

く通電できる最大電流。

current-carrying capacity

通電容量

1005 

定格値

機器などに保証された使用限度を定格といい,

その限度を表す数値。

rated value

1006 

導電部

電流が流れる部分。 conductive part

current-carrying part

1007 

裸充電部

電圧がかかっているか,又はかかることがある
露出部。

bare live part

1008 

非導電金属部

正常な使用状態では電圧のかからない金属部。

non-current carrying

metallic part

1009 

外被の保護等級

器具外被の保護性能の程度を表すもの。その表
示は形式記号 IP と外来物・感電に対する保護及
び液体に対する保護を等級で区分した二つの

数字から成り立っている。

degree of protection of

enclosures

1010 

タンカーの危険場

油タンカー又は LNG,LPG などのガスタンカー
において,可燃性若しくは爆発性の蒸気又はガ

スが通常蓄積するおそれのある場所。

hazardous (dangerous)

space in a tanker

1011 

爆発等級

防爆形機器において爆発性ガスの等級を表す

もの。火炎逸走を生じるすきの値によって 1,2,

3

等級に分類する。

備考  火炎逸走とは,爆発ガスの火炎が一

方から狭げき部分を通って他方に移
り,点火爆発すること。

flame-proof grade,

explosion class

1012 

爆発性ガス又は蒸

濃度が爆発限界内にある混合ガス又は蒸気。

flammable gas or vapour,

explosive gas or vapour

1013 

可燃性ガス

空気中において燃焼することができるガス。 combustible

gas,

flammable gas

1014 

証明付安全形機器

爆発性ガス又は蒸気(1012 参照)がある場所で,
安全に使用できることが公共機関によって認

められた電気機器。

certified safe type

apparatus

1015 

耐圧防爆機器

機器の容器内に外から入るか又は内部で発生

した爆発性ガスが内部で爆発しても容器は損
傷することなく,これに耐え,かつ,規定され
た外部の可燃性ガスに引火しないような構造

の電気機器。

flame-proof apparatus

(英)

explosion-proof

apparatus

(米)

1016 

内圧防爆機器

機器内に圧力をもたせて周囲の可燃性ガスが
侵入しないようにした構造の電気機器。

pressurized apparatus


3

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

1017 

安全増防爆機器

常時運転中,火花,アーク又は過熱を生じては
ならない部分に,これらの発生を防止するた

め,構造上又は温度上昇について特に安全度を
増加した構造の電気機器。

increased safety

apparatus

1018 

温度等級

防爆機器の最高表面温度の区分 temperature

cl

1019 

錠締め装置

耐圧防爆機器において,爆発ガスの安全保持の

ため特殊な工具を使用しなければ緩めること
ができないようにした締付け装置。

shrouding device,

shrouding device of

bolts-nuts, etc

1020 

本質安全回路

機器の正常運転中及び故障時(短絡,地絡,断

線など)に発生する火花又は熱によって,爆発
性ガス又は蒸気に点火しないことが,点火試験
その他の方法によって確認された回路。

intrinsically safe circuit

1021 

本質安全防爆機器

本質安全回路で構成される機器。 intrinsically

safe

apparatus

1022 

基準周囲温度の限

機器の温度試験における基準周囲温度の最高
限度。

maximum reference

ambient temperature

1023 

接地

大地と同等と考えられる船体金属部(木船又は

FRP

船の場合は,

特に船底に設けられた金属部)

に所定のインピーダンス以下になるように接

続すること。

earth

(英)

,ground(米)

1024 

ボンド

非導電金属部相互間の電気的接続を確実にす
るか,又は電位を等しくするために行う接続。

bond

ボ ン デ ィ ン

1025 

基礎絶縁

電撃に対して基礎的な保護をするために充電
部に施される絶縁。

備考  基礎絶縁には主として機能的な目的

に使用される絶縁は必ずしも含まな
い。

basic insulation

1026 

補足絶縁

基礎絶縁が破壊したときに電撃に対して保護
するために,基礎絶縁に追加して施される独立
の絶縁。

supplementary insulation

1027 

空間距離

互いに絶縁しなければならない裸充電部相互
間又は裸充電部とこれから絶縁すべき部分と

の最短空間距離。

clearance

1028 

沿面距離

互いに絶縁しなければならない裸充電部相互
間又は裸充電部と,これから絶縁しなければな

らない部分との間に介在する絶縁物の表面上
で漏電が生じるおそれがある経路の最短距離。

creepage distance

1029 

絶縁距離

空間距離(1027 参照)及び沿面距離(1028 
照)の総称。

insulation distance,

distance for insulation,

spacing for insulation

1030 

二重絶縁

充電部と人が触れるおそれがある非導電金属
部との間に,機能絶縁と保護絶縁とを施したも
の。

double insulation

1031 

強化絶縁

充電部と人が触れるおそれがある非導電金属
部との間に設ける絶縁で,その性能が機械的・

電気的に二重絶縁と同等とみなされる絶縁。

reinforced insulation

1032 

耐アーク性材料

実際の使用状態で,材料の表面に生じるアーク
の繰返し作用によって,はなはだしく損傷しな

い材料。

arc resistant material


4

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

1033 

耐湿性絶縁材料

規定の耐湿性材料試験で,絶縁抵抗が規定値未
満にならない材料。

moisture resistant

insulating material

1034 

難燃性材料

規定の難燃性材料試験で,規定された長さを超
えて燃え続けない材料。

flame retardant material

1035 

不燃性材料

規定の不燃性材料試験で,燃えず,かつ,規定
量以上の引火性蒸気やガスを発生しない材料。

incombustible material,

non-combustible

material

1036 

主照明装置

船内の主電源から給電される照明装置。

main electric lighting

system

1037 

非常照明装置

主電源が故障の際,船内非常電源から給電され
る照明装置。

emergency electric

lighting system

1038 

派生電流

接地式配電方式において,その中性点と接地点
間に流れる電流。

resulting current

1039 

短絡電流

回路の二点間が無視できる程度のインピーダ
ンスを通じて故意,又は事故で接続されたとき
に流れる電流。

short circuit current

1040 

機関区域の無人化
設備

機関区域に運転・監視のための当直者がいない
状態で,適当な時間主機を運転するために必要
な設備。

operating systems for

unattended machinery

space

1041 

フェイルセーフ

機器又は装置に故障が生じても安全側に作動
する機能。

fail-safe

1042 

予備機

二重装備が要求される補機のうちの 1 台。 stand-by

machines

1043

デッドシップコン 
ディション

動力の欠如のため,主推進装置,ボイラ及び補

機類が稼動していない状態。

dead ship condition

b)

配電

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2001 

船体帰路方式

船体又はその構造物を配電の一極又は一相と

して使用する配電方式。

hull-return system

2002 

需要率

単独又は一群の電力消費機器の通常の使用状

態における最大負荷電力と,それらの定格出力
に対する入力との比。

demand factor

(米)

2003 

不等率

一群の断続して使用する各負荷の最大需要電

力の総和と,その群において同時刻にかかる負
荷総和の最大負荷電力との比。

diversity factor

2004 

負荷時間率

反復使用又は反復負荷連続使用において 1 回の
負荷時間と 1 周期との比。通常,百分率で表す。

load factor

%ED

Prozent-einsc

halt-dauer

(独)

2005 

一次配電

一次電源(4005 参照)から電気的接続によって
電気を供給すること。この場合,磁気的結合を

含まない。

primary distribution

2006 

二次配電

発電機電源から変圧器,電動発電機などを経て

電気を供給すること。

secondary distribution

2007 

二重給電

二つの独立した給電回路で給電すること。 duplicate

supply,

two circuit feeding

2008 

非常配電回路

非常電気設備(4016 参照)の配電回路。 emergency

distribution

circuit


5

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2009 

主給電線

主電源から電力を給電するための給電線。 main

feeder

2010 

非常給電線

非常電源から電力を給電するための給電線。 emergency feeder

2011 

中間接続フィーダ

主配電盤と非常配電盤とを接続する電路電線。

inter-connecting feeder

2012 

接地式配電方式

一線地絡事故の異常電圧による機器及び線路
の故障を防ぐなどの目的のため,発電機・変圧
器の中性点を接地して配電する方式。

earthed distribution

system

接 地 式 配 電

系統  (IEC)

2013 

最終支回路

最終の回路の過電流保護装置から電力消費機
器及びその附属機器に至る給電回路。

final subcircuit

(英)

branch circuit

(米)

2014 

電路

電線が敷設される道。 cable

way,

cable run

2015 

ケーブルレセス

電線敷設のために船体構造物にくぼみを設け
た空間。

cable recess

2016 

ケーブルダクト

暴露甲板・危険区画などで,電線を外傷,湿気,

熱気から保護するために用いる電路。

cable duct

2017 

バスダクト

閉鎖構造で母線を収納した構造物。 bus

duct

2018 

ケーブルトラフ

電線を敷設するための,とい(樋)形の電路。

cable trough

2019 

電線みち(導)板

電線敷設のために設ける電線取付板。 backing

plate,

cable tray

2020 

電線支持金物

電線を支持するために用いるハンガ式又はサ
ドル式の支持金物。

cable hangers,

cable saddles

2021 

電線貫通金物

水密隔壁,甲板,箱などに電線を貫通させる場
合,防水のために用いる金物。

cable gland

2022 

配線器具

配線に用いる照明器具以外の器具。スイッチ,
プラグ,ソケットアウトレットなどの総称。

wiring accessories

2023 

非常スイッチ

非常時などに回路を開閉するためのスイッチ。

emergency switch

2024 

ユニットスイッチ

主として船用分電箱内の分岐回路の開閉に使
用する起倒式速入り速切りスイッチ。

unit switch

c)

電線

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3001 

(あじろ)がい装

ケーブルを機械的に補強する目的で,亜鉛めっ
き鋼線,銅合金線などで編組した被覆。

(basket weave type)

armour,

(metal braided) armour

3002 

シース

絶縁線心を保護するためにビニル,クロロプレ

ン,鉛などをさや状に施した被覆。

sheath,

jacket

3003 

防食層

がい装又は金属製のシースの腐食を防止する

ために,その上に施すシース。

protective covering outer

sheath

3004 

無機絶縁ケーブル

絶縁物に無機物を用い,金属製のシースを施し
たケーブル。

mineral insulated cable

MI

ケーブル

3005 

導体最高許容温度

関連する絶縁物に許容される導体の最高温度。

maximum rated

conductor temperature

3006 

電流定格の補正係

ケーブルを並列に敷設する場合,基準周囲温度
以外の温度で使用する場合,短時間負荷に使用
する場合など,ケーブルの許容電流値を補正す

るための係数。

correction factor for

current rating


6

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3007 

耐炎試験

電線が耐炎性であることを確かめる試験。 
  なお,この試験に合格した電線は難燃性があ

ると認められる。

備考  試験については JIS C 3410 に規定が

ある。

flame retardant test

3008 

耐火又は耐燃試験

電線が耐火性又は耐燃性であることを確かめ
る試験。

備考  試験については IEC 92-3 の 10.50A

に規定がある。

fire-proof or

fire-resisting test

3009 

耐延焼試験

束状のケーブルが難燃性であることを確認す
る試験。

参考  社団法人日本電線工業会の JCS 第

390

号(耐延焼性船用電線)の 6.5 に

規定がある。

flame retardant test on

bunched cables

d)

電力機器

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

4001 

主電源

船の航海,推進,人命の安全などのために設備
された電気機器に給電する電源。

main source of electrical

power,

main power supply

4002 

非常電源

主電源装置がその機能を失ったときに,主とし
て非常時に必要な電気機器に給電する電源。

emergency source of

electrical power

4003 

臨時の非常電源

非常発電機から給電が開始されるまでの間,一
時的に使用する蓄電池電源。

transitional source of

emergency electrical

power

一 時 つ な ぎ

の 非 常 電

4004 

予備の電源

使用中の電源の故障時,保守点検などによる休
止時に,給電の連続性を確保するために別途設

けられた電源。

stand-by power

4005 

一次電源装置

原動機を使用して電力を発生させる発電機,そ
の電力を船内に給電する配電盤などの装置の

総称。

primary source of

electrical power

4006 

二次電源装置

一次電源から船内の負荷に応じて電圧・周波数

などを変えて二次的な電源を作って給電する
装置。

secondary source of

electrical power

4007 

主発電機

主電源の電力を発生する発電機。 main

generator

4008 

補助発電機

主発電機とは別個に設けられ,船の経済上又は
運航上の便宜のため,その停泊時負荷,ボイラ

の始動負荷などに給電する発電機。

auxiliary generator

4009 

非常発電機

非常電源の電力を発生する発電機。 emergency

generator

4010 

予備発電機

使用中の主発電機が故障,保守点検などによる
休止時に,給電の連続性を確保するために運転
を行う別の主発電機。

stand-by generator

4011 

主配電盤

主電源を船内の電気設備に給電する目的で回
路の開閉監視,制御及び保護を行う配電盤。

main switchboard

4012 

補助配電盤

主配電盤,補助電源又は変圧器から給電される
盤で,回路群の開閉,監視,制御及び保護に必
要な器具を配列した配電盤。

auxiliary (sub)

switchboard

4013 

非常配電盤

非常電源を給配電する独立した配電盤。 emergency

switchboard


7

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

4014 

給電盤

船内電源を給電する盤。主として配電盤に組み
込まれ,その一部を構成する。

feeder panel

4015 

試験用配電盤

白熱灯,けい光灯,各種表示灯,ヒューズ,そ
の他の各種器具の試験を行う盤。

test panel

4016 

非常電気設備

非常電源,非常配電盤,非常用電気機器などの
諸装置。

emergency electrical

installation

4017 

船外給電箱

船外の電源から船内へ給電する場合に用いる
接続箱。電路開閉器,相回転表示装置(直流の
場合は極性検知装置),接続端子などで構成さ

れる。

shore connection box

4018 

区電箱

他の区電盤,分電盤などへの給電を制御する盤

を収めた金属製箱。

section board

(英)

distribution panel

(米)

4019 

分電箱

過負荷保護装置を組み合わせて最終支回路に
電力を給電する盤を収めた金属製箱。

distribution board

(英)

panelboard

(米)

4020 

後備遮断器

配電用遮断器などの定格遮断容量が不足して
保護できない場合に,電源側に装備する十分な

短絡定格をもつ遮断器。

back-up breaker

4021 

重要負荷

船の航海,推進及び人命の安全のため,快適な
居住性のため,又は船の特殊設備のため欠くこ

とができない機器。

essential service

4022 

優先遮断

重要負荷への連続給電を保持するため,発電機

が過負荷となる場合に,重要でない負荷を自動
的に回路から優先的に切り離すこと。

preference trip

4023 

選択遮断

配電系統中,回路に短絡事故が発生した場合,

それらの事故の影響を限定するため故障点に
最も近い保護遮断器だけが動作すること。

discriminative trip

(英)

selective trip

(米)

4024 

極性検知装置

直流配電方式で極性を調べる装置。 polarity

indicator

4025 

検相器

多相交流配電方式で相順を調べる装置。

phase sequence indicator,

phase rotation

indicator

4026 

地絡検出装置

地絡したことを検出する装置。 earth

detector

4027 

地絡表示灯

地絡の状態を表示するランプ。 earth

lamp

(英)

ground lamp

(米)

earth indicating lamp

アースランプ

4028 

絶縁監視装置

回路の絶縁状態を監視する装置。 insulation

level

monitoring device

4029 

安全絶縁変圧器

人体に対する電撃などの電気的危険保護の目
的で,給電源から絶縁するために船体金属部に
対し,一次側,二次側とも絶縁してある変圧器。

safety isolating

transformer

e)

照明器具,船灯,信号灯など

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

5001 

天井灯

天井にじか付けか又は埋め込んで取り付ける
照明器具。

ceiling light

5002 

壁付灯

壁,柱などに取り付ける照明器具。 bracket

light,

wall light,

bulkhead light


8

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

5003 

寝台灯

寝台上で使用する照明器具。 berth

light

ベ ッ ド ラ ン

5004 

鏡灯

室内又は洗面所の鏡の上部に取り付ける照明
器具。

mirror light

鏡面灯,ミラ

ーランプ

5005 

卓上灯

机上などの局部照明に使用する照明器具。 desk

light

5006 

診療灯

診療のときに使用する照明器具。 dispensary

light

5007 

海図台灯

海図台上の海図を照明するための照明器具。

chart table light

5008 

計器照明灯

計器の目盛及び指針を見やすくするための照

明器具。

instrument light

5009 

光度加減器

電球などの光度を増減する器具。 dimmer

ディマー

5010 

ボートデッキラン

進水過程中及び進水直後の救命艇並びにその
付近を照明するための照明器具。

boat deck light,

boat embarkation light

乗艇灯

5011 

玄門灯

玄門及び船側はしご付近を照明するための照
明器具。

gangway light

5012 

手さげ灯

局部照明用として使用するプラグ付きコード

をもつ携帯用照明器具。

portable hand lamp

ポータブルラ

ンプ

5013 

カーゴランプ

荷役時に,上甲板又は船倉内を照明する器具

で,マストなどに取り付ける固定式又は可搬式
照明器具。

cargo light,

cargo lamp

5014 

特殊形カーゴラン

石炭運搬船の船倉照明などに使用する全閉形

の可搬式照明器具。

totally enclosed portable

type cargo light,

special type cargo light

5015 

プロゼクタ

反射鏡又はレンズを使用して,ある範囲の方向
に高光度が得られるようにした照明器具。

floodlighting projector

投光器

5016 

作業灯

機械室,倉庫,作業場所,通路などに取り付け

る照明器具。

pendant light

5017 

耐圧防爆天井灯

爆発性ガス若しくは蒸気の発生又は蓄積する

おそれがある場所の天井に取り付け,安全に点
灯できる耐圧防爆構造の照明器具。

flame-proof ceiling light

(英)

explosion-proof ceiling

light

(米)

5018 

空気駆動式電灯

危険区画で使用できる空気駆動式の照明灯。

air operating electric

light

5019 

防爆灯用制御スイ
ッチ

防爆灯の点滅に使用する特殊ハンドル付きス
イッチ。そのハンドルは“断”の位置で外され
て,同系統の防爆灯の錠締めを緩め開放するこ

とができる。

control switch for

flame-proof light

(英)

,control switch

for explosion-proof

light

(米)

5020 

非常灯

船舶安全法などに規定する必要な箇所に設け

ることを要求されている非常用の照明器具で,
非常電源から給電される。

emergency light

5021 

船灯

海上衝突予防法などに規定する船に取り付け
ることが定められている船舶が占める空間及
び運航状態を示す灯具。マスト灯,玄灯,両色

灯,全周灯,引き船灯などの総称。

ship's light

5022 

航海灯

海上衝突予防法などに規定する航海中に点灯
する船灯。

navigation light

(英)

running light

(米)

5023 

マスト灯

海上衝突予防法などに規定する船のマストな
どに掲げる白色光を前方 225°の方向に発する

灯具。

mast head light,

mast light,

range light

(米)


9

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

5024 

玄灯

海上衝突予防法などに規定する船の航海中に
正船首から左方 112.5°を照らす左玄側に紅灯

を,同様に右方を照らす右玄側に緑灯を装備さ
れることになっている灯具で,この両灯の総
称。

side light

5025 

両色灯

海上衝突予防法などに規定する長さ 20m 未満
の船舶の玄灯として使用されるもので,1 個で,

左側が紅色,右側が緑色の光を発する灯具。

bi-coloured light

5026 

船尾灯

海上衝突予防法などに規定する航海灯の一種

で,船尾に掲げ,後方 135°に白色光を発する
灯具。

stern light

5027 

三色灯

海上衝突予防法などに規定する 12m 未満の帆

船及びこぎ船の玄灯兼船尾灯として使用され
るもので,1 個で,左側が紅色,右側が緑色,
後方が白色の光を発する灯具。

tri-coloured light

5028 

航海灯表示器

航海灯の点滅を集中制御し,電球の断線その他
の故障を表示し,警報を発する器具。

navigation light indicator

(英)

running light indicator

(米)

5029 

引き船灯

海上衝突予防法などに規定する船舶その他の

物件を引いて航行する場合に船尾灯と連掲(直
上)するもので,船尾灯と同一の特性をもつ黄
灯。

towing light

5030 

全周灯

海上衝突予防法などに規定する 360°にわたっ
て水平方向から可視できる灯具。

all-round light

5031 

せん光灯

海上衝突予防法などに規定する一定の間隔で
毎分 120 回以上のせん光を発する全周灯。

flashing light

5032 

白灯

海上衝突予防法などに規定する白色光を発す
る灯具。マスト灯,船尾灯,停泊灯などに用い
る。

white light

5033 

紅灯

海上衝突予防法などに規定する紅色光を発す
る灯具。左玄灯,運転不自由灯などに用いる。

red light

5034 

緑灯

海上衝突予防法などに規定する緑色光を発す
る灯具。右玄灯に用いる。

green light

5035 

黄灯

海上衝突予防法などに規定する黄色光を発す

る灯具。引き船灯などに用いる。

yellow light

5036 

危険物積載船標識

海上交通安全法の適用海域を航行する危険物

運送船舶に掲げる灯具。 
  一定の間隔で毎分 120 回以上 140 回以下のせ
ん光を発する紅色の全周灯。

flashing light for vessel

carrying dangerous

cargo

5037 

巨大船標識灯

海 上 交 通 安 全 法 の 適 用 海 域 を 航 行 す る 長 さ

200m

以上の船舶に掲げる灯具。

  一定の間隔で毎分 180 回以上 200 回以下のせ

ん光を発する緑色の全周灯 1 個を掲げる。

flashing light for huge

vessel

5038 

操だ目標灯

パナマ運河航行規則などに規定する大形船の

船首部に設けて,操だの目標とする灯具。

steering light

5039 

漁業灯

海上衝突予防法などに規定する漁船が漁労中,
網や索などの漁具を水中に引いているときに

掲げる灯具。

fishing light


10

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

5040 

停泊灯

海上衝突予防法などに規定する船舶の停泊中
に掲げる白灯。

anchor light

びょう(錨)

泊灯(海上

衝 突 予 防
法)

5041 

運転不自由灯

海上衝突予防法などに規定する機関の故障そ
の他のため,運転の自由を失ったときに掲げる
灯具。

not-under-command light

5042 

ハンブルグカスタ
ムライト

エルベ河を航行するとき,ハンブルグの規則に
よって船尾に設ける白色の信号灯。パイロット

(税関吏兼務)の乗船を示す。

Humburg custom light

5043 

セントローレンス
シーウェイ信号灯

セントローレンス運河及び五大湖の航路規則
によって掲げる航行及び停泊時の信号灯。

St. Lawrence sea way

signal light

5044 

スエズ運河信号灯

スエズ運河通行規則に規定する白,赤,緑色の
信号灯を組み合わせて,かつ,紅灯を船尾に設

けて,港,パイロット又は他の船に対して夜間
信号を行う灯具。

Suez canal signalling

light

5045 

スエズ運河探照灯

スエズ運河通行規則に規定する特殊探照灯。

Suez canal searchlight

5046 

パナマ運河信号灯

パナマ運河規則によって,船舶が,夜間運河を
航行するとき両玄に掲げる灯具。

Panama canal signalling

light

5047 

昼間信号灯

国際航海の 150 総トン以上の船舶には必備の法
定船用品で,昼間白光の点滅によって,有効に
モールス信号で通信を行う灯具。固定形のもの

と携帯形のものとがある。

daylight signalling light

5048 

吹鳴信号灯

エアホーンなどを使用するとき,その船の所在

が他船から認知できるように,吹鳴と連動して
点灯する灯具。

signalling light for air

horn

ラ イ ト エ ミ

ッタ

5049 

モールス信号灯

モールス信号で通信を行う灯具。

  コンパス船橋などに取り付けられ,筒形のフ
レネルレンズ中に 20W 電球 3,4 個を設け,そ
の点滅によって信号を発する。

Morse signal light

5050 

モールス信号灯キ

モールス信号灯の点滅を行う器具。

key for Morse signal

light

5051 

検疫灯

検疫中であることを示すための灯具。紅灯,白
灯を上下に掲げて用いる。

quarantine light

5052 

プロペラ注意灯

プロペラの所在を注意させるために船尾から
つりさげる紅色光を発する灯具。

propeller warning signal

light

暗車注意灯

5053 

球形船首注意灯

球形船首の所在を注意させるために,船の船首

に設ける標識灯。紅灯又は青灯を用いる。

protruding bow warning

light, bulbous bow

warning light

5054 

警戒灯

危険物を積載している状態又はタンカーで荷
油を積込み,積下ろし状態を示すために,マス
トそのほか見やすい場所に掲げる紅色光を発

する灯具。

warning light

危険灯, 
危 険 物 搭 載

5055 

航空障害灯

航空機に対し飛行障害を示すためにマストの
上部に掲げる紅色光を発する灯具。

airplane warning light

5056 

回転式警戒信号灯

中心に光源を設け,その周りに反射鏡を回転し
ながら光の射出方向を変えて警戒信号を発す

る灯具。

rotating type warning

signal light


11

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

5057 

喫水制限船灯

海上衝突予防法に規定する船舶の喫水と水深
との関係によって,その進路から離れることが

著しく制限される船に連掲することができる
紅色の全周灯(3 個)

deep draught vessel light

5058 

操縦性能制限船灯

海上衝突予防法に規定する船舶の操縦性能を
制限する作業に従事しているため,他の船舶の
針路を避けることができない船に連掲する白

色の全周灯(1 個)と紅色の全周灯(2 個)

restricted manoeuvre

light

5059 

操船信号灯

海上衝突予防法に規定する他の船舶の視野内

において,転針又は機関を後進にかけていると
きに用いることができる発光信号灯。

manoeuvring light

5060 

警告信号灯

海上衝突予防法に規定する他の船舶の視野内

において,その船舶の意図が理解できないとき
又は衝突を避けるための十分な動作をとって
いないときに急速にせん光を 5 回以上発するこ

とができる信号灯。

warning signal light

5061 

注意喚起信号灯

海上衝突予防法に規定する他の船舶の注意を

喚起する必要があるとき,他の信号と誤認され
ることのない発光信号灯又は探照灯。

attention attracting light

5062 

光達距離

船灯や航路標識などの灯光を認めることがで

きる地点から,その灯火までの距離。

visible distance

5063 

衝突予防灯

大形タンカーなどの船腹に小船が夜間衝突し

ないように甲板上に設ける標識灯で,船灯色と
紛らわしくない光を発する灯具。

anti-collision light

5064 

通船灯

本船からサンパンを呼ぶために掲げる緑色光

を発する灯具。

sampan signalling light

5065 

探照灯

通常反射鏡の有効径が 20∼60cm でほぼ平行な

ビームを出す投光器。

searchlight

5066 

信号探照灯

探照灯に羽毛式シャッタを設けたもので,遠距
離の船舶及び陸上との交信に用いる投光器。ま

た,探照灯としても使用できる。

signalling searchlight

5067 

ヘリコプタ甲板標
識灯

ヘリコプタパイロットにヘリコプタが着船す

るための甲板部位を示す灯具の総称。 
  なお,灯具には正横灯(緑色光),前方限界
灯(赤色灯)

,中心線灯(白色光)

,着船点表示

灯(緑色光),境界灯(黄,青,白,赤色光)
などがある。

helicopter deck

indicating light

5068 

水平指示灯

船体の動揺に関係なく,水平を指示するための

緑色光を発する灯具。 
  なお,灯具は動揺安定機上に取り付けられ
る。

horizon indicating lamp

水平灯

5069 

進入角指示灯

着船誘導をするための三色光を投光する灯具。
なお,灯具は動揺安定機上に取り付けられる。

glides lope indicating

lamp

5070 

吹流灯

風向を指示するための灯具。 illuminated

windsock

5071 

ヘリコプタ甲板照
明灯

玄側に一定間隔に設置し,甲板面をほぼ水平に

照射してヘリコプタパイロットに甲板面の存
在を知らせるための白色光を発する灯具。

helicopter deck surface

flood light

5072 

バッテリー内蔵形
非常灯

ランプ電源に電池を組み込んだ非常灯。

  なお,非充電式及び充電式がある。

battery integrated

emergency light


12

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

5073 

電気安全灯

一般的には乾電池式ハンドランプで,3 時間点
灯可能な承認された形式の灯具。 
  SOLAS(海上人命安全条約)で消防員装具と
して規定されている。

electric safety lamp

5074 

オブストラクショ
ンライト

霧中及び夜間に使用するもので,海域によって
定められたコードで点滅する信号灯。リグのよ
うな海上構造物に装備され,フォグフォーンと

同期させて点滅させるものもある。

obstruction light

5075 

船飾連係灯

複数の灯器をキャブタイヤコードで連係した

もので,夜間点灯によって船形なりに装飾する
ための一連の灯具。

ship illumination lamp

船飾灯

f)

通信機,計測器など

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

6001 

一般非常警報 

非常時に汽笛,サイレン,ベル,クラクション
などの可聴信号によって,すべての区域にわた
る警報。

general emergency alarm

全 船 非 常 警

6002 

操だ機警報 

操だ機用電動機などの異状を示す可聴及び可
視の警報。

steering gear alarm

6003 

無電圧警報 

給電回路がなんらかの原因で無電圧となった
とき,その状態を直ちに視覚,聴覚などによっ
て報じる警報。

no-volt alarm

6004 

誤動作警報 

正常な動作から誤った動作になれば,直ちにそ
れに設けられた機構によって発する警報。

wrong operation alarm

6005 

霧中信号 

海上衝突予防法に定められた船舶や水上航空
機が海上で霧などのため視界が狭小になった
場合,衝突の危険を防止するための音響信号。

fog signal

6006 

吹鳴制御装置 

船舶の信号として用いる汽笛(スチームホイス
ル,スチームホーン),エアホーンなどを手動

及び自動式に制御する装置。普通ダイヤルスイ
ッチ(6007 参照)

,タイムコントローラ(6008

参照)などを附属している。

whistle and siren control

system

6007 

ダイヤルスイッチ 

吹鳴制御装置に用いるもので,接・断,自動・
手動などに切り替えできる制御用回転形スイ
ッチ。

dial switch

6008 

タイムコントロー
 

定められた時間間隔又は任意に定められる時
間間隔で電気装置を制御する制御器。霧中信号

などに用いられる。

time controller

6009 

船内指令装置 

拡声装置を使用して船内に所要事項を伝達す
る装置。

public addresser

6010 

無電池式電話機 

電源を必要とせずに,音声エネルギーによって
送話電流が受話機に流れ,音声に変換される原

理を利用して通話できる電話機。

sound powered telephone

6011 

トークバック装置 

同時に送受話のできない通話装置。

talk back system

6012 

電気式ラダーアン
グルインジケータ 

かじの角度及び方向を遠隔指示する装置。発信
器は,だ頭と連結して取り付け,受信器は機関
室,操だ室などに設ける。交流電源の場合はシ

ンクロ,直流電源の場合はステップモータを使
用する。

electric rudder angle

indicator

だ角指示器


13

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

6013 

電気式エンジンテ
レグラフ 

操だ室と機関室間で主機の発進・停止と速度区
分などを命令連絡する通信装置。発信器と受信

器とから成り,共に同一様式の信号区画のある
文字板を用いる。駆動方式は 6012 と同様であ
る。

electric engine telegraph

6014 

電気式エンジンテ
レグラフロガ 

電気式エンジンテレグラフ(6013 参照)のテレ
グラフの命令,応答事項及び時刻を自動的に記

録する装置。

electric engine telegraph

logger

6015 

電気式非常用エン

ジンテレグラフ 

電気式エンジンテレグラフ(6013 参照)のテレ

グラフが故障の場合,応急用として使用するテ
レグラフ。ある限られた指令だけを電球で照示
する方式のものもある。

electric emergency

engine telegraph

6016 

電気式エンジンテ
レグラフレピータ 

電気式エンジンテレグラフ(6013 参照)のテレ
グラフの命令を表示する副指示器。

electric engine telegraph

repeater

6017 

電気式プロペラ軸
回転計 

プロペラ軸の毎分回転数又は毎分回転数と回
転方向を遠隔指示する計器。

electric propeller shaft

revolution indicator

6018 

回転方向指示器 

原動機軸などの回転速度及び回転方向に同期

して指針が回る指示器。

revolution telltale

6019 

自動火災警報装置 

自動的に火災を早期に発見して警報を発する

装置。その感知機によって,次のような種類が
ある。

1.

空気管式

2.

電気サーモスタット式

3.

煙管式

4.

イオン式その他

automatic fire alarm

system

6020 

火災探知装置 

広義では自動火災警報装置(6019 参照)を指す
が,狭義では煙管式火災警報装置だけをいうこ
とがある。

fire detecting system

6021 

手動式火災警報装
 

火災報知器の押しボタンを押して火災を警報
器へ知らせる装置。

manual fire alarm system

6022 

火災警報感知器 

火災場所の熱,イオン濃度などに感じて警報装
置にその情報を送るもの。種類としては 6019

6023

6024 参照。

sensor for fire alarm

system

6023 

煙感知器 

煙を感知することによって,火災探知を行う器
具。イオン式と光電式とがある。

smoke detector

6024 

熱感知器 

温度上昇をとらえて火災探知を行う器具。一定
温度に上昇したことを感知する定温式(バイメ
タル式)と,温度上昇率をとらえて感知する差

動式(空気膨張式)とがある。

heat detector,

thermal detector

温度式探知器

6025 

(電気式)スモー

クインジケータ 

ボイラなどが不完全燃焼の場合,煙の色又は濃

度を光度の変化を利用して測定する装置。

(electric) smoke

indicator

6026 

(電気式)ゴング 

つり鐘形の鐘を電気動力を使って鳴動する警
報器又は呼鈴。

(electric) gong

6027 

表示灯付ゴング 

(電気式)ゴング(6026 参照)が鳴動すると同
時に電球が点灯表示するようになっているゴ

ング。

gong with a pilot lamp

6028 

表示灯付ベル 

ベルが鳴動すると同時に電球が点灯表示する
ようになっているベル。

bell with a pilot lamp


14

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

6029 

ホーンブザー 

音を発する部分にラッパ状のものを取り付け
音を拡大し,かつ,方向性をもたせたブザー。

horn buzzer

6030 

表示灯付ホーンブ
ザー 

音を発すると同時に電球が点灯表示するよう
になっているホーンブザー。

horn buzzer with a pilot

lamp

6031 

電子ブザー 

電子回路による電気振動を利用して可聴音を
発生させるブザー。

electronic buzzer

6032 

モータサイレン 

電動機によって駆動するサイレン。 motor

siren

6033 

エアーホイッスル 

圧縮空気の放出によって高音を発する装置。 air

whistle

6034 

(電気式)喫水計 

船首,船尾の喫水量を指示するとともに,平均
喫水量や排水量などを計測する装置。電気的に
は静電容量を利用したもの又は電気式による

水圧を指示するものがある。

(electric) draft gauge

ドラフトゲー

6035 

風向風速計 

風の方向及び水平成分の風の速度を同一測定

器で測定できる計器。翼のない飛行機のような
形をなし,前部のプロペラの回転が発電機の出
力となり風速を計り,垂直尾翼によって風の方

向を遠隔指示する計器。

aerovane,

anemometer

6036 

(電気式)ウイン
ドワイパ 

操だ室前面の窓に雨雪などが付着して見通し
が悪くなったとき,これをぬぐい去るための腕

を動力で動かす装置。

(electric) window wiper

6037 

クリヤビュースク

リーン 

操だ室の前面の窓にはめ込んだ円形のガラス

窓を高速度の電動機で回転して,遠心力で雨,
雪を除く装置。

clear view screen

旋回窓

6038 

ガス警報装置 

ガスを検知するセンサからの信号が警報部へ

送られ,ガス濃度が設定値以上になった場合に
リレー回路が動作し,ランプ又はブザーで警報
を発する装置。

gas warning system

6039 

ガス温度計測器 

混合ガス中の成分ガスの濃度を測定する計器
で,連続指示又は記録機能をもつ。検出部のセ

ンサには,電気化学的方法,光学的方法,電気
的方法などさまざまな方式がある。

gas concentration

measurement

instrument

6040 

開放形計測装置 

液面などを計測する装置の一種。タンクの開口

を使用するもので,計測者が貨物又は蒸気にさ
らされる可能性がある計測装置。

open gauging

6041 

制限形計測装置 

液面などを計測する装置の一種。タンクを貫通
しており,使用の際に貨物の少量の蒸気又は液
体が大気中に散逸する計測装置。使用しないと

きにはこの装置は完全に閉鎖される。

restricted gauging

6042 

密閉形計測装置 

液面などを計測する装置の一種。タンクを貫通
しているが密閉系統を構成しており,タンク内

容物の散逸を防ぐ計測装置。代わりに間接形を
使用することができる。

closed gauging

6043 

間接形計測装置 

液面などを計測する装置の一種。タンク壁を貫
通せず,かつ,タンクから独立している計測装
置。例えば,貨物質量計,管流量計。

indirect gauging


15

F 0031 : 1998

g)

航海計器

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

7001 

航海用レーダ

電波の直進性,定速度性及び反射を利用して海
上の障害物,他船,陸岸などを探知し,それら
の位置並びに自船からの方向及び距離をブラ

ウン管などに表示する装置。

marine radar

船用レーダ

7002 

レーダの表示方式 PPI(JIS F 0036 参照)方式,ラスタースキャン

方式がある。 
  なお,ラスタースキャン方式とは,指示器の
映像表示をテレビジョンと同様に電子ビーム

を走査させた高輝度画面の方式。

indication method of

radar

7003 

自動衝突予防援助
装置

レーダからの情報を基にして衝突回避の判断

に有効なデータを提供する装置。目標の捕そ
く,目標の追尾,それらの針路,速力のベクト
ル表示,警戒ゾーンの設定,警報,画面上の試

行操船などの機能をもつ。

備考  性能基準は IMO(国際海事機関)で

規定している。

automatic radar plotting

aids

ARPA

7004 

プロッティング装

レーダ画面上で得られた特定の物標の運動を
記録,作図するための装置。

plotting facilities

7005 

反射プロッタ

プロッティング装置の一種。表示器の表面の上
方にプロット面を装着した構造で,表示面とプ
ロット面との中間に装着したハーフミラーの

効果によって,表示面に写し出された物標を視
差なくプロット面に作図ができ,かつ,プロッ
トしたマークと映像が同時に見えるようにし

た装置。

reflection plotter

7006 

レーダビーコン

船舶用レーダの電波を受信することによって,
レーダ用周波数帯の電波を発射し,レーダの表

示器上にそのレーダビーコン局の位置を表示
する電波標識。

radar beacon

7007 

真方位指示装置

レーダ及び無線方位測定機(7038 参照)におい
て,ジャイロコンパス(7027 参照)と結合して
目標を真方位で表示する装置。

true bearing unit

7008 

音響測深機

音波の反射を利用して水深を測定する装置。 echo

sounder

7009 

(音響測深機)送
波器

電気振動を超音波に変換して水中に放射させ

る装置。

(echo sounder)

transmitter

7010 

(音響測深機)受
波器

海底からの反射音波を受信して電気信号に変
換する装置。

(echo sounder) receiver

7011 

(音響測深機)送
受波器

送波器と受波器の両者の機能をもった装置。 (echo

sounder)

transducer

7012 

ドップラーソナー

水中における超音波のドップラー効果を利用
して,船の前後方向及び左右方向の対地又は対
水速度を測定する装置。

Doppler sonar

7013 

ドップラーログ

水中における超音波のドップラー効果を利用
して,船の前後方向の対地又は対水速度及び航

程を測定する装置。

Doppler log


16

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

7014 

えい航式ログ

船尾に引航されたロテータの回転数から航程
を積算する装置。

備考  ロテータとは,えい航式ログの回転

翼体をいう。

towing log

パ チ ン ト ロ

グ,

シップログ

7015 

航程指示器

航程を指示する器具。 distance

indicator

7016 

電磁ログ

船底に取り付けた磁界発生部による磁界が海

水を切るときの相対速度に比例して生じる起
電力によって船の速さと航程を測定する装置。

electro-magnetic log

7017 

圧力ログ

ピトー管から得た動圧による船の速さと航程

を測定する装置。

備考  ピトー管とは船底から突出させて使

用する圧力ログの受圧管。

pressure log

7018 

磁気コンパス

指北性を地磁気に依存するコンパス(ISO 1069
による。

備考  コンパスとは,方位のうち,ある方

向を求め,永続的にその方向を保持
するように設計された装置。

magnetic compass

7019 

基準コンパス

船のコンパスのうちで,針路や方位の測定上基
準となる磁気コンパス。 
ジャイロコンパスも基準コンパスとなり得る。

standard compass

7020 

反映式磁気コンパ

反映装置によってコンパスカードの像の全部
又 は 一 部 を 見 る こ と が で き る 磁 気 コ ン パ ス

ISO 1069 による。

reflector (type) magnetic

compass

7021 

操だコンパス

主として操だ用に使用されるコンパス。 steering

compass

7022 

方位発信器付磁気
コンパス

レピータコンパスに方位信号を発信する機能
を備えた磁気コンパス(ISO 1069 による。

transmitting magnetic

compass

7023 

自差曲線

自差検定の時,測定された残存自差を,船首の

コ ン パ ス 方 位 に 対 し て プ ロ ッ ト し た 曲 線 図
ISO 1069 による。

deviation curve

7024 

磁気コンパス補償
装置

船体消磁が磁気コンパスに影響を及ぼさない
ようにする補償装置。

compensating device of

magnetic compass

7025 

消磁

船体下の磁場を消去する(磁気機雷対策のため

磁場を減殺する)こと(ISO 1069 による。

備考  船体にコイルを巻き通電して消磁す

る場合,これによる磁場と,もとも

との船体磁場との合成磁場ができ
る。消磁コイルに通電したときに生
じる自差はコンパス・ビナクルに装

備されている補償コイルに同時に通
電して修正される。

degaussing

7026 

(磁気コンパス)
安全距離

磁気コンパスに与える影響を除去又は大幅に
減らすために,磁気コンパスから磁性材料及び
電気装置を離さなければならない最小距離。

safe distance

7027 

ジャイロコンパス

ジャイロの特性を利用して,その軸が地球上の
真子午線を示すようにして真針路と真方位を
測定できるように構成した装置。

gyro compass


17

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

7028 

偏差警報

方位測定の信頼性を増すため,複数個のジャイ
ロコンパスを装備した場合に,互いのコンパス

間の方位の差があらかじめ定めた値より大き
くなったときに発する警報。

deviation alarm

7029 

緯度誤差

スペリー式ジャイロコンパス特有の誤差。緯度
によって定まった値であり,修正機構で修正で
きるようになっている。

latitude error

7030 

加速度誤差

船の増減速や変針など,ジャイロコンパスに加
速度を与えたときに生じる誤差。

ballistic deflection

変速度誤差

7031 

速度誤差

ジャイロコンパスを装備した船が東又は西以
外の針路を航行するときに生じる指度誤差。針
路が北又は南の場合に最大となる。

speed error

7032 

速度誤差修正器

速度誤差を修正する装置。スペリー式では,緯
度誤差とともに修正し,緯度速度誤差修正器と

いう。

speed error corrector

7033 

コースレコーダ

ジャイロコンパスに接続して使用する船の針
路の記録装置。

course recorder

7034 

オートパイロット

ジャイロコンパス,磁気コンパスなどから船首
方位の信号を受け,自動的に操だして一定の針

路を保つ自動かじ取装置。

auto pilot

7035 

だ(舵)角調整

オートパイロットにおいて,かじ角の比例定数
を所定針路からの偏位量に比例して調整する

こと及びその装置。

rudder adjustment

7036 

天候調整

オートパイロットにおいて荒天時など,海況に

応じて命令針路を挟む不感帯の幅を調整する
こと及びその装置。

weather adjustment

7037 

回頭角速度計

船首部における単位時間当たりの旋回角速度

を計測,表示する計器。

rate-of-turn indicator

7038 

無線方位測定機

無線局又は電波を発信する物標の方向を決定

するため,枠形空中線の指向性を利用して電波
の到来方向を測定する機器。

radio direction finder

方向探知機,

ラジオコン
パス,ワイ
ヤレスコン

パス

7039 

センスアンテナ

無線方位測定機の枠形空中線で測定して得ら
れた 180 度異なった方向のうち電波が到来した

方向を決定するアンテナ。

sense antenna

7040 

補正曲線

無線方位測定機の測定値と実際の方位との誤

差を補正するように作成した曲線。

correction curve

7041 

ホーミング設備

船首からいずれの側にも 30 度の円弧の範囲内
において,無線電話遭難周波数 (2182kHz) 電波

の到来方向を探知できる設備。

equipment for homing

7042 

ロラン方式

長い基線の二つの陸上局から送信される電波

の到達時間差を測定し,船位を決定する双曲線
航法方式。

loran system

7043 

ロラン A

周波数 2MHz 帯のパルス電波を使用する標準ロ

ラン方式。

loran A

7044 

ロラン C

周波数 100kHz の長波を使用する超長距離ロラ

ン方式。

loran C


18

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

7045 

デッカ方式

一般に 1 主局と 3 従局から送信する電波を受信
し,その位相差を測定し,船位を決定する双曲

線航法方式。

Decca system

7046 

オメガ航法装置 10∼14kHz のオメガ VLF パルス電波を受信し,

そのうちの 3 局以上の電波の位相比較を行って
船位を決定する双曲線航法装置。

omega navigator

7047 

衛星航法システム

人工衛星から発信される軌道情報などを受信
し,船の位置を求める人工衛星利用の航法シス
テム。

satellite navigation

system

7048  NNSS

衛星航法システムの一種。数個の極軌道衛星か
ら発信される軌道情報と,その送信電波の周波
数のドップラー偏移量の解析から位置決定を

するシステム。

navy navigation satellite

system

7049  GPS

衛星航法システムの一種。高度 2 万 km の 18 個

の衛星を利用して,そのうちの 4 個の衛星から
軌道情報を受信することによって,全世界のど
こでも,3 次元の位置及び速度を測定できるシ

ステム。

global positioning

system

7050 

航行援助装置

船舶の安全航行のために用いる装置の総称(ジ
ャイロコンパス,レーダ,自動衝突予防援助装

置など)

navigation aids

h)

無線装置

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

8001 

義務船舶局

船舶の航行の安全を確保するために船舶安全

法第 4 条の規定によって,備え付けることを義
務付けられている船舶の無線局。

compulsory ship station

8002 

聴守義務

船舶局及び海岸にある無線局が,海上における
人命,財産の保全を図るため,1 日のうちの定
められた時間,国際遭難呼出周波数の電波を聴

守しなければならない義務。

compulsory watch

8003 

沈黙時間

海上における人命・財産の保全に関する通信

(遭難通信,緊急通信,安全通信など)を円滑
に実施するために電波発射制限と聴守義務が
課せられた時間。中央標準時での毎時の 15 分

及び 45 分から 3 分間を第 1 沈黙時間(485∼

515kHz

に対して)

,0 分及び 30 分から 3 分間を

第 2 沈黙時間(2 091kHz 及び 2 172∼2 190kHz

に対して)という。

silence periods

8004 

有効通達距離

送信設備から電波を発射した場合,一定の無線
通信業務を行うために必要,かつ,十分に電波

が到達する距離。

normal range,

effective communication

range

通達距離

8005 

呼出符号

無線局の識別のため,その無線局に対して指定

されるアルファベットの文字又は文字と数字
とからなる無線局の符号。

call sign,

call letter

8006 

ブレークイン方式

単信式の無線通信で送受の切替えを行う方式。

break-in system

8007 

プレストーク方式

押しボタンによって,送受を切り替えて通話す
る相互通話方式。

press-to-talk system


19

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

8008 

主無線電信設備

主送信機,主受信機,主空中線,主電源などを
含む無線電信設備。

main radiotelegraph

installation

8009 

補助無線電信設備

補助送信機,補助受信機,補助空中線,専用電
源などによって構成される非常用無線電信設

備。

reserve radiotelegraph

installation

8010 

救命艇用無線電信
装置

救命艇に装置して人命の救助を行うための無

線電信装置。送信機,受信機,及び送信機に 4
時間給電するための十分な容量をもつ電源を
含んでおり,500kHz 及び 8 364kHz で通信を行

う。

radiotelegraph

installation for fitting

in motor lifeboat

機 付 ラ イ フ

ボ ー ト 無
線機

8011 

生存艇用携帯無線
装置

生存艇に持ち運んで使用する非常用の無線装
置。送信機,受信機,空中線及び電源を含んで

おり,500kHz 及び 8 364kHz で無線電信,2

182kHz

で無線電話の通信を行う。

portable radio apparatus

(for survival craft)

ラ イ フ ボ ー

ト無線機

8012 

警急信号自動電け
ん(鍵)装置

無線電信警急信号(1 分間に伝送する 12 線の一
連からなり,各線の長さは 4 秒間とし,線と線
との間隔の長さは 1 秒間)を自動的に発生する

装置。警急信号のほか遭難通信に必要な他の信
号も付加することができる。

automatic radiotelegraph

alarm signal keeying

device

オ ー ト キ ー

ヤー

8013 

遭難自動通報設備

船舶が重大,かつ,急迫の危険に陥った場合に

2 182kHz

又は 2 091kHz を使用し,即時に救助

を求める通報を自動的に送信する設備。

emergency position

indicating radio

beacon

8014 

非常位置指示無線
標識

捜索救難作業において,遭難者の位置の決定を
容易にするために,信号を自動的に送信する設
備。'83  SOLAS(海上人命安全条約)において

121.5MHz

及び 243MHz を使用する生存艇の非

常用位置指示無線標識が義務付けられた。

emergency position

indicating radio

beacon

EPIRB

8015 

無線電信警急自動
受信機

500kHz

の無線電信警急信号を受信して自動的

に作動し,無線電信室,通信士室及び船橋に備
えた可聴警報器を動作させる受信機。

radiotelegraph auto

alarm

オ ー ト ア ラ

ーム

8016 

無線電話警急自動
受信機

2 182kHz

の無線電話警急信号を受信して,自動

的に可聴警報器を動作させるもの。

radiotelephone auto

alarm

8017 

無線電信遭難周波

国際電気通信条約附属無線通信規則 (RR) に

よる,モールス電信のための国際遭難周波数。
  なお,この周波数は 500kHz に決められてい
る。

radiotelegraph distress

frequency

8018 

無線電話遭難周波

国際電気通信条約附属無線通信規則 (RR) に
よる,無線電話のための国際遭難周波数。

  なお,この周波数は 2 182kHz に決められてい
る。

radiotelephone distress

frequency

8019 

無線電話遭難周波
数聴守受信機

2 182kHz

の無線電話警急信号を受信する受信

機。フィルタ又はミュート装置を使用して,警
急信号を受信していないときは音声が出ない
が,受信したとき初めて音が出るようにした受

信機。

radiotelephone distress

frequency watch

receiver

ワ ッ チ レ シ

ーバ

8020 

警急自動電話装置

無線電話警急信号(交互に伝送する 2 200Hz 及

び 1 300Hz の正弦波の 2 音からなり,各音の長
さは 250ms)を発生する装置。

automatic devices for

generating the

radiotelephone alarm

signal

ピ ー ボ ー 発

生器


20

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

8021 

双方向無線電話装

生存艇間の通信,生存艇と本船との間の通信,
本船と救助艇との間の通信のために使用する

無線電話装置。 
  SOLAS(海上人命安全条約)において義務付
けられ,一般に 450MHz 帯又は 150MHz 帯の携

帯形トランシーバである。

two way radiotelephone

apparatus

8022 

無線室用時計

義務船舶局の無線室に備え付けることを義務

付けられている時計。文字板の直径 12.5cm 以
上,時針,分針と同中心の秒針をもち,文字板
上に沈黙時間を表示しているもの。

clock for radio room

8023 

セーフティリンク

展張空中線がその破断荷重を超える張力を受
けた場合に,空中線の破断を防止するための装

置。

safety link

8024 

受信空中線共用装

1

本の受信空中線によって,多数の受信機を同

時に有効に動作させるための装置。

receiving antenna

multicoupler,

communal aerial system

for receiver

8025 

無線電話装置

無線電話送信機,受信機などの総称。変調方式
によって両側波帯 (DSB) 若しくは単側波帯

(SSB)

の振幅変調方式又は周波数変調 (FM)

方式などがある。使用周波数によって中短波,
短波及び超短波の別がある。

radiotelephone

equipment

8026 

ファクシミリ

船舶で,主として気象図,ニュースなどの無線放

送を受信するための模写電送受信装置。

facsimile

フ ァ ッ ク ス

(abbreviati

on : Fax)

8027 

電波式船舶速度測
定装置

電波の定速性を利用して船速を測定する装置。
距離の測定にはマイクロウェーブなどを,時間
の測定には水晶発振器を使用する。

  距離測定の方式として測定用変調波の位相
の変化を用いる方式と,ドップラー効果を用い
る方式とがある。

ship's speed radio

measuring equipment

電 波 式 船 速

測定装置

8028 

ラジオブイ

漁業用その他の目的で無線測位業務に使用す
るため,特定の電波を送信する設備を組み込ん
だ浮標。

radio buoy

8029 

レーダブイ

本船レーダ上に浮標の位置を表示するため,本
船レーダ電波に応答して無指向性 VHF パルス

を発射する装置をもつ浮標。

radar buoy

8030 

生存艇用レーダト
ランスポンダ

生存艇において使用する無線設備であって,レ
ーダから発射される 9GHz 帯の周波数の電波を

受信したとき,それに応答して 9 300MHz から

9 500MHz

までの周波数の電波を発射し,その

レーダの指示器上に当該生存艇の位置を表示

させる救命機器。

survival craft radar

transponder

8031 

国際海事衛星通信
装置

人工衛星を利用して船舶地球局と固定地点に

ある地球局との通信を行う無線通信装置。

international maritime

satellite

communication

apparatus

INMARSAT


21

F 0031 : 1998

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

8032 

船舶地球局

人工衛星局の中継によって,一定の固定地点に
ある地球局との通信を行うため,船舶に開設す

る移動ずる地球局。

ship earth station

SES

8033 

擬似空中線

無線電信送信機又は無線電話送信機の電波を

発射することなく試験する空中線装置。

artificial antenna

ダ ミ ー ア ン

テナ

8034 

船上通信装置

次の用途に使われる無線電話装置。

(1)

操船,荷役その他の船舶の運航上必要な作
業を行うため船内で行われる通信。

(2)

操船援助のため,引き船,押し船と本船と

の間で行われる通信。

(3)

船舶を接岸又は係留させるため船舶相互間
又は船舶とさん橋との間で行われる通信。

on-board communication

equipment

8035 

デジタル選択呼出
装置

中波,短波,超短波帯の F1B 又は J2B 電波を使
用し,デジタル技術を応用して,通信の相手無
線局を自動的に選択して呼び出し,通信設定が

できる機能をもった装置。

digital selective-calling

system

DSC

8036 

狭帯域直接印刷電
信装置

中波,短波帯の F1B 又は J2B 電波を使用し,デ

ジタル技術を応用し,送信局,受信局の間で直
接テレックス通信ができる装置。中波,短波の
性質上,占有帯域幅は狭いが,通信速度は 50

ボーと遅い。

narrow-band direct

printing telegraph

NBDP

8037  NAVTEX

海岸局から航行中の船舶へ,航海に必要な気象
情報,警報などを放送供給するための国際テレ

ックスシステム。

navigation telex

8038  NAVTEX

受信装置  国 際 的 な 共 通 周 波 数 で 沿 岸 諸 国 が 放 送 す る

NAVTEX

情報を全自動で受信,プリントアウト

する専用自動受信装置。

navtex receiver

8039  NAVAREA

世界航行警報業務で,世界の海域を 16 区域に

分けて担当区域ごとに航洋船に必要な情報を,

NAVAREA

航行警報として国際方式モールス符

号で送信する航行警報サービス。

備考  IMO 総会決議 419 (X1)  による業務。

world-wide navigational

warning service


22

F 0031 : 1998

原案作成委員会(電気ぎ装専門分科会)  構成表

氏名

所属

(専門分科会長)

大  山  敏  夫

三菱重工業株式会社

(委員)

今  井  治  郎

財団法人日本海事協会

松  尾  廣  昭

日本郵船株式会社

森  田  博  行

石川島播磨重工業株式会社

進      健  一

住友重機械工業株式会社

吉  田      勲

エヌケーケー総合設計株式会社

阿  部      均

三井造船株式会社

大  石  幸  明

大石電機工業株式会社

片  貝      剛

日本無線株式会社

杉  田  英  二

株式会社アイ・イー・エム

鹿  股  信  幸

運輸省海上技術安全局

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

(事務局)

福  島      彰

財団法人日本船舶標準協会