>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 F

0010

-1997

造船用語−一般

Shipbuilding

−Vocabulary−General

1.

適用範囲  この規格は,造船で用いる一般的用語について規定する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS F 0011

  造船用語−船体−基本計画

JIS F 0026

  造船用語−機関ぎ装

JIS F 0028

  造船用語(機関編−試験・工作・雑)

2.

分類  用語の分類は,次のとおりとする。

(1)

船の種類

(2)

船の区画及び構造

(3)

船員及び役職

(4)

航海及び操船

(5)

船舶,港湾,航海に関する条約,規則及び関連事項

(6)

造船施設

3.

用語及び定義  用語及び定義は,次のとおりとする。

なお,参考のために対応英語及び慣用語を示す。慣用語欄で,

“……(法)

”として記載してある用語は,

法律用語である。

備考1.  用語欄・定義欄で,用語表記の中の(  )内の漢字は常用漢字表にないもので,便宜的に記

載したものであり,

(  )の部分は用語の一部ではない。

2.

用語欄で,用語の下の(  )内の仮名書きは読み方を示す。


2

F 0010-1997

(1)

船の種類

(a)

用途による分類

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

1001 

商船

営利を目的とする水上輸送の業務に従事する船

の総称。

merchant ship

1002 

客船

旅客の輸送に従事する船。 passenger

ship

旅客船(法)

1003 

クルーズ船

旅客に航海を楽しんでもらうことを目的とした
船。

cruise ship

1004 

貨客船

貨物及び旅客の輸送に従事する船。 passenger-cargo

ship

1005 

貨物船

貨物の輸送に従事する船。 cargo ship

1006 

多目的貨物船

多種類の貨物が積載可能な船。

multi-purpose cargo ship

1007 

重量物運搬船

重量物荷役設備を備え,貨物を輸送する船。

heavy cargo ship ;

heavy lifter

1008 

コンテナ船

コンテナを輸送する船。 container ship

1009 

RO-RO

(ろーろーせん)

トレーラ,フォークリフトなど自動車が自走し
て乗降する船。

roll-on

/roll-off ship

1010 

自動車運搬船

自動車を輸送する船。

car carrier ;

pure car carrier

自動車専用船

(法)

1011 

木材運搬船

木材を輸送する船。

timber carrier ;

lumber carrier ;

log carrier

1012 

チップ運搬船

木材チップをばら積みにして輸送する船。 chip

carrier

1013 

鉱石運搬船

鉱石をばら積みにして輸送する船。 ore

carrier

1014 

石炭運搬船

石炭をばら積みにして輸送する船。 coal

carrier

1015 

セメント運搬船

セメントをばら積みにして輸送する船。 cement

carrier

1016 

ばら積み貨物船

粉粒状の貨物をばら積みにして輸送する船。 bulk

carrier

1017 

タンカー

原油を輸送する船。

oil tanker ;

crude oil carrier

油槽船(法)

油送船

1018 

VLCC

(ぶいえるしーしー)

載貨重量が 20 万トン以上 30 万トン未満のタン
カー。

very large crude oil

carrier

1019 

ULCC

(ゆーえるしーしー)

載貨重量が 30 万トン以上のタンカー。

ultra large crude oil

carrier

1020 

LPG

運搬船

(えるぴーじーうん
ぱんせん)

液化石油ガスを輸送する船。

liquefied petroleum gas

carrier

1021 

LNG

運搬船

(えるえぬじーうん
ぱんせん)

液化天然ガスを輸送する船。

liquefied natural gas

carrier

1022 

プロダクトキャリア

各種の石油精製品を輸送する船。 products

carrier

1023 

ケミカルキャリア

化学原料をばら積みにして輸送する船。 chemical

carrier

1024 

ばら積み兼油送船

ばら積み貨物や原油を輸送する船。 oil/bulk

carrier

1025 

鉱石兼油送船

鉱石や原油を輸送する船。 ore/oil

carrier

1026 

鉱石兼ばら積み兼油
送船

ばら積み貨物や鉱石や原油を輸送する船。 ore/bulk/oil

carrier

1027 

冷凍-冷蔵運搬船

冷凍及び冷蔵貨物を輸送する船。

備考  冷凍専用のものは冷凍運搬船とい

う。

refrigerated cargo carrier

reefer

1028 

家畜運搬船

家畜を輸送する船。 livestock

carrier

1029 

カーフェリー

道路に連絡して自動車を輸送する船。 car

ferry

自動車渡船


3

F 0010-1997

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

(法)

自動車航送船

(法)

1030 

ラッシュ船

貨物を積載したはしけを自船のクレーンで搭載

して輸送する船。

lighter aboard ship

1031 

工作船

海上で他船などを修理する工作設備をもった

船。

factory ship

1032 

しゅんせつ船

河川,港湾のしゅんせつ作業に従事する船。 dredger

1033 

砕氷船

自力で氷海を割って,航行できる構造の船。 ice

breaker

1034 

水先船

水先案内人の送迎に用いる船。 pilot

boat

1035 

ランチ

交通,遊覧などに用いる小形の動力船。 launch

1036 

ヨット

周遊,競争など娯楽,スポーツに用いる船。 yacht

1037 

遊覧船

遊覧に用いる船。 pleasure boat

1038 

練習船

航海練習を行うための船。 training ship

1039 

巡視船

沿岸又は港湾警備のために巡視する船。 patrol

ship

1040 

税関監視艇

密輸を取り締まる目的で港湾などで監視してい
る船。

customs boat

1041 

検疫船

検疫官を派遣するために用いる船。 quarantine

vessel

1042 

病院船

傷病者の輸送とそれに要する治療設備を備えた

船。

hospital ship

1043 

母船

附属船に物資,食糧などを補給したり乗組員の

休養をするための設備をもった大型船。

mother ship

1044 

捕鯨船

捕鯨に従事する船。 whal

;

whale catcher boat

1045 

捕鯨母船

鯨の処理工場をもち,捕鯨船に対し消耗品を補
給したり乗組員の休養をするための設備をもっ

た大形船。

whale mother ship

1046 

トロール船

漁網を船尾又は船側からロープで引いて漁獲す
る漁船の総称。

trawler

1047 

漁獲物運搬船

捕った魚を運搬するための冷凍設備又は塩蔵設
備をもった船。

fish carrier

運搬漁船

(b)

推進方式による分類

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

1101 

原子力船

原子力機関を主推進機関とする船。

nuclear ship ;

nuclear powered ship

1102 

ディーゼル船

ディーゼル機関を主推進機関とする船。 diesel

ship ;

motor ship

1103 

蒸気タービン船

蒸気タービンを主推進機関とする船。

steam turbine ship

1104 

ガスタービン船

ガスタービンを主推進機関とする船。

gas turbine ship

1105 

電気推進船

電動機を主推進機関とする船。

electric propulsion ship

1106 

多軸船

二つ以上の推進器を装備した船。

multiple screw ship

1107 

水中翼船

水中翼によって船体を海面上に浮上させ航行す

る船。

hydrofoil craft


4

F 0010-1997

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

1108 

エアクッション船

船底から噴射した空気で海面上に船体を浮上さ
せ,航行する船。

air cushion ship

ホバークラフ

ト,

エアクッショ

ン艇(法)

1109 

ウォータージェット
推進船

ウォータージェット装置によって推進する船。 water jet propulsion ship

1110 

帆船

推進機関の有無に関係なく,帆だけで航行する
船。

sailing vessel ;

sailing ship

(c)

船型及び材料による分類

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

1201 

平甲板船

船楼をもたない船(

付図 参照)。

flush deck vessel ;

flush decker

1202 

三島形船 
(みしまがたせん)

上甲板の上に船首楼,船橋楼及び船尾楼をもつ

船(

付図 参照)。

three-island vessel ;

three islander

1203 

ウェル甲板船

上甲板の上に船首楼と船尾楼とをもつ船(

付図

1

参照)

well deck vessel ;

well decker

1204 

低船尾楼船

船尾部の上甲板に段を付けて下げ,その上に船
尾楼を設けた船(

付図 参照)。

sunken poop vessel

1205 

全通船楼甲板船

上甲板上全通にわたり船楼をもつ船。 complete

super-structure

vessel

1206 

船尾船橋船

船尾部に船橋を設けた船。

aft bridge ship

1207 

船尾機関船

船尾部に機関室を設けた船。

aft engine ship

1208 

双胴船

左右二つの主船体を結合した船。 catamaran

1209 

ダブルハルタンカー

海洋汚染防止条約に規定された二重船殻構造を
もつタンカー。

double hull tanker

1210 

中間デッキタンカー

海洋汚染防止条約に規定された中間デッキをも
つタンカー。

mid-deck tanker

1211 

木船

木材で造った船。 woode ship

1212 

鋼船

鋼材で造った船。 steel

ship

1213 

軽合金船

軽合金で造った船。

light alloy ship

1214 

FRP

(えふあーるぴーせ
ん)

強化プラスチックで造った船。

plastic ship ;

glassfibre reinforced

plastics ship

GRP

(d)

運用状態及び航路による分類

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

1301 

航洋船

大洋航行ができる船。

sea going vessel ;

ocean going vessel

外航船

1302 

平水航路船

河川,湖,港内など平水区域だけを航行できる

船。

inland water ship

1303 

定期船

特定の航路を定期的に運航する船。 liner

1304 

不定期船

不定期貨物航路に就航し,特定荷主との用船契
約によって配船される船舶。

tramper

1305 

内航船

国内航路を運航する船。 domestic

vessel


5

F 0010-1997

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

1306 

アフラマックスタン
カー

平 均 的 市 況 の 実 勢 を 示 す 運 賃 指 数  (AFRA :

Average Freight Rate Assessments)

において,経

済的な船型のタンカー。

AFRA max. tanker

1307 

ケープサイズばら積
貨物船

南アフリカの Richards Bay に入港できる載貨重

量 14∼17 万トン程度のばら積貨物船。

Cape size bulk carrier

1308 

ハンディーサイズば
ら積貨物船

港湾設備が整っていない港にでも自由に出入り

し,荷役できるように荷役装備をもつ,25 000
∼45 000 載荷重量 (t) 型の多目的ばら積貨物
船。

handy size bulk carrier

1309 

パナマックス船

パナマ運河の通航制限内での最大船型の船。 Panamax

ship

(2)

船の区画及び構造

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2001 

機関室

推進用原動機及び補助機械を据え付けている区
画。

machinery space ;

engine room

2002 

貨物倉

貨物を積載する区画。

cargo space ;

cargo hold

2003 

居住区

船客及び船員の居住する区画。

accommodation space ;

living quarter

2004 

ボイラ室

ボイラを設置してある区画。 boiler

room

かま(罐)室

2005 

船楼

上甲板上に設けた船側から船側に達する区画。 superstructure

2006 

甲板室

上甲板上又は船楼甲板上に設けた,船側から船
側に達しない区画。

deck house

2007 

操だ(舵)機室

操だ(舵)機を据え付けている区画。

steering gear room

2008 

ポンプ室

ポンプを据え付けている区画。 pump

room

2009 

びょう(錨)鎖庫

びょう(錨)鎖を納めておく場所。 chain

locker

2010 

軸路

推進軸を保護するため機関室後端から船尾に至
るトンネル状をした水密区画。

shaft tunnel ;

shaft trunk

軸室

2011 

甲板間貨物倉

甲板間に設けた貨物倉。

tweendeck cargo space

2012 

コファダム

二つの隣接区画を分けるスペースで,損傷など

によって油や水が他に侵入するのを防ぐ区画。

cofferdam

2013 

清水タンク 
(せいすいたんく)

清水を積載するタンク。 fresh

water

tank

2014 

飲料水タンク

飲料水を積載するタンク。

drinking water tank ;

potable water tank

2015 

貨物油タンク

貨物油を積載するタンク。

cargo oil tank

2016 

スロップタンク

貨物油タンク洗浄後の油水を一時保持し,油分

を分離するためのタンク。

slop tank

2017 

ビルジタンク

船の底にたまるビルジをためるタンク。 bilge

tank

2018 

潤滑油タンク

潤滑油を入れるタンク。

lubricating oil tank

2019 

燃料油タンク

燃料油を入れるタンク(JIS F 0026 参照)

fuel oil tank

2020 

船首水倉

船首隔壁の前に設ける水タンク。 forepeak

tank

2021 

船尾水倉

船尾隔壁の後に設ける水タンク。 afterpeak

tank

2022 

ディープタンク

主として水,油その他の液体を積むために,二
重底より高さが高い船体構造の一部として構成
されたタンク。

deep tank

深水槽(法)


6

F 0010-1997

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2023 

バラストウォータタ
ンク

喫水やトリムやヒールを調整するために設ける
水タンク。

ballast water tank

脚荷水倉

2024 

コンパス甲板

磁気コンパスが取り付けてある最上層の甲板

付図 参照)。

compass deck

ら針儀甲板

2025 

航海船橋甲板

操船を行う甲板(

付図 参照)。

navigation bridge deck

2026 

船長甲板

船長室がある甲板。 captain deck

2027 

ボート甲板

救命艇及び救命艇揚卸し装置を取り付けてある
甲板(

付図 参照)。

boat deck

端艇甲板

2028 

船橋甲板

上甲板より一層上の甲板(

付図 参照)。 bridge

deck

2029 

暴露甲板

大気に露出している甲板。

weather deck ;

exposed deck

2030 

上甲板

船体の主要部を構成する最上層の全通甲板(

図 参照)。

upper deck

2031 

第二甲板

上甲板より一層下の甲板(

付図 参照)。 second

deck

2032 

船首楼甲板

船の最前部で上甲板より一層上の甲板(

付図 2

参照)

forecastle deck

2033 

船尾楼甲板

船の最後部で上甲板より一層上の甲板(

付図 2

参照)

poop deck

2034 

遊歩甲板

旅客の遊歩又は運動のため設けた甲板。 promenade

deck

2035 

車両甲板

機関車,客車,貨車などを積載する甲板。 wagon

deck

2036 

自動車甲板

自動車を積載する甲板。 car

deck

2037 

ナビゲーションウィ
ング

航海船橋甲板の一部で船側に張り出している部
分。

dodger ;

navigation wing

2038 

隔壁

船内の区画を形作る仕切壁。

備考  目的によって水密,油密,非水密隔

壁など,また配置によって横,縦,
囲壁隔壁,部分隔壁などの区分があ

る。

bulkhead

2039 

縦通隔壁

船の縦方向に設ける隔壁。 longitudinal

bulkhead

2040 

横隔壁

船の横方向に設ける隔壁(

付図 参照)。 transverse

bulkhead

横置隔壁(法)

2041 

船首隔壁

船の最前部に設ける水密横隔壁(

付図 参照)。collision bulkhead

2042 

船尾隔壁

船の最後部に設ける水密横隔壁(

付図 参照)。afterpeak bulkhead

2043 

部分隔壁

船側から船側まで,又は前後に全通しないで一

部分に設ける隔壁。

partial bulkhead

2044 

制水壁

タンク内の自由水の流動を押さえる目的で設け
る壁。

swash bulkhead ;

swash plate ;

wash plate

2045 

船楼端隔壁

船楼端に設ける水密隔壁。 break

bulkhead

2046 

機関室囲壁

機関室開口の周囲壁。

engine room casing ;

engine casing ;

machinery casing

2047 

船首材

船の最前端部を強固に構成し,これに外板を取
り付けるための骨材。

備考  骨材とは,骨組みを構成する材料の

総称をいう。

stem

2048 

船尾材

船尾端を強固に構成し,かじ,推進軸などを支

持する骨材。

stern frame

船尾骨材(法)

2049 

フレーム

外板の内側に,横又は縦方向に配置する骨材。 frame

ろっ(肋)骨


7

F 0010-1997

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2050 

ビーム

甲板の下面に,ある間隔で横又は縦方向に配置
する骨材。

beam

はり(梁)

2051 

外板

船体の外殻を形成する板。

shell plating ;

shell

2052 

二重底

二重に構成した船底(

付図 参照)。 double

bottom

2053 

キール

船底中心部を縦通する部材。 keel  竜骨

2054 

ダクトキール

箱形に造ってあるキール。 duct

keel

2055 

ビルジキール

船の動揺軽減の目的で船底わん曲部外側に取り

付ける部材。

bilge keel

2056 

ブルワーク

人や貨物が船外に落ちないように,又は波が甲

板に打ち込まないように暴露甲板玄側に立てる
囲い。

bulwark

玄墻(法)

(3)

船員及び役職

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3001 

船員

船長,海員及び予備船員の総称。 seafarers

;

crew ;

mariner

3002 

予備船員

休暇,病気,待機などのため船舶に乗り組んで
いない船員。

reserved seafarers ;

reserved crew ;

reserved mariner

3003 

海員

乗船中の船員で船長以外の者。 seaman

3004 

船舶職員

船長,機関長,航海士,機関士,通信長,通信

士,事務長,船医の総称。

officer ;

ship’s personnel

3005 

船舶部員

船舶職員以外の海員。 rating

3006 

船長

船の最高責任者。 capta

;

master

3007 

一等航海士

甲板部の船務を指揮監督するとともに船長の職

務を代行する甲板部の主任者。

chief offcer ;

chief mate

3008 

二等航海士

一等航海士を補佐し,その指示業務に従事する

航海士。

second offcer ;

second mate

3009 

甲板長

甲板部の職長。 boatswain

3010 

操だ(舵)手

船の操だ(舵)及び操だ(舵)装置の整備など
に従事する甲板部員。

quartermaster

3011 

甲板手

荷役,機器の保守点検などの作業に従事する先

任の甲板部員。

able seaman

3012 

甲板員

先任以外の甲板部員。 sailor

3013 

機関長

機関部の最高責任者。 chief

engineer

3014 

一等機関士

機関長を補佐し,機関部員を指揮監督する機関

部の主任者。

first engineer

3015 

二等機関士

一等機関士を補佐し,その指示業務に従事する
機関士。

second engineer

3016 

操機長

機関部の職長。 No.1

oiler

3017 

操機手

機関士,操機長の指示に基づいて機関部の業務

を行う先任の機関部員。

oiler

3018 

操機員

先任以外の機関部員。 assistan oiler

3019 

運航土

航海士及び機関士の職能をもつ人。 watch

officer


8

F 0010-1997

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3020 

船舶技士

甲板部及び機関部両方の資格をもつ船舶部員。 dual purpose crew

3021 

通信長

無線電信関係及び事務部(事務長兼務の場合)
の最高責任者。

chief radio operator ;

chief radio officer

3022 

通信士

無線電信関係の機器によって外部との通信,気
象通報などの職務に従事する船舶職員。

radio operator ;

radio officer

3023 

司ちゅう長

事務部主任者(事務長,一等航海士)の指示に

基づき事務部員の仕事を指揮監督する事務部の
職長。

chief steward

3024 

司ちゅう員

事務部でちゅう房に従事する部員。 steward

3025 

事務長

事務部の最高責任者。 purser

3026 

船医

船に乗り組む医師。 doctor

3027 

実習生

船舶に乗り組み実務の見習いをする者,又は商
船学校などの船舶練習生。

apprentice ;

cadet

3028 

水先人 
(みずさきにん)

港及び水域で,船長に代わって操船を指導し,
船を案内する人。

pilot

(4)

航海及び操船

(a)

海洋及び海上気象

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

4001 

海上模様

海面の状態。

sea condition ;

sea state

4002 

ビューフォート風力
階級

風力の程度を海面の状態によって分けたもの。 Beaufort wind scale

4003 

順風

針路の後から吹く風。 following wind

追い風

4004 

逆風

針路の前から吹く風。

against wind ;

head wind

向い風

4005 

風浪階級

風浪の程度を波高によって分けたもの。 wave

scale

4006 

うねり階級

うねりの程度を波高及び波長によって分けたも
の。

swell scale

4007 

風浪

風によって直接起こされた波。 wave

4008 

うねり

その場所の風に関係なく伝ぱ(播)してきた波。swell

4009 

向い波

針路の前からくる波。 head sea

4010 

横波

針路の横からくる波。 beam sea

4011 

追い波

針路の後ろからくる波。 following

wave

4012 

逆波

風と反対方向に進行する波。 cro

sea

4013 

波頂

波の最も高い部分で,進行方向に直角な山の線。wave crest

4014 

海流

風などによって起こる一定方向の海水の流動。 ocean current

4015 

潮流

潮せき(汐)によって起こる海水の流動。 tidal

current

4016 

順流

針路の向きに流れる海流又は潮流。 following

current

4017 

潮せき(汐)

潮の干満。 tide

(b)

航行区域

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

4101 

国際航海

一国と他の国との間の航海。 international

voyage

4102 

平水区域

船舶安全法による湖,川,港内などの水域。

smooth water area


9

F 0010-1997

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

4103 

沿海区域

船舶安全法による日本沿海の水域。 coasting

area

4104 

近海区域

船舶安全法による日本近海の水域。

greater coasting area ;

major coasting area

4105 

遠洋区域

船舶安全法によるすべての水域。

ocean going area

4106 

制限水路

航行が制限された水路。 restricted

waters

4107 

狭水路

狭い水路。 narrow waters

4108 

浅水路

浅い水路。 shallow waters

4109 

航路標識

航路を示す標識。 aids to

navigation

4110 

立標

航路標識のうち,礁たい(堆)浅瀬上に設けた
標識。

beacon

(c)

航海・航法・操船

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

4201 

針路

船が進む方向。 course

4202 

保針

針路を保持すること。 course

keeping

4203 

保針だ(舵)角

保針のためのだ(舵)角度。

helm angle for course

keeping

あて舵

4204 

前進

前方に進むこと。 ahead

4205 

後進

後方に進むこと。 astern

4206 

回航

ある場所へ船を移すこと。 shift

4207 

回頭

船首の向きを変えること。 turning

round

4208 

操だ(舵)

かじ(舵)をとること。 steering

4209 

接岸

船を岸壁につけること。 alongside pier

4210 

接玄

船と船とが船側を付けること。 alongside

ship

4211 

係留運転

主機各部の異常の有無を確認するため係留のま

ま行う試運転(JIS F 0028 参照)

basin trial ;

mooring trial

4212 

海上試運転

諸性能を確認するために海上に出て行う試運
転。

sea trial

4213 

試運転最大速力

試運転時の速力試験において得られる速力(JIS 

F 0011

参照)

sea trial speed

4214 

マイルポスト

試運転の速力試験に使用するため陸岸に特に設
けた標識。

milepost

標柱

4215 

航海速力

満載航海状態において機関の常用出力で得られ
る速力(JIS F 0011 参照)

service speed ;

sea speed

4216 

港内速力

港内・狭水道などにおける速力。 harbour

speed

4217 

対水速力

水に対する船の速力。 log

speed

4218 

対地速力

陸地又は海底に対する船の速力。

ground speed ;

speed over the ground

(O.G.)

4219 

電波ログ

電波を利用して速力を測定する装置。 radio

log

4220 

満載状態

貨物,燃料,水などを満載喫水まで搭載した状
態。

full load condition

4221 

バラスト状態

通常,貨物を積載しない場合,喫水を増加した
りトリムを調整したりするため,バラスト水を

搭載した状態。

ballast condition

4222 

ホギング

船体中央部か船首部及び船尾部に対してもち上
がっている状態。

hogging


10

F 0010-1997

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

4223 

サギング

船体中央部が船首部及び船尾部に対して下がっ
ている状態。

sagging

4224 

ヒール

船体の横方向の傾き。 heel

4225 

トリム

船首喫水と船尾喫水との差。 trim

(d)

係留・びょう泊

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

4301 

係船

長期間船をつなぎ止めて航行の用に供しないこ
と。

lay-up

4302 

係留

いつでも運航できる状態で,船を一時的につな
ぎ止めておくこと。

mooring

4303 

ブイ係留

ブイに係留すること。 buoy

mooring

4304 

岸壁係留

岸壁に係留すること。 pier

mooring

4305 

びょう(錨)泊

投びょう(錨)して停泊すること。 anchoring

4306 

投びょう(錨)

いかり(錨)をおろすこと。

let go anchor

4307 

びょう(錨)地

びょう(錨)泊する場所。 anchorage

4308 

単びょう(錨)泊

片玄のいかり(錨)を使用するびょう(錨)泊。single anchor mooring

4309 

双びょう(錨)泊

両玄のいかり(錨)を使用するびょう(錨)泊。two anchor mooring

4310 

荒天びょう(錨)泊

荒天に備えて行うびょう(錨)泊法。

heavy sea anchoring

(5)

船舶,港湾,航海に関する条約,規則及び関連事項

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

5001 

国際安全管理コード

船舶の安全運航及び海洋汚染防止のための国際
管理基準。

International Safety

Management Code

5002 

サブスタンダード船

安全面において国際的な基準に適合していない
船。

substandard ship

5003 

海上人命安全条約

海上における人命の安全を確保する目的で船舶

の構造,設備,信号,通信,衝突予防などにつ
いて規定した条約。

International Convention

for the Safety of Life

at Sea

SOLAS

5004 

国際満載喫水線条約

載貨の最高限度について,国際的基準を定め,
船舶の安全を図るために締結された条約。

International Load Line

Convention

ILLC

5005 

海洋汚染防止条約

環境を保護するため,船舶が排出する油,及び

油以外の有害物質による海洋の汚染を防止する
条約。

International Convention

for the Prevention of

Pollution from Ships

MARPOL

5006 

国際海事機関

海上運送について,技術的・経済的な政府間の
協力を促進し,また海上の安全,航行の能率を
確保するために設置された国際連合の専門機

関。

International Maritime

Organization

IMO

5007 

国際船級協会連合

各国の船級協会規則の統一などを図るために設
けた国際的な組織。

International Association

of Classification

Societies

IACS

5008 

国際満載喫水線証書

国際満載喫水線条約に基づいて国際航海に従事

する船舶の満載喫水線を指定するため,管海官
庁が交付する証書。

International Load Line

Certificate


11

F 0010-1997

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

5009 

国際油汚染防止証書

海洋汚染防止条約に適合した,国際航海に従事
する船舶に対して交付される証書。

International Oil

Pollution Prevention

Certificate

5010 

旅客船安全証書

海上人命安全条約に基づいて,国際航海に従事

する旅客船に対して管海官庁が交付する安全証
書。

Passenger Ship Safety

Certificate

5011 

貨物船安全構造証書

船体,機関及び設備が海上人命安全条約に基づ
く各種の規定に適合した貨物船に対して管海官
庁が交付する証書。

Cargo Ship Safety

Construction

Certificate

5012 

貨物船安全設備証書

海上人命安全条約に基づいて,国際航海に従事
する貨物船に対して管海官庁が交付する救命,
消火設備に関する証書。

Cargo Ship Safety

Equipment Certificate

5013 

貨物船安全無線証書

海上人命安全条約に基づいて,国際航海に従事
する貨物船で,無線設備をもつものに対して,

管海官庁が交付する証書。

Cargo Ship Safety Radio

Certificate

5014 

免除証書

海上人命安全条約に基づいて,条約に決められ
た設備が全部若しくは一部免除され,又は条約

の規定の適用を緩和することを認められた船舶
に対して管海官庁が交付する証書。

Exemption Certificate

5015 

国際満載喫水線免除
証書

国際満載喫水線条約の規定を免除することが認
められた船舶に対して管海官庁が交付する証
書。

International Load Line

Exemption Certificate

5016 

船舶国籍証書

船舶の国籍を証明するため,国が交付する証書。certificate of ship’s

nationality

5017 

船級証書

船級協会の検査を受け,その規則に適合した船
舶に対して船舶協会が交付する証書。

certificate of

classification

5018 

冷蔵設備証書

冷凍冷蔵貨物運搬設備に対して,その効力を認

定されたことを証するため,船級協会が交付す
る証書。

certificate for

refrigerating

installation

5019 

国際トン数証書

国際総トン数及び純トン数を証明する証書。 International

tonnage

certificate

5020 

パナマ運河トン数証

パナマ運河の運航料算定の基準とするため,パ

ナマ運河委員会が交付する証書。

PC/UMS net tonnage

certificate

5021 

スエズ運河トン数証

スエズ運河の通航料算定の基準とするため,管

海官庁が交付する証書。

Suez Canal tonnage

certificate

5022 

船舶検査証書

定期検査に合格した船舶に対して,管海官庁が
交付する証書。

ship inspection

certificate

5023 

船舶検査手帳

船舶の検査終了時,管海官庁が交付する検査手
帳。

records of marine boards

of inspection

5024 

管海官庁

船舶の安全などに関する行政官庁 maritime

authority

5025 

船級協会

船舶の建造に関し,設計の承認,検査を行い各

種証書を交付する機関。

classification society

5026 

船舶番号

船舶を登録したとき,その船舶に与えられた番
号。

official number;

distinctive number

5027 

IMO

船舶識別番号

(あいえむおーせん
ぱくしきべつばんご
う)

SOLAS

(海上人命安全条約)によって,100t 以

上の客船と 300t 以上の貨物船に適用される番

号。

IMO ship identification

No.


12

F 0010-1997

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

5028 

船籍港

船舶国籍証書が交付される所で,船舶が登録さ
れた港。

port of registry

5029 

国際信号書

船舶間の通信のため,国際的に規定された通信
の規約,信文符号などが書いてある図書。

international code of

signal

5030 

信号符字

船舶間で通信を迅速に行うため,各船舶に与え
られた国際的な符号。

signal letter ;

distinctive letter ;

call sign

5031 

港湾規則

船舶の荷役,港内運航及び港湾労務者の安全の
ため,各国が定めた規則。

port regulations

5032 

製造中登録検査

船舶の建造中に船体,機関,ぎ装及び備品が,
それぞれの規定に適合するか否かを確かめる検

査。

classification survey

during construction

5033 

製造後登録検査

建造された船舶を新たに登録する必要上,船齢
に応じて行う,定期検査と同程度の検査。

classification survey of

ships not built under

survey

5034 

定期検査

船舶及び人命の安全保持のため,定期的に行う

精密な検査。

special survey

5035 

中間検査

定期検査と定期検査との中間に行われる簡易な
検査。

intermediate survey ;

annual survey

5036 

臨時検査

損傷,修理,改造などの場合,必要な事項につ
いて行う検査。

occasional survey

(6)

造船施設

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

6001 

造船所

船舶の建造及び修理を行う工場。 shipya

;

dockyard

6002 

船台

船を建造又は修理するため水辺に構築した傾斜
台。

building berth ;

slipway

6003 

ドック

船体の清掃,塗装,検査,修理,建造などを行

うため水辺に構築された施設。

dry dock ;

dock

船きょ(渠)

6004 

ぎ装岸壁

進水後の船をぎ装するための岸壁。 outfitting

basin

;

outfitting quay

6005 

ぎ装工場

ぎ装品の加工・組立を行う工場。 outfitting

shop

6006 

船こく(殻)工場

船こく(殻)の部材加工からブロックの組立ま
での作業を行う工場。

hull assembly shop

6007 

管工場

管の加工を行う工場。 pipe shop

6008 

現図場

船体構造を描いたり,型板を造ったりする工場。mould loft


13

F 0010-1997

付図 1  船型による船の種類

付図 2  甲板及び隔壁

原案担当作業委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

小  川  隆  也

アイ・エイチ・アイ・クラフト株式会社

(委員)

村  瀬  孝  明

社団法人日本船主協会

丸  山  修  史

住友重機械工業株式会社船舶艦艇鉄構事業本部

熊  田  展  雄 NKK 総合エンジニアリング事業部

上  谷  秀  雄

三井造船株式会社千葉事業所

友  井  武  人

三菱重工業株式会社船舶・海洋事業本部

高  濱  秀  正

日立造船株式会社船舶防衛事業本部

(事務局)

小  林  正  雄

財団法人日本船舶標準協会

今  井  要  介

財団法人日本船舶標準協会